ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

トゥヘル「我々にはズボティッチが必要!!」と明言!ドイツ紙 《ドイツの反応》

本日のビルトより、ドルトムント関連の記事とその他いくつか移籍関連のニュースになります。






【ビルト】



リヴァプール移籍はなし?


トゥヘル “我々にはズボティッチが必要!”


entry_img_805.jpeg


2人の選手たちが残らなければならない。
スポンサーリンク



BVBの監督トーマス・トゥヘルはトップストライカーのピエール・エメリック・オバメヤンとネヴェン・ズボティッチの移籍を阻止する発言をした。


トゥヘル:“我々は一秒たりともオバメヤンの移籍に関しては動いていない。彼は非常に重要なポイントだ。我々はこれからも彼とともにやりたい事がたくさんあるんだ。”


彼はズボティッチと同様にプレミアリーグへの移籍が噂れていた。


トーマス・トゥヘルが説明する。“ネヴェンについても、我々が彼をチームの確かな要因として必要としているという事ができるよ。僕はネヴェンを計画に入れているよ。”

そしてこう続けた。“確かに出場時間を考えれば彼が現状に満足していないことはわかっている。でも僕の決断では、彼を移籍させる理由はこれっぽっちもないよ。”






その他移籍情報

トゥヘル:“移籍市場において選手の獲得に努める”


アドナン・ヤヌザイとヨナス・ホーフマンの移籍の後で、ドルトムントはその代わりとなる選手の獲得に努めている。


トレーナー・トーマス・トゥヘル:“我々はいずれにせよ目を光らせてはいるよ。われわれのベンチは非常に狭き門だね。一方ではこういった状況は非常に好きだけど、もう一方では攻撃のポジションで2人が去っていった。そこで何かできるか、いま取り組んでいるところだ。”



グロースクロイツは“素晴らしい選手”

シュトゥットガルトのスポーツディレクターのロビン・ダットはケヴィン・グロースクロイツが間もなくかつてのトップフォームを取り戻すと信じている。“我々は特別な選手を獲得したね。”とダットは金曜日にトルコで語った。“27歳のプレーヤーは本当に早く彼の最高の状態に戻ってくるだろうね。”

201601100557147d3.jpeg




以上です。

とりあえず、これが本当だったら嬉しいですね。
久々に出場した試合ではズボティッチは結構良い動きをしていたと思いますし、縦パスの精度もかなり良かったと思います。また力を取り戻して試合に出ている姿が見たいです。

グロースクロイツはとにかく評価してもらえるところに行けたようで良かったです。シュトゥットガルトでの活躍を祈っています。



【おまけ今日のドイツ】

IMG_2659_convert_20160110060502.jpg


ハンブルクで食べた巻き寿司と握り
ヨーロッパの方ではこういうお寿司をよく見かけます。巻のほうが食べやすく一般受けするようです。
[ 2016/01/10 06:08 ] トゥッヘル15 | TB(-) | CM(4)
スボティッチ、なんで使われないんでしょう?
ここがはっきりすればトゥヘルに対する疑問もほぼ無くなるって言う人は多いんじゃないかな?

グロクロさんはしっかりした軸のあるチームでなら間違いなく輝くと思うんですが
この時期にシュツットガルトとなると正直不安ですね
そしてこのお寿司の味も不安です
[ 2016/01/10 07:03 ] [ 編集 ]
なんか獲得検討してる選手が既に2人くらいいなかったっけな?
まあいずれにせよ、選手層厚くして後半戦はバイエルンに一矢報いてほしいなぁ
[ 2016/01/10 13:26 ] [ 編集 ]
必要ならちゃんと使えよ・・・
[ 2016/01/10 15:42 ] [ 編集 ]
>僕の決断では、彼を移籍させる理由はこれっぽっちもないよ
スボティッチ本人の判断やフロントンの判断に任せるとも読めるけど・・
[ 2016/01/10 18:35 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。