ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

フンメルス、ギュンドガンがトップにランクイン‼ブンデス・データ・チェック!《ドイツの反応》

本日発売されましたキッカーにブンデスリーガ12試合を終えた時点でのデータのチェックが行われていましたので、まとめて紹介したいと思います。





【キッカー】

ブンデスリーガ・データ・チェック!!


【パス成功率】

ラフィニア(バイエルン) 93.27%
アラバ (バイエルン) 92.13
ラーム (バイエルン) 91.14
ヴァイグル (ドルトムント)91.00
アロンゾ (バイエルン)90.73

スポンサーリンク



【シュート数】 合計シュート数/90分あたりのシュート数


レヴァンドフスキー (バイエルン) 59 / 6.04
ディヴァディ (シュトゥットガルト) 48 / 476
オバメヤン (ドルトムント) 45 / 3.89
モデステ (ケルン) 42 / 3.66
ミュラー (バイエルン) 37 / 3.81



【一対一勝率】


フンメルス (ドルトムント) 74.1%
ルステンベルガー (ヘルタ)  70.5
クラヴァン (アウグスブルク) 69.5
ディアス (ダルムシュタット) 69.0
クリステンセン (グラートバッハ) 67.3



201511170510385ae.jpeg

【走行距離】Km(合計)


ダリダ (ヘルタ) 157.34
グロース (インゴルシュタット)140.91
シェルブレット(ヘルタ)140.06
ゴンドルフ (ダルムシュタット)139.63
ホルトビー (ハンブルク)136.78



【90分あたりのボールコンタクト】


アロンゾ (バイエルン)117.5
ティアゴ (バイエルン)109.5
ラフィニア (バイエルン)108.6
シャカ (グラートバッハ) 107.0
ギュンドガン (ドルトムント)106.0 




【成功したパスの数】本


ギュンドガン (ドルトムント) 990
アラバ (バイエルン) 979
フンメルス (ドルトムント)973
シャカ (グラートバッハ)962
ヴァイグル (ドルトムント) 911



【ボールコンタクト数】


ギュンドガン (ドルトムント)1189
フンメルス (ドルトムント)1137
シャカ (グラートバッハ)1135
アラバ (バイエルン)1134
ヴァイグル (ドルトムント) 1059

201511170526180b2.jpeg


【一対一に挑んだ回数】

レッキー (インゴルシュタット) 282回
キースリング (レヴァークーゼン)250
サネー (ハノーファー) 231
ヴァグナー (ダルムシュタット)227
ウジャー (ブレーメン) 207




以上になります。


ドルトムントからは、フンメルス、ギュンドガン、ヴァイグルらがランクインしていましたね。


一対一といえばソクラティスが強いイメージでしたが、フンメルスの一対一の勝率がダントツでトップでしたね。それに加えてパスも多いですし、やはり欠かせない存在ですね。


ギュンドガンとヴァイグルの中盤の好調も数字に現れていますね。でもパス成功率になるとほとんどがバイエルンですね。強いわけですね。


普段多く取り上げられる得点やアシストランキングとは違ってこういうランキングだと守備的な選手の名前が多くでてくるので面白いですね。


【おまけ今日のドイツ】

IMG_5253.jpg

ポインセチア
花屋さんやスーパーなどにポインセチアが売られ始めました。少しずつクリスマスモードになってきますね。
管理人の住んでいる辺だと大きいサイズの物でも8ユーロもしないで買えます。大体5ユーロ以下で丁度良い物が買えます。
日本もその位ですか?

[ 2015/11/17 06:00 ] サッカー ニュース | TB(-) | CM(9)
レヴァより14本少なくて得点は同じなオバ凄いな。
[ 2015/11/17 08:44 ] [ 編集 ]
フンメルス、ギュンドアンとどっちも移籍しそうなのがなあ
[ 2015/11/17 09:24 ] [ 編集 ]
こういうの見ると逆に不安になる。覚悟はしてるけどギュンが間違いなく移籍するわって感じで。
バルサの噂がたくさんあるけど、なんか来夏はレアルが大きく動きそうだから玉突きでオファーありそうな予感がする
ドイツ代表スタメンはレーブはビッグクラブ順の序列っぽいから代表とかキャリアを考えたら移籍したいと思うのは普通だしね。

フルフィットネスのシャヒンは今シーズン中に早く戻ってきて欲しいな。そしたらギュンが移籍してもショックは半減するから。
[ 2015/11/17 10:26 ] [ 編集 ]
バイエルンはやはりアロンゾですね。この選手の存在が連勝を支えてるといってもいいでしょう。トゥヘルが香川を貼り付けてでも消しにいったのは理解できるところ。フンメルスの対人勝率もさすが。
[ 2015/11/17 10:29 ] [ 編集 ]
まさかソクラティスがランクインすらしていないとは意外でした
ファンフォーラムではフンメルスよりもソクラティスの方が評価が高いように見えますが、失点に関わることが多いからフンメルスは過小評価されているのでしょうかね?
ギュンドガンは納得のランクインでした
ヴァイグルの一番すごいところはポジショニングの素晴らしさだと思いますので、数字で表すのは難しいでしょうね
[ 2015/11/17 13:12 ] [ 編集 ]
ワールドクラスの選手も目立つこのスタッツに若干20歳のヴァイグルが複数食い込んでいるのは凄いですね。
1860の時に比べてメンタルも大きく成長した様ですし、カタールW杯の頃にはドイツ代表のキャプテンマークを巻ける人材だと思っています。
後、香川選手はあれだけ走っているのに走行距離のランキングには入って来ないんですね。ブンデスは献身的な選手が多いということでしょうか。
[ 2015/11/17 17:35 ] [ 編集 ]
やはりフンメルスは一対一にかなり強いのですね。

しかし大事な場面や不利的状況時にいないというか強くない印象で、逆にソクラテスはそういう状況にいてくれて強い印象。

安定にフンメルス、ピンチにソクラテスという巧みなバランスで良い守備ができてると思ってますが、こういう皆が生きる感じを個人的に凄く気に入ってます。

バランス崩れた時の脆さすら魅力的に思えたり・・・。
[ 2015/11/17 18:24 ] [ 編集 ]
イオンのポインセチアは600円でした!
[ 2015/11/17 21:21 ] [ 編集 ]
フンメルスは一対一で強く、それでいてボールコンタクトも多いというのが凄いですね。
昨シーズン、どなたかのコメントで「フンメルスで負けた試合はあっても勝った試合は一度もない」という意見をみかけましたが、いやいや、フンメルスじゃなかったらポゼッションが保てなかっただろう試合がほとんどだったと思います。今シーズンはさらに良いパフォーマンスですが、先日の、左サイドから右足のアウトサイドで大きくカーブをかけたクロスでアシストした時にはさすがに驚きました。
[ 2015/11/18 02:15 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。