ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

酒井高徳、香川との対戦に燃える!!!ハンブルク地元紙報道《ドイツの反応》

久しぶりに酒井選手の記事を見つけましたので紹介します。スポーツ新聞、モルゲン・ポストのハンブルク版11月10日の記事になります。




HSVの日本人


酒井高徳が、ドルトムント香川との対戦に熱く燃えている!!

entry_img_713.jpeg


彼にとってもこれが呪いであるか、それとも祝福であるかはわからない所だ。彼は日本代表からの招待状を待っていたが、それも無駄に終わってしまった。


“僕らの監督がこう言いましたよ。HSVで試合に出ていないので難しい決断だった、って。”と彼は明かした。


しかしこうした状況も将来変わるかもしれない。
スポンサーリンク



デニス・ディークマイアーの負傷により酒井は右サイドバックで出場することになった。そして今、アジアでの代表遠征が無くなった事でトーレーニングに集中し、それに必要なパワーを取り戻すことができるだろう。


酒井はまさにパワーが必要となるだろう。なぜなら今から9日後には非常に熱い対決が待っているからだ。ドルトムントが、彼の同郷の香川真司と共にやって来るのだ。


“その試合はとても楽しみにしていますよ。シンジは本当に強いですからね。”と高徳は分かっている。


“でも僕の調子が良ければ、彼を止めることは出来ますよ。彼のことはよく分かっていますから。”


ハンブルクはようやく酒井高徳の本当の力を知ることができるだろう。今彼がハンブルクでこう語ったように。


月曜日に彼は妻と二人の娘とともに大聖堂に登り、“みんな楽しんでましたし、素晴らしかったですね。”と語った。フィールド上でも同じようになるべき時が来たのだ。

20151113040632480.jpeg


“僕にとって難しい時期でしたが、今ようやく僕の力を証明するチャンスがやってきました。このチャンスを待っていたんです。”






以上になります。

ドルトムントの次の対戦相手はハンブルクですね。金曜日の試合ということで代表帰りの香川選手の出場は微妙な所ですね。

個人的にはハンブルクは嫌な思い出の多い相手です。とにかく力でねじ込んできますからね。今シーズンのハンブルクはまだ見ていませんのでちょっと分かりませんが、相手よりも速いテンポでボールを回せるかどうかが、見ものですね。肉弾戦に持ち込まれないようにして欲しい所です。


【おまけ今日のドイツ】

20151113041030893.jpeg

マイセンにあるアルブレヒト城です。
マイセン磁器で有名な街です。昔はこのお城に磁器職人を幽閉してマイセン焼の秘密や技術を守ったそうです。
[ 2015/11/13 06:00 ] 酒井高徳 | TB(-) | CM(7)
 
高徳ってこんな大きい娘さんが居たのか 知らんかった
移籍してからあんまり出番無かったけど最近起用されるようになってるから嬉しいな
[ 2015/11/13 06:18 ] [ 編集 ]
「止める」ねえ
まあいい様に釣り出されるんじゃね
てかよく分かっているのなら、代表での連携で見せて欲しかったぞw
[ 2015/11/13 07:21 ] [ 編集 ]
残念ながらマッチアップはロイスかムヒかカストロだよね
[ 2015/11/13 10:17 ] [ 編集 ]
娘可愛すぎる
[ 2015/11/13 12:33 ] [ 編集 ]
え・・・酒井って結婚してたの?

こんな大きな子持ちだったのかよ
[ 2015/11/13 12:51 ] [ 編集 ]
頑張れ高徳!
でも止めなきゃいけないのは香川だけじゃないぞ。
[ 2015/11/13 14:48 ] [ 編集 ]
10代で結婚してたからなぁ
[ 2015/11/13 18:08 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。