ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

だからフンメルスはまもなく復活する!!ドイツ紙コラム《ドイツの反応》

本日のビルトより、ドルトムント関連の記事になります。




ビルト・レポーター、ハイコ・ニーダーマイアーがもの申す!



だからフンメルスはまもなく復活するだろう!!


201511282008279a6.jpeg


たしかに彼は再びミスを犯した。彼は0:1で敗れたクラスノダル戦で、開始27秒にPKを与えてしまい、その責任を負うことになった。


しかし、僕はフンメルスがまもなく危機から抜け出すであろう事を確信している!!


スポンサーリンク




このキャプテンは愚かなPKファウルの後で手堅いパフォーマンスを発揮していた。この新たなミスが、ここ数週間の難しい状況の後で、彼をさらに悪い状況に陥れる事も考えられただろう。


しかしフンメルスは歯を食いしばりプレーを続けた。常に一対一では勝利し、攻撃にも果敢に参加したのだ。


しかし最近の状況で、それよりも重要だったのは、彼の試合中のパフォーマンスではない。フンメルスはクラスノダルでようやく真のキャプテンらしさを見せたのだ!!!試合後でファンが声高に文句を言っている中で、フンメルスはファンたちと数分間に渡って言葉を交わした。


201511282017166e3.jpeg


また彼はハンブルク戦後のように無言で立ち去る事をせず、今回はメディアの前にも姿を現したのだ。


そして:彼は責任を他(審判を含む)に押し付ける事をしなかったのだ!!微妙なPKの判定に関しては、“確かにあれはファウルだった。彼の肩を少し長い間つかみすぎてしまったね。もう少し早く手を離さなければならなかったよ。”



フンメルス自身はファウルはペナルティエリア外でのものだったという意見だったが、しかし彼は“審判に対する批判はないよ。難しい判定だったろうからね。”と語った。


ハンブルク戦での苦い敗戦の後で、彼は無言で立ち去り、内部でも批判が起こった。そして今フンメルスはチームの前に立って、自己批判の姿勢を見せたのだ。


僕は確かだ。フンメルスは谷底から脱出したのだ。今から、彼はワールドクラスのディフェンダーとして上向きの成果を見せるだろう!!


entry_img_738.jpeg





以上です。


ここ最近、フンメルスをしつこく批判していたビルトですが、フンメルスがメディアの前に姿を現した途端にこういった記事が出てきました。

ちなみにこのブログでも今週とりあげました、フンメルスに関する2つの批判記事(こちらをどうぞ)を書いたのも今回の記事を書いたのも同じ記者です・・・。


まあフォローするだけましと考えるべきかどうか・・というところでしょうかね。


【おまけ今日のドイツ】

201511282030255c5.jpeg

木曜日から始まったドレスデンのクリスマスマーケット
既にこれを目当てに大勢の観光客がドレスデンに来ています。

[ 2015/11/28 20:34 ] フンメルス  | TB(-) | CM(7)
流石にクレームついたんでしょう。この手のひらクルーは。
私は今までが悪い時は悪いとはっきり言わなかったのを、今更になってようやくまとめてフンメルスを批判したのがまずいと思いますね。

ロングボールに対するポジショニングのまずさの兆候がでたのは2013年のCLファイナルから出てたんだし、そこではっきりボアテングが伸びてる事を誰かが指摘して
修正するようメディアもうまく持っていけばよかったところを、ドイツ代表だから、と見て見ぬふりをしてしまって数年も放置してましたからね。
ボアテングはペップとうまくやっていけるのか?という出だしで始まってダメ出しとかされてきたのに、フンメルスはダメな所を指摘さず
もったいない時間の過ごし方をしてたら伸びるものも伸びませんよ。才能があるのは誰でも知ってるのにメディアに指摘されなかったフンメルスがかわいそうというか
[ 2015/11/28 21:20 ] [ 編集 ]
3流記者の自己満の記事って感じ
そもそもの過剰批判も意味不明 
フンメルスが自己批判したから谷底から脱出するっていうのも意味不明
ドイツの読者は納得するの?
[ 2015/11/28 21:25 ] [ 編集 ]
マスコミはずけずけとあからさまに選手を批判し選手を自分等が思っているように誘導したいんでしょうね。これ以上はまずいかなと思った矢先フンメルス選手自身が行動してくれたのでよかったと思っています。後はプレイで黙らせるのみですね。
[ 2015/11/28 21:32 ] [ 編集 ]
後半はすばらしい出来だったねフンメルス
[ 2015/11/28 22:30 ] [ 編集 ]
偏見かもしれませんが、日本でも海外でもメディアは自分達のインタビューに答えて当たり前、と思っている節があるように感じます。
なんというか、今回の記事も私には傲慢に見えてしまいます・・・
[ 2015/11/28 23:08 ] [ 編集 ]
メディアを無視したら良いこと書かれませんからね。手のひら返しはよくあるのでプレイで文句を言わせない活躍をして欲しいです。
[ 2015/11/28 23:56 ] [ 編集 ]
メディア側の身勝手さは置いておき
フンメルスのピッチ外のふるまいがここ数試合より今回の方がキャプテンとしてあるべき姿であったのは確かだと思う
[ 2015/11/29 09:46 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。