ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

「ギュンドガンは出場可能!」トゥへル試合前記者会見《ドイツの反応》

日曜日に行われます、BVB対フランクフルトの試合前記者会見の模様をルーア・ナッハリヒテンがまとめていましたので紹介します。






【ルーア・ナッハリヒテン】

20151129060227397.jpeg


メンバーについて・・・


イルカイ・ギュンドガンは普通にトレーニングに参加したよ。だから彼が試合に出れると見ている。他の選手もみんな出場可能だ!


スポンサーリンク



アイントラハト・フランクフルトについて・・・


ダービーでの敗戦から雰囲気が変わったね(注:マインツとのダービー)。僕は今の深刻な状況を認識したチームとの対戦になると予想しているんだ。彼らは何人かのレギュラーが出場停止で出れない状況だね。僕はだから彼らが固まってしっかり守ってくると思うよ。僕等はレベルは違うけどヴォルフスブルク戦でも似たような状況だった。全てのランプをきちんとつけていないといけないね。(注:しっかり注意)


ELでの敗戦について・・・


僕等には最後の最後での激しさが欠けていたね。もしかしたら僕等監督チームもそういったサインを出してしまっていたのかもしれない。でもあの試合は何も問題なく3:1で勝つことだってあり得たかもしれないよね。僕は僕等が敗退に相応しかったとは思っていないんだ。僕等はこの試合が今シーズンで最も重要ではない試合だと考えることを自分たちに許したんだ。でもそれでももう少し良いプレーはしたかったけどね。だから今前への一歩が必要なんだ。そしてその成果を出すだろうね。次の試合は全力で臨むよ!!

entry_img_768.jpeg


アイントラハト戦での勝利が、クラブの歴史上最高のホームでの成績になる事について。(注:ホームでのシーズン最多ポイント)


僕等がそれに成功したら本当に素晴らしいね。だったら公言しようよ。僕等はそのためだけにプレーするわけじゃないけど、それが証明になるよ。そうした事を楽しむ時間を得るということはさらなる自信にもなるんだ。


月曜日のヨーロッパリーグの抽選について・・・


メディアにしてみればリヴァプールとの対決が賭けみたいなもんだね。僕等にとっては最も難しい組み合わせだ。できれば避けたいね。まあ最終的にはどこでも良いんだけど。重要なのはこの大会に対する僕達の姿勢を見つけることだね。ヨーロッパリーグを自分達の大会にしなければならないね。そうでなければ相手がどこであろうが、勝ち抜くことはできないだろうからね。




以上になります。

残る所今シーズン前半戦も3試合となりました。アイントラハトは結構深刻な状況になっていますからそこには注意したいところですね。


それから月曜日の抽選も楽しみになってきました。これでようやく面白い組み合わせが見れる可能性が出てきましたね。リヴァプールとの対戦もみたいですが、いきなりではなく準決勝あたりで当たって欲しいです。


【おまけ今日のドイツ】

クリスマスマーケットシリーズが続いていますが、

CIMG3239.jpg

美味しそうなハムやサラミが並んでいました。親切そうな売り場のお兄さんも好印象でした。




[ 2015/12/13 18:00 ] トゥッヘル15 | TB(-) | CM(4)
昨日はインゴルシュタットが60分まで奮闘してましたが、レヴァに破られてしまった。
バイエルンが勝つ以上、先に勝ち点とりこぼす事なく続けてもらいたいですね。
[ 2015/12/13 20:24 ] [ 編集 ]
今日はCL争いになりそうなチームが勝ち点積み上げられなかったので絶対に年内最後のホームは爆勝ちしたいですね。
あとELはユナイテッドといきなり当たってキッチリ強さの違いをみせたいです!
楽しみです。
[ 2015/12/13 21:17 ] [ 編集 ]
どうでもいいけどアイントラハトフランクフルトって語呂いいね
あと美味しそう
[ 2015/12/13 23:38 ] [ 編集 ]
ELはマンUと当たって、今の香川と、できればヤヌザイを見せつけたいですね~笑
リヴァプールと当たったら燃えますねードルのホームでクロップを見たら感動してしまいそうです
[ 2015/12/14 04:20 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。