ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドイツ杯!「ロイスは欠場」ドルトムント対アウグスブルク!試合前トゥヘルコメント!《ドイツの反応》

昨日行われました記者会見の模様をルーアナッハリヒテンより紹介します。


【ルーア・ナッハリヒテン】

entry_img_775.jpeg

BVB記者会見


アウグスブルク戦ではロイスは欠場!
ボルシア・ドルトムントは水曜日のアウグスブルク戦とおそらくケルン戦でマルコ・ロイスをあきらめなければならない。しかしながらボルシアは2つの勝利を目指している。どのようにしてアウグスブルク戦を戦うか、トーマス・トゥヘルは語った。



アウグスブルクについて・・・

スポンサーリンク



彼らはいずれにせよ、我々がホームで倒した時とは比べようがないチームだ。その時とは全く異なった状況にいるね。彼らは戻ってきたんだ。彼らは上手くいっていなかった時でも落ち着きを保っていたね。それがチームとクラブのクオリティーを示しているよ。チームは状況を立て直し、ここ数週間、我々は彼らの真の姿を見ることになったね。それにここ最近の、遅い時間帯に決めたゴールがポカールを戦う上で、彼らが望んでいた良い雰囲気につながっているね。我々は彼らと戦うためにはあらゆるものを引き出さなければならないことは十分にわかっているよ。



メンバーについて・・・

いくつか小さな負傷があるけれど、心配するほどではないね。マルコ・ロイスを計画に入れることはないけれど、でもまあ大丈夫だろう。


ロイスの怪我について・・・

以前と同じ怪我ではなかったよ。でも同じ場所だ。以前の怪我とはまた違った感覚のようだね。日曜日の負傷の最初の印象では、マルコも僕もすごく悲しかったけど、今ではより良い印象を持っている。無事に回復することを祈っているよ。まだはっきりしない部分が多いが、ケルン戦で彼がプレーしないとは決まってはいないよ。

entry_img_774.jpeg



オバメヤンが外したPKについて・・・

彼はPKを外した後でも、まだチャンスに対して自信があったね。チームも彼を素晴らしく解き放ってくれたと思うよ(注:勝利したことで)。でもこれで彼はゴールを決めるのは当たり前ではないことに気が付いたと思う。それも同じぐらい重要なことだね。オバはストライカーが必要とするメンタルを持ち合わせているよ。




ポカールの魅力について・・・

それはものすごく巨大なものだね。でも組み合わせと状況はものすごく難しいよ。もし僕たちが勝てなかったら、帰りの飛行機を満足した気分で座るというシナリオはなくなってしまうからね。明日は勝つことが重要だ。これが最優先だね。



ミキタリアンが外したチャンスについて・・・

彼は1ゴール1アシストだ。それが彼の負担になることはないよ。むしろ我々があの場面をからかっているぐらいだね。



サイドライン上でのゴールへの喜びが徐々に大きくなっていることについて・・

本当に前よりも大きくなっている?僕は本当に2つ目のゴールを喜んだんだよ。本当にそれが成功してほっとしたんだ。結び目がほどけてね。でも感情を出せないぐら固くなってもいたんだよ。(注:おそらく2点目が入るまで)



ヨーロッパリーグでのポルト戦について・・・

素晴らしい抽選結果だね。とても魅力のあるチームであり難しい相手だ。








以上です。

ミキタリアンのミスも冗談ですませられるような雰囲気になってくれて本当によかったですね。しかし今日は負けたら終わってしまいますから、なんとか早い段階で決めてほしいところです。

アウグスブルクも徐々に調子を上げてきましたからね。油断できません。

[ 2015/12/16 19:40 ] トゥッヘル15 | TB(-) | CM(3)
それにしてもスゴいスケジュールですね。どれも重要。ロイスがゆっくり休めるようみんなで頑張るしかないですね。
[ 2015/12/16 23:43 ] [ 編集 ]
管理人さんお疲れ様です!
ムヒのヘッドは笑いのネタになってるんですねw
狼戦でトゥヘルが退場になったときもビデオで見て皆で笑っていたようですし、本当に監督含めてチームの雰囲気が素晴らしい!
[ 2015/12/17 00:40 ] [ 編集 ]
トゥヘルも香川に助けられたってことっすね。ボルフス、アイントラハトと2戦連続ですねぇ。やるなぁ香川
[ 2015/12/17 01:50 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。