ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

マインツ武藤!地元紙が武藤を特集!「ちょっと奇妙な一年」《ドイツの反応》

12月は一年を振り返るにはもってこいの時期ですが、ドイツでも様々なメディアが一年間を振り返る特集記事を掲載しています。本日ヴィースヴァーデン新聞に武藤選手の特集記事が載りましたので紹介します。






entry_img_788.jpeg

マインツ05:ストライカー武藤とマルティン・シュミット監督にとって奇妙な一年。


マインツ:12月は一年を振り返る時期だ。どのテレビ番組でもそうした事が見られる。その分野で一番活躍した人物を選んだり、何度も同じ写真や人物が取り上げられる。おそらく日本のメディアでは武藤嘉紀がテーマとなることは確かだろう。なぜならこのストライカーはブンデスリーガのマインツ05で騒然とした一年を過ごしたからだ。

スポンサーリンク



まずは日本でシューティングスター、そしてFC東京との非常に熱く感情的な別れ、彼女との結婚。そしてその後も騒々しかったマインツへの移籍。彼はまったく休みなくブンデスリーガへとやってきて、7ゴール4アシストを決めてファンの心をつかんだ。“彼は奇妙な一年を過ごしたね。”とマルティン・シュミット監督も思っている。



メンタル面での疲労


この23歳のここ3試合のパフォーマンスが急に落ちたのは、シュミットにとっては理解できることであり、またブンデスリーガのディフェンダー達にとって、より良い(注:注意すべき)イメージが付いた事からでもある。“もしかしたらちょっとメンタル面での疲労もそれに加わったかもしれないね。”とシュミットは想像する。いずれにせよ武藤は常に日本のメディアの注目の的で、マインツの試合が日本でライブ放送されたりもした。
この280万ユーロで移籍した新加入選手は、まずはそのプレッシャーを何とかしなければならなかった。だから今ここで休暇となることは本当に良いことだ。“彼はまずは気分を変えて、またドイツに来た時にはしっかり準備できていなければならないね。”(注:気分を変えてと訳したところ、直訳では、“嫌な事などを”脇にどけるという意味)シュミットは冬休みの後でより強くなって帰ってくることを確信している。加入当初にパフォーマンスの波があることは、市場価値1000万ユーロ以上の選手においてもごく普通の事だ。

それにもかかわらず、シュミット監督はマインツのストライカーを今後は武藤一人だけにするつもりはない様だ。コルドバが後半戦の最初から試合に出る準備ができている。“我々はより幅広い人選ができるように取り組んでいくつもりだよ。とシュミットは宣言した。



この監督とストライカーの類似点


この監督は彼のストライカーと似た1年を過ごした。どういうわけか奇妙な2015年だ。“僕がヨシについて話すと、同時に自分自身も見ることになるんだ。”と、このスイス人監督もそれを認めた。2月中旬にいきなり監督を任せられ、その後常にメディアの注目を受けてきた。“この仕事には良い時も悪い時もあるんだ”という事を彼は一年を通して学んだ。彼の総括は?“ポジティブな事のほうが多かったね。だから上手くいって幸せだよ。”


またマルティン・シュミットもスイスのメディアの一年間の総括で取り上げられるだろう。これは武藤も同様だ。2015年はこのスイス人監督にとっても日本のストライカーにとっても奇妙な一年となった。







以上です。

この“奇妙な一年”というのはマルティン・シュミットの言葉からとられていますが、まあ分かるようで良く分からない言い回しですね。(ドイツ語ではKuriosで奇妙と訳すのが普通。)

もう少しパフォーマンスを中心にした記事にしてほしかったところですが、この記者はどうしても最後に“二人にとって2015年は奇妙な一年だった。”とまとめたかったようです。

武藤選手、やはり疲労がたまっていたようですが、それでも7ゴール4アシストは素晴らしい成績ですね。今後も活躍を期待しています!



【おまけ今日のドイツ】

IMG_5320_convert_20151224044514.jpg


子供もオペラ鑑賞
小さな子供も鑑賞できるようなオペラ公演が開催されていました。
[ 2015/12/24 06:00 ] 武藤 | TB(-) | CM(8)
日本ではそこまで話題になっていないかと。
相変わらずミランの10番です。試合に出ていなくとも。

そういえば、宮市選手どうなっているかご存知でしょうか?
よろしければお暇な時にでもお願い致します(_ _)
[ 2015/12/24 06:11 ] [ 編集 ]
武藤選手はまだ若いし、のびしろメチャ期待したいですね!先日の出張でヴィースヴァーデンにも立ち寄ったんですが、温泉とオペラのリッチな街というイメージでした。写真は関係あるのかな?身近でいいですね。
[ 2015/12/24 08:27 ] [ 編集 ]
分かりませんけど、英語のcuriousだと「ありがちな想定から外れた」みたいな意味ですよね。「奇妙」だと「不思議」や「風変わり」なイメージが強いですが、「いつもの年と違った冒険のような一年」的ニュアンスかなぁと理解。
[ 2015/12/24 08:42 ] [ 編集 ]
こんにちは。いつも拝見しています。詳しい情報大変助かっています。
ありがとうございます。シーズン前半も終了しちょっと寂しいですが・・・。
後半戦に向けてみんなゆっくり休んでほしいですね。
香川選手は日本に戻っても結構働いてますが(笑)
マルコも休み返上でコンディション調整するそうですね。シーズン通して+EUROでも見たい選手なので後半戦はどうにかケガなく乗り切ってほしいです。

唐突ですが以前、リクエストがあったら・・・と仰っていたので
お時間のある時にこちらのBVBTOTALを訳して頂けますでしょうか。
映像なので大変かと思いますが・・・よかったらでいいです。
宜しくお願いします。

☆管理人さん メリークリスマス☆

「Das BVB total!-Feiertagsmagazin: Nobby trifft Marco Reus | VfL Wolfsburg - BVB」
URL↓
https://www.youtube.com/watch?v=WVBq5XBo944
[ 2015/12/24 12:27 ] [ 編集 ]
こんにちは。いつも拝見しています。詳しい情報大変助かっています。
ありがとうございます。シーズン前半も終了しちょっと寂しいですが・・・。
後半戦に向けてみんなゆっくり休んでほしいですね。
香川選手は日本に戻っても結構働いてますが(笑)
マルコも休み返上でコンディション調整するそうですね。シーズン通して+EUROでも見たい選手なので後半戦はどうにかケガなく乗り切ってほしいです。

唐突ですが以前、リクエストがあったら・・・と仰っていたので
お時間のある時にこちらのBVBTOTALを訳して頂けますでしょうか。
映像なので大変かと思いますが・・・よかったらでいいです。
宜しくお願いします。

☆管理人さん メリークリスマス☆
「Das BVB total!-Feiertagsmagazin: Nobby trifft Marco Reus | VfL Wolfsburg - BVB」
[ 2015/12/24 12:31 ] [ 編集 ]
管理人様、いつも楽しく拝見しています。質問なのですが、toooR‼︎というのはドイツ語でゴールという意味ですか?スタジアムでの応援はいったい何と言ってるのでしょうか?
ドイツの街中を香川選手が普通に歩けるのはどうしてですか?日本では考えらないので。こんな質問ですみません。
お時間がある時教えて頂ければ嬉しいです。
良いお年をお迎えください!
[ 2015/12/24 21:28 ] [ 編集 ]
管理人さん、メリークリスマス♪
シーズン前半が終了し、毎週楽しみにしていた試合が見れないと思うと寂しい毎日です。
こういう記事の情報嬉しいです! 他の情報も楽しみに待ってます。

今年はシュトレン2個とレープクーヘンも頂きました。
すっかりドイツのお菓子にはまっています(笑)。
クリスマスマーケットももう終わりですね。明日(もう今日ですね)はどんなご馳走を頂くのですか?
出来たら写真UPお願いします(笑)。

[ 2015/12/25 01:56 ] [ 編集 ]
個人的には継続性がないから結果に対してイマイチな印象かなー
決定的なチャンスを外しすぎたのもあるし
[ 2015/12/25 02:04 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。