ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ミキタリアン、トゥヘル監督について語る!!《ドイツの反応》

本日のSport1でミキタリアンのインタビューが掲載されましたので紹介します。





ドルトムント:ヘンリク・ミキタリアンがガバラ戦(ゲベレ戦)を前にして、彼のドルトムントでの難しかった序盤について、そして彼の支援者であるトーマス・トゥヘルについて語った。


ヘンリク・ミキタリアンはドルトムントに喜びをもたらしている。

entry_img_698.jpeg



このドルトムントの攻撃的ミッドフィルダーは、今シーズン定期的にトップパフォーマンスを見せている。彼は2013年にドネツクからドルトムントへ移籍したが、ユルゲン・クロップの下で長い間く難しい時期を過ごす事になった。



スポンサーリンク



しかしこの夏の監督の交代はミキタリアンにとって幸運となった。彼は定期的にドルトムントのベストのメンバーとしてプレーし、これまでにリーガで5ゴールをあげている。3:1で勝利したブレーメン戦では彼はまたしても注目すべきパフォーマンスを発揮した。彼は一人で3得点にからみ、素晴らしいパスと知性で持って観客を納得させたのだ。


木曜日にホームで行われるガバラ戦を目前に控え、ミキタリアンがSport1のインタビューに答えた。




トーマス・トゥヘルについて


トーマス・トゥヘルは僕達のプレースタイルを変えました。今は昨年とは全く違いますね。だから僕たちはより攻撃的にプレーし、多くのゴールを決めています。僕たちは本当に幸せですよ。

20151105033036c1c.jpeg


これまででベストな状態について


今がこれまでで最高の状態だと思います。全ての能力を発揮することができますから。トーマス・トゥヘルがその原因です。彼が僕の扉を開き、僕を説得したんです。彼は僕を信じてくれます。彼が僕を高レベルに引き上げてくれて、僕は幸せですよ。


クロップ時代と比較して、よりゴール前で危険になった事について。


ユルゲン・クロップの時代は僕もチームも違ったプレーをしていました。それが僕があまりゴールを決められなかった理由だと思います。それに加えて運も悪かったですね。だからその分僕は、ゴールとアシストを沢山してチームが勝つことができて幸せですよ。


難しかった時期について


非常に難しい時期でしたね。でも今なら“君を殺すものでなければ、君を強くしてくれるんだ。”という事ができますね。だから今はそれによってより強くなる事ができて嬉しいです。それに今ではゴール、アシストでもって信頼をお返しできますね。


アウェーでのガバラ戦に出場できなかった事について


良い決断だったと言う人もいれば、僕がアゼルバイジャンに行ってプレーするべきだったと言う人もいますね。でも僕はここに残るのが正しい決断だったと思っています。いずれにせよこれはもう過ぎたことですから、あまり議論はしたくないですね。僕は今は明日のガバラ戦の事を考えています。僕は普通の試合になると思っていますよ。何か証明しなければならないという事もありませんしね。



サッカー選手の髪型、金色の車、タトゥーについて。


僕はタトゥーは好きではないですね。車はもっていますが金色ではありません(笑)。それから僕の髪型は普通ですね。





以上になります。


これはビデオインタビューを文章に起こしたものになります。インタビューは英語で行われたようですね。

トゥヘルについてはかなり信頼しているようですね。


メディアはクロップが悪かったというような方向に持って行きたがっているように感じられますね。たしかに昨シーズンは悪かったですが、一年目は9ゴール9アシストとそれ程悪くはなかったと思います。

ミキタリアン、明日も出場しそうですね。明日も楽に勝ってダービーに備えて欲しいですね。

【おまけ今日のドイツ】

201511050306337a5.jpeg

シュトレン
ドイツの冬のお菓子シュトレンです。特にドレスデンでは有名なお菓子でスーパー、パン屋ケーキ屋さんなどあちこちで売られています。とても美味しいお菓子です。機会があれば是非召し上がってみてください。

[ 2015/11/05 06:00 ] ミキタリアン | TB(-) | CM(17)
シュトゥーレン、去年の年末はバター不足で入手が難しかったです。
[ 2015/11/05 06:29 ] [ 編集 ]
リバポ断られたのかな?バロッテリについてクロップと話し合いするつってたから、その時ムヒの事も打診したんだろうな
それで方向性が決まったっぽい
[ 2015/11/05 06:41 ] [ 編集 ]
>ユルゲン・クロップの時代は僕もチームも違ったプレーをしていました
これ、本当にミキの発言なんでしょうか?
バイエルンを差し置いてリーグ優勝2回、1回カップ戦優勝、CL準優勝して最優秀監督賞に選ばれた監督ですよね、クロップ
トゥヘルが監督になったことでいろいろなタスクを減らされゴールを決めるだけでいいようになったとミキ本人が言ってたように思いますが
香川に関してもトゥヘルが来たことでよりいい方向に向かっていると言われてますが、昨シーズンの後半からよくなってきてますよ
勿論、トゥヘルも今は結果を出してチーム共々いい方向に向かってますが、管理人さんのコメントにあるようにメディアはクロップが悪かったというような方向に持って行きたがっているように感じられますね
カリスマ監督に対してあまりにも寂しいことです・・
ドルトムントサポはその辺りは分かっていることだと思いますが
[ 2015/11/05 06:48 ] [ 編集 ]
ミキってよく見ると結構男前なのになー
はたから見て東欧人ってそういう人が多い気がするけど、アイデンティティなのかしら?
[ 2015/11/05 06:49 ] [ 編集 ]
ミキってほんと真面目なんだね。イタズラ好きなサッカー少年のロイスやオバメ香川らとプレイは別にして今いち絡みが少ないのも分かる。
[ 2015/11/05 07:49 ] [ 編集 ]
トゥヘルの指導方法がミキタリアンはしっくり来るのかもしれませんね。香川が1つ下がったのは本当に上手く行っているのだと思います。去年はよく被ってしまってましたから。
クロップと比較するのは悲しいことですが…。

シュトーレン、最近の日本では結構受け入れられていますね。本来はクリスマスまで少しずつ食べるものだけど、クリスマスよりかなり前に食べきってしまうのでまた買うはめになります。
[ 2015/11/05 09:00 ] [ 編集 ]
今シーズンのミキは本当に絶好調ですね
昨シーズンとは別人のように見えるくらい頼もしい存在です
トゥヘルが有能なんだろうとは思いますが、昨シーズン非難もおおかったのにあれだけクロップに
使ってもらてたのに、、、なんて思ってしまいます
管理人さんもおっしゃっているようにメディア操作なんでしょうね

グロクロさんが大変みたいですがまた、取り上げていただければ嬉しいです
[ 2015/11/05 10:04 ] [ 編集 ]
俺もドイツに住みたい…
[ 2015/11/05 10:38 ] [ 編集 ]
最後の質問ってオバメのこと?
[ 2015/11/05 12:16 ] [ 編集 ]
あまりナーバスに受けとることでもないかなというのが率直な感想です
ミキはポテンシャルを感じさせるプレーはしていたものの、クロップは彼の力を存分に引き出していたとは言えないと思います
これはあくまでミキ個人に関することで、これがクロップの輝かしい勲章の数々にケチをつけるものではありません
クロップはドルトムントのレジェンドですが、彼の批判は許されないほど神格化されるのも如何なものかと思います
[ 2015/11/05 13:02 ] [ 編集 ]
去年は怪我人が多すぎたから仕方がないだろう
今年の鍵はヴァイグルだと思う
後は守備にもう一人ほしいね
[ 2015/11/05 13:55 ] [ 編集 ]
クロップのは選手の負担が極度に大きいサッカーでしたから
以前より負担抑えて結果出せてる今と比較すれば少し批判的に話されるのは仕方ないかもしれません
リバプール就任後某ネヴィルもクロップのスタイルでシーズンやりきれるのかと疑問を呈したくらいです
まあローテできてないという意味では今も主力への負担は大きいけどそこはトゥヘルの判断一つなので・・
[ 2015/11/05 15:10 ] [ 編集 ]
↑それは主観としてそうなのだろうが、美という客観的視点(黄金比の存在)からみれば少数派の意見だよ
そんなことはさておきミキタリアンの活躍は目覚ましいですね
今までのインタビューとか聞いたりしてると真面目過ぎて不器用な質なのではないかと思えるww
[ 2015/11/05 15:39 ] [ 編集 ]
素晴らしい
[ 2015/11/05 17:34 ] [ 編集 ]
ははは、金色の車に乗ってる奴なんているはずが・・・
!?
[ 2015/11/05 18:43 ] [ 編集 ]
昔ピンクのポルシェなら横浜新道で何度も遭遇しました・・・
フリューゲルスの練習場の方から来てましたね
[ 2015/11/05 21:12 ] [ 編集 ]
>今年の鍵はヴァイグルだと思う
ほんと これだね。
ボランチが如何に大事かって事を示す典型的な例だな。
[ 2015/11/06 13:04 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。