ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

トゥヘルが退場となった真の理由は?トゥヘルが語る!《ドイツの反応》

トゥヘル退場の理由についてのリクエストがありましたので、記事を一つ紹介します。

写真はスカイより引用



2015120705453817d.jpeg

【Sport1】


トーマス・トゥヘルはヴォルフスブルク戦での勝利で退場となった。なぜなら彼が感情を抑えきれなかったためである。しかし彼はその罰については批判的だ。ディーター・へッキング監督も理解を示している。


2:1でドルトムントの勝利となったヴォルフスブルク戦での熱い終盤においては、トーマス・トゥヘルも冷静ではいられなかった。


スポンサーリンク



2015120705454055b.jpeg


香川真司の2:1のゴールの後でトビアス・シュティーラー審判がドルトムントのコーチをスタンドへと追いだしたのだ。トゥヘルはその行いについてスカイのインタビューで自ら語っている。


トゥヘル:“ふさわしくない行為のせいだよ。僕は喜びすぎて電光掲示板を蹴ってしまったんだ。それからディーター・へッキングの助監督に対して2回ほどあのジェスチャーをしたんだ。なぜなら彼があのPKに対してちょっと喜び過ぎていたからね。まあやらなくても良かったね。”(注:手で口をパクパクさせるようなジェスチャー)


entry_img_756.jpeg

ヘッキング監督自身は彼の助監督の行動については気が付かなかったようだ。



ヘッキング:“僕はトーマス・トゥヘルのジェスチャーは感情的なものだったと思う。個人的にはジェスチャーよりも蹴りの方が興味深いけどね。僕も掲示板を10センチばかり蹴とばして退場になったこともあるしね。”


トゥヘル:この罰はやり過ぎ


トゥヘル自身はこの罰に対しては賛成していない。


トゥヘル:“ここで僕が退場しなければならないのは、まったく過剰な判断だと思うよ。でも僕もそうした行動をおこさない事もできたよね。ゴールを決めた事で、相手に対する罰は十分だったからね。”

それに対してヘッキングは“これに関しては僕はトーマスの側だね。ちょっと重すぎるよ。でもそういう判断がくだされたからには、受け入れなければならないね。でも彼ならそれが出来るだろう。”と語った。


20151207054538c5a.jpeg


トーマス・トゥヘルはマインツの監督としては2012/13シーズンのポカール、シャルケ戦で退場しなければならなかった。また2010年にもポカールで退場している。その時は2部リーガのアーヘンに敗れたが、怒り狂って退場となった。






以上です。


管理人がインタビューを聞いた事から少し補足しますが、退場になった主な理由は助監督に対するジェスターにあるようですね。トゥヘルは助監督が“喜びすぎた”と語っていました。はっきりとは語られませんでしたが、挑発と受け取ったのかもしれませんね。


電光掲示板を蹴った場面ですが、喜びとPKに対する怒りが混じっていたとも語っています。確かPKの直前にパクがファールされていましたから、それに対してではないかと思います。


しかしこの退場も含めてシュティーラーの判定は本当に酷いものでしたね。ドルトムントは審判の判定に泣かされることと、相手キーパーのスーパープレーに泣かされることが多いですね。(昨シーズンもドルトムントが負けた試合で相手キーパーがマン・オブ・ザ・マッチに選ばれた試合が何度かありましたし、この間のハンブルク戦もアドラーがMOMになりました・・・)


さて、これで次のフランクフルト戦はトゥヘルなしになりました。最新情報によるとアイントラハトのザンブラーノはイエローカード5枚で出場できないようですね。とにかくザンブラーノはあたりが激しくファールが汚いイメージがありますので、これは良いニュースですね。とにかく見てて怪我させられないかとハラハラしてしまいますので。

[ 2015/12/07 17:30 ] トゥッヘル15 | TB(-) | CM(10)
リクエストした者です。
こんなに速くアップして頂け感謝しています。
ありがとうございました!
[ 2015/12/07 18:01 ] [ 編集 ]
手で口をパクパクさせるようなジェスチャーってどういう意味があるんですか?
[ 2015/12/07 18:02 ] [ 編集 ]
ザンブラーノは荒いからね
岡崎も無茶苦茶されてた
[ 2015/12/07 18:02 ] [ 編集 ]
PKが決まったときの絶望感、そして香川のゴールが決まったあとのガッツポーズ(このとき何気にホフマンとシンクロしてるw)
試合終了後の審判への抗議と、ピスチェク劇場が表のドラマだとしたらトゥヘルにも裏のドラマがあったんですね
動画で見たかったです。
[ 2015/12/07 18:04 ] [ 編集 ]
ファールといえば、俺はドラクスラーも、あんなさっぱりした顔で、あんあえげつない致命傷的なファール仕込んでくる奴だとは思ってなかったので、ちょっとガッカリしたな・・・
[ 2015/12/07 19:05 ] [ 編集 ]
情熱的な監督は好きですよ。
クールな監督よりも、退場になるくらい情熱的なほうがBVBの監督にふさわしい。
[ 2015/12/07 19:33 ] [ 編集 ]
他のチームをたくさん見てるわけじゃないからあれだけど、ドルの監督ってほんとおもしろいなw
[ 2015/12/07 20:01 ] [ 編集 ]
フォルクスワーゲンの看板を蹴っている。
[ 2015/12/08 00:44 ] [ 編集 ]
まあやらなくてもよかったね フイタw
[ 2015/12/08 04:09 ] [ 編集 ]
プレスカンファレンス見てると、戦術家らしい気品や美しさを感じてたんだけど、やっぱりこういう面があるんだね(笑)
クロップは強烈に喜怒哀楽の感情を出してたけど、これから後半戦に向けてトゥヘルのパフォにも注目してます。
(クロップもまだまだ全然、リバプールでおとなしいですしね;)
[ 2015/12/08 10:47 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。