ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

グロースクロイツ、ホームシックで早くも移籍希望か?《ドイツの反応》

今年夏にトルコ・ガラタサライへ移籍したグロースクロイツですが、締め切り時間に間に合わなかったために、今年は試合にはでれません。本日のビルトに移籍の噂が掲載されましたので紹介します。






ワールド・カップ優勝者がホームシック!


グロースクロイツはガラタサライを去るつもり!


201512030506458d0.jpeg


こいつはえらい事だ。

ついこの夏にケヴィン・グロースクロイツはドルトムントからガラタサライに移籍したばかりだ。そして彼はもうそこから出たがっている。

スポンサーリンク



ビルトの情報によると、このワールド・カップ優勝者は今日の朝のトレーニングの前に、ムスタファ・デニスリ監督に対して苦しみを打ち明けたようである。イスタンブールは全てが美しいが、試合に出ないでトレーニングだけという状況は彼にとっては難しいようだ。それに加えてドイツの家族から離れていることが大きな負担となっているようである。そのため彼はドイツに戻りたいと監督に頼んだらしい。“お願いだから助けてください。”


トルコへの移籍はグロースクロイツにとっては大きな落胆となった。


なぜならこの移籍は締め切りに間に合わなかったからである。彼はトルコリーグではまだ試合に出場することができないでいる。彼は1月になってからようやくこのポルディ(ポドルスキー)も在籍するクラブで試合に出ることができるところだった・・。


グロースクロイツは2009年から2015年まで彼の心のクラブであるドルトムントでプレーした。最大の成功は2度のリーガ優勝と、ポカール優勝である。そしてドイツ代表として2014年にはワールド・カップで優勝している。


20151203050647799.jpeg




以上になります。


本当でしょうか?まあトルコも最近は情勢が不安定ですから、そういった事も関係があるかもしれませんね。

ガラタサライの移籍金は予想に反してかなり低かったと思います。そうなるとまだ彼を獲得しようとするドイツのクラブもあるかもしれません。


これは今後も要チェックですね。



【おまけ今日のドイツ】

2015120305114607c.jpeg

クリスマスマーケットにあったメリーゴーランド
可愛らしい外観で2階建てのメリーゴーランド。ここ最近デモやテロといったニュースが多い中、小さな子供が楽しんでいる姿を見ると癒やされます。
[ 2015/12/03 06:00 ] グロースクロイツ | TB(-) | CM(10)
イスタンブルは本当にいいところなんですけどね。
[ 2015/12/03 07:55 ] [ 編集 ]
ホームシックというよりは試合に出れないという心理的な不安でしょうね。まぁ双方にとっていい選択を望みます(о´∀`о)
[ 2015/12/03 08:32 ] [ 編集 ]
今こそ、ドルに必要でしょ
[ 2015/12/03 10:01 ] [ 編集 ]
最近あちこちに穴が見え始めてるんで戻ってもらいたいですね
やっぱクーバとこいつは絶対必要だよ
[ 2015/12/03 11:32 ] [ 編集 ]
えええwww
本当だったらそらえらいことだわw
仮にドルに戻ったとして、どこで使う?
SB・SH控えの選択肢かな?
序列は低いだろうな。
ドル以外の可能性の方が高いか。
ドル以外だと、どこだ?
ガラタサライで頑張れるならその方がいいだろうけど。
[ 2015/12/03 11:41 ] [ 編集 ]
ドルに戻ってスタメンに返り咲いて欲しい。グロクロ好印象。
[ 2015/12/03 11:52 ] [ 編集 ]
リバポ行け♪
[ 2015/12/03 15:34 ] [ 編集 ]
可能性は低いですがドルトムントに戻って欲しいです。
大好きな選手なので実現したら胸アツです。
[ 2015/12/03 15:35 ] [ 編集 ]
つい3日前までドイツに来てました。飛行場の検査がハンパなく、呆れている私たちを見て、検査官も申し訳なさそうに苦笑いしてました。ただ、中東系の人たちにはもっと時間をかけていました…。
[ 2015/12/03 15:49 ] [ 編集 ]
戻るのはヴァツケが許さないだろうな
今までの素行で愛想尽かしてるのだから
[ 2015/12/03 20:45 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。