ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドルトムント、ミキタリアンの契約延長に向けて全力で取り組む!!《ドイツの反応》

本日のビルトよりドルトムント関連の記事になります。




【ビルト】

entry_img_781.jpeg

ドルトムント、契約延長におけるポーカーに全力!!


ミキタリアンは彼の白いランボルギーニの上においてだけでなく、今シーズンは本当にエンジン全開だ。


このアルメニア人は公式戦27試合で33ゴールに直接絡んでいる!!そのうち15ゴールは自ら決めている。これはものすごい確率だ。そしてまもなく、それに見合った給料が払われなければならない・・・。

スポンサーリンク



ビルトが聞いた情報によると・・・:マネージャーのミヒャエル・ツォルクは彼の代理人であるミーノ・ライオラと集中的に交渉している段階のようだ。そしてまもなく合意に達するとみられている。
ツォルクはビルトに対して“ミキの契約延長は我々にとって最優先事項だ。彼は前半戦において本当に卓越したパフォーマンスをみせ、彼が我々の下で本当に居心地よく感じていることを見る事ができると思う。”と語った。


2600万ユーロというクラブ史上最高額の移籍金ドネツクからドルトムントへとやってきた、この中盤のスターは、これまでシーズン550万ユーロの給与を受け取っていたとみられている。今後は少なくとも200万ユーロはアップするとされている。


ミキタリアンはビルトの質問に対して:“僕がドルトムントで居心地よく感じ、ここで幸せなことは何も秘密ではありません。”と語った。


それも当然だ:アルメニア代表の選手はトーマス・トゥヘルと非常に親しい関係を築いている。このクロップの後継者は非常に繊細でテクニックのある選手のパフォーマンスを爆発させることに成功した。昨シーズンのミキタリアンは自分自身に疑問を抱いていたが、今シーズンはうまくいっている。そして彼は今ではドルトムントを常に笑顔で歩いている。


そしてもうすぐミキタリアンにはもっとたくさんのお金が入ってくるだろう・・・。





以上です。

さて、シーズン前半戦も今週でおわりますが、そうなるとやはり選手の動向に注目が集まってきますね。昨日はバイエルンで、ミュラー、マルティネス、ボアテンが2021年まで、そしてアロンゾが2017年までの契約延長を発表しました。

またライオラが他のクラブへの移籍をちらつかせたりして、給与の引き上げにとりかかるのか、その辺も、まあある意味見ものではありますね。


[ 2015/12/19 18:36 ] ミキタリアン | TB(-) | CM(11)
バイエルンファンとしては嬉しい日でした。
ミキタリアンもすんなり契約延長となればいいですね。
[ 2015/12/19 20:07 ] [ 編集 ]
ライオラがとにかくめんどくさいので冬の間にさっさとかたずけてほしいですね。レバと渋ってようやく出した金額やん、とかとは思いましたが、
金額とかは関係のない事なので、昨年見られた不可解な足元見られてるような出場契約の方が気になりますね。

バイエルンの延長も面白かったですね。ミュラーハビマルの同時更新とかそれペップアンチ連合同時更新やんとか思えました。
ハビマルはスペインをでて足元下手なのをグチグチ言われないでハインケスの元でMFやれて幸せ満喫してたら、
ペップ登場でまたスペイン時代のようにCB送りにされてましたからね。
ミュラーも不満を隠してませんでしたが、一番被害を被ってたハビマルが幸せになりそうでよかったですね。

個人的には4年前にクラブワールドカップでペップバルセロナが震災の後に原発がーとか観光とか大丈夫?とか
海外で騒がれてた時に(特にドイツが一番ひどかった記憶が)あっさり来日して
ペップの「試合もあるけど、お寿司食べにいくし、時差ボケ解消の為に観光にも行くよ!」発言からはじまって、
日本で流れてた嫌な空気をあっさり吹き飛ばしてくれたからバルサとペップはあまり悪く言いたくないんですよね。
ビジネスであれ日本が最悪な状況の年の最後の月に来日してくれて、バルサの選手が毎日ほのぼのエピソードを提供してくれましたから。
[ 2015/12/19 20:12 ] [ 編集 ]
私はムヒタリアンの放出に賛成です。
あまりにもボールロストが多いからです。
ポゼッションには不向きでイライラします。

スペースがあるプレミア向きではないでしょうか?

[ 2015/12/19 20:45 ] [ 編集 ]
ドルは外国人差別を撤廃して能力を公平に評価して給与に反映するべきだ
今まで余りに酷かった
それでレバが去ったんだし
[ 2015/12/19 20:53 ] [ 編集 ]
今季のミキは安定している。ひどい出来が全くないのは評価出来る。クラブが全力で引き止めるのは当たり前。ただそれでもロイスより多くの年俸は貰えないと思う。やはりドイツ人でクラブのアイドルが一番だから。香川もレヴァもゲッツェより結果は残してたけどそこまで上げてもらえなかったし。
[ 2015/12/19 20:59 ] [ 編集 ]
今季のムヒは見ててストレス溜まらないよ
無駄にこねてロストしなくなったし守備でもがんばる良いWGだ
[ 2015/12/19 23:25 ] [ 編集 ]
今季のミキはドルトムントに絶対欠かせないピースだよ。

現地ファンからの人気も非常に高い。
[ 2015/12/20 00:15 ] [ 編集 ]
ライオラだったのか、知らなかったです。
ミキはなんとか残してくれないと困りますね。
[ 2015/12/20 01:13 ] [ 編集 ]
今シーズンのムヒタリアンは本当に頼もしい存在ですね。
どの試合でも活躍してますし、体を張ってボールキープしたり、守備も一生懸命で、見ていて気持ちがいいです。
強烈なシュートと中央をドリブルで駆け上がっていく姿が勇ましいです。


[ 2015/12/20 05:01 ] [ 編集 ]
ミキもそうだがギュンドアンが気になるなぁ
[ 2015/12/20 13:29 ] [ 編集 ]
私もミキタリアンの放出に賛成です。
コースが空いていて、簡単にパス出来る時も
何人も相手選手に囲まれていて、味方が目の前にいるのに
無理矢理自分でドリブル突破しようとして
ロストするシーンは何度も見たし、
ゴールアピールに必死すぎる。

ドルトムントの選手は普段から連携重視で結果を出してきたのに
彼は連携より、自己犠牲より、まず自分が目立つプレーと自分のゴール優先
今年は数字が出ているからサポは何も言わないけれど、去年までも酷かったし。
彼がレヴァンドフスキクラスの選手なら仕方ないけどw
[ 2015/12/21 04:49 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。