ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

BVBホーフマン、すでに複数のクラブが興味を示す‼?ドイツ紙《ドイツの反応》

ドイツはクリスマス25日と26日が祭日となります。27日は日曜日なので新聞もそれまではお休みです。西ドイツアルゲマイネ新聞に23日に掲載されました記事を紹介します。




【西ドイツアルゲマイネ】


ホーフマン

BVBのヨナス・ホーフマンに対して数多くのクラブが興味を示す


20151226190211221.jpeg



ドルトムント:ヨナス・ホーフマンはBVBにおいてほとんど出場していない。そして移籍を考えている。すでに多くの有名なクラブが獲得に名乗りを上げている。

スポンサーリンク



まずヨナス・ホーフマンは1:2で敗れたケルン戦の後で、“1月4日にはここにいますよ。”と公言して見せた。“絶対に?”というジャーナリストの質問に対しては、“今のところはそうですね。”と答えた。しかしこの答えのさらなる解釈を可能とする一言を彼は付け加えた。“それ以上はいう事はできません。”これ以上は公言することはできなかったという事だ。


実際にこの23歳は考えを変えたように見える。このミッドフィルダーはこの夏マインツのローン移籍から、ボルシアドルトムントでレギュラーを獲得するという目標を抱えて戻ってきた。しかしブンデスリーガ17試合のうち、7試合しか出場を許されず、出場時間もたった285分にとどまっている。この才能があり、成長も期待できる選手にとっては決して多くの出場時間とは言えない。攻撃のポジションには現在マルコ・ロイス、香川真司、ヘンリク・ミキタリアン、オバメヤン、ゴンザロ・カストロらがおり、競争は大きすぎる。

20151226190214e16.jpeg



ホーフマンは移籍に背をそむけてはいない。


そして、おそらく、この2011年に19歳でドルトムントにやってきたホーフマンは、移籍に背を向けてはいないだろう。そして編集部の情報によると、すでに多くの興味が示されているようだ。ブレーメンとハンブルガーSVは現在攻撃的な選手を探しており、さらにグラートバッハやホッフェンハイム、そしてライプツィヒも真面目に補強に動いている。


しかしこの移籍にはBVBも同意しなければならない。ホーフマンの契約は2018年まで残されている。そしてトーマス・トゥヘルは選手を放出する気はあまりないし、このようにヴァリエーションのある攻撃選手となればなおさらである。なぜならドルトムントのメンバーは3つの大会を戦い抜くためには、現時点ではどちらかといえばまだ小さいとみられているからだ。


そうなるとBVBは妥当な選手を補強しなければならないし、移籍金も適当なものでなければならない。そうなって初めてトーマス・トゥヘルは移籍に賛成するであろう。





以上です。

興味はすでにたくさんあるようですね。現在2部で1位のライプツィヒあたりが面白そうですが、ドルトムント側からしたら、レギュラー陣の怪我にも備えなければいけませんし、確かに新たな補強なしでの放出はなさそうな気もします。

今後は大事な試合も増えますし、それなりに出場機会はあると思いますが、本人が控えに満足できるかどうかですね。誰かの負傷中にレギュラーに定着するチャンスを待つというのもありだとは思います。(もちろんレギュラー陣に怪我はしてほしくはありませんが・・・。)



【おまけ今日のドイツ】

20151226190213a60.jpeg

今年のドイツは暖冬です。年末に見る朝日も良いもんですね。

[ 2015/12/26 19:23 ] ドルトムント 15 | TB(-) | CM(14)
個人的にはホフマンにはもう少しチャンスをあげてほしいなぁ
[ 2015/12/26 20:02 ] [ 編集 ]
丸岡にプレイさせてほしかった。
[ 2015/12/26 20:27 ] [ 編集 ]
 
一度連続して使われてた時に微妙に合わなくて、もうちょっと使い続ければ合うかもしれない、ってところでカストロがはまっちゃったからな
[ 2015/12/26 21:04 ] [ 編集 ]
BMGには食指が動くかもしれないですね。レギュラー争いは大変そうだけど最高の監督だし。
[ 2015/12/26 21:22 ] [ 編集 ]
もう少し見てみたい選手。
でもここからはELもなかなか手を抜けないし、出場機会はより減りそう。

こちらも暖冬ですね。
例年より一枚薄着のレベル。
いまいちクリスマスという感じがしませんでした。
[ 2015/12/26 22:03 ] [ 編集 ]
ホフマン良い選手だと思うから移籍しないで欲しい。
[ 2015/12/26 22:04 ] [ 編集 ]
本当に競争は激しいですね。香川選手も途中出場の時は全て見事に結果を残しましたが、何もなかったら…と考えるとゾッとします。ただでさえドイツ人じゃないから、同じ力だとドイツ人優先になるのは仕方ないし。とくにトップレベルのチームは気が抜けませんね。
[ 2015/12/26 22:08 ] [ 編集 ]
買い取りオプションのないヤヌザイをレンタルで取るより、その分ホフマンにチャンスをあげて欲しかったですね。
結局どちらもあまり出場機会を得られず、サブとしても中途半端なシーズン前半になってしまいました。
まあ、ギュンドガンの後釜になるはずのカストロが中盤より前線でフィットしたのはトゥヘルにとっても誤算だったでしょうけど。
シーズン前半のような状態が続くのであれな本人が移籍を希望する気持ちも分かるし、複雑です。
[ 2015/12/26 22:29 ] [ 編集 ]
スタメンは難しいので移籍を選択するのは仕方ないけど夏まで残って欲しいけどなあ。
[ 2015/12/26 22:50 ] [ 編集 ]
自分も主さんと同じくライプツィヒに期待します
なんせラングニックが居ますからね
[ 2015/12/26 23:29 ] [ 編集 ]
そりゃこうなっちゃうようなー
上の人も書いてるけど、ヤヌザイより断然ホフマン育てるべきだった。
ヤヌザイ取った時点でこうなるのは時間の問題だったからなぁ
[ 2015/12/27 10:27 ] [ 編集 ]
ホフマンはハードワーカーなのに、なぜこんな扱いになるんでしょうね。
若いからローテーション要員にするよりきっぱりと切ってあげて、コンスタントな出場機会を持った方がよさそうですが。

技術をある選手を走らせることはできないけど、走ることができる選手の技術は伸ばすことできるから
すごく貴重な選手だと思うのですが。
[ 2015/12/27 10:34 ] [ 編集 ]
しっかりターンオーバー出来ない監督の責任。
一体何人手放せば気が済むのか、、、

チーム力の底上げ無ければ、先細りするだけなのに、
ヨナまで追い出すとか愚の骨頂。
[ 2015/12/27 11:19 ] [ 編集 ]
レンタルのヤヌザイ使うならホフマンや他の選手優先して欲しかった
ホフマンは出場機会少ないなりにも数字出してたわけだし
[ 2015/12/27 11:24 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。