ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

【ポカール】スーパーゴール香川に独紙「1」の評価も!BVB寸評と採点③《ドイツの反応》

さて昨日7:1でパダーボーンに完勝したドルトムントですが、一夜明けてキッカーなどで採点が掲載されましたので、残りの採点をまとめました。Pokalという事で普段は取り上げないメディアでも取り上げられています。

2015102905165024f.jpeg




【Ran】ドイツテレビ局Sat1のスポーツ部門


ビュルキ 4

0:1の場面でのセンセーショナルなミスによって彼の決断力の弱さが明らかになった。彼が正ゴールキーパーの座を維持したいのなら、こうしたミスを直さなければならない。


シュメルツァー 3+

左サイドをよく走り、それによってドルトムントの攻撃へと加わることができた。守備でも問題なし。


ソクラティス 3


序盤を除いて、あまり試されることはなかった。


スポンサーリンク



フンメルス 2

組み立てにおいては創造的で、守備においては問題を取り除いた。このBVBキャプテンの優秀なパフォーマンス。


ギンター 3+

シュメルツァーと同様に良く攻撃に参加してみせた。そしてペナルティーエリア内では何度か良いシーンも見せた。


ヴァイグル 2+

一対一では聡明で、パスも賢く、ポジショニングでは問題なかった。この20才をボルシア・ドルトムントのレギュラーフォーメーションから除くことは考えられない。


香川 1

コンビネーションも良く、シュートを打ちに行っていた。そして3:1のゴールでは彼の持ちうるレベルの全てを示して見せた。


ギュンドガン 1

ほぼすべての攻撃が彼を起点とし、BVBの素晴らしいプレーをまとめていた。PKは問題なく決め、5:1の場面ではセンセーショナルな視野とプレーへの理解力でもってアシスト。


カストロ 1-

2ゴール2アシストを決めて、ブンデスリーガでより多くプレーするためのチャンスを生かした。後半は集中力が切れてややパフォーマンスが低下した。


ミキタリアン 1-


ウィットに富んだプレー、ゴールへの動き、そして多くの創造的なアイデアでドルトムント攻撃陣の重要なポイントとなった。唯一の欠点:彼の終了間際のゴールまでシュートの正確性が欠けていた。


ラモス 2+

1ゴール1アシストを決め、温存されたオバメヤンの良い代わりとなれることを示してみせた。





【キッカー】

entry_img_684.jpeg
きょうの表紙

・ドルトムント

ビュルキ 5

ギンター 2.5

ソクラティス 3

フンメルス 3.5

シュメルツァー 2.5

ヴァイグル 3

ギュンドガン 2

香川 2

カストロ 1

ミキタリアン 2

ラモス 2


・パダーボーン

クルーゼ 3

ハインロート 5

ホーエネダー 5

ヴィドゥラ 5

ブリュックナー 4

ニジェン 5

バカロルツ 5

コチュ 4.5

ザグリク 4.5

シュトッペルカンプ 5

ラキッチ 5

シュテーガー 5

プロシュヴィッツ 5


・審判 シッペル 2.5

・試合採点 2 

パダーボーンの目を覚まさせるゴールの後で一方的な試合

entry_img_682.jpeg





以上です。


Ranの採点での香川選手とギュンドガンの1が結構興味深いですね。より中盤の選手としての役割をこなしたかどうかで採点しているのかな、と感じました。試合を組み立て、さらに得点にも絡んだ事が、前戦の3人よりも評価されたのかもしれませんね。こういう見方もあって良いなと思いました。

キッカーでの香川選手の採点は地元紙よりも良い「2」となっています。あのゴールのインパクトと3:1の重要性を考えれば、最も妥当な採点かな、と個人的には思います。

それからキーパーの採点ですが、キーパーはフィールドプレーヤーと比べて4や5が付きにくくなっています。そのためキッカーでもキーパーの平均採点は別ランキングとなっています。ビュルキには「5」が付けられましたが、昨日のように「5」は致命的なミスをした時に付きますね。相手キーパーは7点も取られましたが、特に彼一人に責任があるわけではないので「3」となっています。

パダーボーン戦の採点と寸評その1その2はこちらです。



【おまけ今日のドイツ】

CIMG3002.jpg

白鳥
ドレスデンの公園にいた白鳥です。何とも優雅や雰囲気を醸し出していました。
面白い採点ですが、さすがに最高点はカストロにあげて~><

実は今のメンバーで一番右サイドが上手いのはカストロなのでは?
これによって、カストロが出れば香川・ロイス・ミキのうち1人は必ず休めることになりましたね
相変わらずボランチは替えがききませんが…シャヒンはいつになるのか
[ 2015/10/29 20:56 ] [ 編集 ]
香川とギュンの代わりが居ないのはこれからきついなぁと実感。どちらか居ないと居る方の負担が大きすぎる。
ヌリは実戦に戻れても当分フルじゃ無理だろうしベンダーでは守備に心配はなくてもビルドアップが厳しいし。
本来ならカストロが代わりに使えれば良いんだろうけど最近の使い方見てると前の方に居ないと駄目みたいだし。
[ 2015/10/29 21:20 ] [ 編集 ]
【Ran】の方はおもしろいな
頭の良いテクニカルプレーが好みのようだ
だとすると「フンメルス 2」も納得
[ 2015/10/29 21:23 ] [ 編集 ]
TV放送がなかったのでハイライト動画しか見れてませんが、香川さんの素晴らしいゴール
本当に嬉しかったです。

キッカーの採点はやはり納得ですが管理人さんが取り上げていただいたRanの採点も
興味深いですね
ギュンドアンや香川さんの役割に評価してくれたのはすごいですね
[ 2015/10/29 21:27 ] [ 編集 ]
沢山の記事をいつもありがとうございます!
それにしても記者によって評価が様々ですね
個人的にはやはり昨日のゴンゾは1でいいと思いますが

昨夜のドルサポは7-1の勝利で燃え上がった所に、宿敵の敗退というニュースで更に湧いてしまったんだろうなと妄想してしまいました、以前のグロスクロイツのように飯が美味い状態ではないかと
[ 2015/10/29 21:34 ] [ 編集 ]
フンメルスの採点は幅がありますね。
2もあれば4+もあってなかなか興味深かったです。
[ 2015/10/29 22:12 ] [ 編集 ]
この試合はCSの日テレG+で11月3日の18時半から再放送?するみたいなので
もう一度見たい人はチェックするといいかも
[ 2015/10/30 01:47 ] [ 編集 ]
シャヒンってどうなっちゃったんでしょうかね?
移籍話もでてましたし、日本のメディアでは一切情報がないので日本ではドルに存在してないと感じるくらい音沙汰がまったく感じられません・・・。
[ 2015/10/30 03:10 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。