ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

シャルケファン、ドルトムントファンに暴行!!次節はいよいよダービー!《ドイツの反応》

本日の西ドイツアルゲマイネ新聞の記事になります。






暴力

シャルケのファンがゲルゼンキルヒェンでBVBのファンに暴行


201511041806011be.jpeg


ゲルゼンキルヒェン:土曜日のインゴルシュタット戦のあとで、20~40人とみられるシャルケファンがゲルゼンキルヒェンの電車の中でBVBのファンに暴行を加えたようだ。


スポンサーリンク



日曜日にシャルケとドルトムントがレヴィーアダービーで対戦する。シャルケはドルトムントで行われる試合ではファンの支え無しでプレーしなければならない。掲載の“厳しい事前措置”(詳細はこちらの記事をどうぞ)に抗議してスタジアム観戦をボイコットするためだ。しかしダービーを1週間前に控え、警察の判断が正しかった事が証明させる事態となった。


なぜなら土曜日に行われたシャルケ対インゴルシュタット戦では20から40人と見られるシャルケファンが、ゲルゼンキルヒェンの電車に乗っていたBVBのファンに暴行をしたためである。


警察の伝えた所によると、ドルトムントのファンたちはブレーメン戦の勝利の後で帰ってくる途中であった。ゲルゼンキルヒェンの駅でドルトムントのファンたちは乗り換えをしなければならず、暴行を加えたメンバーはこの事を知っていたようである。



複数の目撃者が、シャルケファンがBVBに暴行を加える様子をビデオに録画していたようだ。ドイチェバーン(ドイツ鉄道会社 JRみたいなもの)のホームには防犯カメラが設置されていない。そのため警察はこの暴行の目撃者にビデオの提出を呼びかけている段階だ。本当にビデオが存在しているか、それが使い物になるかどうかについては、彼は語らなかった。今のところ警察に訴えてきた負傷者はいないとの事である。


“ファスツィナチオン・ファンクルヴェ”というファンサイトが伝えた所によると、暴行を加えたのはスタジアムの1ブロックを定位置としているシャルケのウルトラスのようである。しかし現時点では警察はこれをまだ認めることはできず、現在捜査中である。

entry_img_697.jpeg





以上です。


いよいよ来週末はダービーですね。ドイツでも少しずつ盛り上がってきていますが、こういう盛り上がりは本当に勘弁してもらいたい所です。ドルトムントのユニフォームを着ているだけでシャルケのウルトラスが40人ぐらいで襲ってくるなんて普通ではありません。

まあ負傷者が誰も訴えていないということなので傷害事件までは発展しない可能性が高そうですが、こうしたグループが威嚇するだけでも大問題だと思いますね。そういった意味でも犯行グループの特定を急いでほしいです。


お互いに熱くなるのはスタジアムの中だけにして欲しいですね。


【おまけ今日のドイツ】

IMG_1145.jpg

ハロウィンが終わると次はクリスマスです。お店でもクリスマスの飾り付けが始まってきました。
随分大きな松ぼっくりです。デコレーションに欠かせないアイテムですね。


[ 2015/11/04 19:00 ] ブンデス事件15 | TB(-) | CM(4)
シャルケサポは相変わらずだな。

そういえばビルト記事で、バルサがBVB選手最大5人に目を付けてるなんてありましたけど・・・
ヴァイグルは獲られちゃだめだ!
[ 2015/11/04 21:18 ] [ 編集 ]
前のダービーフルボッコだったし色々あるんかな。
[ 2015/11/04 21:35 ] [ 編集 ]
どんだけコアなファンだろうと観客は観客でしかないのにな。
[ 2015/11/04 22:06 ] [ 編集 ]
BVBはスマートにフィールドの中でシャルケをボコボコにしますしね
[ 2015/11/05 13:21 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。