ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

《ドイツの反応》 BVBインモービレ 「クロップのような監督には出会ったことがない!」最新インタビュー

今日は、いつものインタビューよりも少し短いですが、一回分としては丁度良い分量だったので、ドルトムントの新しいフォワード、チーロ・インモービレのインタビューを紹介したいと思います。

監督についてや、リーグの違いについてなど興味深いコメントもありました。




20141003191502472.jpg

クロップのような監督には今まで出会ったことがないよ

インモビレさん、6試合でたった7ポイントですが、出だしのつまづきについてはある程度予想していましたか?

僕らがこの結果に満足していないのは、明らかだね。だけど、まだ獲得できるポイントは沢山残っているよ。個人的には前に考えていたように進んでるね。最初はもちろんいくつか問題を抱えていたね。チームやその周囲、サッカーのスタイルに慣れなければならなかったからね。今はどんどん良くなっているよ。

アーセナル戦でのゴールではまさに肩の荷が下りたかのようでしたが、私の印象は間違っていますか?

いいえ、(間違ってないですよ。)あれは信じられないぐらい感情的な瞬間でした。ファンはすでにこのゴールを待っていましたし、それは僕も同じです。シュトゥットガルト戦でのゴールも同じように2度と忘れないでしょう。僕のブンデスリーガ初ゴールですからね。

イタリアにおいてはあなたは22ゴールで得点王になりましたね。この数字はここでも可能ですか?

これと同じ質問を昨シーズンの前にトリノで受けました。その時は具体的な数字は答えませんでした。そしたら得点王になったんです・・・・・。

ブンデスリーガとセリエAを比べることはできますか?

これらは、違う種類のサッカーです。それは確かですね。ブンデスリーガにおいては小さなチームも倒れるまで走りますので、いずれにせよより難しいリーグだと思います。


スポンサーリンク


ドイツとイタリアのディフェンダーはどのようにして統制がとられていますか?

イタリアのディフェンダーの方がもしかしたら戦術面においてより良く学んでいるかもしれませんね。だけど体格やスピードはドイツ人のほうが優れていますし、彼らはより多く前に出てきます。それによって時々守備面での戦術において何をすべきかがおろそかになってしまうこともあります。僕らストライカーにとってはよりスペースがありますね。

どちらのリーグがより強烈なファールがありますか?

僕はどこにいてもそうしたファールを受けます。どこでも、どこのチームが相手でもね。

ロベルト・レヴァンドフスキーは今もドルトムントやあなたの上に漂っているようですが?

彼の名前はいつまでもここに残るでしょう。それは普通のことです。彼
はBVBに素晴らしい結果を残しましたし、僕がトリノでしたことと同じだと思います。

彼と比べられることは重荷ではないですか?

僕にとって全然そんな事はありませんよ。彼の後継者としてここに来たことを誇りに思います。そして僕を信じてくれたことに幸せを感じます。

ストライカーの試合での動き方はここ数年で変わりましたか?

ストライカーの人生は時々クレイジーですし、説明するのは難しいですね。ほとんど全てのボールがゴールに入るような時期もありますし、そうしたら突然点が入らないとか。イタリアでも6週間一度もゴールが決まらなかったこともありました。いずれにせよ、現代サッカーにおけるストライカーの役割は、ゴールだけで測られるものではなくなってから長いですね。今ではボールに対して働きかけなくてはなりません。BVBでもそうですし、アントニオ・コンテのイタリア代表でもそうです。

移籍の後で、絶対にクロップ監督の下でサッカーしたかったと言っていましたが?

本当にこんな監督には出会ったことがなかったんですよ。彼は他とは違います。彼はとても感情的で、彼の勝利に対する意欲が選手にも伝染するんです。

クロップは最初の方で、あなたにかかった重圧を取り去るようなことはしましたか?

僕はもともと重圧は感じていません。本当です。だけどトレーナーは、僕と話をしなければならないというような瞬間を把握してます。僕がここに来てまだ時間がたっていないのに。例えば、マインツ戦でPKを外した後などです。

ピエール・エメリック・オバメヤンからボールを奪った時ですね。

トレーナは自分自身がストライカーでしたし、僕を理解してくれていると確信してます。

あなたは次回も蹴らせてもらえそうですか?

(頭を振って)それはトレーナーに聞いてください。

(ドルトムントの)街にはチーロというアイス屋やインモービレというピザ屋までありますね。あなたもこうした盛り上がりは感じますか?

ここの人々はみなオープンですし、僕にとても親切ですよ。それに天気も気に入ってます。

それは冬を待ってからにしてみてください・・・・(訳注:ドイツの冬は長く厳しいのでドイツ人にとってはイタリアなど南国の気候が憧れの対象となっている。)

いいや、それもとても楽しみにしてるんですよ。僕はそんなに温かくない方が好きなんです。ナポリ出身にも関わらずです。雪が大好きなんですよ。




やっぱりイタリアのストライカーにとってはブンデスリーガはスペースが多くあるように感じるんですね。
今のドイツ代表もそうですが、ディフェンダーもどんどん上がりますからね、代表ゴールキーパーであるノイアーの影響が大きいのかもしれませんが、最近はキーパーもどんどんペナルティエリアを飛び出してきているように感じます。


クロップ監督に対しては短いインタビューながらすでに信頼している様子が伺えるようでした。

これはクロップ監督がある番組で言っていたことなのですが、彼は、“若い才能をその場でダメだと判断することは僕にはできない。もしかしたら芽が出ない事もあるかもしれないが、そうであってもそうした時間(成長する過程)を若者と共に過ごすことはそれ自体に価値があるんだ。”と語っていました。

この時の映像が以前ドルトムントの公式のFacebookでシェアされていたのでご覧になった方もいるのではないかと思います。非常に共感できる内容だったので、憶えていた訳ですが、もう一度探してみたいと思います。

実力主義の世界においてこういう教育者的な観点を持った監督は非常に貴重だなと思います。

インモビレかラモスかの議論はドイツでもまだまだ続いていますが、インモビレには何か可能性を感じますね。

早くチームに馴染んで活躍するところが観たいです。

ツイッター https://twitter.com/ichliebefussbal
[ 2014/10/04 07:40 ] 元BVB選手 | TB(-) | CM(22)
No title
振らな~何も~始まらないから~強気で一いちかばちか~フルスイング~!!
[ 2014/10/04 08:00 ] [ 編集 ]
No title
モウリーニョとは真逆ですね
両者に長短あるんでしょうが…
ユナイテッドはクロップみたいな監督が欲しいのだと思いますが、なかなかいませんよね
長期で監督雇用となると教育的な視点が不可欠だと思います
[ 2014/10/04 08:20 ] [ 編集 ]
No title
>それは冬を待ってからにしてみてください・・・・(訳注:ドイツの冬は長く厳しいのでドイツ人にとってはイタリアなど南国の気候が憧れの対象となっている。)

うわあああ考えないようにしてたのに思い出してしまった……。最近一気に日が短くなってきて嫌でも頭に冬がチラついてしまいますよね……。今年こそ元気に冬をのりこえよう……。管理人さんもご自愛ください。この冬はナポリ近郊出身のチーロにとってもなかなか厳しいでしょうね。
[ 2014/10/04 08:22 ] [ 編集 ]
No title
カープの帽子に見えたから
カープの応援歌書いたら消された(´・ω・`)
ごめんよ管理人さん、荒らしたつもりじゃなかったんだ(´・ω・`)
[ 2014/10/04 08:53 ] [ 編集 ]
No title
翻訳ありがとうございます。
チーロのインタビュー面白かったです。チーロの名前の店ができてるなんて、いつ出来たんだw
イタリア代表の期待の新人がユベントスではなく、ドルトムントを選んだのは、クロップが監督だったことも大きく影響してそうですね。若手ほど自分が成長できる監督の下でプレイしたいだろうし。クロップはその点、育成に長けた監督だと思います。
リーグの違いよりも、ドルトムントのサッカーに慣れるのに時間かかりそうですが、チーロならやってくると期待してます。
[ 2014/10/04 08:57 ] [ 編集 ]
No title
クロップに出会えたからこそ香川も海外で大きく飛躍できたと思いますね。海外初挑戦でクロップみたいに結果がすぐにでなくても切り捨てない、選手の可能性に信じる監督だからこそ、香川をはじめBVBの選手は監督からの信頼感がメンタルを安定させて試合に臨めるからいいパフォーマンスができるのかな。
[ 2014/10/04 08:58 ] [ 編集 ]
No title
レバの後継者と理解してるなら、香川との連携も大事だと理解していくだろうね。CLでその形を見せたし、そういうコメントもしてたから楽しみ。
[ 2014/10/04 09:13 ] [ 編集 ]
No title
最後のクロップのコメント泣かせるなぁ・・・
[ 2014/10/04 09:16 ] [ 編集 ]
No title
良い記事とコラムをありがとうございます。
インモービレ、クールですね。良い選手で期待が高まります。

ファン・ハール氏やグアルディオラ氏をトップ・ダウン指向の監督とすると(素晴らしい監督です...個人的には、イブラを使えなかったのを除けば...)
クロップ氏はボトム・アップ志向の監督で、だからこそ自分はクロップのドルトムントが好きなんだなあということを再確認しました。

ドイツの冬は寒そうですね...^^;
[ 2014/10/04 09:21 ] [ 編集 ]
クロップの言葉サイコーですね
彼のインタビューや会見での発言を全部知りたいと思ってしまう(無理だけど)
今回のような管理人さんの心に残ったものがあれば、これからも教えて下さいね
[ 2014/10/04 11:08 ] [ 編集 ]
No title
上司にしたい人物ですな
廃課金できてゲームのようにトレードできるクラブだと
教育するより他から奪う方が楽なんだろうけどね
[ 2014/10/04 11:18 ] [ 編集 ]
No title
どうでもいい事だけど、広島カープじゃなくてシンシナティ・レッズの帽子だと思う
[ 2014/10/04 11:34 ] [ 編集 ]
いつも有難うございます
クロップ監督は、自らの感情面を隠さず、
そして、前向きな部分が魅力的です。
包容力があるようにも思えるし、それでいて、
しっかりと叱る時は叱っている印象がします。
そういうクロップ監督のコーチング力で、
彼も素晴らしい得点をかせぐ選手に成長しそうで、
私としては期待したいです。
[ 2014/10/04 12:23 ] [ 編集 ]
クロップは選手がモチベーションを失うようなことを言わないししない
たぶん今後もインモービレにPK蹴らせるだろう
[ 2014/10/04 13:34 ] [ 編集 ]
翻訳ありがとうございます!
彼は絶対成功しますよ。頭の良い動き出しに加えて、全盛期にはヤヤのようなタッチの柔らかさになるんじゃないかと期待してしまいます。
[ 2014/10/04 14:20 ] [ 編集 ]
No title
香川の頭にチュッとキスするとかw
さすがイタリア男
インモービレ惚れてまうやろが><
[ 2014/10/04 16:09 ] [ 編集 ]
クロップには「この監督のために!」と思わせる何かがある
日本人にはどこか懐かしく、とても共感できる考え方ですね
[ 2014/10/04 20:06 ] [ 編集 ]
No title
丁寧な訳でとても読みやすいです。GJ
[ 2014/10/05 02:10 ] [ 編集 ]
No title
陰毛さんは香川より年下なんだよね
[ 2014/10/06 04:14 ] [ 編集 ]
クロップは若手選手に寛容というかきちんと待ってくれるのが素晴らしいね
ギュンとか、今季ならヨイッチとかかな?
香川応援する日本人としてはやっぱもどかしいけどね
[ 2014/10/06 09:10 ] [ 編集 ]
クロップがそんな素敵なことを言っていたんだなぁ涙
ひどく共感、、というか感じ入った!
若手を生かすも殺すも教育者次第なのかも。
そういう監督に巡り会えることは重要ですね。
ますます好きな監督になった。
[ 2014/10/08 13:57 ] [ 編集 ]
クロップがそんな素敵なことを言っていたんだなぁ涙
ひどく共感、、というか感じ入った!
若手を生かすもころすも教育者次第なのかも。
そういう監督に巡り会えることは重要ですね。
ますます好きな監督になった。
[ 2014/10/08 13:58 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。