ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

「マガト・日本人になる!!」鳥栖と一年契約をドイツ紙も大きく報道!《ドイツの反応》

マガトのサガン鳥栖との契約のニュースがドイツでも大きく報道されました。昨日のビルトより記事を紹介します。




フェリックス・マガトに一年契約!!


今、彼は日本人になった。

entry_img_765.jpeg


メディツィン・バル(注:メディスンボール)は日本語ではなんというのだろうか?



元バイエルンの監督・フェリックスマガトが日本の一部リーグで九州にあるサガン鳥栖の監督に就任すると“キッカー”が報道した。彼は一年間で250万ユーロを受け取るようだ。

スポンサーリンク



マガトは日本の佐賀新聞において、“私はこのオファーを受けてとても驚きましたし、とても喜びましたよ。私はここで私の仕事が評価されているという印象を得たんです。”


この“クヴェリックス”(注:フェリックスのあだ名、相手を苦しめる、という意味のクヴェーレンとかけている。)の最後の仕事は今から15ヶ月前に遡る。彼は2014年9月にイングランド2部のフルハムを首になっていたのだ。


マガト:“私はスタジアムやトレーニング場、そしてユース施設を訪れました。どれも非常に印象的で、そこで良い仕事ができると思います。チームを成長させたいですし、タイトルを獲得したいですね。”




日本での新シーズンは3月になったいる。それによって移籍市場もオープンしたばかりだ。鳥栖は今シーズンは11位に終わった。チームではほぼアジア選手だけがプレーしている。


20151212184533c45.jpeg






以上になります。


最近のマガトは、監督業はしていませんが、よく雑誌にコラムを掲載していますし、時々スカイのサッカー討論番組などにも出演していました。


過酷なトレーニングは昔から有名ですが、おそらく、そうした指導法は特に現代社会で育った世代とは相容れない事が多く、今ではオファーするチームもありませんね。


さて、サガン鳥栖、どうなるでしょうか?管理人は今年7月に日本に里帰りした時に、鳥栖と川崎の試合を見ましたが、確か35度ぐらいあったと思います。


そんな過酷な暑さの中でマガトのトレーニングに耐えられるのか・・・・ちょっと不安になりますね。

IMG_7123.jpg
入り口で無料配布されていた団扇

IMG_7134.jpg
特別運行されるサガン鳥栖号



[ 2015/12/12 18:56 ] サッカー ニュース | TB(-) | CM(10)
マガトのトレーニングは怪我人はでないから大丈夫だと思う
[ 2015/12/12 19:49 ] [ 編集 ]
ドイツで成功する日本人選手って、日本人のよさを武器にするタイプ(香川が主)がいる一方で、長谷部なんかはドイツでドイツ人のような選手になって成功した。
堅実な選手になった背景にフィジカルの向上もあったわけで、そのへんにいたのがマガトだったりするわけで、鳥栖でマガト的日本人工場になって(元々鳥栖はそういう土壌のありそうなチームだし)一つ旋風でも起こして、J全体に波及したら日本サッカーのフィジカル面がワンランクアップしたりして。
トラブル問題が何もない時期だから極端に希望的に書いてるのだけどね。
[ 2015/12/12 20:33 ] [ 編集 ]
日本人は体質的に筋肉のバランスがいい。専門的にいうと筋肉を構成する速筋と遅筋のバランスが良いので耐久力が優れている。
早い話がスタミナはあるということです。
50mのダッシュ100本やったって劇的にタイムが落ちることはあまりありません。だからハードワークしてもあまり問題ないんですよ。いい例が、長友、香川、大久保です。鹿島の選手たちなんかもそうです。彼らはゲーム開始からトップスピードで入っても終盤にスピードが落ちることは稀です。
で、今の一般的なJリーガーですがこの点が異様に落ちています。動き出し遅いし最後まで持たないし。こんなのどう見たって練習不足なんですよ。
マガトにはまずこの点何とかしてもらいたいですね。
おそらく鳥栖のマネジメントサイドもここ何とかすれば勝てると踏んでるんだと思いますよ
[ 2015/12/12 20:34 ] [ 編集 ]
日本の気候を考慮に入れないなら失敗に終わると思う
ただマガトが鳥栖でどんなサッカーをやるのか興味がある
[ 2015/12/12 21:06 ] [ 編集 ]
マガトの鳥栖監督就任、鳥栖では一般紙の佐賀新聞が一面で取り上げたり、社長自らがインタビューしたりと、かなり大きなニュースになってます。
鳥栖は今季は残念でしたが、前監督のユンジョンファンの頃は、キャンプで3部練とか過酷な練習で鍛えたスタミナで真夏でも90分走りきるチームで躍進してたので、マガトとの相性は良い、というか鳥栖でダメなら他に無い感じ?
不安なのはむしろ、マガトの戦術面とかで結果が出せるかどうかな気がします。
[ 2015/12/12 21:44 ] [ 編集 ]
ユン監督時代の鳥栖には走力も含めたフィジカルサッカーの土壌があるので、マガトとどうマッチするのか楽しみですね。
朝日山を見て何を思う。

あと鎌田をどう活かすかにも注目したいです。
[ 2015/12/12 21:59 ] [ 編集 ]
維持費大変そうやな。スポンサーも地方だからサガすの大変そう
[ 2015/12/12 23:13 ] [ 編集 ]
一年目は(単年契約だけど)大人しめに追い込みかけるようしっかり釘を刺しとかないと、ドイツと同じ感覚でハードトレーニングさせたら夏場に轟沈すると思う。35℃湿度90%とかでサッカーやるのは気合いや精神力でどうにかなるものじゃないから、その辺はよくよく言い聞かせないと駄目だよ。
[ 2015/12/13 00:33 ] [ 編集 ]
実験としてどうなるか興味あるな。
強くなって、Jリーグもフィジカル重視する傾向に変化してくれと願うわ。
テクニックも従来通り必要だけど。
まあJリーグ見ないからどっちでもいいが、海外移籍した選手や代表戦で見たときに軟弱なのは辞めてくれ
[ 2015/12/13 00:43 ] [ 編集 ]
日本人選手には絶対君主的な監督かビエルサみたいな変人奇人タイプが合っているような
これはアリだと思います
ブンデスとJのパイプがさらに太くなるのも期待です
[ 2015/12/13 01:27 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。