ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

好調清武!!日本代表での活躍と共に今シーズンの清武をドイツ紙が大絶賛!《ドイツの反応》

最近好調の清武選手。ハノーファーなど北ドイツを拠点とする最大の放送局NDRが特集記事を掲載しましたので紹介します。






清武:サッカーの世界の放浪者!

entry_img_714.jpeg

ここ最近の清武は、ハノーファー96のプレーメーカーではない。今現在この中盤のテクニカーは日本代表選手として遠征中だ。ハノーファーでは試合終了後に落胆とフラストレーションが溜まる事が多い。ハノーファーは、12試合ですでに7負と1ポイントの獲得に大きなエネルギーを消費するのに対して、ブルー侍ではすべてがうまく行っている。


彼の26歳の誕生日となった木曜日、清武は日本代表として試合に出場し、ベルント・シュタンゲが率いるシンガポール代表に3:0で勝利した。このハノーファーの選手は75分で交代となったが、彼と交代で出場したのがドルトムントの香川真司だった。日本代表は4度アジアチャンピオンになっており、1998年以来ワールド・カップにも出場しているが、ワールド・カップロシア大会2次予選ではまだ失点をしていない。日本は5試合を終えて13ポイント(15:0)とシリアを抜かして再びグループ首位に立っている。火曜日にはカンボジアで次の試合が行われる予定だ。


スポンサーリンク



ボールを引き寄せる竜巻


ハノーファーでの清武は、ファンの希望の星となっており、低迷するチームをもしかしたら安全圏まで押し上げてくれるのではないかと期待されている。今シーズンのミヒァエル・フロンツェク監督のチームの成績は、大部分の選手がとても低レベルなパフォーマンスをしている事を表しているが、他の選手とは違ったクオリティーでチームを牽引する選手としては確実に清武弘嗣の名前があげられるだろう。あとの二人はロン・ロベルト・ツィーラーとサリフ・サネーである。清武は芝生の上で竜巻のようにボールを引き寄せる。この172センチと小柄日本人は、ほぼ何処にでも顔を出している。彼はコーナーキックやフリーキックを蹴り、さらにPKのキッカーも任されている。そしてアシストし、さらには自らゴールを決めている。彼は今シーズン3ゴールを記録している。

201511131822061f7.jpeg


ヴォルフスブルク戦での夢のゴールがフロンツェクを救う


最も素晴らしかったのはあのヴォルフスブルク戦でのプレーだろう。清武はシュミーデバッハのクロスを胸で受け、それを後ろに倒れながら右足でボレーシュート放ったのだ。それによってヴォルフスブルクとの試合は1:1の引き分けとなった。このハノーファーの10番の選手のプレーによってフロンツェクは解雇を免れることになったと見て良いだろう。

清武がフロンツェクを信じていることは、清武が“ハノーファー新聞”のインタビューで語ったことからも見て取れる。彼はフロンツェクを“ヤサシイ”と表現したが、これはドイツ語で優しいという意味である。清武:“彼は非常に暖かくて信じられないくらい優しい監督です。”


骨折からの素晴らしいカムバック


彼がここ数週間芝生の上で見せている姿は非常に力強いが、医学的にも非常に注目すべき値だ。清武は6月半ばに骨折したのだ。そしてたった3ヶ月後の9月12日のドルトムント戦でカムバックを果たしたのだ。さらに驚くべき事は、彼がすぐにハノーファーに大きな影響を及ぼす選手となった事だ。

清武は素晴らしいパフォーマンスを見せ、怪我の後で元の状態に戻るまで、負傷期間と同じぐらいの時間を必要とする、という医療関係者の概念を打ち破った。2012年の夏にハノーファーの新会長マルティン・バーダーがセレッソ大阪からニュルンベルクへと連れてきたこの男は、本来であったら、昔の状態を探しているはずであったのだ。ハノーファー96にとって、このトッププレーヤーの素早い回復は、この難しい時期においては天の恵みである。






以上になります。

当ブログではあまり頻繁に見出しに大絶賛とつけないようにしていますが、今回の記事は大絶賛に値すると思いました。

このNDR(北ドイツ放送局)というメディアは日本で言うところのNHKみたいなものですので、スポーツ新聞の大絶賛な記事とは少し意味合いが違います。


今シーズンの清武選手は本当に素晴らしいですね。ドルトムントの試合でも清武選手のフリーキックにはひやっとさせられました。

日本代表のフリーキッカーもぜひ清武選手にやってもらいたいところですが、なかなかそうなってくれませんね。(昨日の試合は見れませんでしたが清武選手は蹴らせてもらえたんでしょうか?)調子の良い選手をうまく機能させられるフォーメーションを見つけてくれると良いですね・・。


今後も清武選手の活躍には注目したいですね。



[ 2015/11/14 06:00 ] 清武弘嗣 | TB(-) | CM(16)
清武はコーナーキックは蹴ってたと思う。クラブで干されている元ニュルンベルクのドルミッチとクローゼがレンタルで来たら面白そう。この監督は良い人そうだけど戦術が特定の選手頼みだし監督としての実績も結構酷い。
[ 2015/11/14 07:16 ] [ 編集 ]
清武セットプレー蹴ってましたよ、柏木と共に。右・清武、左・柏木。
フル出場というのもあって柏木の方が回数は多かったかな?
ここ最近の代表では一番質の高いプレースキックだったと思います、両者とも。
少し期待がもてました。
香川も流れの中からなら長短精度の高い良いボール蹴るんですけどね。(15分の出場の中でもみせてくれました)
プレースキックとなると途端に怖くなくなるという…。

ハノーファーの会長はニュルンベルクに清武を連れてきた人だったんですね。知りませんでした。
[ 2015/11/14 07:20 ] [ 編集 ]
清武のFKは可能性を感じるから好きだ。ハノーファーは攻撃よりも守備のタスクをもっと強めないとガンガン失点してしまって攻撃どころじゃなくなっちゃうのがどうにも歯がゆいね。清武自身も守備へのタスクを強めないとな。
アウクス相手にドローはちょっと心配。
[ 2015/11/14 07:28 ] [ 編集 ]
清武は最近メンタルが変わってきたね。貪欲になってきた。香川と良きライバルそして理解者という感じ。
[ 2015/11/14 08:46 ] [ 編集 ]
FK本当うまい
柏木もうまいけど清武のFKは毎回チャンスになってるわ
香川も今調子いいしこの2人の波長合う気もするしどっちかだけっていうのは本当もったいない気がする
[ 2015/11/14 10:36 ] [ 編集 ]
清武は世界3位のブンデスでやってる分フィジカル的に安心してみてられるけど、柏木はただでさえフィジカルないのに26位のJのぬるま湯でたいしたフィジカルコンタクトなく寄せも甘い中で日々やってるので見てて本当に不安しかないですね。

シンガポールは中盤へのプレッシャーをまったくかけてこなかったのでボランチは完全に自由に長短のパスを好きなように出せる状況でまったくといっていいほど参考にならない試合でした。

[ 2015/11/14 10:52 ] [ 編集 ]
小柄に見えるけど代表戦でユニフォームが破れた時は流石にすごい肉体だった
[ 2015/11/14 11:27 ] [ 編集 ]
パスだけなら世界トップクラス。
視野、タイミング、質どれをとっても素晴らしい。
ただその場所に出すだけにとどまらず、パスの強さ速さ回転まで意図が及んでいる。特に回転においては全方向に回転をかけられる技術があるんだよね。しかも、両足どちらも使えるという。
コーナーキックだけみてもやはり抜群に上手い。ふわっとして柔らかいのに鋭く曲がって、味方の頭に吸い寄せられていく感じ。
もっと、上のチームで観たい。
[ 2015/11/14 11:54 ] [ 編集 ]
昨日も一本可能性のありそうなfk蹴ってましたよ、あとサービスシーンもw
[ 2015/11/14 13:43 ] [ 編集 ]
ピヨ武って香川より小さいのか。香川のが小さくみえるが。
[ 2015/11/14 13:56 ] [ 編集 ]
日本代表の清武は「俺が、俺が」感が一気に少なくなるからダメ
どうしても本田に預けたりサポートに回ってしまうから、ドイツで花開き始めた良さがなくなる
クラブのように「俺がやらなきゃ」っていうくらいになって本田を使う(パスを要求する)くらいの気迫を見せれば、本田もそれに応えると思うんだが・・・
[ 2015/11/14 18:32 ] [ 編集 ]
ハリルホジッチはセットプレーを重視している発言をしていましたし、この前のシンガポール戦は相手が極端に引いてくることは目に見えてましたので、それもあって清武が先発したのだと思います
その期待通り質の高いFKやCKを蹴っていましたし、流れの中でもテンポ良く繋いで前半は良かったと思いますね
ただ、ライバルが香川というのが大変なんですが…
代表の中でももっと自己主張して存在感を示せるようになれば、清武トップ下の左サイド香川という選択肢も出てくるでしょうね
[ 2015/11/14 20:46 ] [ 編集 ]
「ハリルホジッチはセットプレーを重視している発言をしていましたし、この前のシンガポール戦は相手が極端に引いてくることは目に見えてましたので、それもあって清武が先発したのだと思います
その期待通り質の高いFKやCKを蹴っていましたし、流れの中でもテンポ良く繋いで前半は良かったと思いますね
ただ、ライバルが香川というのが大変なんですが…
代表の中でももっと自己主張して存在感を示せるようになれば、清武トップ下の左サイド香川という選択肢も出てくるでしょうね」


この前は清武を先発で試験してみたかったのと香川の疲労が思ったより溜まってたのが清武先発の理由だとハリルが名言してるじゃないですか・・・。

香川左サイドで清武トップ下はありえません。
ハリルはそんな無能な監督ではありませんよ。
[ 2015/11/15 03:16 ] [ 編集 ]
実際のところ、清武にポジションを脅かされているのは本田しかいない。
今シーズンのパフォーマンス見れば香川中心のチーム作りになって当然で、
清武には香川のバックアップと、香川と同時に出してどう活かすか。
プレースキッカーでは完璧に本田より上なので、
他のポジションで高さのフォローが出来ればどうみても清武が上。
ハリルも少しづつ脱本田を模索していくと思うけど、どうだろうね。
[ 2015/11/15 11:51 ] [ 編集 ]
トップ下のファーストチョイスが香川な限り、香川サイド&清武トップ下はないでしょ。
2人には競争ではなく共存してほしいけど。
[ 2015/11/16 01:48 ] [ 編集 ]
マイヒーロー清武!!!✨

現地で高評価で取り上げられて、とてもとても嬉しいでございます(/ _ ; )✨

「サッカー界の放浪者」に最初は「?」ってなりましたが、これまでブンデスに渡ってきた日本人選手の中では確かに特異な経歴になってますね。
結果を出してる割には下位チームを転々と…さすらいの剣士、みたいな?(笑)
まだ若いのにどーしても「いぶし銀」なイメージがありますね(笑)

清武がどこに行っても私は応援し続けます!!
[ 2015/11/16 12:19 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。