ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

BVB寸評と採点②香川ドイツ各紙で高評価!!《ドイツの反応》

対ヴォルフスブルク戦の寸評と採点②になります。ルーアナッはリヒテンの寸評が更新されるまで待っていたのですが、今回は今のところ採点だけとなっていますね。

採点と寸評その1はこちらです。



entry_img_755.jpeg


【Sportal】


ビュルキ 3

BVBのキーパーの光と影。彼のドストのシュートに対するセーブは力強かったが、ドストの足元にボールを出してしまうなどのミスも。


シュメルツァー 3.5

このような最高の試合に出場することは特別なものだ。シュメルツァーはいつもの様に手堅いプレーを見せたが、攻撃において特に注目に値することはなかった。



ベンダー 2.5

中盤だろうがセンターバックだろうが、ベンダーはどのポジションもこなすことが出来る。彼はセンターバックとして十分な落ち着きがあり、何度も攻撃に参加し、開始5分にはゴールバー直撃のシュートも放った。それに加えてパス成功率も高く高い採点につながった。

スポンサーリンク



ズボティッチ 3

今シーズン2度目の出場となったが、彼の仕事をノーミスでこなした。一度だけ一対一でやられてしまいたっが、その代わり力強くよく考えられた組み立てを見せた。PKは彼の責任ではない。



ピスチェク 4

もちろんピスチェクも良いプレーをしていたし、2:1の場面では良いクロスを上げ、それが一番の見せ場だった。しかし90分にはシュルレに対してPKを与えてしまい、もしかしたらもう少しで全く違った結果になるところだった。



カストロ 3.5

前半の45分はカストロがドルトムントの指揮者であったが、後半に入ってからは手堅くはあるが、十分ではないパフォーマンスだった。



ギンター 4

このポジションは少しばかり彼には荷が重すぎたようだ。彼はボールコンタクト39本とボルシアで一番少なかった。さらに攻撃において8回もボールを失い、何度も危ない状況にしてしまった。また一対一ではいつもと比べて控えめだった。



ギュンドガン 3

イルカイ・ギュンドガンが55分に負傷交代したのは残念だった。彼はそれまで何度も彼の理解力と、サッカーに対する喜びを示していたし、フリーキックはバーを直撃した。また1:0の場面でもプレッシングをし相手のミスを引き起こした。



ロイス 2.5

スタッツからは彼がマン・オブ・ザ・マッチのようには見えないが、4本もシュートを放ち、1ゴールを決め、ドルトムントでは最も危険な選手だった。彼のパフォーマンスは高評価に相応しかった。



オバメヤン 4.5

今日ロイスにとってうまく行った事が、彼にとっては上手く行かなかった。リーガの得点王は最初にシュートを放ってから、2本目を打つまで66分もかかってしまった。そして1本も枠内シュートを放たなかった。ほぼ全ての一対一に敗れ、チームメートのチャンスを作るわけでもなかった。彼がよく走ったことと、常に2人を相手にしていた事を考慮して5の評価はまぬがれた。



ミキタリアン 2

どのように印象深くプレーするかをミキタリアンが示してみせた。このアルメニア人は、一対一に挑んだ回数がたった29回で走りもそれほどではなかったが、その代わりシュート6本をアシストし、その内2本を成功させた。何よりも決勝点を決めた香川へのボレーアシストが力強かった。



香川 2

香川真司は自らが起点となった2:1となるゴールを決めただけでなく、中盤を絶え間なく這いずり回り、ほとんどの一対一に勝利した。さらに焦るような状況にありながらもほとんどパスミスをしなかった。この状態ではまたしてもスタメン候補となるだろう。






201512060508045e6.jpeg

【ルーアナッハリヒテン】今週は現時点ではまだ寸評掲載されず
()は読者採点


ビュルキ 2.5 (2.7)

ピスチェク 3 (2.9)

シュメルツァー 3 (2.6)

ギンター 3.5 (3.1)

ズボティチ 2.5 (2.1)

ミキタリアン 1.5 (1.5)

ギュンドガン 2 (2.3)

ロイス 3 (2.5)

ベンダー 1.5 (1.5)

香川 2.5 (1.9)

カストロ 3 (2.8)

オバメヤン 4 (3.5)







20151206050742673.jpeg

【ビルト】



ビュルキ 2

ベンダー 2

ピスチェク 3

シュメルツァー 4

ズボティチ 3

ギンター 3

ギュンドガン 2

カストロ 3

ロイス 2

ミキタリアン 2

オバメヤン 4

香川 2



entry_img_753.jpeg





以上です。


香川選手、全体的に厳し目だった西ドイツアルゲマイネ紙を除いては高評価となっています。やはり良いニュースを見るものは良いものですね。


しかし少しずつローテーションが機能しそうな感じが出てきましたね。状況と対戦相手によって毎回少しずつ違うスタメンがでるようになるんでしょうか・・。

ちなみにバイエルンは99試合一度も同じスタメンを連続して起用していませんでしたが、グラートバッハ戦で初めて2試合続けて同じメンバーを起用したようですね。

採点と寸評その1はこちらです。

明日はキッカーの発売日です。

【おまけ今日のドイツ】

CIMG3213.jpg

今日は第2待降節の日曜日でした。お天気がよくドレスデンのクリスマスマーケットを見にいきました。人が多く大変賑わっていました。
いやー、まだ嬉しさは衰えません笑
おっしゃる通り、ここに来てやっとT.O.が出来るようになりそうだなと感じました。
カストロ、ホフマン、ヤヌザイは二列目でラモスはオーバ、3列目だけがギンターが難しいのとシャヒン待ちでまだ心許ない感じかな。
パクは少しだけ良くなってた気もしますが依然難しいですね。
でも最終ラインが頑張ってくれたのは最高の収穫だったと思います!
スボは残留させて欲しいですしベンダーも積極的に使って欲しいです!
ドゥルムが戻ればピシュも試合勘戻ってますし万全かなと。
とにかく凄い大事で難しい試合を獲れたので年内を勝ち続けて乗り切って貰いたいです!

[ 2015/12/07 07:11 ] [ 編集 ]
連携が重要なDFラインのスタメンを変更しづらいのは分かりますが、ELだけでもズボティッチをローテーションで使えないものなんですかね
まずスタメン固定されることが多いGKですら、ELはヴァイデンフェラーが使われてるのに
パパには申し訳ないですが、フンメルスとのコンビなら連携に問題ないでしょうし、今回のようにフンメルスが出られないならベンダーと組ませる方法もあります
それでも出場機会に不満なら移籍するしかありませんが…
ずっと干されても腐ることなくプロフェッショナルに入念な準備をして、いきなりのビッグマッチでこれだけのパフォーマンスを見せた彼を、またベンチ外に追いやるのはサポーターとして正直見たくありませんね…

[ 2015/12/07 09:09 ] [ 編集 ]
スボテッチとベンダーのCBコンビよかったですね!
あれだけ干されて試合感落ちてないのはすごいです!!
でももうスボテッチの心が離れていても誰も文句言えないでしょう・・・クロップ監督よろしく。
あと、ベンダーの神クリアと、守護神ビュルキの神セーブの数々も見事!!
まあ裏を返せば3列目の守備が弱かったというのは否めませんが。ギュンドアンのパス回しは良かったですが、怪我が心配ですね。
[ 2015/12/07 11:34 ] [ 編集 ]
スボ、ベンダーがベンチを暖める時間があれだけ多かっただけに、いいパフォを見せてくれると嬉しいし今までドルになかった厚みが生まれるだけに大きいですね
[ 2015/12/07 12:09 ] [ 編集 ]
ビュルキの神セーブ?
相手二人に迫られてるのに、ショートで見事に相手にプレゼントして、そこからのセーブは自作自演かな?と笑ってしまうほどでしたよ。
ビュルキはそんなくだらないミスをよくしてるGKで移籍前から不安定なGKでしたので、正直、今後も心配なレベルですよ・・・。
[ 2015/12/07 14:50 ] [ 編集 ]
勝ち越しゴールの時のベンチの動画とか無いですか?
現地だと有りそうな気がするんですが。
[ 2015/12/07 16:51 ] [ 編集 ]
管理人さんよく見てますねー

たしかにTOが機能しそうな感じです
注目はされていませんが、
ホフマンも実は香川と相性が良くて
使い勝手がすごくいいです。チームとしても。

個人的にはカストロとホフマンがTO要員。
後はラモスがはまってくれれば前線の層はかなり厚くなるのですが・・・
[ 2015/12/07 17:55 ] [ 編集 ]
sportalの採点は的確だ
香川の得点以外のところもよく見てる
[ 2015/12/07 19:03 ] [ 編集 ]
カリウスほしいですよね、ほしくない?
[ 2015/12/07 19:22 ] [ 編集 ]
え、バイエルン連続して同じスタメンでやったことないってまじかよ

選手層厚すぎるわすごいなマジ
[ 2015/12/07 19:45 ] [ 編集 ]
ビュルキは対ドストの自作自演はあったけど、後半ドラクスラーの決定的チャンスを足でセーブもしてたから。実際にPK以外は
点は入ってないからいいかなと思います。まだ若いし。MOMはミキタリアン、香川のゴールはブンデスベストゴールの5本の内に入るでしょうね。

一昨日から後半40分あたりからを何回も何回も観てニヤニヤしています。
[ 2015/12/07 20:21 ] [ 編集 ]
走って帰る
ドレスデンもそうですが旧東ドイツ側のサッカーチームはなかなか1部にこれませんね。
2部にもベルリンのチームとRBライプツィヒしかいませんし
RBライプツィヒはレッドブルが作った新しいチームですしね。
[ 2015/12/07 22:03 ] [ 編集 ]
ELもあるしTOは必要だよね
ビッグクラブは金持ちだから選手層もアツい
ドルもだんだんそうなってほしい
毎回香川が見たいけど怪我や疲れを考えると我慢しなきゃなぁと
本人はいつもスタメンでやりたいんだろうが
キレキレプレーを望むならTOもしかたないのかもね
[ 2015/12/08 03:12 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。