ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

香川キッカーも高評価!!BVB選手とドルトムント選手の採点まとめ!《ドイツの反応》

普段は近くの売店でキッカーを買っているんですが、今日はなぜか入荷されず・・しょうがないのでタブレットで電子版を買いました(でも、これは見づらいんです。)というわけで遅くなりましたが、他のドルトムント選手の採点などを待っているかたもいらっしゃると思いますので更新します。







【キッカーベストイレブン】

20151215014218e9c.jpeg

ドルトムントからフンメルスとミキタリアンが選出されました。

【キッカー日本人採点】

酒井 4 ハノーファー
大迫 4
武藤 3.5
長谷部 3.5
酒井 3.5 ハンブルク
香川 2.5
山田 3
スポンサーリンク



【キッカースコアランキング】
香川、武藤選手が8位に!

※注:アシスト基準がブンデスリーガ公式とは少し違います。

20151215014219006.jpeg

1位オバメヤン 22点、2位レヴァンドフスキ、ミュラー 17点 4位ミキタリアン 16点



【ドルトムント対フランクフルト】

entry_img_772.jpeg


・ドルトムント採点


ビュルキ 3、ピスチェク 3、ベンダー 3、フンメルス 2、シュメルツァー 3、ヴァイグル 4、ギュンドガン 3、カストロ 3、ミキタリアン 2、ロイス 4、オバメヤン 3、香川 2.5


・フランクフルト採点

ハラデッキー 2.5、ジャクパ 5、アブラハム 4、キンソンビ 4、イジョフスキー 5、長谷部 3.5、オツィプカ 4.5、マイアー 3.5、メドイェヴィッチ 5、アイグナー 5、セフェロヴィッチ4.5


・審判 ディンゲルト 3

PKは妥当なものだったが、イエロー二枚で退場はやり過ぎだった。ラモスの4:1となったゴールは僅かにオフサイドだったが、それを見分けるのは難しいだろう。


・試合 2.5

試合が進むに従って徐々に面白い試合に。BVBの多くのゴールチャンス。



・試合分析

BVBが圧倒。しかし無駄も多い。


フェー監督はボールに対し、サイドのアイグナーとオツィプカを守備に加える事で6バックの守備を形成した。その前でメドジェヴィッチ、長谷部、マイアーの3人である。このように物凄く守備的な布陣であったのにもかかわらず、ドルトムントはスペースを見つけ出し、フンメルスの縦パスのような攻撃を見せた。しかし一方的な前半において多くチャンスを無駄にしてしまった。その頂点となったのがオバメヤンがPKを外した場面である。

BVBが輝きを見せることなくも圧倒している間に、フランクフルトはドルトムントの守備のミスを利用し先制することに成功した。しかしそれ以外では、自由にプレーする事が成功することはなかった。前半終了までは、フランクフルトが試合をオープンな状態に保つことを成功させていたが、一人退場となり、5バックとなったことで、希望のないものとなってしまった。


・まとめ

シュートがもう少し徹底していたら、もっと大量得点で勝っていたかもしれない。


・マン・オブ・ザ・マッチ:マッツ・フンメルス


彼の専門である守備では、あまり仕事がなかったが、1:1となるゴールをプレアシストし、3:1となるゴールを自ら決めて花をそえた。

20151214040755ae8.jpeg



【ドルトムント第16週までの平均点】

20151215014332631.jpeg




以上になります。



さてブンデスリーガもあと1試合となりました。香川選手の平均点も載せておきましたが、あと1回1か2の採点で平均2点台になりますね。ぜひとも達成して欲しいところですが、今シーズンは何よりも全試合に出場している事が素晴らしいですね。

それから噂の香川選手のCMの詳細について質問がありましたのでお答えします。

あれは有料放送スカイの受信機になります。スカイにはブンデスリーガパックとかスポーツパックとか映画パックなどいろいろありますが、ブンデスリーガ・パックと契約すると、得点としてファン受信機を選ぶことができます。管理人はリビングに黒と黄色の受信機を置きたくなかったので、ドルトムントのファン受信機は選ばず、普通に黒の受信機を選びました。その代わりドルトムントのユニフォームをもらいましたよ。

ちなみにCLやポカールの試合を見るには、さらにスポーツ・パックと契約しなければならず、さらに毎月10ユーロかかります。管理人はブンデスリーガ+スポーツで契約していますので、毎月だいたい45ユーロぐらい払っています。日本円だと6,000円ぐらいでしょうか。



採点と寸評はこちらです。



さて、意外とリクエストが多かったので今日のおまけで、ドイツ版豚の丸焼きの写真を掲載します。この豚をこの後どうするのか聞いておけば良かったですね。


※苦手な方はご注意下さい!!


【おまけ今日のドイツ】

CIMG3336.jpg

CIMG3339.jpg


マイセンのクリスマスマーケットで見つけた豚の丸焼きです。マーケットにはお菓子屋、おもちゃ屋、インビスなど見ても楽しい物が多かっただけにこれを見つけた時は多少ショックを受けました。



いつも興味深く拝読させていただいてます^^
ドルトムントの試合を観るための有料放送契約の形式や値段が、日本とあまり変わらないことに驚き!
[ 2015/12/15 06:09 ] [ 編集 ]
a
お疲れ様です。いつもありがとうございます。キッカーはしっかり見てますね
もし余裕があれば、今日のドイツ画像記事をまとめた写真を載せてください。
できれば記事も
[ 2015/12/15 07:27 ] [ 編集 ]
管理人さんは何がショックだったんだろうか。
[ 2015/12/15 08:49 ] [ 編集 ]
いつもありがとうございます!
お時間を割いてがんばって下さっていること、嬉しいですーー👍👍
[ 2015/12/15 10:00 ] [ 編集 ]
ミキの平均2.5はすごいですね
[ 2015/12/15 10:15 ] [ 編集 ]
いつもタイムリーに情報提供頂きありがとうございます。本来、キッカーを購入し記事にしていただくところをわざわざ、タブレットから購入し分かり易く解説を加えて貰えて有難いですね。
PS.早速 豚の丸焼きも写真も、なるほどなるほど。ドイツ各地でクリスマスマーケットも開催され、楽しみですので、また、ドイツ独自の記事もお待ちしております。
[ 2015/12/15 10:36 ] [ 編集 ]
翻訳ありがとうございます。
オーバメヤン選手は今節も得点して、レヴァンドフスキ選手との差を保ちましたね。

受信機のCMは面白かったです(笑)
そういえばアイドル投票なんかもありましたが、できればそれに関して何かあれば知りたいです。図々しくて申し訳ありません。
[ 2015/12/15 10:50 ] [ 編集 ]
豚の丸焼き、リクエストしたけど結構えげつなかったですね笑。有料放送は日本は高いと思ってましたがあまり変わらないことを知って安心?しました。付加価値税のせいなのかな。
[ 2015/12/15 11:29 ] [ 編集 ]
ドイツではスカパー契約が高いからスタジアムが満員になると噂を聞いていたのでびっくりです
真のファンが多いという事なんでしょうね
[ 2015/12/15 12:44 ] [ 編集 ]
んー、オーバとミキに甘くロイスに厳しすぎないかなぁ。オーバはPKの時左に目線をやっておいて右に蹴って枠を外した上にGKにコースも読まれてたという完全に失敗のPKだったし、ショートカウンターで3対2の数的有利で絶好のチャンスにも焦って打って枠を外してしまったし。。ミキも3mのヘッドを外してるしなぁ。
なんだかこれまでの試合の印象に流されてる感じ。
[ 2015/12/15 13:45 ] [ 編集 ]
豚の丸焼き思ってた以上にグロいですなw
もっとこう北京ダックみたいにこんがりきつね色なのかと思ってました
しかしフンメルスもしかしてギュンのポジも出来るんじゃ・・・
[ 2015/12/15 15:07 ] [ 編集 ]
カンプルがベスト11に。
レバークーゼンでうまくいっているようですね。

豚の丸焼きの写真ありがとうございます。
思った以上に丸焼きですね。
農業学校以外でもたまに命と食べ物の授業と題して生徒たちに豚を育てさせて加工されて返ってきた肉を食べるということをしたりしますが(育ててる間に愛着が湧いているので泣く子多数、この授業に対する批判意見もあるらしい)、丸焼きだとトラウマになる子いそうですね。
ところでどうやって食べるんですかね。結局解体するしかないんでしょうか。
ドネルケバブ風に削るところを想像してみましたが皮と脂しかとれませんね。
[ 2015/12/15 15:49 ] [ 編集 ]
日本でも一通り見るにはスカパー+欧州サッカーセット+フジNEXTいるから、421+3980+1296=5697で殆ど同じくらいなのか
日本でサッカー見るのは高いと思ってたけどそうでもない?
[ 2015/12/15 18:41 ] [ 編集 ]
>ブンデスリーガ+スポーツで契約していますので、毎月だいたい45ユーロぐらい
あら、日本でも見慣れた契約+金額(笑)
ドイツも同じくらいなのですねー。

---------------------------------------------------------------

豚の丸焼き…。

ちょっと日本人の感覚だと慣れないかも。
博物館で「ソーセージになができるまで」というドイツのビデオを見たことがありますが、
生きている豚の解体から始まったので、とってもショックを受けました。

欧州の方だと、日本の魚の活け造りなどダメそう。
[ 2015/12/15 18:48 ] [ 編集 ]
キッカーでは長谷部がちゃんと評価されてて良かったわ。
長谷部だけ異様に低評価を連発する某新聞の採点見て頭にきてたもので・・・今回も5とか付けてたし。
やっぱりキッカーが一番的確だと感じます。
[ 2015/12/15 19:14 ] [ 編集 ]
翻訳ありがとうございます。
ミキタリアンが評価が高いのは香川と同じくらい嬉しいです。

豚さんとうとうお披露目ですね。回っているからか躍動感が。
あと腕が無い違和感が不気味さが増すのかも。でも、載せて下さってありがとうございます。
削いでは焼き削いでは焼きをしていくのでしょうね。
[ 2015/12/15 19:37 ] [ 編集 ]
豚の丸焼きは欧州の色々な地域で作るそうですね。
日本ではみませんが、豚肉を食べてきた伝統の違いなのでしょう。
私にとっては、七面鳥の丸焼きと変らないものだけど、苦手な人もいらっしゃるみたいですね。
[ 2015/12/16 10:42 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。