ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

独紙「スシ・ボンバーのようだ!」ハットトリック武藤特集記事!《ドイツの反応》

昨日行われました、マインツ対アウグスブルクの試合で93分にハットトリックを達成し、マインツを救った武藤選手(3:3)。早速ドイツでもいくつか特集記事が上がっていますので紹介します。





【キッカー】

日本人がマインツの1ポイントを守る。


武藤がまるで“スシ・ボンバー”のように!


entry_img_691.jpeg


岡崎慎司って誰だろうか?この土曜日に、もう一人の日本人が、少なくとも一日の間だけこの名前を忘れさせた。武藤嘉紀はこの夏FC東京からマインツに移籍し、少数のエキスパートにのみ知られる存在であったが、この日はマルティン・シュミットのチームの1ポイントを最後の最後で救った。そしてハットトリックという、芸術作品を完成させたのだ。しかしこれはブンデスリーガでは初めての事ではない。


スポンサーリンク



アウグスブルク戦の序盤、マインツにとってはすべて順調に進んだ。この赤と白のチームは開始30分に、この日本代表選手である武藤が2ゴールを決めて快適な状況にしたのだ。しかしその後に転換期が訪れた。それどころか試合終了9分前には2:3と逆転され、多くの人々がマインツの敗戦を覚悟していた。そしてアディショナルタイム。右からのクロスをベルがペナルティーエリアの左にいた日本人の足へと延長し、武藤は2歩右へ進むとシュートを放ったのだ。このボールはゴールネットを揺らし、武藤はこの夜の英雄となったのだ。

20151101173320666.jpeg


武藤はこの土曜日、ブンデスリーガで11試合目の出場でハットトリックを達成したが、この記録は彼の前任者である岡崎慎司も達成していなかった。ハットトリック。ブンデスリーガで日本人最多となる37得点を上げ、現在イングランドのレスター・シティーでプレーしているストライカーである岡崎慎司でも成し得なかったものだ。また日本で最も有名な香川真司も、これまで“ドッペルパック”が最高となっている。



高原に続いて二人目のハットトリック(注:ドイツ語ではドライアーパック)



しかし武藤のハットトリックは初めての事ではない。高原直泰が2006/2007シーズンにアーヘンで行われたフランクフルトの試合(3:2)で既に達成している。しかしこの“スシ・ボンバー”はハットトリックを達成するまでに、武藤と比べて明らかに長い時間を要した。彼がハットトリックを達成した時点で彼のドイツでのシーズンは5年目に達していたのだ。


日本代表監督のハリルホジッチや日本のメディアは彼を厳しい目で追っている。この23才のストライカーのパフォーマンスが爆発したことは、喜びを持って認識されることだろう。彼の親友であり、現在スペインのエイベルでプレーする元フランクフルトの乾貴士も、彼のハットトリックの喜びをツイッターで伝えている。“ヨッチは良くたった!”“ヨッチ2点目”、そして“ヨッチハットトリック!”

武藤は素早くチームに馴染み、岡崎がマインツに残した巨大な遺産を相続することになったが、これによって彼自身の“しるし”を残すことになった。(注:原文は匂い付け、マーキングにちかい。)11試合で6ゴール3アシストには目をみはるものがある。


しかし日本人的には典型的とも言える野心をもった武藤は、ハットトリックを達成したにも関わらずにがっかりして、“僕が4ゴールして3ポイント獲得できたらよかったんですが・・・”と語った。この東京出身の選手はまだこれからも“成長”するつもりだ。

20151101173321e25.jpeg





以上です。


久々に元祖“スシ・ボンバー”の高原選手も出てきましたね。それにしても11試合で6ゴール3アシストは凄いですね。不調のマインツでこの数字ですからね。これからもこの調子を続けて欲しいですね!!


話はずれますが“ボンバーBomber”というカタカナ表記は“ボマー、バマー”の間違いである、と良く言われているようですが、ドイツ人はきちんと“ボンバー”と発音しています。元々はラテン語で“ブンブンなる、うなる、轟く”という意味をもつ“bombio ボンビーオやbombiusボンビーウス”という言葉が元になっていると思われますので、その流れで言えば“ボンバー”と発音するほうが自然ですが、英語がさらなる独自の進化を遂げたわけですね。余談でした。



【おまけ今日のドイツ】

CIMG2944.jpg

近所の河原にいたあひるたち
結構近づいて写真を撮っていたんのですが、全く動じずに黙々と草を食べていました。

[ 2015/11/01 18:25 ] 武藤 | TB(-) | CM(19)
岡崎の背中が大きすぎてどうなるかと思いましたが、あっさりと期待のハードルを跳び越えてくれましたね。1年目から結果を出すなんて本当に凄いです。このペースを維持できればG/A両方二桁達成出来るかも・・・
[ 2015/11/01 18:49 ] [ 編集 ]
スシボンバーいただきました!
ところでスシボンバーって何?(困惑)
[ 2015/11/01 19:06 ] [ 編集 ]
スシボンバー

言葉の意味はよくわからんが
とにかくすごい賞賛だ!
[ 2015/11/01 19:23 ] [ 編集 ]
日本人がトルコ人をケバブボンバーと言うようなもんか
[ 2015/11/01 19:32 ] [ 編集 ]
またスシボンバーかよ(笑)と思ったら、ハットトリック繋がりで、高原からのスシボンバーだったんですね。
[ 2015/11/01 19:34 ] [ 編集 ]
マインツで日本人選手の評判が上がれば益々未来の日本代表が同チームで挑戦出来るし、ドイツで評判を上げるという事はこういう事なんだなと思いますね。
[ 2015/11/01 19:45 ] [ 編集 ]
“僕が4ゴールして3ポイント獲得できたらよかったんですが・・・”

かっこよすぎだろw
[ 2015/11/01 19:46 ] [ 編集 ]
武藤頑張れ。アシストとポストできるようになれば不動の9番になれそう
[ 2015/11/01 19:49 ] [ 編集 ]
スシボンバー前任者の高原が出てくるとは、ほんと懐かしいw
しかし、マインツはDF改善しないと監督更迭あるよ・・・
[ 2015/11/01 20:07 ] [ 編集 ]
個人的に、あひるなど鳥類は後ろ姿(お尻)がかわいいと思っています。
プリっとしてて振りながら歩きます。
なんというか無防備さを感じてしまいます。
ハットトリックと関係なくてスミマセン…。
[ 2015/11/01 21:44 ] [ 編集 ]
※2
ソーセージ爆撃機の対語
[ 2015/11/01 21:50 ] [ 編集 ]
アヒルじゃなくてガチョウっぽいですな
[ 2015/11/01 22:13 ] [ 編集 ]
>bombio ボンビーオやbombiusボンビーウス
背後についてくる、頭チリチリでふんどし姿の神様?
[ 2015/11/01 22:47 ] [ 編集 ]
「肉弾」みたいなもんだろ
「人間大砲」とか
[ 2015/11/01 23:17 ] [ 編集 ]
あひるさんがかわいいです(笑)
[ 2015/11/02 00:27 ] [ 編集 ]
高原、調べたら36歳でJ3減益だな
[ 2015/11/02 02:45 ] [ 編集 ]
乾のツイートも気付かれてたのかw
乾のあの女子っぽさ面白いわww
[ 2015/11/02 06:22 ] [ 編集 ]
高原はこの称号を嫌ってたね。「だってスシボンバーだよ?バ.カにしてるでしょ?」って
でもバ.カにされてるというか、日本の文化をナメられてるようなニュアンスは含んでるとしても、日本人として胸を張って欲しいね
[ 2015/11/02 12:37 ] [ 編集 ]
諦めずに使って頂けて感謝しております。今後とも宜しくw
[ 2015/11/02 13:52 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。