ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ヴァイデンフェラー、正ゴールキーパーに復帰はあり?ドイツ紙+キッカーBVB採点《ドイツの反応》

本日のビルトよりドルトムント関連の記事になります。





ビュルキは“ギュルキ”のようなセーブ
(注:ギュルキはグルケをもじったビルトの造語。グルケ=きゅうりの意味だが、ひどい、ぼろ、などの意味でつかわれる。)


ヴァイデンフェラーが再び正ゴールキーパーになるか?

entry_img_785.jpeg



いったいBVBのゴールキーパーは何度大失態を犯すのだろうか?

スポンサーリンク



ケルンでは彼のパスミスが同点ゴールへとつながった。しかしそれが彼唯一のミスではない。


前半戦だけでも6つのミスだ。そして徐々に明らかになっている:ドルトムントは“ギュルキ”問題を抱えている。


以下が彼の失態プロトコル

▶1:5のバイエルン戦でのビュルキは、ミュラーとレヴァンドフスキーを前に非常に年寄りのようだった。

▶7:1のパダーボーン戦ではラキッチを相手に無駄な動きをし先制をゆるした。

▶ハンブルク戦での恥ずかしい敗戦ではイリチェヴィッチに対してPKを与える。

▶2:1で勝利したヴォルフスブルク戦においてはドストに対して壊滅的なパスを送るも、自ら素晴らしいセーブで防ぐ。

前半戦だけでも6つの大失態。トーマス・トゥヘル監督は一月にキーパーを交代しヴァイデンフェラーを起用するだろうか?

20151221203855f30.jpeg


おそらくそれはないだろう。なぜならトゥヘルはビュルキのような現代的なキーパーのファンだからだ。

BVBのボス、ヴァツケはビルトに対してビュルキを擁護している。“ロマン・ビュルキの位置が揺らぐことはないよ。彼は全体的に素晴らしい前半戦を送り、力強いセーブを見せている。人々は彼のミスばかり見るのではなく、我々が勝利したことを喜ぶべきだね。”


しかし:データだけがこのスイス代表のキーパーに反対している。

▶セーブ率63%はリーガの正ゴールキーパーの中では最悪

▶ビュルキは自分が弾いたボールの29パーセントしか自分で止められない。(注:残りは誰かの足元などへ)これより悪いのはシュトゥットガルトのティトンだけだ。

▶相手のビックチャンスを止めた回数も少ない。24回の相手チャンスのうち2回しか止められていない。これはたった8パーセント。

ドルトムントは“ギュルキ”問題を抱えている。これは後半戦にむけて向上の余地があるだろう・・・。

20151221203858530.jpeg




【スイスメディアの反応】


・ビルトが“ビュルキがギュルキのようだ”という見出しをつける!(Blick.ch)

・ビュルキがものすごく批判される“まるでギュルキ”のよう!(Bluewin.ch)

・“ビュルキがギュルキのようだ”ドイツ人がビュルキをからかう!(Blick.ch)



【キッカー採点】(4-3-3のフォーメーションで評価)

ビュルキ 4
ギンター 3
ソクラティス 2.5
フンメルス 3.5
パク 4.5
ヴァイグル 3
ギュンドガン 4
香川 5
ミキタリアン 2.5
ホーフマン 4
オバメヤン 5
ベンダー 3
シュメルツァー 3.5







以上になります。注釈にも書きましたが、ビュルキ“Bürki”がギュルキ"Gürki" ともじられていました。ギュルキのもとになったのは、グルケ “Gurke”という言葉で本来はキュウリという意味ですが、そこから派生して、“売春宿”、“ペニス”、“大きな鼻”などの意味として、主に“どうしようもない”感じの奴として使われます。

このタイトルに関して早速スイスメディアがニュースとして取り上げていましたので、ちょっと載せました。

さて、それはさておき、ヴァイデンフェラーの復帰はあるでしょうかね?これはやっぱりなさそうですね。トゥヘルは0からのスタートをあれだけ強調していましたが、シーズンが始まってからは、もう競争はどうでも良くなってしまったのでしょうか?冬の準備からはまた0からのスタートを期待したいですね。

それからキッカーのBVBの採点ですが、今回は管理人もちょっと納得いきませんね。まずキッカーは試合のフォーメーションに基づいた採点をするのですが、今回は4-3-3と、香川選手が左インサイドハーフとして評価されていました。しかし管理人の目には香川選手は終始4-2-3-1のトップ下でプレーしていたように見えました。トップ下の位置での評価されているのならまだ分かるのですが、今回はインサイドハーフとしての評価で5がついていますので、ちょっと良くわかりませんね・・ポジション放棄と受け取られたのでしょうか?それにしても良く分からない戦術でしたね・・




【おまけ今日のドイツ】

20151221204029ae7.jpeg

昨日散歩に行ったお城のショップに飾られていた巨大天使の置物。
ビュルキはずーーとミスをし続けてる。
[ 2015/12/21 21:28 ] [ 編集 ]
ビュルキのセーブ率が低いといってもドルの戦術上、他のチームよりノーチャンスの場面の割合が高いと思うので仕方ない気もします、あくまで私の印象ですが。もしかしたら他のキーパーはそういう場面でも止めてるかもしれないですからね。
[ 2015/12/21 22:07 ] [ 編集 ]
ビュルキはセンターバックにフンメルスやパパがいるからあまり目立たないけど時々ポカしますね。この前の試合の時のようにいいセービングしててもなぜか相手にパス出しちゃう。キーパーは一人げゲーム決めてしまうことも多々あるポジションなだけにこの不安定さはちょっとね。
ランゲラク出してまで取ることはなかったかな。
今度キーパー取るならPK得意とか一対一を好むタイプを取ってもらえるといいんだけど、、、
[ 2015/12/21 22:13 ] [ 編集 ]
サッカー選手名ダジャレシリーズの新作ですね…
[ 2015/12/21 22:19 ] [ 編集 ]
翻訳・更新お疲れ様です。
ビュルキは足元がさほど上手くなくてパス・フィードの精度もいまいち、シュートストップも良くないという印象でした。
シュートストップに関しては良くないデータが残っていますね。
このパフォーマンスであれば冬移籍でGKを獲得するか、ヴァイデンフェラーを起用すべきだと思います。

キッカー採点はチーム平均が高いことに驚きです。
ソクラティスが3程度であとは全員4以下でいいような出来だったと思うのですが・・・
フォーメーションに関しては後半途中までは明確な4231だったので433とみているのは不可解ですね。
香川とオバメヤンにはそもそもボールがほとんど来なかったので5は厳しいですが仕方ない気もします。
[ 2015/12/21 22:32 ] [ 編集 ]
トゥヘルってもしかしてモイモイ系なんじゃないんだろうか。
数値化されない勝者のメンタリティ持ってる選手を見分けられないで、テレビゲームの数値が高い選手、採点が高い選手=いい選手に
違いない、の采配をするというか。

トゥヘルが連れてきた選手とか、重要視してる選手って、極端に言うとバルサが集めてるチームの為に汚れ仕事ができる選手と違って
全部レアルの選手みたいな自分の数値さえよければいいような系の選手がメインになってるというか。
自分を本来の姿より、より大きく見せる事のほうに必死な選手で勝てるわけがない。
バイグル君は、独自で勝手にフィットして成長してるけど。

ランゲラックってドル在籍時代、急に起用されてもバイエルン戦無敗だったよね。
勝利をもたらすビッグマッチ向けの選手より、ビュルキには何故ここまでチャンスがあるのか。
[ 2015/12/21 22:45 ] [ 編集 ]
ビュルキは本当に危険
なぜかボールキープせずすぐにボールを出し、それも相手にパスを送るようなものを出してしまう
まるで頭を通さず言葉を放ってしまう何も考えてない人みたいだよ・・・
[ 2015/12/22 01:46 ] [ 編集 ]
香川は今回トップ下ですよね。
昨季を見ているようでした。あれでは機能しない。
しかもトゥヘルは途中で修正せず。率直に言ってがっかりです。

でも、現在の勝ち点は総合的に見れば
トゥヘルは本当によくやってくれました。すごい監督です。

ビュルキは不安定ですね。
スーパーセーブもありますが「え!?」というミスが多い。
せっかく獲得したのに、なんだかなぁという気がします。

管理人さん、いつもありがとう。寒くなりました。
お身体にはお気をつけてくださいね。
[ 2015/12/22 01:47 ] [ 編集 ]
4-3-3で評価したらポジション放棄に見えるでしょうなぁ。
本人は下がってこようとしてた気がするんですけれども。
それにしても「5」って...

ビュルキの件は、内容はビルトと同じく疑問に思っていましたが見出しが酷い。
[ 2015/12/22 02:33 ] [ 編集 ]
管理人さんお疲れ様です。
今節ですが、本当によくわからない戦術でしたね。前半の締めでチームをいじる必要はなかったように思います。この敗戦でほぼバイエルン優勝が決まってしまいましたしね。
[ 2015/12/22 03:49 ] [ 編集 ]
フロントはトゥヘルのスカウト能力疑った方がいいかも。
新しくきた選手のモチベーションを心配するより、既存の選手のモチベーションがまとめてだだ下がりしてると思う。
[ 2015/12/22 05:58 ] [ 編集 ]
トゥヘルは時々よく分からない采配しますよね
もしかしたらパク起用にあたって4-3-3は合わないからという判断だったのかも
バイエルン戦でもそうだったけど短所を補う為に長所を潰すやり方にはちょっと疑問
[ 2015/12/22 10:40 ] [ 編集 ]
自分はビュルキよりもうちょっと積んでマインツのカリウスでも取ったほうがいいなと思ってたからこんなもんかなと
トップチームでやるには少し足りない印象でしたから
ただセーブ率はカウンターくらいやすいチームのキーパーは低く出るのでドルのキーパーはデータが悪くなりやすいでしょう
[ 2015/12/22 10:45 ] [ 編集 ]
後半でバイエルンお馴染みの怪我人続出でもない限りドルトムントの優勝は厳しいな
ヴァイデンフェラーの年齢を考えたらこの先も使い続けるのはちょっと厳しいし、ビュルキはまだまだ若い
普通にいったらこのまま2位で終われそうだからもう半年ならチャンスがあってもいいんじゃないか?
[ 2015/12/22 15:24 ] [ 編集 ]
ランゲラクを出したのは本当に謎だったよね。ヴァイデンフェラーは去年でも壊滅的だと言われていて、代わりに正ゴールキーパーの役目を果たしたと思っていたのに。いくら現代的でもこんなに足元のミスが多いんじゃ信用できないし、ここ2、3試合はビュルキにバックパスするだけでも怖く感じてしまうよ。
[ 2015/12/22 16:05 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。