ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

《ドイツの反応》 香川アンデルレヒト戦MOM!!クロップ監督インタビューとドイツ紙報道まとめ

昨夜の3:0で勝利から一夜明けました。ドイツは現在お昼過ぎです。昨日は興奮してなかなか寝付けませんでした。

ドイツメディアも昨日の試合の様子を早速取上げていますが、まずは、クロップ監督のインタビューやその他の記事から香川選手について触れられているところを抜粋、まとめて紹介したいと思います。




IMG_4515_convert_20141002192846.jpg

《キッカー紙 採点:香川 1.5 マン・オブ・ザ・マッチ》 
ヴァイデンフェラー(2,5)、ピスチェック(2)、ズボティッチ(3,5)、ソクラティス(2)、シュメルツァー(3、5)、ケール(2、5)、ベンダー(3)、オバメヤン(3)、香川(1,5)、グロースクロイツ(2)、インモビレ(2,5)、ラモス(1,5)

香川寸評:このカムバックを果たした香川真司が試合を指揮する様子を眺めることは、目の保養だった。彼を止めることは試合を通して一時たりもできなかった。

マッチレビューより:この日本人は、まるでお手本のような天才的なパスでインモビレのゴールをお膳立てしただけでなく、たちどころに指揮者として役割を担った。

《レヴィーアスポーツ (ドルトムントスポーツ紙)採点:香川 2- (2,5)》

ヴァイデンフェラー(2-)、ピスチェック(2)、ズボティッチ(4)、ソクラティス(3)、シュメルツァー(3-)、ケール(2-)、ベンダー(3)、オバメヤン(2)、香川(2-)、グロースクロイツ(2-)、インモビレ(3)、ラモス(1)

香川寸評:ボールとパスがものすごく確実。1:0になった場面でインモービレに夢のようなループパス。序盤は敏捷でこじ開けるようなパスを多く送った。例えば、グロースクロイツ、オバメヤンと繋がった場面でのパスがそうだが、本来ならば2;0にしなければならなかった。ものすごく力強い前半と、堅実な後半。


スポンサーリンク


《ルールナッハリヒテン (ドルトムントの地元紙)採点 香川 2 チーム最高点》

ヴァイデンフェラー(3)、ピスチェック(2)、ズボティッチ(3,5)、ソクラティス(2,5)、シュメルツァー(3)、ケール(2)、ベンダー(3)、オバメヤン(2)、香川(2)、グロースクロイツ(2.5)、インモビレ(3,5)、ラモス(2)

香川寸評:彼の夢のようなパスが夢のようなスタートへの道ならしとなった。素晴らしいループは彼にとっても良い効果を表し、試合中良い気分で、いきいきとしていた。

《フスバール・トランスファー (移籍情報サイト) 採点 香川 2,5》

ヴァイデンフェラー(2,5)、ピスチェック(2、5)、ズボティッチ(3,5)、ソクラティス(3)、シュメルツァー(3)、ケール(3)、ベンダー(3、5)、オバメヤン(2、5)、香川(2、5)、グロースクロイツ(3)、インモビレ(2)、ラモス(1,5)

香川寸評:この日本人は開始3分に夢のようでバターのように柔らかいチップキックで先制点となるインモビレのゴールをお膳立てした。その後も中央で創造的な役割を担い、ボールを要求し10番と8番のポジションを同時に演じた。ものすごい走行距離を記録した。

《ビルト 採点 香川2》 

ヴァイデンフェラー(3)、ピスチェック(2)、ズボティッチ(4)、ソクラティス(3)、シュメルツァー(3)、ケール(2)、ベンダー(3)、オバメヤン(4)、香川(2)、グロースクロイツ(2)、インモビレ(2)、ラモス(1)

《ヴェルト》

ドルトムントは11試合負けなしのベルギー王者を夢のスタートで捕まえた。香川真司をスタメンにするというユルゲン・クロップ監督の決断が報われたのだ。シャルケ戦はベンチスタートとなった、日本の指揮者は、開始三分にインモビレの前にボールを送り出した時に彼の視野の広さをはっきりと示した。

《シュポックス》

ドルトムントはダービーと比べて、より活発で攻撃的だった。香川は中央で攻撃の起点となり、とても活発で素早く、アイデアも豊富だった。BVBがファイナルサードで素早く動くたびにアンデルレヒトは問題を抱えることになった。




続いてクロップ監督の試合後のインタビューを掲載します。

IMG_4497_convert_20141002203707.jpg

クロップ:香川真司の偉大なゲームだったね。

勝利もそうですが、無失点で終えたと言うのはどのぐらい重要でしたか?

クロップ:無失点に抑えたのはこの試合で最高のものだね。我々はとても熱心に守ったしチャンスの多さからしても勝者にふさわしいね。完璧な立ち上がりだったが、それでも難しい試合だったよ。

もっと早めに試合を決めなければなりませんでしたね?

クロップ:我々には大きなチャンスがあった。だけどその後はハードだったね。80分になって初めて時計を見たんだが、そのとき初めて、オーケー、これで決まっただろうと思ったんだ。チャンスを物にしたのは後半だったね。

セバスチャン・ケールの出来について何か言いたいことはありますか?彼はとても重要な試合に安定をもたらす選手ですが・・・

彼については今はあまりしゃべりたくないね。僕はそんなに迷信を信じる方ではないんだけど、彼はとても強い打撃を受けたからね。だから、彼を褒める前にまずは彼と話をしたいと思うよ。彼がどれだけ重要だったかは、時がきたらその時に言うよ。もし彼が、この先も重要だって分かったらね。(訳注:褒めたら怪我をしたと言うのを何度も経験しての言い回しだと思われる。)

対戦相手の試合内容をどう評価しますか。

我々の目的は、アンデルレヒトのクオリティーを出さないようにすることだったんだ。それに関しては、大部分において成功したね。良いスタートが我々の助けとなったよ。サッカーにおいてのポテンシャルはとても大きく、素晴らしいね。今日はそれに対して良く守ることが出来たよ。だけど75分までは本当にハードな試合だったよ。

香川真司についてはどうですか?

彼は素晴らしいパスを送ったね。先制点はセンセーショナルにアシストしたね。彼の偉大なゲームだったね。




とりあえず、現時点でのまとめになります。

採点ですが、管理人はキッカーの採点に共感する部分が多かったです。香川選手はもちろんですが、ケールが素晴らしかったですね。最年長で一番走ってますから。それからピスチェクが以前の調子を取り戻しつつあるように感じられました。


今先ほど記事をチェックしてみたら、いくつか面白そうなものが上がっていましたの、日本時間で明日の朝にアップしたいと思います。岡崎選手のインタビュー続きもう少しお待ちください。

ツイッター https://twitter.com/ichliebefussbal
FaceBookページ【ページ名】ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball
[ 2014/10/02 19:39 ] ドイツの反応 香川 | TB(-) | CM(23)
No title
香川はゴールさえ決めていればなおパーフェクトだったんですけどね・・・
まぁ視野に関してはフクロウ並に見えてるんじゃないかと思うほど物凄かったですね
右足でも左足でもワンタッチかツータッチで正確なパスが出せるしああいう選手が中盤にいたら相手チームにとってやっかい過ぎる存在なのは必然ですね
[ 2014/10/02 19:56 ] [ 編集 ]
No title
賛辞に何度も「夢」、「夢のよう」と出てくるのが印象的ですね。
目の保養とまで讃えられるあたり、ドイツでの香川評価が伺えます。
これからももっとワクワクさせてほしい!

翻訳本当に有難うございます。
[ 2014/10/02 20:23 ] [ 編集 ]
No title
香川はドリブル中ずっと顔を起こしてて、典型的な良いサッカー選手のフォームで走ってる
ボールを受けるときも必ず遠い方の足でトラップして視野を確保してるし、こういう言葉にすると当たり前のことを当たり前にやるってすごいよね
ユナイテッド時代のチームメイトも、ドルトムントの今のスタメン陣もなかなか出来てない
本田もミランに行ってから改善したけど中央で同じようにやれるかどうかは分からないし、香川はやっぱすげーなって見てていつも思う
[ 2014/10/02 20:24 ] [ 編集 ]
No title
シュートはなかったけど、明らかに周りの選手から信頼を得たのが分かる試合だったね。
[ 2014/10/02 20:27 ] [ 編集 ]
これでロイスムヒギュンあたりが帰ってきたらものすごいことになるw

いつも翻訳ありがとう!
[ 2014/10/02 20:57 ] [ 編集 ]
No title
早速、記事をアップして下さってありがとうございます!!
明日の更新も楽しみにしてます。
[ 2014/10/02 21:08 ] [ 編集 ]
No title
日本人がドイツでやれるのは、敗戦国同士ってのはやっぱりあるのかなあ。

イギリスの香川にたいするまなざしと比べて、ドイツのメディアは絶対的に暖かい。

やっぱり、イギリスだと、日本に対する戦争の遺恨が根っこの部分にあるんだと思う。だから、香川にたいしてなんとなく差別的。

[ 2014/10/02 21:15 ] [ 編集 ]
No title
やっぱりわんこはどうしても後回しか~TT
[ 2014/10/02 21:38 ] [ 編集 ]
No title
ボランチ二人が守備的というか攻撃の組み立てができないので香川は8番気味のプレーが多めだったと思う。あれだとボックスに頻繁に入っていくわけにもいかないし、守備に不安のあるドルでは危ないね。
[ 2014/10/02 22:11 ] [ 編集 ]
No title
褒めたら怪我をするジンクスなんてあったのか。
好調な選手が警戒されて削られるとか、多く試合に出て負荷がかかるとかそんな理由なんだと思うけど、監督は気になるでしょうね。
[ 2014/10/02 22:12 ] [ 編集 ]
いつも現地の生情報ありがとうございます!

香川に限らず、日本人選手が活躍してくれると嬉しくなっちゃいますよね。
[ 2014/10/02 22:16 ] [ 編集 ]
ロイスムヒギュンにクバシャヒンも入れてー!
時間かかるかもしれんけど^^;
[ 2014/10/02 22:44 ] [ 編集 ]
No title
(訳注:褒めたら怪我をしたと言うのを何度も経験しての言い回しだと思われる。)

この訳注がなかったら、にわかファンの俺は「おや、クロップはあんまりこの試合のケールを評価してないのかな?」って思ってたはず。

主サンクス。



[ 2014/10/02 23:19 ] [ 編集 ]
No title
いつも楽しく拝見させて頂いております。

キッカー採点のソクラティスとシュメルツァーの評点が逆に感じるのは自分だけでしょうか?
ソクラティスはセットプレーや突破されそうな時の対応力の速さをあまり示せていないように思います。いつもだるそうにしているような。フンメルスの機動力とまでは期待しませんけど、もう少し動けてもいい気がします。遅いことと安定感は違うと思いますので。

シュメルツァーやインモービレは現地評があまり良くないことが多いですよね。
中盤からのパスがずれて何度も無駄走りをさせられる彼らですが、めげずにちゃんと役割をこなしているように映ります。如何せん故障者が多い状況ですので、猪突猛進する選手が褒められ、知性ある選手がないがしろにされてしまう傾向があるのかもしれませんが、本来得がたい選手と思われるべきは彼らなのではないかと思います。

香川に関してはもう流石でしたね!
何回かここに欲しいんだろーなぁ、来たら確実に決めてたなーと思われるシーンを見かけたので、中盤の理解者の復帰が待ち遠しいです。あえてケチをつけるとすれば中継ぎの雑さですね。フィード精度がまだ完全でないように思えます。サイドチェンジ等のロングフィードは完璧でしたが、ミドルレンジのフィードが明らかに雑でした。あれではサイドの選手が可哀想なので、感覚を戻してほしいと思います。

いやーでもアシストはほんと痺れた・・・
[ 2014/10/02 23:58 ] [ 編集 ]
香川への美プレーへの賞賛の嵐で目がチカチカしますね^_^
良いものがたくさん見られて今日一日幸福を味わえました

ケールがまだまだ存在感を示していて嬉しかった...けど、足首けっこう悪そうな感じじゃないですか?クロップの口振りだと
[ 2014/10/03 00:01 ] [ 編集 ]
No title
いつも楽しく読ませていただいてます。
これからも現地の生情報をお願いします。
[ 2014/10/03 00:18 ] [ 編集 ]
No title
普通に考えてあんだけ走ってたら何本かのフィードはズレて当たり前ですよね。
8番と10番兼任して殆ど正確にプレーしつつラストパスキラーパス何本も出して決定機に顔出してプレスもして…

連覇した時の印象が強くて厳しく見てしまいがちですけど、そういったもの抜きで客観的に見たら並外れたことをしていますよね。 前言撤回します。
[ 2014/10/03 00:36 ] [ 編集 ]
No title
香川はチームに遅攻を作り出せる。
いなかった時とかカウンターばかり。
だから選手の体力が比較的持つ、オバメヤンとか最後まで走れてたからな
[ 2014/10/03 01:24 ] [ 編集 ]
管理人様
いつもありがとうございます。
この試合、攻撃陣は楽しそうでした。
わっ!すげー!
こんなところにボールがきた!
スペースに走る事を惜しまない雰囲気は
見ていて清々しいです。
模範のKevinさんの怪我が少し心配につき、また情報などあればお教え下さい。
[ 2014/10/03 05:34 ] [ 編集 ]
No title
よく流れてる派手な情報と違い、質のある落ち着いた現地のニュースが見れて感謝してます
[ 2014/10/03 06:49 ] [ 編集 ]
なにげにどこもピスチェクが好評価でいいね
オバメに関してはボール持たすとダメだなぁ
戦術的ショートカウンター、香川のアイデアで遅攻、オバメ走らせてロングカウンターって感じでいいかもね

[ 2014/10/03 08:27 ] [ 編集 ]
No title
マンUでマッチョになったから
体重落とすまでは体力が心配だな
氷水被る際の香川の上半身見た時はマッチョ過ぎてびっくりしたわ
[ 2014/10/03 15:41 ] [ 編集 ]
No title
あの試合内容で2.5つけてる所があるなんて
何にも見れてないんじゃないのか?
全体的に見てもすごかったし
2,3点目も起点になってるのに
[ 2014/10/03 18:30 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。