ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

グロースクロイツ、女性へ“カンフー・キック”!!スキャンダルの真相は?《ドイツの反応》

グロースクロイツがまたしてもドイツで話題となっています。リクエストもありましたので昨日のビルトの記事の詳細を紹介します。





【ビルト】11月4日 0時


ワールドカップ優勝者が母親の恋敵の腹にケリを入れたようだ。


グロース・クロイツのカンフー・スキャンダル?


entry_img_699.jpeg


我々のワールド・カップ・チャンピオンがカンフー・キックで女性を怪我させたのだろうか?



スポンサーリンク




グロース・クロイツのカンフー・スキャンダル?


この犠牲者の証言によると、事は月曜日の17時45分に地方リーグのケミングハウゼンの競技場で起こったようだ。ケミングハウゼンのユースチームはグロースクロイツが所属していた所だ。どうやらケヴィンの母親である、ピア・グロースクロイツとピアの旦那に言い寄って来た女性とで争いごとがあったようだ。



この2人が喧嘩している間、グロースクロイツは競技場でジョギングしていた。しかしこの喧嘩がエスカレートしたのでグロースクロイツは母親のところへと走り、相手女性の腹部にカンフーキックをお見舞いしたようである。


その一時間後に被害者とされる女性は、警察に被害届を提出した。警察の話によると“我々は、危険をともなう傷害事件として捜査中”との事である。このサッカー選手に対してだけでなく、母親に対しても被害届が出されたようだ。母親はこの女性の髪の毛を掴んで引っ張ったらしい。


ケヴィン・グロースクロイツはビルトの情報によるとこの攻撃を否認しているようである。彼はそれどころか、この女性が被害届を取り下げたと主張している。


このプロ選手の抱える問題:これは公共の場での傷害事件に関することなので、相手が被害届がなくても、検察は捜査に乗り出すことができることだ・・。





2015110518512172b.jpeg

【ビルト】11月4日16時

元ドルトムントのグロースクロイツが母親に対する攻撃について語る

もちろん僕二人の間に割って入ったよ。


競技場ではいったい何が起こったのか?


ガラタサライのプロ選手であるグロースクロイツが、母親ピアの恋敵の女性を攻撃したと見られていた。


元ドルトムントの選手はインスタグラムで次のように語っている。“僕は先週故郷のドルトムントで家族や友人たちと過ごしていたんだ。そして毎日ガラタサライと同じになるように、ケミングハウゼンのトレーニング施設でトレーニングしていたんだ。僕がジョギングをこなしていたら母親と他の女性が喧嘩している事に気がついたんだよ。もちろん二人の間に割って入ったよ。殴り合いを止めるためにね(全部で6人もの人が止めに入ったんだよ)。それについては警察も調査済みだよ。”



以下グロースクロイツインスタグラム全文


【ハロー!残念な事にまた意見を表明ることになってしまった。みんなおそらくもう知っているだろうけど、新聞の見出しには僕の名前が載っているね。残念な事にサッカーとは関係なくね。僕は先週故郷のドルトムントで家族や友人たちと過ごしていたんだ。そして毎日ガラタサライと同じになるように、ケミングハウゼンのトレーニング施設でトレーニングしていたんだ。僕がジョギングをこなしていたら母親と他の女性が喧嘩している事に気がついたんだよ。もちろん二人の間に割って入ったよ。殴り合いを止めるためにね(全部で6人もの人が止めに入ったんだよ)。それについては警察も調査済みだよ。

火曜日の朝になって、僕が相手を負傷させたとして、被害届が提出されたというニュースを聞く事になったんだ。でも勿論僕は女性を殴っていないし、カンフー・キックをお見舞いしていないんだから当然のことだけど、この被害届は昨日(月曜日)すでに取り下げられているよ。

まあ書かれてしまったことはしょうがないとして、何かそれに対して言うとすれば、有名人の家族も問題を抱えることになる事だね。これらの出来事は人間的な事だと思うけど、それでも悲しいよ。公共のスポーツ施設でこんな騒動が起こってしまってね。

僕は自分がメディアの犠牲者だとは考えてはいないよ。2014年のポカール決勝の後のように自分に原因があれが、それは自分の責任だ。今回の事にも責任は感じているよ。

それに加えて言いたいんだけど、僕の家族に何か起こったら、それがどこだろうが、いつだろうか関係なく助けに行くだろうという事だね。特に母親は僕にとっては一番大切な人物だ。

みんな話を聞いてくれてありがとう!!】





以上になります。


まあ髪の毛を掴まれた事で被害届を出すぐらいですから、グロースクロイツとも僅かに接触があったのかもしれませんね。おろらく引き離そうとしたんだと思いますが・・・。


ビルトがカンフー・キックと大きく取り上げたことでドイツ中で話題となりましたが、グロースクロイツ本人がインスタグラムで事の真相を語っていますね。


日本でもいくらかニュースになったようですが、グロースクロイツ本人の発言を受けた記事が出ているのかどうか気になる所ですね。


今回はグロースクロイツも運がなかったような感じですね・・。


【おまけ今日のドイツ】

20151105191329011.jpeg

もみじ
ドレスデンの公園にももみじの木を見つけました。綺麗に色づいていて日本の紅葉を思い出しました。
ドイツの秋も綺麗ですが日本の朱赤の紅葉は本当に綺麗ですよね。もう何年も見ていないな~としみじみしてしまいました。
[ 2015/11/05 19:25 ] グロースクロイツ | TB(-) | CM(17)
早速、取り上げていただきありがとうございます
予想通り巻き込まれただけのようですね
安心しました
[ 2015/11/05 20:02 ] [ 編集 ]
世界のスター選手はよほどイメージが良くない限り、この手の事件に巻き込まれかねないですね
アメリカよりはましだと思うけれども・・・
[ 2015/11/05 20:17 ] [ 編集 ]
ケヴィンの無実が証明されたようで安心しました。
[ 2015/11/05 20:48 ] [ 編集 ]
まぁ、被害者といってもグロクロの父親を籠絡しようとしてる女だしね。
かなりアレなのは間違いない。
[ 2015/11/05 21:00 ] [ 編集 ]
グロクロドルに帰って来ないかな
パクいらないからグロクロに戻って欲しい
[ 2015/11/05 21:25 ] [ 編集 ]
管理人さん、いつも翻訳ありがとうございます!
グロクロさん、気の毒としか言いようがない…母ちゃん、息子は有名人なんだから堪えて欲しかったけど、この母にして息子ありなのかもしれないですね〜。お母さんの画像は見た記憶がありますが、モテモテ?のお父さんも気になってきたわ。って、ゴシップに振り回されてはいけないですよね、有名人は家族まで興味や批判の対象となってしまい、本当に大変だと思います。
でも、グロクロさんの長文メッセージは好きです。とても思慮深くて優しい一面を持っていると感じます。
[ 2015/11/05 21:29 ] [ 編集 ]
いつも見てます!
グロクロさんは・・・・・
まぁ色々ありますけど
根は絶対いい人ですからねw

話は代わりますが、鳥栖にマガト招聘の噂はドイツにも流れているんでしょうか・・・・・?昨日あたりからながれていて少し気になったので・・・・・
[ 2015/11/05 22:07 ] [ 編集 ]
普通に考えてカンフー・キックなんか女性にやるわけない。
相手が刃物を持ってきたら話は別だけど・・・
[ 2015/11/05 22:54 ] [ 編集 ]
チームはやたら調子がいいけどなんか物足りないと思ってたらこいつがいない、、、
[ 2015/11/05 23:20 ] [ 編集 ]
うん。このニュースで僕がグロスクロイツのファンをやめることはないな!
もちろん、暴力の責任はとるにしてもね
[ 2015/11/05 23:21 ] [ 編集 ]
記事とは関係ないんだけど、管理人さんにドイツ語の日本語読みについて説明してほしい
オーバメヤン、オバメヤンとかハノーファー、ハノーバーなど、メディアの統一感の無さについて一言お願いします
[ 2015/11/06 00:29 ] [ 編集 ]
飲んでない時のケビンさんは人一倍優しい人でしょ
飲んだらえらいことになりますが(笑)
[ 2015/11/06 00:35 ] [ 編集 ]
ケヴィンを除いて5人もの仲裁者がいたんだから、暴行の有無は裏付けが取れるんじゃないかな
[ 2015/11/06 00:58 ] [ 編集 ]
日本では腕とか肩をつかんだだけでも暴力として成立させる事は出来るけど、ドイツはどうなんでしょうね?
[ 2015/11/06 02:32 ] [ 編集 ]
インスタであれツイッターであれ、選手自身が状況説明のできる環境があるっていうのは助かりますね。
[ 2015/11/06 04:46 ] [ 編集 ]
グロクロさん、ケバブに次いでまたネタにされそうなワードが増えて。。
巻き込まれ体質というか自ら巻き込まれに行くというか、つい反応してしまう性格なのかな。素直というか。

ちなみに名前の読み方書き方ですが、統一するのは難しそう。そもそもカタカナにわざわざ直さなくてもいいのにと思うんですよね。人によって聞こえ方も違うでしょうし。AubameyangはAubameyangでしかないのに。
[ 2015/11/06 12:04 ] [ 編集 ]
カントナでも女性にカンフーキックはしなかった。グロクロがするわけがない。
[ 2015/11/06 13:19 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。