ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

宇佐美ブンデスリーガ移籍か?ドイツでも続々報道!ドイツ紙報道まとめ《ドイツの反応》

宇佐美選手の移籍がドイツでも話題となっています。短い記事が多いので、いくつかの記事をまとめました。





2015111219302465b.jpeg

【Sport1】ドイツスポーツ専門テレビチャンネル。


元バイエルンの宇佐美、ブンデスリーガに復帰か?



元バイエルンの宇佐美貴史がどうやら再びブンデスリーガに戻ってくることになるかもしれない。すでに2つのクラブが大阪の日本代表選手に興味を持っているようだ!

スポンサーリンク



VfBシュトゥットガルトは冬に補強を考えている。メディアの伝えた所によると、元バイエルンの宇佐美貴士がシュヴァーベン地方のクラブ(シュトゥットガルト)の補強候補となっているようだ。


この攻撃のオールラウンダーは2011年から2013年までミュンヘンとホッフェンハイムで控えとしてプレーしていたが、今ガンバ大阪で注目を集めている。

この日本代表選手はリーガ32試合で19ゴールを記録している。

日本の報知新聞の報道によるとさらにブレーメンとFCヴァレンシアも興味を示しているようである。


【ビルト】


VfBが元バイエルンの宇佐美を熱望!!

2015111219371507a.jpeg


VfBは冬に補強を計画している。何よりもディフェンダーの獲得を望んでいるが、攻撃の選手も探している所だ。


日本のメディアはシュトゥットガルトからの宇佐美貴士への興味を報道していた。


ビルトの情報によると、この攻撃的選手は実際に候補に上がっているようである。


彼はガンバ大阪でリーガ32試合に出場し19ゴールを記録している。


また宇佐美はすでにブンデスリーガを知っている。この非常にテクニックに優れた178センチの選手は2011年から2013年までバイエルンとホッフェンハイムでプレーしていた。

彼の代理人のクリスティアン・ロンベルクは“ヘッセンシャウ”という番組で“ブンデスリーガのチームから複数のオファーがある。”と明かしている。そのうちの一つはもしかしたらVfBからのものだろう・・・・。





【フスバール・トランスファー】

20151112193024777.jpeg

アイントラハト・フランクフルトは日本のガンバ大阪に所属する宇佐美貴史の獲得には興味がないようだ。この素早い攻撃的選手の代理人クリスティアン・ロンベルクがブンデスリーガのクラブからの複数の興味を明かしていた。しかしフランクフルトのスポーツディレクター、ブルーノ・ヒュープナーはフランクフルトが関わっていることを否定している。宇佐美は“テーマには上がってない。”とこの54歳はフランクフルター・ルントシャウ紙で答えている。


この23才の宇佐美はJリーグで33試合に出場し19得点あげている。ドイツでは全くの無名ではない。彼は2011/12にバイエルンに所属したが、たいていは2部チームでの出場となっていた。その次のシーズンはホッフェンハイムに所属し、ブンデスリーガで20試合に出場している。





以上になります。

フスバール・トランスファーの記事が出る前は、フランクフルト移籍を伝える記事が多く出ていましたが、最新のニュースではクラブ側が否定しています。


ビルトの情報によるとシュトゥットガルトの候補となっているのは確かなようですね。


シュトゥットガルトとブレーメンのサポーターの間ではすでに話題になっています。近々両サポーターの反応を紹介したいと思います。


シュトゥットガルトとブレーメンだったらブレーメンに移籍して欲しいところですが、ブレーメンが冬に補強するかどうか、その辺がポイントですね。

シュツットガルだと攻撃陣はそれなりにいるしブレーメンの方が活躍できる需要はあると思う。ブレーメンのサッカーに合ってるし監督との相性も良さげ。
[ 2015/11/12 20:22 ] [ 編集 ]
ブレーメン希望
宇佐美、いくならブレーメンで。ドイツ語も頑張れ!
[ 2015/11/13 08:53 ] [ 編集 ]
Jのぬるま湯に浸かっていてはこれ以上伸びる見込みないし年齢的にも丁度いいと思うので
宇佐美には是非再挑戦してもらってさらなるレベルアップをして欲しい
[ 2015/11/13 16:24 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。