ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

フンメルス!スタメン落ちの危機か?ドイツ紙は相変わらず厳しい扱い!《ドイツの反応》

ここのところドイツメディアから執拗に攻撃されているフンメルスですが、本日のビルトより最新記事になります。





【ビルト】



なぜならズヴェン・ベンダーが素晴らしかったから・・・・・


フンメルスもポジション争いをしなければならない!!!!


201512090654573ab.jpeg


ドルトムントのセンターバックのマッツ・フンメルスは突如としてポジション争いをしなければならなくなった!!


スポンサーリンク



ヴォルフスブルク戦でこの代表選手は胃腸炎によって欠場していた。その前のシュトゥットガルト戦では彼は80分までベンチを温めたのだ。

entry_img_760.jpeg


その代わりにトーマス・トゥヘルはズベン・ベンダーという素晴らしい代わりを起用して魔法を見せたのだ。そのパフォーマンスについてはマネージャーのミヒェル・ツォルクも熱中して、“素晴らしいできだったね。マニーはヴォルフスブルクでしっかりと統率していたよ。”



この本来のポジションを6番とする選手は、彼の新たなディフェンダーとしての役割を喜んでおり:“今のようにプレーするスタイルは僕のクオリティーにあっているね・・”と語っている。


これまではフンメルスとソクラティスがトゥヘルのレギュラーだった。しかしベンダーが加わったことによって真の競争が生まれることになった。ベンダーはここ最近本当に力をつけてきたので、クロップの後継者であるトゥヘルも彼をスタメンに起用しないことに胃を痛くしていたようだ。


20151209065459b8b.jpeg


フンメルスの危機はベンダーによってより厳しいものになるだろうか?



彼はこれまでディフェンダーのボスとして争う余地がなかった。しかしここ最近は何度もミスを繰り返し、キャプテンとしての素質を疑問視する議論も起こっていた。彼のシュトゥットガルト戦でのベンチスタートは、トゥヘルによると、“メンタル面での疲労を考慮して、”との事だった。


そして胃腸炎と控えディフェンダーの素晴らしいパフォーマンスである。フンメルスと、そしてトゥヘルから一定の評価を得ているソクラティスは突然競争しなければならなくなったのだ。次のPaok戦とフランクフルト戦でスタメンに返り咲くために!





以上です。



日本のメディアによると、ドルトムントに加入する選手の全てが香川選手のライバルにされてしまいますが、ドイツのメディアでもそういう所はありますね。


まあこれもスター選手の宿命なのかもしれません・・・。



次の試合でベンダーは出場機会をもらえるかどうか、この辺が興味のある所です。


個人的にはトゥヘルが引き続きポゼッションを重要視するなら、やはりヴァイグルとフンメルスは外せないと思います。



[ 2015/12/10 06:30 ] フンメルス  | TB(-) | CM(12)
ポジション争いもローテーションもポジティブな内容なのになぜ煽るのか
[ 2015/12/10 06:52 ] [ 編集 ]
フンメルスもヴァイグルもいないと狼戦みたくサイドバックあげられないよ
[ 2015/12/10 07:57 ] [ 編集 ]
直近の試合見てないんだけどベンダーそんなに良かったの?
昨シーズンなんてギンターにサポートしてもらってようやく一人前みたいな感じだったのに
[ 2015/12/10 08:56 ] [ 編集 ]
スタメンとはいかなくても、CBとヴァイグルのローテ選択肢の一番手に!
ギュンを入れるとどうしても攻撃力が落ちるので。
スボも最低でベンチ入り出来るようになると良いなぁ。
[ 2015/12/10 09:02 ] [ 編集 ]
代表だと後ろにノイアーいるから攻撃的に動いても大して問題ないけどドルだと少しマイナスになってる感がありますね。
ヴァイグル居るしシャヒンも戻ってきそうだけど一度DMFでフメルス見てみたい
[ 2015/12/10 10:57 ] [ 編集 ]
管理人さんに同意ですね。
やっぱりマッツとヴァイグルはポゼッション、攻撃の起点としては絶対に必要だと思います。
ベンダー、スボも素晴らしい出来だったので相手によっては有用出来そうなのはポジティブですよね!
とにかく1つでも多くのタイトルを狙えるようにフィットしていく選手がドンドン増えて欲しいです!
[ 2015/12/10 11:05 ] [ 編集 ]
パパが高見の見物。出世したもんだ
[ 2015/12/10 13:14 ] [ 編集 ]
いうてもフンメルスはBVBに絶対必要。存在だけでも。
[ 2015/12/10 15:03 ] [ 編集 ]
日本の香川ファンが集まる掲示板でも、今シーズンはフンメルスへ非難轟々ですね。
かなり辛辣な声が多いです。

[ 2015/12/10 15:56 ] [ 編集 ]
フンメルスはチームメイトや監督との不仲説もよく記事になっていますね。
管理人さんの仰る通り、それだけ注目度の高いスター選手ということなんでしょう。
同じCBでもフンメルスとベンダーではストロングポイントが違うので、うまく組み合わせてローテーションできればと思います。
層の薄さ、主力組とサブ組の戦力差はドルトムントの弱点の一つでしたから。
CLからの脱落組が加わってELがさらに面白くなって来たので、最優先はリーグ戦であっても、ポカールと共に優勝を目指して頑張って欲しいです。
[ 2015/12/10 16:53 ] [ 編集 ]
管理人さんの仰る通り、ドイツのスーパースターなので仕方がないんでしょうね。
長いシーズン且つ過密日程なのでターンオーバーできることは非常によいことだと思います。
フンメルスは、疲労を取ってしっかりコンディションが整えば問題ないはず。外野の声は無視して自分に集中してほしいですね。
[ 2015/12/10 19:02 ] [ 編集 ]
フンメルスをアンタッチャブルなものにしてはいけないので、競争はいいと思います。
裏に弱いというのはバレバレだし、前からのプレスや裏のカバーなどチームメイトのカバーをいつも期待するより、自分で向上すれば
それこそ世界一のCBになったということだし、ボアテングと同じく他のリーグに行かなくてもブンデスでも向上できるという証明になる。

それで怒って出ていかれるのはまずいですが、これこそがフンメルスに必要な事だったので健全な事だし
フンメルスなら乗り越えられると思います。
[ 2015/12/10 21:19 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。