ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

《ドイツの反応》内田選手がベストイレブンに選ばれる!! キッカー・ビルトの採点

月曜日恒例の採点速報です。

内田選手はビルトのベストイレブンに選ばれていました。
得点王は岡崎選手のままです。




IMG_4434_convert_20140929162312.jpg

ブンデスリーガ

ドルトムント : 香川 3.5 (K) 3 (B)

フランクフルト : 長谷部 3.5 (K) 4 (B) 乾 5(B)

シュトットガルト : 酒井 4 (K・B)

ハノーファー : 酒井 4 (K) 5 (B) 清武4(K)5(B)

ベルリン : 原口 4 (K)5(B) 細貝 4 (K・B)

シャルケ: 内田 3.5(K)2(B)


2部リーグ

カールスルーエ : 山田 3 (K)

ボーフム : 田坂 3.5 (K)

スポンサーリンク


以上でした。内田選手のキッカーとビルトの採点のばらつきが、興味深いですね。

今日のキッカーでは香川選手に期待を寄せる記事と出場しなかった岡崎選手の重要性を強調する記事が出ていました。後日紹介したいと思います。
ただいま、試合後分析スレッドの翻訳中ですので、今夜アップします。




おまけ、サッカーでよく使われるドイツ語1

Meister マイスター =チャンピオン

Pokal ポカール =カップ ドイツのカップ戦はポカールと呼ばれている。

Meisterschale マイスターシャーレ =リーガで優勝するともらえる銀のお皿 シャーレとは深皿の事

Doppelpack ドッペルパック =一試合で2得点決める事

Zweikampf ツヴァイカンプフ =一対一、直訳すると二人の戦い

Gegenpressing ゲーゲンプレッシング = 相手に対してチームでプレスを掛け合う事

Ballannahme バルアンナーメ = ボールの受け取り、レヴァンドフスキーのこれが評価されている。

Stärke シュテルケ = 長所、ストロングポイント

Schwäche シュヴェッヒェ = 弱点

Elfmeter エルフメーター = 直訳すると11メートルでPKの事。

No title
乾と清武、苦戦してるみたいだな
原口もか
[ 2014/09/29 17:12 ] [ 編集 ]
No title
内田の、あの働きで3.5!?
右サイドシャットアウトして攻撃の供給元にもなってたのにあれ以上何を求めるんだよ!
[ 2014/09/29 17:22 ] [ 編集 ]
キッカーのホーム採点者は現地の人から見てもドイツ人選手以外に不当に厳しい採点付けるんで有名な奴
[ 2014/09/29 17:30 ] [ 編集 ]
No title
いつも他にはない情報ありがとうございます。「シャーレ」を理科の授業で習ったのを思い出しました。ドイツ語だったのですね。

内田選手は今の足の状態では最高だったかもしれないけど、多少のパスミスやサイドのいつものような攻め上がりがなかったのをマイナスに感じた人もいるってことでしょうね。


[ 2014/09/29 17:38 ] [ 編集 ]
No title
最後のドイツ語単語が面白かったです!
ありがとうございました!
[ 2014/09/29 18:54 ] [ 編集 ]
No title
内田の3.5はちょっと厳しいですね。確かにもっとできるけれど(笑)
怪我明けだからでしょうかね、無理せず省エネな感じはありましたが、要所要所でアップダウン繰り返していたように思いましたし。確か戻ってシュート止めたような記憶も…。んでもって後半オバメヤン相手に勝っていたと思うったけどなぁ。せめて2.5ではないのかな?

あと、最後のドイツ語集面白かったです!
[ 2014/09/29 19:25 ] [ 編集 ]
ゲーゲンプレッシング=プレスをかけ合うこと
これは間違って覚えていました。(高い位置から全員でプレスをかける的な意味かと)

分析記事も楽しみです、いつもありがとう。
[ 2014/09/29 19:27 ] [ 編集 ]
いつもありがとうございます。
毎回更新を楽しみにしてます!
[ 2014/09/29 21:08 ] [ 編集 ]
No title
俺は逆に厳しいのはもっと出来るはずと思われての採点だと解釈することにした
[ 2014/09/30 02:01 ] [ 編集 ]
No title
アレ、自分も間違って覚えてたかな、ゲーゲンプレッシング
ボールをロストした直後にボールに近い選手たちが一気にプレッシングして、
カウンターに繋げるプレスのことだと思ってた
[ 2014/09/30 07:13 ] [ 編集 ]
No title
ちょっと言葉が足りなかったのでゲーゲンプレッシングについて補足します。

gegenゲーゲンという言葉は、反対にという言葉なので、相手チームに対して、プレスを掛けるという意味で使われています。皆さんの認識で正しいと思います。

gegen という言葉、この場合gegeneinander :相互に対立し合うという意味あいがあるので掛け合うとしましたが、紛らわしいので補足しました。


[ 2014/09/30 15:31 ] [ 編集 ]
ゲーゲンプレッシング=プレスをかけあうこと。これは間違えて覚えてた。ドイツ人が編み出したプレス方式だからゲーゲンプレスかと
[ 2014/09/30 19:21 ] [ 編集 ]
おお、お答えありがとうございます!
ドルトムントはゲーゲンプレッシングの掛け損ないを突かれているという感じですかね、代表ウイークをよい仕切り直しにしてくれるといいですね。
[ 2014/10/06 17:49 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。