ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

グロースクロイツ!シュトゥットガルトへ移籍間近!ビルト《ドイツの反応》

本日のビルトより移籍関連の記事になります。






ワールドカップ優勝者がガラタサライからカムバック

グロースクロイツ、シュトゥットガルトへの移籍間近!!!


entry_img_797.jpeg


れが現実となれば、とんでもない冬の移籍第1号になるだろう!!

スポンサーリンク



トルコの新聞“Milliyet”が伝えたところによると、ケヴィン・グロースクロイツはシュトゥットガルトへの移籍間近のようである。


ビルトの情報でも、やはり移籍間近のようである。


グロースクロイツがブンデスリーガに帰ってくる!!


このワールドカップ優勝者は夏に150万ユーロでドルトムントからガラタサライに移籍した。しかし書類の不備により前半戦は試合に出ることが認められず、冬の休み明けから出場できることになっていた。


いずれにせよ、グロースクロイツはホームシックにかかっており、ガラタサライのボスに移籍を志願していたようである。


どうやら今、それが現実となるようだ。


トルコのメディアの報道によると、ガラタサライはシュトゥットガルトと移籍金260万ユーロで合意に達しているようだ。それによって、ガラタサライがこれまでグロースクロイツのために支払った移籍金、給与、住居代などが補えるようである。


そしてシュトゥットガルトは残留争いで、有名人の補強ができる事になる。





以上になります。


グロースクロイツ、リヴァプール移籍などが噂されてもいましたが、ビルトで具体的なチーム名が上がったのは今回が初めてではないかと思います。

シュトゥットガルトは宇佐美選手を補強するのではないかと言われていましたが、最近はその噂はさっぱりですね。対象がグロースクロイツに移ったのでしょうか?

いずれにせよ、グロースクロイツは移籍金を考えればお買い得ですね。


【おまけ今日のドイツ】

新年のごあいさつ
新年あけましておめでとうございます。
今年もどうぞ当ブログをよろしくお願いいたします。

ドイツで作った正月料理で少しだけ日本気分な管理人


20160103205236107.jpeg

[ 2016/01/03 20:55 ] グロースクロイツ | TB(-) | CM(18)
グロスクロイツの移籍もビックリだけど
料理の腕前の方が衝撃的です
[ 2016/01/03 20:59 ] [ 編集 ]
あけましておめでとうございます
新年早々のアップありがとうございます
本年もドイツからのヴィヴィッドな情報を楽しみにしております
どうぞよろしく

全部お手製ですか…あまりの美しさに絶句です
[ 2016/01/03 21:03 ] [ 編集 ]
こんな時間に飯テロされるとは・・・めっちゃうまそう
[ 2016/01/03 22:09 ] [ 編集 ]
あけましておめでとうございます
管理人さん尊敬しますわ…
面倒くさくて何もやってない日本生まれ日本育ち日本在住の日本人の私…
[ 2016/01/03 23:15 ] [ 編集 ]
あけましておめでとうございます。
昨年はありがとうございました

料理はすごいですね。最近の日本は年始、お正月でも平気でお店が空いてるので、
お正月位は楽したい人も多くて有名店プロデュースのおせちがかなりあるので、買う人も増えてるんですよね。
スーパーも開いてて、普通に外食もできるので、海外にいる人の方が昔ながらの伝統を守ってる人の方が割合としては多いかも?
[ 2016/01/03 23:32 ] [ 編集 ]
明けましておめでとうございます
明けましておめでとうございます。ドイツ語記事の翻訳をアップしていただいて
感謝しています。本年も宜しくお願いします。
[ 2016/01/03 23:53 ] [ 編集 ]
管理人さん、今年も楽しく、他に真似できない記事を宜しくお願いします。もちろん、おまけのコーナーも毎回 楽しみです。レストランで出てくる料理のようですね〜この写真は。応援してまーす。
[ 2016/01/04 01:37 ] [ 編集 ]
飯テロ許すまじ…
またブンデスでケヴィン見れるのか
ついでにポドルスキも帰っておいで
[ 2016/01/04 05:18 ] [ 編集 ]
グロクロさんがまた見れて嬉しいかな。

管理人さん、明けましておめでとうございます。
今年もブログ楽しみにしておりますので、よろしくお願いします。
[ 2016/01/04 06:27 ] [ 編集 ]
おめでとうございます
あけましておめでとうございます
皆さんコメントでおっしゃる通り、グロースクロイツさんの移籍より管理人さんのお料理の腕にびっくりポンしました
日本に在住してる人より日本文化を体現なさっていて恐縮でした
今年もよろしくお願いします
[ 2016/01/04 08:57 ] [ 編集 ]
明けましておめでとうございます。
旧年中は大変お世話になりました。
本年もよろしくお願いします!

色々書きましたが、なぜかキーワード引っかかるので簡単に・・・。

毎日毎回楽しみにしてます。
無理せずぼちぼち、頑張ってくださいね。
[ 2016/01/04 13:04 ] [ 編集 ]
あけましておめでとうございます。
今年も良質な記事とおまけのドイツ写真を楽しみにしてます。

グロスクロイツにはこの半年ほどの鬱憤を晴らすような活躍をしてほしいですね。
[ 2016/01/04 13:08 ] [ 編集 ]
明けましておめでとうございます!

グロクロ戻って来るの嬉しい~でも料理の画像の方がインパクトあったりして。

今年もヨロシクお願い致します♪
[ 2016/01/04 13:30 ] [ 編集 ]
あけましておめでとうございます☆

なんて色々と話題を提供してくれる選手なんだ(笑)。
ともあれ楽しそうな顔でボールを蹴ってる姿を早く見たいものです。
まずはレギュラー争いからスタートですね。
頑張って!


----------------------------------------------------------------------------

うわーすごい!美味しそう♪
管理人さんのお住まいの地域だったら、
日本料理の食材を仕入れるのも大変そうな印象を受けますが、
おせちっぽい感じ、よくしますよ!
[ 2016/01/04 17:11 ] [ 編集 ]
明けましておめでとうございます
今年もよろしくお願いいたします

料理のクオリティ素晴らしいですね~

【今日の記事】管理人の正月料理
【おまけ今日のドイツ】グロースクロイツの移籍話
でよかったかもしれません
[ 2016/01/04 17:41 ] [ 編集 ]
あけましておめでとうございます
今年もドイツからの生の声(記事)を楽しみにしています!(日本のマスゴミは改訳しすぎでうんざり)

グロクロさんドルに戻ってきてほしい
パク選手はやっぱりドルのレベルでは厳しいです
マンUで悩んでた香川選手に「戻ってこい」と言ってくれたグロクロさん、今度は香川選手が戻ってこいコールをしてあげてほしいな
監督と折り合いが悪いみたいな記事をみたけどなんとかうまくいかないかなあ

ドイツのお正月ってどんな感じなんでしょう?
やっぱりクリスマスの方が盛り上がるのかな
[ 2016/01/04 17:54 ] [ 編集 ]
明けましておめでとうございます
今年も宜しくお願いいたします

グロクロのブンデス復帰は嬉しいけどせめて夏までトルコで頑張って欲しかったかな
誘ってくれたポドルスキの立場が・・・w
ただ上の方で香川がドル復帰呼びかけして欲しいというコメントがありますが
問題行動多発でフロントに切られた側面もあるのでいくら香川でもどうしようも出来ないかと
[ 2016/01/05 00:09 ] [ 編集 ]
※問題行動多発でフロントに切られた側面もあるので
いくら香川でもどうしようも出来ないかと

勿論香川選手がどうこう出来る訳ではないとは思いますが
私も上のコメントの方と同じで、ケヴィンの問題行動云々は、
彼の言動を面白おかしく曲解して、悪意ある記事に仕立て上げ
問題児扱いしているドイツメディアの責任が大きいと思います

ドイツも日本も英国も
メディアなんて結局は読者数を増やしたいがために、
火のないところに煙を立て、火事にしてしまいますから
もしクロップがまだ監督でいたなら
ケヴィンもクバもまだドルトムントにいただろうし
スボディッチももっと出場機会があったかもしれません。
今季のトゥヘルの手腕は素晴らしいですが
パクやカストロを取らなくてもケヴィンやクバで充分だったはず。
そこのところはほとんどのドルサポも感じていると思います。

[ 2016/01/05 03:09 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。