ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

【ダービー】香川ヘディング先制点!でシャルケに3:2で勝利!!香川は「1」の高評価!BVB全選手採点と寸評①《ドイツの反応》

本日ドルトムントで行われました147回目となるレヴィーアダービー。ドルトムントが香川選手の先制ゴールを含む3:2で勝利しました。

早速ビルトと西ドイツアルゲマイネ新聞の寸評を紹介します。

entry_img_705.jpeg

【ビルト】


・ドルトムント


ビュルキ 3

ソクラティス 4

フンメルス 5

ギンター 1

スポンサーリンク



シュメルツァー 3

ギュンドガン 2

ヴァイグル 3

香川 1

カストロ 2

ミキタリアン 3

オバメヤン 2



20151109013454d4a.jpeg

・シャルケ

フェアマン 3

カイサラ 5

マティップ 4

ノイシュテッター 4

アオゴ 4

ゴレツカ 3

コラシナツ 5

マイヤー 5

サネー 2

フンタラー 2

シュポモティン 4

ヘィベルク 3




【西ドイツアルゲマイネ新聞】



ビュルキ 2.5

彼は長い間ボールを止めることができなかった。なぜならフンタラーの短距離のシュートに対しては、為す術がなく(33.71.)、それ以外はシャルケはシュートを放たなかったからだ。ヘィベルクのロングシュートに対しては良い反応を見せ、ポストに弾いた。


フンメルス 5

1:1はなんという大失態だろうか!!彼はゴレツカの足に向けてパスをだし、アシストを決めたサネーには抜かれてしまった。これが彼唯一の不安定なプレーではなかった。それ以外にも20分にサネーに最初のチャンスを与えてしまい、24分にもペナルティーエリア付近で彼に交わされてしまった。また45分のディ・サントのオフサイドも、フンメルスが無効なものとしていた。後半になってからは良くなったが、71分にはセンターライン付近の一対一で敗れて2:3となってしまった。でもその場面はチームメートのフォローもあまりなかった。


シュメルツァー 4

彼は左サイドでは見せ場はあったが、彼のクロスは不正確すぎた。それに加えてディサントが彼に対してマークに付いていた。それを振り払うことができなかった。


ソクラティス 3

15分にはコラシナツの危険なパスを防ぎ、長い間安定したセンターバックだった。しかし2:3の場面ではゴレツカの不正確なクロスをしっかりとらえることができず、フンタラーに決められてしまった。


ギンター 2

序盤は少し試合に入るのに苦労し、彼の上げたクロスの多くは最初の相手にぶつかってばかりした。しかし香川に対しての鋭く正確なパスは素晴らしく、それが先制点のアシストとなった。そして良い走りと力強いヘディングで2:1のゴールを上げた。マイナスポイント:20分にアオゴをフリーにさせてしまい、それが相手の最初のチャンスにつながった。それ以外は守備も非常に安定していた。


香川 3

彼がヘディングでゴールを決めるだろうという事を期待していた人はあまりいないだろう。しかしどうやらダービーでの彼には普通ではない事が起こるようだ(注:成功する)。それ以外は中盤を這いずり回り、物凄い距離の走りを見せた。しかしそれ以外攻撃において大きなアクションは見られなかった。



ギュンドガン 2

試合序盤は縦パスで何度かミスが見られた。しかし彼は徐々に試合に入り、BVBは彼のおかげて主導権を手に入れた。力強いパス。しかしシュートだけが決まらなかった。何度か放ったロングシュートは惜しくもゴールを外れた(35.47.49.)。


カストロ 2-

彼はまたしても負傷したロイスの代わりとして試合に出場する事を許された。今回は以前ほど目立たなかったが、それでも彼がボールを持った時は危険だった。先制点の場面では、ギンターとのワンタッチパスをみせ、その少し前にもBVBの最初のチャンスとなるパスを香川へ送っている。そして3:1の場面ではパーフェクトなタイミングでオバメヤンへパスを送っている。


ミキタリアン 2-

彼も試合序盤にパスミスをした。しかしその後は良くなった。特に後半は。46分のカイサラのファールに対してはPKを貰わなければならなかっただろう。彼がヴァイグルの高ボールを胸で受けカストロに送った場面は力強かった。そしてその直後に3:1になった。彼の最高のチャンスはフェアマンに対して外してしまった(54.)。


ヴァイグル 3

彼がペナルティーエリア内のフンタラーを掴んでもPKにならなかったのはすこしばかり幸運だったと言えるだろう。でもそれが唯一の危うい場面だった。サネーをペナルティエリア内で止めたのは力強く(24)、彼がボール奪取からミキタリアンへ送った縦パスは素晴らしかった(48.)。いつものようにパスは正確でシャルケの選手にも試合を組み立てるパスを与えなかった。


オバメヤン 3

前半はほとんど見どころがなかった。28分にシュートを放ったがブロックされてしまった。しかし後半開始直後にはフリーでゴール前に現れ、正確にゴールに決めた。その後もミキタリアンに対する良いクロス(54)。そして76分にはシュートを放ったがブロックされてしまった。それ以上は見所なし。


20151109013452daa.jpeg






以上になります。


いやあ手に汗握る試合となりましたね。とにかく勝って良かったです!香川選手のヘディングゴールも見られましたしね!!!おそらくダービー先制点の重さを踏まえたビルトの採点1は素直に喜びたいですね。



ヴァイグルと香川選手にはもう少し別な視点から採点してほしい気がしますが、まあ、西ドイツアルゲマイネはこんな感じなのは毎度の事ですね。


他の採点が出たらまたアップしたいと思います!





ビルトが1なのに西ドイツアルゲマイネが3でしかもムヒより下ですかー・・・
[ 2015/11/09 02:57 ] [ 編集 ]
香川は後半はSB辺りまで下がって守備したり組み立ててたから攻撃云々だけで評価するのはなんだかなと思う。
守備のスタッツかなり際立ってたし。
[ 2015/11/09 03:03 ] [ 編集 ]
いつもありがとうございます。ドルの勝利、素晴らしかったですね。試合前はもうちょっと差がつくかと思いましたが、ダービーだけあってアツかったです。サネは抜けてますね。香川がクロップの時とは違う新しいポジションで見事にもう一度花開いていて嬉しいです
[ 2015/11/09 03:07 ] [ 編集 ]
むしろビルトの1が高過ぎなような気がする、だからって3はあり得ないけど
[ 2015/11/09 03:26 ] [ 編集 ]
管理人さん翻訳お疲れ様です
ダービーに勝利し、更に香川が得点して今夜は最高でした!

西ドイツアルゲマイネ紙のツンっぷりは相変わらずですねw
デレさせる為には最低限ドッペルパックくらいの活躍が必要なのでしょうね

今週も管理人さんの翻訳記事を楽しみにしております(ペコリ
[ 2015/11/09 03:29 ] [ 編集 ]
アルゲマイネの採点者は多分シャルカーだったということにします。今日の香川選手は全体をコントロールしているような、ちょっとお兄さんになっちゃったの?と思うほどでした。
ダービーらしい熱い試合でしたね。
最後、並んでいるときちょっと泣いてるのかなと思ってしまいました。

他の寸評も楽しみにしています。
[ 2015/11/09 03:37 ] [ 編集 ]
今回は他の選手も含めてずいぶん採点が分かれてるようだね
キッカー待ちかな
[ 2015/11/09 03:53 ] [ 編集 ]
普段文句はいわないのだけど、3はちょっと低いかなあ
1ゴールの価値は結果にも見て取れるし、最低でも2.5くらいじゃないかなあ
まあ普段の活躍からすれば~ってことで納得しよう
[ 2015/11/09 04:02 ] [ 編集 ]
香川得点してるし、スタッツ見るとめちゃくちゃ良い出来なんだよな。3はありえないな。
[ 2015/11/09 04:03 ] [ 編集 ]
ちなみに、whoscored.comだと
ビュルキ 6.1
ギンター 7.9 ソクラテス 6.5 フンメルス 6.0 シュメルツァー 6.2
ギュンドアン 6.8 ヴァイグル 7.5 香川 8.6
カストロ 7.3 オーバメヤン 7.5 ミキタリアン 7.9

Squawkaだと
ビュルキ -10
ギンター 46 ソクラテス 26 フンメルス -6 シュメルツァー -26
ギュンドアン 14 ヴァイグル 24 香川 73
カストロ 23 オーバメヤン 34 ミキタリアン 39

香川は今節のリーグ全体でwhoscoredだと4番目、Squawkaだと7番目の高ポイントです。
内容を見るといつもの攻撃でのスタッツに加えて、TacklesWon5/5、Interceptions2、AerialDuelsWon3/3、と攻守に渡っての奮闘ぶりが伺えますが、そこが評価ポイントにされてないのは残念ですね。特にルーア・ナハリヒテンには評価して欲しいものですが。。
尤も、スタッツサイトの採点はひとつひとつのプレーの質は無視されてると思うので、後でビデオで見直してみようと思います。
[ 2015/11/09 04:49 ] [ 編集 ]
香川いなかったら守備崩壊でバイヤンスコア食らわされててもおかしくなかった。バイグルギュンかがーの中盤が要なのは今回のダービーで再認識した。それだけなら守備がーでおわるけどあの得点は先制だし攻撃も相当なものもたらしてからキッカー見て恥かくよ評価3なんてつけたら。あれじゃ香川フルだろうと思ったら案の定帰る気0だったな。
[ 2015/11/09 05:16 ] [ 編集 ]
たしかに香川の華とも言えるキラーパスはあまり見れなかったけど、今日の勝利への貢献度は相当大きいと思いました。
とくに守備面で見応えがありましたね。どこにでも現われるような運動量で、チームを安定させてた気がします。ぶつかり合いでも負けてなかったですしね。

[ 2015/11/09 06:25 ] [ 編集 ]
つい最近までカストロをBVBのレベルにはないだのなんだの言ってた奴らばっかだったのに。チュホもそうだけどBVBみたいな特殊なスタイルのチームに移籍したら時間がかかるのは明白だよな。
チープなミランのサポーターみたいにならないで欲しい。早期結果を求め過ぎるのはナンセンスという風潮にしていかないと。
[ 2015/11/09 06:56 ] [ 編集 ]
ムヒタリアンが2とか何見てたんだこの新聞
ソクラティスの3は良すぎるし中盤と連携して左サイド支配してたシュメルツァーの採点は悪すぎるよ。
フンメルスの5も感情的な採点でやり過ぎだし香川の評価も低いな。
[ 2015/11/09 07:08 ] [ 編集 ]
3って事は点決めてなかったら平均以下の4だったんだなこの記者にとっては。

まぁ日本にも「どこよりも早い採点(笑)」というトンデモ採点マンがいるから、西ドイツ何某を一方的に低レベルなゴシップと嘲笑する事は出来ない。
[ 2015/11/09 07:21 ] [ 編集 ]
香川選手のヘディング、思わず「嘘でしょ?」で言ってしまいましたw。
ボールを上げたギンターもギンターだわwww、と思ったけれど
後ろにオバメが居たので瞬間的に間違ってちっさい方へ出しちゃったのかもw。
ドルへ戻ってきてから先制点ってなかったから、もうこういう姿は見られないと何処かで思っていた気がします。
何より香川選手の晴れやかな表情でのプレーが戻ってきて嬉しい。
ドルトムントというチームに感謝。そしてお願いだから過労死する前にフンメルスを休ませてあげて---。
[ 2015/11/09 07:50 ] [ 編集 ]
後半は下がり目でサポートに徹してたわな、CBの位置に居たりしたのは吹いたが
[ 2015/11/09 08:03 ] [ 編集 ]
↑よほど押し込める相手でない限りCBの位置まで下がるのはちょくちょくやってるよ
[ 2015/11/09 09:42 ] [ 編集 ]
熱い試合だった!Hummelsに休みを。
[ 2015/11/09 13:09 ] [ 編集 ]
西ドイツアルゲマイネうんぬんではなく、今回の香川選手に3をつけているメディアは多いですよ。

[ 2015/11/09 15:15 ] [ 編集 ]
香川はとにかくチームに貢献できる選手!どこが危ないかわかってるから、今回は守備に専念してたと思う。フンメルスがずっーと連戦で疲れてるのもわかってるだろうし。自分のことより、チームの勝利を優先する姿勢は本当に素晴らしい。緊張で最初、動きが硬かったと言ってたけど、あの香川の先制点でみんな吹っ切れたと思う。あのタックルも痺れたし、ゴールパフォーマンスも気合入ってた。ロイスがいない中、あの気合いがドルの勝利につながったといってもいいと思う。本当に勝てて良かった。
[ 2015/11/13 23:29 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。