ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

香川インタビューを読んだドイツ人の反応+BVBプレアシストを含むスコアランキング《ドイツの反応》

前回紹介しました香川選手のインタビューを読んだドイツ人の反応と、トランスファーマルクトBVB戦術板より、プレアシストを含んだBVBのスコアランキングを紹介します。




entry_img_779.jpeg

【インタビューを読んだドイツ人の反応:SPOX】
非ドルトムントファン(バイエルンファン)含む



・素晴らしいインタビューだね。でも僕はトゥヘルの下での彼のほうが圧倒的に力強いと思うよ。彼がトゥヘルの下でプレーするスタイルは彼に非常にあっているように思うんだ。彼がゴールに絡んだ数字からも証明されているよね。非常に存在感があり、やるきに満ちている。


・本当に“当時”を思い返してみると、クレイジーな気分になるよ。彼が2部リーグからやってきたというのを聞いた時は、どうせ2部チームでプレーするんだろうと思っていた。そして準備トレーニング中から素晴らしいプレーを見せた・・・


・彼が語っている、“新な厳しさ”というのは“ワサビ”の事だね。(厳しさは辛さとも訳せる)

スポンサーリンク



・カガワ・シンジ!!!


・カガワは本当にブンデスリーガにとっては“黄金の価値”だね。特にアジアに市場に関していえばね。彼のカムバックはBVBにとってはスポーツ面以外でも良い取引だ。このインタビューは非常に興味深いね。特にファーガソンに対しての発言が。彼は“普段の”トレーニングには直接参加しなかったのか・・・。興味深い。


・カガワがプレーする姿を好きになれない人は、サッカーが嫌いなんだ!!


・本当にヴォルフスブルク戦でのプレーには興奮した。ヨーロッパでもベストな攻撃選手だ。


・彼は悪くなったよね。


・↑君はバイエルンから出てこないほうが良いよ。そこでだったら居心地が良いだろう。


・悪くなったって?誰の事だろう?FCスパイ(バイエルン)のトレーニング視察隠しカメラの事かい?


・悪くなったって?
ティアゴがバイエルンに来てからブンデスリーガ35試合で2ゴール7アシスト。
今シーズンの香川。ブンデスリーガ16試合で4ゴール7アシスト。

ティアゴも悪くなったのかな?それとも彼はまだミュンヘンに馴染んでいないとか?


・彼はドイツ語はまだドイツ語ができないのかな?


・↑ティアゴの事?


・ティアゴはまだしゃべれないよ。


・ファーガソンが自分でトレーニングしないで助監督にまかせているのは割と有名だ。


・彼を日本の2部リーガから25万ユーロで獲得しようとした、まさにその人物に貴族の称号を与えるべきだ。


・代理人のトーマス・クロートにお礼を言うべきだろうね。


・カガワはここの所全く違ったプレーをしているよ。最初と比べてね。彼はシュートを打つべきプレーヤーだったんだ。そして基本的にはペナルティーエリア内にいることが多かった。もちろん当時も多くのチャンスを外していたけどね最近では4-3-3の8番としてギュンドガンの隣でプレーしていることが多いんね。そこではパスの正確性や視野の広さがより活かせるんだ。彼を取り戻したのは本当に良かった。SPOXの読者の大半は1年半前はものすごく彼のカムバックに対して批判的だったけどね。


・僕は彼がトゥヘルの下でより力強くなったとは思わない。香川はまたしても高いレベルでプレーしていることは確かだよ。でも当時の香川はリーガ最高の選手だったんだ。彼はもっと良いチームでプレーしていたし(半分で47ポイント)、戦術面でも影響面でもっとすごかった。

当時と同じような状態になることはもうないだろうけど、それを望むこともできない。彼の今のプレースタイルはすでに非常に高いレベルだ。彼はすこしだけまだミキタリアン・シンドロームのようだね。ちょっと自己批判的すぎるよ。


・この移籍は良かったと思うよ。それにシンジも前みたいに移籍したがってないみたいだしね。イングランドは大きな夢だったけど、今ではちょっと悪夢になってしまったんだ。


・僕たちが当時と全く違ったスタイルでプレーしていることは忘れられがちだね。でも彼は前よりは弱くなっているよ。前よりもスペクタクルではないからね。でも彼は前にはなかった要素をもたらしているんだ。そしてそれは前よりも重要なものだ。もうゴール決められる選手は十分にいるからね。

この前の試合を見てみなよ。ロイスと交代でカガワが入ってからすぐに勢いがもたらされた。彼はプレアシストのパスをたくさんしている。これは素晴らしいよ。現在はロイスよりも素晴らしいし重要だと思う。


・↑君に100パーセント同意だ。


・今ロイスより素晴らしいという事が、今の香川が昔の香川よりも良いという事にはならない。僕も今の香川がとても力強いと思うけど、当時の香川はリベリーやミュラーよりも素晴らしかったんだ。僕にとっては世界で5本の指に入るミッドフィルダーだった。


・非常に興味深いインタビューだね。ファーガソンがトレーニングしないことは知らなかった。それから香川は回復について何度も話す様子も興味深いね。僕らはロイスとシゃヒン、それからドゥルムを除いてはあまり怪我がなかったからね。昨シーズンは全く違っていたよ。
香川は非常に親しみやすいよね。そしてまた役割を見出したように見えるよ。今シーズン悪いプレーをみせたことはほとんどなかった。


・ロイスを外して、カガワを入れてくれ。


・非常に興味深いインタビューだ。彼は自己批判的で、ちょっと落ち込んでいるようでもあるけど、それと同時に非常に自信にみちたパフォーマンスを見せている。とても親しみやすいインタビューだ。


・ファーガソンについてだけど、彼はマネージャーでもあるんだ。彼は最高の立場ですべの事に目を光らせているんだ。トレーニング+スポーツディレクターとしての仕事などね。

entry_img_770.jpeg

【Wetline】アンケート


香川は自己批判的だと思いますか?

・そんなに自己批判的になるべきではない。パフォーマンスは良い。64.22%
・まだまだやれる! 35.78%



【Westline】インタビューについてのコメント

・彼の要求の高さと野心の高さは素晴らしい!


・なんて自己批判的なんだ・・・このご時世非常に珍しいよ。でもそれとは別に僕は彼のパフォーマンスに非常に満足している。


・僕も彼には非常に満足だ。ヴォルフスブルク戦での決勝点やフランクフルト戦でのアシストは素晴らしかった。この調子を期待している。


entry_img_769.jpeg



【トランスファーマルクト戦術板】管理人編集済み

プレアシストを含めたBVB選手のスコアランキング

ゴール、アシスト、プレ・アシスト- シーズン2015/16:
公式戦29試合アウグスブルク戦まで
順位表
順位・名前・ゴール・アシスト・プレアシスト=合計点・出場時間・1スコアポイントまでの平均時間の順

1. Henrikh Mkhitaryan - 15 - 18 - 10 = 43 ポイント - 2.248 分- 52,28 分(1ポイントあたり)

2. Pierre-Emerick Aubameyang - 27 - 6 - 3 = 36ポイント - 2.120分 - 58,89

3. Shinji Kagawa - 8 - 10 - 12 = 30ポイント - 1.769 分 - 58,97

4. Marco Reus - 13 - 3 - 9 = 25 ポイント - 1.492 - 59,68

5. Ilkay Gündogan - 2 - 5 - 14 = 21 ポイント - 2.183 - 103,95

6. Gonzalo Castro - 4 - 6 - 7 = 17ポイント - 1.308 - 76,94

7. Matthias Ginter - 3 - 10 - 2 = 15ポイント - 1.631 - 108,73

8. Marcel Schmelzer - 0 - 4 - 5 = 9ポイント - 2.085 - 231,67

9. Mats Hummels - 2 - 2 - 4 = 8ポイント - 2.310 - 288,75

10. Lukasz Piszczek - 1 - 5 - 1 = 7 ポイント - 1.210 - 172,86 Punkt

11. Julian Weigl - 0 - 1 - 6 = 7ポイント - 2.057 - 293,86

12. Adrian Ramos - 3 - 3 - 0 = 6 ポイント - 493 - 82,17

13. Jonas Hofmann - 2 - 3 - 1 = 6 ポイント - 653 - 108,83

14. Adnan Januzaj - 0 - 3 - 1 = 4 ポイント - 516 - 129

15. Sven Bender - 0 - 2 - 1 = 3 - ポイント 1.035 - 345

16. Joo-Ho Park - 1 - 1 - 0 = 2 ポイント - 511 - 255,50

17. Sokratis - 0 - 0 - 1 = 1 ポイント - 1.851 - 1.851


*ポイントが同じ場合は出場時間が短いほうが上
**カンプルは対象外。






以上になります。

インタビューへの反応と合わせて、プレアシストのデータを載せてみました。このデータはトランスファーマルクトBVB戦術版で毎試合後一人の熱心なファンが更新してくれるものです。一部日本語に訳すなどして見やすいように編集しました。

やはり今シーズンのミキタリアンの数字はダントツですね。この数字は本当に素晴らしいですね。プレアシストを加えると香川選手もオバメヤンとの差が少なくなりますね。こうして見るとやはりファンタスティック4ですね。



[ 2015/12/18 19:50 ] 香川BVB 15 | TB(-) | CM(32)
最後のスコアランキングは興味深いね、個人でこんな集計をしてるファンがいるなんてすばらしい
[ 2015/12/18 20:18 ] [ 編集 ]
トーマス・クロートが代理人をしていた高原直泰選手が
香川選手をクロートに推薦したと言われています。

香川選手がドルトムントに移籍した年はJ2でしたが
ユースの選手以外で初めてプロ契約した高校生と騒がれた
当時のセレッソはJ1でした。

U-15からオリンピックまでほとんどの代表を飛び級で選ばれているし
岡田監督時代には19歳でA代表にも選ばれて得点も決めている超エリートです。
[ 2015/12/18 20:24 ] [ 編集 ]
インタビューの最初から再度通して拝読しました。読み応えありますね。翻訳ありがとうございました!
テレビ等(特に代表戦)だとテンプレ通りの受け答えが多い気がしますが、ちゃんとしたインタビューだといつもしっかり自分の考え、思いを話してくれるのが、そしてそれがすごく素直な言葉なのが素敵です。
[ 2015/12/18 20:37 ] [ 編集 ]
最初の二年の香川のインパクトがあまりにも大きかったんだよね。役割もメンバーも変わったので仕方ないけどあの頃の幻影に去年は苦しんだんだよな香川。トゥヘルになって一からスタート出来るのは良かったと思う。これからもっと成長して第二の全盛期を見せてくれるはず。
[ 2015/12/18 20:38 ] [ 編集 ]
インタビューもその反応もとても面白かった。
量があって読み応えありますね。
いつも本当に有難う!!
[ 2015/12/18 20:44 ] [ 編集 ]
本当に素晴らしい。
香川が明日はスタメンでF4が観られたら最高ですね。
楽しみ。
[ 2015/12/18 20:47 ] [ 編集 ]
成長したなあ、真司君
[ 2015/12/18 20:57 ] [ 編集 ]
プレアシストの数字は凄く参考になります
今後も時々載せてくれると嬉しいです^^
[ 2015/12/18 21:04 ] [ 編集 ]
同じインタビュー読んだ感想でもドイツ人ととらえる感覚が違うな、という感情を持ってしまった。
日本人としては、香川がユナイテッドへの移籍を悪夢とか表現するとはまったく思えないし、
あのプレースタイルはレバ、バリオスと前線に収めるタイプのFWがいるときだけで今はいないんだからしょうがない

CLで走行距離だけ伸ばして勝てない試合運びは真面目すぎるなとブンデスのチームに思うことがあるので、レーブがドイツ人選手の海外移籍を推奨してるのもわかるし。
プレーの幅が広がってて、途中出場してもチームに影響力でるようになって、逆転ゴールを決めても勝って当然と表情一つ動かさなかったし
プレーに余裕が出すぎてるのが逆に心配になってきてるんだけど、ドイツ人の考え方とはまだまだギャップがあるんだな、と
[ 2015/12/18 21:09 ] [ 編集 ]
いつも読み応えのある記事をありがとうございます。

以前より弱くなったけど、より重要な存在となった。

私は弱くなったとは思いませんが、ちゃんと分かってて貰えてて良かった。
それとプレアシストを入れた評価するのは良いですね。
あとはゴールに繋がった一連のプレーへの関与も…追い切れないか。
[ 2015/12/18 21:31 ] [ 編集 ]
>僕も今の香川がとても力強いと思うけど、当時の香川はリベリーやミュラーよりも素晴らしかったんだ。

自分もこんな気分だなー
今現在も一流だけど2連覇時代の一時期は瞬間風速的には超一流に爪先突っ込んでたと思ったんだよなぁ
今も十分凄いんだけどね…
[ 2015/12/18 21:33 ] [ 編集 ]
弱いと感じるのはサッカーで一番インパクトがあるゴールに絡んでたからだろう
今は組み立てと守備にも時間を割かないといけないからインパクトは弱くなるね
でも、ドルトムントにとっては今の方が何倍も役に立ってると思う
今は香川の恩恵を受けている選手も活躍出来てモチベーションも上がるしチームとして強くなれる
当時は周りの活躍する場を香川が受けて1人で輝いてた
[ 2015/12/18 22:49 ] [ 編集 ]
やはりゴールを産み出せる選手が特別視されるということかな
今はあの頃よりプレイの幅は広くなったし重要な選手ではあると思うけどね
[ 2015/12/18 22:56 ] [ 編集 ]
管理人さんの原文に誠実に訳そうとする努力と読みやすく意訳したいという葛藤と熱意を感じるぜ
[ 2015/12/18 23:08 ] [ 編集 ]
流石に最初の2年よりインパクトは落ちてるだろうけど、チームに与える影響は大きくなってる。
最近のベンチスタートは、トゥヘルが全試合に香川を良い状態で使いたいだけなのかも知れない!(憶測)

数値で見ると、ギンターかなり良い数字残してるんだな。
引いてくるチーム相手の時はぜひギンターで!
[ 2015/12/18 23:17 ] [ 編集 ]
今までは「いちいち前の香川と比較するな!」って思ってたけどもうあきらめた
IHになった今となってはインパクト的に以前を越えたとされるのは無理だろう いくら活躍しても

香川自身がどう思ってるのかは分からんけどそれが向上に繋がることを願う
[ 2015/12/19 00:37 ] [ 編集 ]
いつも素晴らしい記事をありがとうございます。
しかし今回の記事は本当に素晴らしい。わかりやすさ100点!
[ 2015/12/19 00:47 ] [ 編集 ]
いつも良い記事をありがとうございます。
[ 2015/12/19 00:51 ] [ 編集 ]
素晴らしいデータと翻訳、ありがとうございます。すごく楽しめました!香川選手は天狗にならないように自己反省的に発言しますが、確かに海外の選手はアピール含めやれたことはキチンと自己評価しますもんね。これもまた大切なことだと思います。
[ 2015/12/19 00:51 ] [ 編集 ]
あの時のメンバーでやれば

昔よりすごい香川が見られると思うよ

本人は完全に分かってるが
まさかそんなこと言ったらチームメンバーに悪いからな

ゲッツェ、レバ、クバ 
少なくともこの3人が香川の活躍には必要だろう。
ゲッツェと香川のワンツーは極上だった、いつ見ても
レバのポストプレーも香川やドルトムントにぴったりだった

ポストプレーヤーが不在の現状は信じられない
早く獲得すべし
[ 2015/12/19 01:21 ] [ 編集 ]
香川は、男子版「澤」になれるといいね
澤みたいなオールラウンドに何でもできる6番タイプは男子ではほぼ絶滅してるからね
香川にはぜひ復活させてほしいね
6番が生きれば生きるほどサッカーは面白くなるからね
[ 2015/12/19 01:49 ] [ 編集 ]
自己批判的なのは香川特有というより多くの日本人が当てはまる気質な気がする
自己分析をするとどうしても否定的な見解に結びつく
何ができるかを考えるより、何が出来てないから出来るように頑張るというような考え方
香川は特にモイーズ政権時の2014年頭くらいからリンクマンのようなチームの裏方としての
役割を見出してたように見受けられてるし、そこでの経験が今のトゥヘル・ドルトムントの戦術における
一助になっているのかもと個人的には思ってる

[ 2015/12/19 02:02 ] [ 編集 ]
今の香川のほうが好きだし、実際代えの効かない選手だと思うけどな
以前はうまく生かされているという感じだった
[ 2015/12/19 02:07 ] [ 編集 ]
管理人さん良い仕事するね!
[ 2015/12/19 07:06 ] [ 編集 ]
結局クラブも代表も便利屋だよね
一番出来る人間が割食ってるってだけ
今のメンツで考えればこうするしかないって感じ
次に繋げるために着実に成長してると思う
今の現状利用して引き出したくさん増やしてる段階
[ 2015/12/19 07:15 ] [ 編集 ]
774
向こうじゃ自己批判的に聞こえるのか、まったく間違った捉え方だね
目標に対して自分に厳しくしているだけだよ、これがプロの本来のあり方でしょ
自己批判なんてまったくの考え違い
[ 2015/12/19 08:05 ] [ 編集 ]
連覇時はCFにレバンドフスキとゲッツェがいましたからね。彼らとの関係は素晴らしいものだった。オーバメヤンはレバンドフスキのような多彩なプレーが出来るCFではありませんので、それを望むべきではないですね。
ミキタリアンをCFに4231をやれば当時と近いものは出来るかもしれないと思いますが、今のドルの選手層だと4123の方が合理的ですからね。
[ 2015/12/19 11:24 ] [ 編集 ]
香川はインタビューのときなんかは特に静かに淡々と真面目に受け答えするからなんとなくネガティブに受け止められるかも
香川が実際に厳しい自己分析で留めているのかそこを越えて萎縮したり消極的になってしまったりしているかはよくわからないけど
[ 2015/12/19 12:45 ] [ 編集 ]
まあ成績以上の影響力は出してるよね
ストイックなのは別に悪いことじゃない
もっと上の領域を目指すなら尚更ね
[ 2015/12/19 13:39 ] [ 編集 ]
昔の塀内夏子のマンガで選手が
「シュートや守備、世界にはいつも一歩だけ届かず負けてしまう 
一歩だけだがその一歩が果てしなく遠い」
みたいな述懐をするシーンが有って頷くところ大だったんだけど
第一次ドル香川は「外人より常に一歩早いやつが現れやがった!」
みたいなインパクトがあったからね。
[ 2015/12/19 16:03 ] [ 編集 ]
日本人選手はだいたいみんな自己批判的だよね。
怪物みたいなプレーは今はまだ難しいとしても(それも心理的な壁があるだけの気もするけど)、まずは、発言くらいは怪物みたいにあっけらかんとしてほしい
[ 2015/12/19 21:20 ] [ 編集 ]
香川かロイスかというより、
自分は前々回のアウグスブルグ戦で魅せたような
香川とロイスの絶妙に息の合ったコンビネーションが好きだ
だからどっちがと言わずに両方とも同時に出して欲しい
[ 2015/12/20 05:06 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。