ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ショック!清武再び日本代表で負傷!!ドイツ紙が続々と報道《ドイツの反応》

本日対カンボジア戦において日本が2:0で勝利しました。代表戦についてドイツではどのような記事がでてるかなあ、と探してみましたら、日本代表の勝利よりも清武選手負傷のニュースが複数のメディアで大きく取り上げられています。

早速キッカーより記事を紹介します。




96監督フロンツェク!“チームにとっても彼にとっても痛い。”


再びあの足!!!清武の前半戦はこれにて終了!

(注:ドイツではクリスマス前までを前半戦、年が変わってから後半戦)

entry_img_723.jpeg


火曜日にショックなニュースがハノーファーに広がった。プレーメーカーの清武弘嗣が日本代表(2:0でカンボジアに勝利)で再び重傷を負ったのだ。この96を牽引する選手は足の骨にひびが入り、これによって彼の2015年は終了することになった。

スポンサーリンク



これよりも痛手となる事はないだろう。ワールド・カップ出場予選の日本代表のカンボジア戦にむけての最終トレーニングにおいて、清武がまたしても負傷したのだ。先週の木曜日に26歳になった中盤の戦術家は右足にひびが入る怪我をおった。これは彼が6月に代表戦で疲労骨折した足である。


“キヨはここ最近本当にキレのある状態だったし、ハノーファーを牽引する選手だった。”とフロンツェク監督は語った。このアジア人は13週間の負傷離脱を経てブンデスリーガ第4節の対ボルシア ドルトムント戦で復帰をしていた。その後彼は9試合に出場し、アイデア溢れるプレーと残留争いの希望の星として活躍しており、キッカーの平均点でも3,06とハノーファーのフィールド選手の中で最も高い成績を残していた。

ハノーファーのここ最近の4得点全てに直接絡んでおり、彼の今シーズンの成績は3ゴール4アシストとなっていた。


フロンツェクはどんなオプションを用意するのだろうか?

今度の土曜日のグラートバッハ戦で誰がこの穴を埋めるのかは、今のところまだオープンな状態だ。“まずは彼の離脱をしっかり受けとめなければならない。”とフロンツェクは語った。過去にはこのポジションでケナン・カラマンやレオン・アンドレアセンをテストしていたが、フランスの才能、アラン・サン・マクシマンも候補となるだろう。トップ下を置かないシステムへの変更も考えられる。

20151118003811909.jpeg





以上です。


ショックです・・・。

ドイツでは早速キッカーやノイエ・プレッセ、ヴェルト・フスバルなどのメディアで報道されています。

今シーズンの清武選手は調子が良くて期待していただけに、本当に残念ですね。ドイツが伝えていた怪我の名称は“Haarriss”といって骨に髪の毛ぐらいの細いひびが入るという感じです。最近ではマルコ・ロイスがこの怪我で数週間離脱していましたね。あんまり酷くはなさそうに聞こえますが、部分やひびの長さまでは分かりませんのでどのぐらい離脱するかはまだ分かりませんね。

とにかく恐れていたことが現実となっていましましたね・・・。とにかく一日でも早い回復を願っています。



[ 2015/11/18 00:48 ] 清武弘嗣 | TB(-) | CM(23)
練習で吉田と競り合って着地に失敗したんだとか。
人工芝はすごく滑るので、その辺が関係してるかもしれない
[ 2015/11/18 01:01 ] [ 編集 ]
ポッキリ折れた方が修復しやすいって言うし、3カ月以上は確実に離脱コースだ泣
[ 2015/11/18 01:03 ] [ 編集 ]
これは痛すぎる。清武選手もそうですが・・・クラブ・代表・ファンの気持ち・・・。速報聞いて声が出ました。
[ 2015/11/18 01:04 ] [ 編集 ]
本人は三ヶ月程度と語っていたので・・・・・
ロイスと同じでしたか
なら後半戦までには戻ってこれそうですね、降格しなければ良いのですが・・・・・
[ 2015/11/18 01:04 ] [ 編集 ]
ここのとこめっちゃ調子良かっただけにこれは・・・・・・本当に・・・・・・・・
[ 2015/11/18 01:11 ] [ 編集 ]
ハノーファーサポの悲鳴が目に浮かぶ…うわああああああ
[ 2015/11/18 01:14 ] [ 編集 ]
もっと華々しい場所に行けるかという時期に…。悔しいですね。
[ 2015/11/18 01:26 ] [ 編集 ]
靴擦れで練習さぼっておけばよかったのに・・・結果論だよな
消化不良で交代させられた後に手を抜く選手じゃないしね
[ 2015/11/18 01:37 ] [ 編集 ]
香川選手が骨折して離脱した時の事、思いだしました。
あの時の失望感といったら…
清武選手にはじっくり確実に治して、戻ってきてほしいです。
[ 2015/11/18 01:42 ] [ 編集 ]
私の骨と交換したい
[ 2015/11/18 01:54 ] [ 編集 ]
人工芝且つチップだらけのしょーもないグラウンドと怪しいベトナムボールといい・・・練習場はもっと酷かったのかな。
・・・ほんとやりきれないね。他に故障者出てないか心配だよ。
[ 2015/11/18 02:29 ] [ 編集 ]
もうガッカリの一言しかありません。大事なキャリアハイを怪我で潰さないといいのですが。。。
アジアでの日本代表の試合は、Jリーグのトップチームの選手に主力を置いて、スケジュールとコンディション管理をしないと戦略の話まで行かないのではないかと思います。
[ 2015/11/18 05:05 ] [ 編集 ]
ドイツ対オランダの試合前に不審なスーツケースが見つかり中止になったニュース有りますがドイツ国内はどんな感じなのでしょうか。

とても心配しています。
[ 2015/11/18 05:19 ] [ 編集 ]
残念です…
早期回復して以前のように活躍してくれることを願います
上にあるような、アジア予選は国内組だけで集まってやれというような愚かな意見がこれ以上増えないことも望みます
[ 2015/11/18 07:50 ] [ 編集 ]
清武はドイツで無双してたのに残念。日本代表は基本的にレギュラー争いをさせずに、主力を固定するべきだと思う。海外で頑張っている分、代表ではプレッシャーを与えない方が調子を継続しやすいし、日本人の性に合う。南アフリカW杯の直前で大久保を選出して、ギリシャ戦で香川の代わりに起用した失敗、コートジボワール戦で今野ではなく森重を起用した失敗から学ぶべき。
[ 2015/11/18 08:27 ] [ 編集 ]
もはや日本代表は海外組にとっては誇りと言うには代償が大きいですね。香川もひどいピッチと相手のファウルでかなり消耗してたしクラブにしてみれば腹立たしい事でしょう。

それにしても清武は残念ですね。これからというタイミングでどうしてと思わずにはいられません。怪我が軽いことを祈ります。
[ 2015/11/18 09:00 ] [ 編集 ]
悲鳴。私も骨をあげたい。
[ 2015/11/18 09:04 ] [ 編集 ]
一口に「骨にヒビ」といっても骨折と骨挫傷では完治までの期間がぜんぜん違うからなぁ
仮に骨挫傷だとすれば完治とトレーニング期間で余裕を見ても正月あけには試合に出られるし
[ 2015/11/18 10:37 ] [ 編集 ]
なんつうか、国内の底上げの為に無駄に毎回海外から呼ばれてるよね。国内の育成の問題を海外で頑張ってる選手とやらせて実感させるとか本末転倒。国内の問題は国内で片付けて欲しい。パススピード、ディレイ守備、オフザボールとかその問題を海外組にあわせる事で底上げしましょう、とか知らんわ。必死に努力してる選手が努力してない選手にあわせてあげて、おまけに怪我するのはいつも海外にいってまで努力してきた選手とか見てる方でも理不尽すぎてうんざりする。
[ 2015/11/18 11:46 ] [ 編集 ]
清武にしろ内田にしろ、原は俺たちからいくつ週末の楽しみを奪うのか。
[ 2015/11/18 12:26 ] [ 編集 ]
最悪です。
清武選手の怪我が多くて心配だったのですが、またです。
前回の代表での怪我は疲労骨折ですが、同じような箇所みたいです。
香川選手もラフプレーを受けた後、足を引き摺っていたので痛めている気がします...

ドイツサッカー界はどうなってしまうんでしょうか。
リーグ戦の開催も危うい。
この先を思うと恐怖と喪失感が襲ってきます。
代表選手たちは月曜日にメンタルケアをされたようですが、精神的に追い討ちをかけられてしまいましたね。
サッカーどころかドイツ自体が危うい感じですね...
[ 2015/11/18 16:00 ] [ 編集 ]
たぶんスパイクが合っていなかったんじゃないか。あと高温多湿の夏バテで集中力も足りてなかったんじゃないか。靴擦れ起こし、傷口に触れないように走った結果、ボーっとしたまま変な着地をして骨折したと思われ。靴擦れはサッカー選手にとっては腕の骨折や足の打撲より厄介。
[ 2015/11/18 19:40 ] [ 編集 ]
日本代表の唯一の希望だったのに・・・
[ 2015/11/18 22:35 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。