ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

香川スーパーゴールで地元紙も高評価!対パダーボーン戦BVB選手寸評と採点②《ドイツの反応》


引き続き地元紙の寸評を紹介します。ルーアナッハリヒテンと西ドイツアルゲマイネ新聞から紹介します。今回は西ドイツアルゲマイネ新聞は時間が足りなくなりましたので香川選手だけ訳しました。



entry_img_683.jpeg

【ルーア・ナッハリヒテン】



ビュルキ 5

このスイス人は本当は良いサッカー選手だ。しかしこの水曜日、彼は大失態を犯した。ボールを遠くに蹴りだす代わりに、ラキッチに対してドリブルを選択したのだ。そしてそれが今シーズンのBVBの失点で最も愚かな失点となった。いずれにせよこの酷いミスが、チームメートの目を覚まさせたようだ。


ギンター 3

彼が攻撃に目を向けた事が、6分の危険な状況へとつながってしまった。パダーボーンが彼のサイドからフリーで攻めてきた時、マッツ・フンメルスの長い足が失点を防いだ。攻撃においては後半になって初めて目立つようになった。彼は4:1となるPKを獲得した。

スポンサーリンク



ソクラティス 3

この間の日曜日彼の太ももは虹のような痣になっていたが、今日の試合への出場に青信号がでた。彼がブリュックナーに股抜きされたのは、この打撲のせいだろうか?


フンメルス 3.5

いったいこのBVBのキャプテンはどうしたんだろう?パダーボーンを相手にも不調が続くことになった。今日の試合は休んだほうが彼には良かったかもしれない。39分にシュトッペルカンプへのパスミスなどは、普段の彼には見られない。


シュメルツァー 2.5

この左サイドは攻撃においてしっかり目が覚めており、何度もパダボーンの6バックの後ろまでスプリントした。彼のクレバーなミキタリアンへのバックパスからゴールが決まれば、彼の力強いスプリントに見合ったものとなっただろう(42)。


ギュンドガン 2

このBVBの戦術家は失点に責任がなかったわけではない。彼はバカロルスのプレスを甘く見ていたのだ。しかし彼は多くの時間帯で力を証明し、5:1のゴールを素晴らしくアシストし、PKを決めて4:1とした。


ヴァイグル 3

ローテーションからスタメンに戻ってきた。しかしどちらかと言えばあまり目立たないプレーだった。いずれにせよ序盤は、素早いカウンターを仕掛けるパダーボーンを相手にあまりうまく行かなかった。


香川 2.5




この日本人はすぐに同点とするチャンスを得た。シュートを打つには最高のポジションおり、さらにキーパーのルーカス・クルーゼの恩恵にも関わらずゴールバーを直撃した(23.)。しかし前半終了間際に彼は見応えのある3:1となるゴールを決めた事でその前の失敗を帳消しにした(44)。香川がまたしても魔法を使った。(注:今回の記者はこの前の試合の採点と特集記事も書いています。)

20151029051647e08.jpeg


カストロ 1

この元レヴァークーゼンの選手は、状態を取り戻すのに長い時間を要したが、本当にうまく行っている。パダーボーン戦ではドルトムントでベストな選手で4得点に絡んだ。1点目と3点目をアシストし、2点目と5点目を自ら決めた。今日はパダーボーンの選手ではなく、彼のパフォーマンスがすごかった。(注:den Tiger im Tank haben で良いパフォーマンスを見せる事ができるという慣用句。ちなみにこの慣用句に使われているTigerタイガーは相手監督のあだ名。それを言いたいがためにわざわざこの慣用句を採用。)


ラモス 2


ちょっと驚いたがこのコロンビア人はスタメン。そして彼の同点ゴールだけでなく、素晴らしい走り方でこの日のパフォーマンスを良い物とした。


ミキタリアン 2

このアルメニア人はスタメンに戻ったが最初は控えめだった。しかし失点してから彼は積極的になった。28分の彼の5人抜きがゴールにつながらなかったのは不運だった。しかし最終的には6:1をアシストし、7:1は自ら決めた。




【西ドイツアルゲマイネ新聞】


201510290516467d4.jpeg


ビュルキ 5

ギンター 3

ソクラティス 3

フンメルス 3.5

シュメルツァー 3.5

ヴァイグル 2.5

ギュンドガン 2

カストロ 1

香川 2.5


彼のシュートがBVBのファンたちに不安を抱かせる事になった。ペナルティーエリアで躊躇しすぎ、止まってしまった。またその直後のシュートは真ん中過ぎて弱すぎた(15.)。ギュンドガンが彼のスペースにボールを送った場面では、彼のシュートはゴールバーをなでる事になった(24.)。しかし彼が相手ゴールキーパーの上へループキックを決めた場面は力強かった。特にボールに対してものすごい走りをみせたが、攻撃に関してはこの間ほどは力強くなかった。


ミキタリアン 2

ラモス 2


寸評と採点その1 レヴィーア・スポーツはこちらです。



以上になります。

今回の地元紙の採点は攻撃陣に関しては割と一致していますね。単純にスコアポイントで点数をつけたような感じですね。4スコアポイントのカストロが1。2スコアポイントのミキ、ラモス、ギュンドガンが2、その次が香川選手。ピスチェクも採点は2が妥当という事になりそうですが、出場時間が30分以下なので採点はありませんでした。


やはりあの香川選手のゴールのインパクトが強く、ファンフォーラムでも結構話題になっています。明日はその辺を取り上げようと思います。それではおやすみなさい。




さっき試合終わったばっかなのにもう②ってw
[ 2015/10/29 07:02 ] [ 編集 ]
いつも楽しく読ませて頂いて感謝してます!
[ 2015/10/29 07:39 ] [ 編集 ]
外しちゃった2発も決めてればなー
全盛期並みに戻ったと言ってもいいけど
[ 2015/10/29 08:04 ] [ 編集 ]
香川のチャントが入ってる映像探してるけど見つからないんだよなぁ…見てみたいのに
[ 2015/10/29 10:15 ] [ 編集 ]
最近ドルトムントのおかげで毎日楽しいなぁ
力ストロ選手も馴染んできて、前3人のターンーオーバーは上手く出来そうですね。

このブログを見るとドルの試合を2倍くらい楽しめます!管理人さんありがとう!
[ 2015/10/29 10:48 ] [ 編集 ]
今日の試合の香川はとりあえず半分で引っ込めたのがよかった
リーグ戦盛り上がるのはまだまだ先だしまた二日先に試合があるんでね
点取ったのはおまけ
代わりにゴンゾや普段出てない選手たちが活躍できてよかったです。ゴンゾはずいぶん慣れてきたよね。ラモスもボール持ってない時の動き方がよくなってきた。チームとして良い収穫があった
[ 2015/10/29 11:07 ] [ 編集 ]
ザック時代の左サイドの経験が役に立ってるな
[ 2015/10/29 11:22 ] [ 編集 ]
まあゴール以外目立たなかったしな。
2~2.5は妥当じゃないかな。十分高いし。
[ 2015/10/29 12:58 ] [ 編集 ]
得点者が6人って言うのがドルトムントの多彩さを表しているな
どこからでも誰からでもゴールを狙えるのは恐ろしい事だよ
ラモスがここまでやれるとは思っていなかったし、カストロがリラックスしてチームプレイに適応して来たのは嬉しいね
ビュルキを含め守備の不安定さは、攻撃への意識が強いからああなってしまうのかもしれない
大きく蹴り出してもう一度守備をするくらいの気持ちで落ち着いてほしい
試合終わりのトゥヘルのはしゃぎ様をみるとうまく言ってるのが伝わるね
観客も常に大合唱で最高の雰囲気だった
管理人さんは試合を見に行ったりするのかな?
[ 2015/10/29 13:02 ] [ 編集 ]
シュートが下手ならゴールまでドリブルすれば良いじゃないを実践
[ 2015/10/29 13:34 ] [ 編集 ]
管理人さん素早い更新ありがとうございます。kaaaagawashinjiiiiiのチャント出ましたね!
[ 2015/10/29 13:51 ] [ 編集 ]
本当にいつもリアルタイムのお知らせありがとう!今度初ドイツ行きますよ!
[ 2015/10/29 13:59 ] [ 編集 ]
 ビュルキはミスをしましたが、私は彼を責めたくはないですね。何故ならクリアするという簡単な選択ではなく、確実に繋ぐ選択を探した結果のミスだからです。トゥヘル監督は自陣の深い位置からでも出来るだけ繋ぐように指示していると思いますから、彼はそれを難しい場面で実戦してみせようとしたのです。結果は酷い失点となりましたが、あくまで戦術に適合した積極的なプレーの中でのミスですし、大目に見てあげてほしいです。
[ 2015/10/29 16:25 ] [ 編集 ]
管理人様、早速記事ありがとうございます‼︎
[ 2015/10/29 16:52 ] [ 編集 ]
カストロとラモスが計算できる選手になれば、層の薄さがある程度解決しますね。
あとはヤヌザイがもう少しなじんでくるといいんだけどな。
[ 2015/10/29 18:44 ] [ 編集 ]
昨日香川の得点率の低さを指摘したら、この結果という…w
しかもスーパーゴール
おみそれしました、この調子で頑張ってもらいたいです
しかし最近の香川はドリブルを選択することが増えましたね
自分の記憶では、代表でドリブルからアシストして以降のように思います
ひょっとしたらシリア戦をトゥヘルが見ていて、もっとドリブルを狙っていけと指示が出ているのかもしれません
[ 2015/10/29 19:02 ] [ 編集 ]
次はロイスオバメヤンでなんとかしてもらって香川選手はお休みでお願いしたいですね...フンメルスも。
[ 2015/10/29 19:09 ] [ 編集 ]
カストロとラモスの活躍が嬉しかったです!
[ 2015/10/30 18:50 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。