ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

【EL】香川先発ドルトムントPAOKに敗れる!「2軍にがっかり!!」選手寸評と採点《ドイツの反応》

本日行われましたELリーググループリーグ最終戦。ドルトムントはギリシアのPAOKと対戦しましたが、残念ながら1:0で敗れました・・。早速試合の寸評と採点を紹介します。

20151211062725713.jpeg



【ルーア・ナッハリヒテン】

2軍の選手にがっかり!!


ヴァイデンフェラー 3.5

ツァヴェラスが開始25分に2回目の挑戦でヴァイデンフェラーに勝ったが、それは明らかにオフサイドだった。マークに先制された場面は彼の責任ではない。


ギンター 4

この冬の彼はいくらかおとなしくなってしまったようだ。彼はレギュラーとしてプレーしていた右サイドバックにもどって来たが、先制点の場面ではやられてしまった。


ズボティッチ 4

彼は実践経験を集めた。守備においてはギリシア人に攻撃されることは殆ど無かったが、マークとベルバトフを相手にあまりうれしくない仕事をすることになった。



スポンサーリンク



フンメルス 3.5

彼は非常に受け身なギリシア人を相手に、組み立てにおいて隙間を見つけることはあまりできなかった。ボルシアのディフェンスラインがたいてい相手陣内にいたにもかかわらずである。守備においてはほとんどやることがなかったが、非常に安定していた。


パク 5

18分にはテクニックにおいてミス。24分には香川とロイスのコンビネーションの起点となった。33分の失点は明らかに彼の責任である。なぜなら彼がオフサイドを無効にしてしまったからである。駐車ミスである。一度だけ成功しそうなクロスがあったが、少なすぎる。(注:パクの名前表記はPark。ドイツ語で駐車するという動詞はparken(パルケン)。原文は falsch geparktで、駐車ミスしたという皮肉)。


ベンダー 4

再び彼のポジションである守備的中盤。しかし彼のボールを奪うという能力が必要とされる場面は殆ど無かった。彼は45分で交代。


シュテンツェル 4

このBVBの選手を公式戦で試すためのテストとなった。この19歳は右サイドバックと守備的中盤でプレーできる。彼はそのポジションでよく動いていたが後半は判断ミスが多くなった。



ヤヌザイ 5.5

彼の賞賛されていたシュートテクニックは長い間、効果が出ていない。彼は一度ゴールキーパーにセーブされるようなシュートを放ったが。その前には不安定なプレーをし、ペナルティーエリア内での一対一もフィジカルが全く足りなかった。このスーパータレントが才能をどこに隠してしまったのかまったく謎である。後半のハンドによってイエローカードをもらった。非常にがっかり。


香川 4

スタジアムに最初の歓声が沸き起こったのは香川が開始10分にシュートを放った時だった。その後、スタジアムはおとなしくなったが、それは彼も同じである。52分のヘディングは威力が足りなかった。


ロイス 5

まったく目立たなかった。彼はこの試合で彼のテクニックと素晴らしい走りを披露することができただろう。トゥヘルは彼を休憩で交代させた。ロイスには彼の監督に反対する理由がまるでなかった。


ラモス 4.5

彼が30分以上出場したのはこれが2回目となる。残念ながら今後より頻繁に出場すべきという印象をもたらすものではなかった。


ヴァイグル 3.5

胃腸炎の後で45分間ベンチに座ることになったが、少なくともこの20歳は試合に構成力をもたらした。


ミキタリアン 3

後半からチームに勢いをもたらし、危険な場面を作った。それに加えて精度の高いクロスをオバメヤンに送った。





【西ドイツアルゲマイネ】



ヴァイデンフェラー 3

ギンター 4

ズボティチ 4

フンメルス 2.5

パク 4.5

シュテンツェル 4

ベンダー 4

香川 4

BVBが危険になった時は、大抵この小さな日本人が絡んでいた。開始10分にはポスト直撃のシュートを放ち、22分にはヤヌザイに、23分にはロイスに良いパスを送った。彼が52分に放ったヘディングはキーパーのグリュコスに阻まれた。しかし彼もアイデアを出すために長い時間を必要としていた。


ヤヌザイ 5.5

ラモス 5

ミキタリアン 3.5

ヴァイグル 3





以上になります。


まあ今日はスタメンのメンバーを見た時に、ボールが前まで行かなそうな予感がしましたが、中盤のスペースが大きくなっていましたね。


前半の段階でクラスノダルが2点リードしていて、自力で1位通過はほとんどなくなってしまったような状況だったので、トゥヘルの交代も消化試合的な交代だったと思います。


とりあえず日曜日の試合を考慮して、選手を適当に休ませる、もしくは適度な試合時間を与える事ができたという試合だったと思います。今まで出場していなかった選手を出すなら今日しかないような状況だったので、その目的は達成されたのではないかと思います。


負けたのは残念ですが、ここで無理してもしょうがないですからね。



日曜日はベストメンバーになると思います。バイエルンとの勝点も縮まってきましたし、次は本気でプレーして欲しいですね!!



勝っても負けても向こうが勝てば2位なのは決まりなので、こんな試合になるかな?という感じで採点も適当なの多いですね。
フィットネスには役にたったね、シュテンツェル君デビューおめでとう、という試合。
[ 2015/12/11 06:54 ] [ 編集 ]
IHで定着してきた香川だけど、ロイスが左に居る時はトップ下もいいなと思った
やはりこの二人の連携が一つ頭抜けてる様に思う
[ 2015/12/11 07:40 ] [ 編集 ]
ヤヌザイとパクの酷さは同等か、パクのほうがより試合に悪影響を及ぼしてた様に見えたが…。
まぁ、リーグ戦ならまた魅力的なドルトムントがまた見れるでしょう。
[ 2015/12/11 08:19 ] [ 編集 ]
日程的がかなりきつい。中2日で3試合やって4試合目は中1日だもんね。これ考えたら、今日はまーしゃーない
[ 2015/12/11 08:30 ] [ 編集 ]
ロイスとのコンビが素晴らしいから
香川はやっぱりトップ下で見たい!

そしてサブがあまりにトップ選手との差があり過ぎて
シュメルツアーのポジションにもっと良い選手を
冬に取らないと、あまりに今後が不安過ぎます。
[ 2015/12/11 08:54 ] [ 編集 ]
残念でならない。このグループで2位だからサポーターのブーイングは妥当かも

それにしてもヤヌザイ、パクは酷いな
前回パクの記事に50コメぐらいついて擁護してた奴は、この現状を見てどう思うんだ?
[ 2015/12/11 09:09 ] [ 編集 ]
ヴォルフスブルク戦で良いプレーを見せたズボティッチがちゃんとチャンス貰えてて嬉しいです
[ 2015/12/11 09:41 ] [ 編集 ]
スタメンからして半ば消化試合のつもりだったような感じだったね
消化試合でサブ組沢山使ったのはいいけど、予想より内容が酷すぎて・・・
右WGはカストロやホフマン(出て行くかもしれないけど)いるからいいとしても、CFWと左SBは冬に補強してほしい
ドゥルムが戻ってくるといっても本職は右SBだし
[ 2015/12/11 09:48 ] [ 編集 ]
CL組もなんだか燻ってる感じは否めないですし
今現在の出来で絶対当たりたくないのはナポリくらいでしょうかね?
バ監督更迭したバレンシアあたりが仕上がっちゃったりしたら怖いですけど
まあ3ヶ月も先のことはわかりませんわ
[ 2015/12/11 09:52 ] [ 編集 ]
今日やっぱり香川はトップ下でしたよね?
ロイスとのコンビプレー、久しぶりにドリブルで仕掛けたり面白い香川が見れましたね
トップ下の香川もいいですね

[ 2015/12/11 10:13 ] [ 編集 ]
速報を見るだけにして、クラスノダルが2点リードと知って寝てしまいました。私も仕事用に体を温存しました。
[ 2015/12/11 10:31 ] [ 編集 ]
ラモス、ベンダーの消えっぷりと
パクの残念感が印象的でした。
反面、交代で入ったヴァイグル、ミキタリアンは流石の一言。

でもロイスは5が付くほどひどかったかなぁ?
香川はそれなりに健闘してましたが、それだけに結果が欲しかったかなぁ。

(´-`).oO(管理人さんのおまけが無いの寂しいw
[ 2015/12/11 10:32 ] [ 編集 ]
ロイスのがっかりジェスチャーが多い試合だった。
不用意なロスト、弱気な(意味のない)バックパス、ワンタッチでボールが出ない場面、等。
[ 2015/12/11 12:19 ] [ 編集 ]
怪我なく終えるのがこの試合のテーマだったように思います。
さぁ、バイエルンを追いかけましょうか。
[ 2015/12/11 12:46 ] [ 編集 ]
アルゲマイネの香川採点の「BVBが危険になった時には、大抵香川が絡んでいた」ってコメントは
「BVBのチャンスの場面には、大抵香川が絡んでいた」って言う解釈で良いのかな?
[ 2015/12/11 13:12 ] [ 編集 ]
誰を起用しても安定して勝てるバイエルンとの差を感じる
当たり前だけど選手層とチーム熟成度の違いはまだ大きいね
[ 2015/12/11 13:27 ] [ 編集 ]
まぁでもCLのバルサ×レヴァークーゼン戦見ましたが、2軍のバルサも酷かったですよ。
ラキティッチいましたが、残り2名がひどくて中盤機能してませんでした。
メッシが下りてきて得点した所はさすがでしたが。
バルサでさえそうだったので、スタイル的にサブメンバを一軍と同等にするのは難しいのかもしれませんね。こう見るとやっぱりドルトムントの一軍メンバは個人の能力が高いんですよね、チームプレイを全面に出しているので一見そうは見えないのかもしれないけど、同じ力をもった選手をサブにしておくのはなかなかできないのでしょう。
突き詰めると毎回スタメンを変えてくるバイヤンみたいになるんでしょうね。
[ 2015/12/11 20:57 ] [ 編集 ]
正直、パクはサッカーのすべての面においてドルでプレー出来る実力じゃないと感じる
ドイツのドルサポも含めてトゥヘル以外はそう思ってると思う
早くトゥヘルも気が付いてくれればいいのに
[ 2015/12/11 23:35 ] [ 編集 ]
パクについてはマインツでそれなりにトゥヘルのサッカーを知っていること、他にろくなSBがいない
いてもそれはレギュラーやってるなのでわざわざ控えをやりますと来るわけがない。相手チームも出さない。

こんな感じでちょうどいいんじゃないのかな、スポンサー料も入るのかもしれないが。
まあもうちょっと様子を見てもいいと思うよいろいろやろうと焦ってる感じだし
[ 2015/12/12 13:58 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。