ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

これが本当のオバメヤンだ!「夢はレアル」兄が明かす彼の姿とは!《ドイツの反応》

本日のビルトよりドルトムント関連の記事になります。





公式戦20試合で22ゴール!!!

ピエール・エメリック・オバメヤンは現在のところブンデスリーガで最も成功したストライカーだ。


201511150302203a0.jpeg

彼の兄のウィリーもプロサッカー選手である。彼はオバと一緒にドルトムントに住んでおり4部リーガのエッセン・クレイのディフェンダーとしてプレーしている。負傷が大きなキャリアを阻んだのだ。ビルトがウィリーとオバメヤンについて語った。



ビルト:あなたの弟はスパイダーマンやバッドマンの格好で喜んでいますが、何か助言でもしているんですか?


ウィリー:そうだね。僕たちは良くそれについて話し合って、アイデアを探しているんだ。ダービーのゴールの後でどんなパフォーマンスが見れるかはもう分かっていたよ。


スポンサーリンク



ビルト:現在の彼は今までにないぐらい良いですか?


ウィリー:そう思うね。彼は本当にトップレベルだよ。彼はもっと良くなるだろうね。だけどこのレベルをキープするのが大事だね。そうできると信じているよ。


20151115030221755.jpeg
※写真。エッセンでプレーするウィリー。このセンターバックは以前はACミラノでプレー。オバと一緒にガボン代表でも試合に出ていた。



ビルト:あなたはその力になることができますか?


ウィリー:僕は彼がしっかりと地に足をつけているように見えるよ。僕は兄としてそうした役割を父から引き受けたんだ。それは上手く行っているよ。彼は僕の意見を良く聞いているよ。


ビルト:バルセロナのスポーツディレクターはオバを視察に来ましたね。彼はまもなくスペインに行くのでしょうか?



ウィリー:今のところ彼はそれについては全然考えていないよ。でもそれは当然だけど彼にとっては光栄な事だよね。こんな人達が見に来たんだから。



ビルト:彼がスペインでプレーする計画はありますか?


ウィリー:それは子供の頃からの彼の夢なんだ。レアル・マドリッドが最大の目標だったね。


ビルト:あなたのお爺さんがレアルの大ファンだったからでもありますか?



ウィリー:そうだね。彼は昨年亡くなったんだけど、そこでプレーする姿を見たかっただろうね。


20151115030222206.jpeg


ビルト:オバが来年もドルトムントでプレーする可能性はどのぐらいですか?


ウィリー:それについては僕らはまだ話し合っていないよ。でも何も考えないで2020年まで契約を延長したわけじゃないからね。どうして来年についてもう考えなければならないんだい?こんなに上手く行っているのに。


ビルト:あなたの弟は前からこんなに速かったんですか?


ウィリー:いいや。前は僕の方が速かったね。彼はディジョンでプレーしてから早くなったんだ。彼は僕に向かって“兄貴みたいに早く走るにはどうしたら良いんだ?”って聞いてきたんだよ。だから太ももを筋トレで鍛えてスプリントの練習をしろって言ったんだ。そうして彼は速くなったんだよ。



ビルト:あなたは車への愛情を弟と共有していますか?


ウィリー:僕らは今だに子供みたいだね。僕らはフェラーリのカタログなどを一緒に見るんだ。僕らの父親もいつも良い車に乗っていたんだ。どういうわけか受け継いでしまったみたいだね。


20151115030223fd4.jpeg


ビルト:オバの金色に塗られたランボルギーニについてはどう思いますか?


ウィリー:色は気に入っているよ。僕等はふたりとも好みが変なんだ(笑)。若い頃からそうだったよ。


ビルト:あなたはエッセンでプレーしいますね。BVBとの親善試合はどうですか?


ウィリー:それは夢のようだね。オバ対オバ。そのような企画ができれば嬉しいね。





以上です。


代表ウィークという事で、ビルトはオバメヤンの兄に取材に行ったようですね。ネタが無ければ足を使ってきちんと取材に行く精神には共感を持てます。


本人のインタビューもいいですが、個人的には、たまには家族など近い人のインタビューを読むのも好きです。


今までもオバメヤンの会話で兄が登場していましたが、一緒に住んでいる事は知りませんでした。若いころACミラノに所属していたようで、オバと共に才能がある選手だったんでしょうね。現在は負傷してエッセンでプレーしているようですが、プレシーズンだったらBVB対エッセンのテストマッチは十分にあり得ますよね。


【おまけ今日のドイツ】


2015111503323559a.jpeg


近所のお城
もう葡萄の葉も散りすっかり冬支度です。先週晴れていた時はテラスでお茶などを飲んでゆっくりできましたが、もう寒すぎます。

[ 2015/11/15 06:00 ] オバメヤン | TB(-) | CM(13)
兄貴も金色が好きなのかw
[ 2015/11/15 06:51 ] [ 編集 ]
AC「ミラン」だろ
本当にサッカー好きなのか?
[ 2015/11/15 07:56 ] [ 編集 ]
日本人であれば弟がこんなに活躍してて自分が4部だと間違いなくここまで仲良くできないですよね。
こんな気さくにインタビューにも答えることも答えたいともできないでしょう。

ちなみにドイツの4部ではフェラーリ買えるくらいお給料もらえるのに驚きました。
[ 2015/11/15 08:42 ] [ 編集 ]
翻訳ありがとうございます!
過去にミランでプレー出来てたくらいならかなり有望だったろうに、怪我は怖いですねぇ……
オーバメヤン家は家族の絆大事にしてて良いですよね。
[ 2015/11/15 09:39 ] [ 編集 ]
確かお父さんがACミランのスカウトだったんですよね。
度々ネタにされる金色のランボルギーニですが、個人的には黄色よりは金の方が格好良く思うんですけどねぇ。ガンダムの百式みたいで。
[ 2015/11/15 10:04 ] [ 編集 ]
レアルに100億で売ってレヴァンドフスキ取った方がドルトムントは強くなる
[ 2015/11/15 10:13 ] [ 編集 ]
良い兄弟だな
兄は怪我が治ったらトップチームに戻れるのか?もうだめなのか?
[ 2015/11/15 15:50 ] [ 編集 ]
ハットトリックの賭けをしてたな
[ 2015/11/15 16:32 ] [ 編集 ]
翻訳ありがとございます!兄弟のいい雰囲気が伝わってきます。代表ウィークならではですね。ドイツはもう寒いのですね。日本は紅葉が見頃ですよ。
[ 2015/11/15 17:56 ] [ 編集 ]
※2

単なる誤表記でしょ。文章書いてれば誰にでもあるミスだよ。
揚げ足取りなさんな。
[ 2015/11/15 17:58 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
> AC「ミラン」だろ
> 本当にサッカー好きなのか?

管理人が住んでいるヨーロッパではサッカーチームをその土地の名前で呼ぶことが割と普通なので特に気にしないで書きました。

ミラノという地名はドイツ語ではマイラントになるのですが、サッカーチームもそれに習って、ACマイラント、インテル・マイラント呼ばれています。なのでほぼ自動的に頭のなかでACマイラントからACミラノに変換されました。


日本では地名をミラノと呼ぶことが普通ですし、その土地名でサッカーチームを呼ぶという観点からは、個人的には日本人がACミラノと読んでも全然おかしくないとは思いますが、中にはこだわる人もおられるようですね。地名の呼び方にならってACミランをACミラノと言っている国もあります。


ただイタリアのミラノでミランと言えば自動的にサッカーチームを差すようにはなっているようですね。そういう意味では現地ファンにとっては「俺たちACミラン」と区別する上では重要な所かもしれませんね。でもそのミランという呼び方もそもそもイギリス人が作った“ミラン・クリケット・アンド・フットボールクラブ”という英語の呼び方に由来しているところは面白いなと感じます。日本人が自分たちのチームをジャパンと読んでいるような感じですからね。(ACミランの正式名称はアッソツィアツィオーネ・カルチョ・ミランだが“ミラン・クリケット・アンド・フットボールクラブ”から“ミラン”という英語の呼び方が残った。)

ちなみにイタリア語でミュンヘンの事はモナコと言うのですが、当然その地名の呼び方にならってサッカーチームもFCバイエルン・モナコと呼ばれています。英語圏ではミュニークですね。


長くなりましたが、クラブ名を言語の表記に忠実に読むのであれば、ACミランが正しいと思いますが、クラブ名をその地名の呼び方にならうのであれば日本人がACミラノと呼ぶことは本来全然問題ないと思います。むしろ自然な流れかと思います。


それにしても地名や人名の表記は難しいですね。ドイツのブンデスリーガのチームであるハノーファーやシュトゥットガルトも日本メディアではハノーヴァーやシュツットガルトとばらばらに表記されたりしています。その一方でミラノとミランは区別すべきといった主張もある。ドイツ代表を独代表と書くこともあります。


国が変われば呼び方も代わるのは普通です。こだわりだしたらきりがないので、個人的には柔軟な姿勢でいるのが一番良いですね。









[ 2015/11/15 20:51 ] [ 編集 ]
読み方や発音は国により異なるので記載は難しいですが、面白いですね。管理人様にはそのあたりも丁寧に解説いただき、ありがとうございます。内田選手うっちーがドイツだとうっしーと発音されてますしね。
[ 2015/11/15 22:36 ] [ 編集 ]
読み方は国や地域によって結構違いがあるので気にはなりませんでしたよ。
ミュンヘン=モナコだというのを管理人さんのコメントで初めて知りました。
英語圏でミュニークというのは知っていましたが。
非常に興味深くて勉強になります。
[ 2015/11/16 00:43 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。