ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドイツ紙「ヤヌザイのまた抜きと傲慢さ」トゥヘルもヤヌザイを批判《ドイツの反応》

今週のスポーツビルトにヤヌザイに関する記事が載りましたので紹介します。





【スポーツビルト】


また抜きと傲慢さ

entry_img_806.jpeg


アドナン・ヤヌザイはこのようにしてキャリアをダメにした。


アドナン・ヤヌザイがヨーローッパの最も熱いタレントと呼ばれてからたった2年しかたっていない。この当時18歳だった選手はモイーズ監督の下でマンチェスター・ユナイテッドでデビューし、初の先発となったプレミアリーグの対サンダーランド戦でいきなり2ゴールを決め、レッド・デビルズをけん引する存在としてシューティングスターに登り詰めた。

スポンサーリンク



いくつかのトップクラブばかりではなく、いくつかの国々までもが、コソボ・アルバニアとトルコを根に持つベルギー人に希望を抱いたものだ。そしてヤヌザイは生まれた国であるベルギーを選択し、マンチェスターで2018年までとなる新契約をしたのだった。


しかし2016年になってヤヌザイの将来は不確かなものとなっている。そしてその責任の大部分は自分のせいとなっている。


すでに彼がすい星のごとく現れた当時でさえ、マンチェスターのスター選手は、彼の自信過剰さについて疑念を抱いていた。それどころか、その点に関してはユナイテッドの責任者たちとの話し合いまで持たれていたそうだ。


昨シーズンのヤヌザイは全く重要ではない役割を演じ、後半戦ではほとんど出場さえしなかった。


その結果となったドルトムントへのローン移籍だったが、期限を全うする事なくして中断されることになってしまった。それはヤヌザイがレギュラーの座を勝ち取れなかったからだけではなく、彼の態度やトレーニングの仕方が常にプロフェッショナルではなかったからだ。それに加えて彼はBVBのチームメートから浮いており、例えば、ボールやゴールをトレーニング場に運ぶのを拒否したりもしていた。


BVB監督であるトーマス・トゥヘルはスポーツ・ビルトに対して以下のように彼を評価している。“僕はアドナンが完全に我々の下にいるのではなくて、彼の一部が常にマンチェスターにいるかのように感じていたんだ。そしてすべてをマンチェスターと比較しているかのようにね。我々にはそうしたことを徐々になくしていく手助けをすることはできなかったよ。彼は残念ながら、成長するために彼の年代に必要とするやる気と態度を持ち合わせていなかったんだ。”




ユナイテッドは彼を取り戻したが、イングランドのメディアによるとファン・ハール監督はヤヌザイのメンタル面での強さと自制心に対して大きな疑念を抱いているようだ。このオランダ人は夏にプレミアリーグの小さなクラブへのローン移籍を推薦したが、ヤヌザイ自身がBVBへの移籍を決断し、その結果敗れることになってしまった。金曜日の記者会見でファン・ハールは、ヤヌザイのクオリティーを信じているとは語ったが、それと同時に、彼がユナイテッドのベンチに入れるか、まずはU21で力を証明しなければならないと語っている。“彼はまずはU21で状態が良いことを証明しなければならないね。”


月曜日にはヤヌザイは下部組織チームの一員として試合に出ることになっている。自らをサッカー界の輝ける星と数えるのではなく、このベルギー人の将来はまだ遠くかなたの星空だ。


またヤヌザイはブラジルでのワールドカップグループリーグ最終戦で韓国戦に出場した際にちょっとした騒動を巻き起こしている。“彼はトレーニングでチームメートをまた抜きしたがるというくせがあるんだ。”とベルギーの情報筋が明かしている。“彼はチームメートをまた抜きするのが好きで、チームメートはそれを快く思っていなかったんだ。アドナンが監督から呼び出されて、みんなを敵に回したくなかったらもうまた抜きはやめるように、と言われるまでそう長くはかからなかったよ。”そのワールドカップ以来マーク・ウィルモッツ代表監督は彼にたった1分しかプレーさせていない。彼のユーロへの参加は非常に危険な状態となっている。


ヤヌザイは最近ではA代表への招待状ではなく、U21への招待状を受け取ったが、彼はそれに応じなかった。“彼はそれを断固として拒否したわけではなかったけれど、彼が来たがっていない、という印象を受けたよ。”と彼と30分電話で話をしたU21代表コーチは語っている。“そんなだったら彼が来ないほうが良いだろう。こうした電話は本来は罰ではなくて、贈り物のようなものなんだけどね。アドナン・ヤヌザイは悪いメンタルを持ち合わせているよ。”

それに対して、ヤヌザイの代理人は彼を擁護し、彼がドルトムントでフィットネス状態を改善しなければいけないためだった、と答えている。


彼は来月に21歳になる。もし彼が大きな期待に応え、また自分の夢でもある、大きなキャリアを実現させたいのであれば、このベルギー人は、フィットネス以外にも取り組む必要があるだろう。




以上です。

ちょっと長い記事になりましたが、ベルギー代表を含め悪い評判が立っているようですね。ドルトムントはこのあたりを事前に調査しなかったのかちょっと疑問に残ります。マンジュキッチをはじめ、問題を起こしそうな選手は獲得しない、というスタイルを貫いていると思っていましたが、彼がまだ若いという事でそれほど重要視していなかったのかもしれませんね。


[ 2016/01/10 21:16 ] トゥッヘル15 | TB(-) | CM(50)
別にまた抜きしたっていいんじゃないの?
PKもらいにいく方がずっと卑怯だと思うけど、そこら辺の基準はよく分からんな
[ 2016/01/10 21:56 ] [ 編集 ]
やっぱモイーズ時代の香川って此奴の当て馬だったのかね
若しくはイングランド代表への牽引?
まあ結局終盤にはそれも破綻してたけど
[ 2016/01/10 21:57 ] [ 編集 ]
翻訳ありがとうございます!

自分はヤヌザイはマンUでうまくいかない自分を変えたくてドルトムントにやって来て必死で順応しようと頑張っている……なんてことを漠然と思っていたのですが、他報道含め、特にこのスポーツビルトの詳細な記事によればそんなことはなかったのですね…。
確かにマンUの1年目であのように持ち上げられれば天狗になってしまっても致し方ないのかな…とも思います。。。

彼が最初からいなければもしかしたらホフマンは残ってたのかな…なんていう、"たら""れば"を考えてしまいますが…、今後上手に補強して欲しいものですね。
[ 2016/01/10 22:10 ] [ 編集 ]
 
2年前なら将来性を期待されて、オナドリや低サッカーIQに目をつむれただろうが
2年前より明らかに劣化してる今、プライドだけは同じでは誰も使わないんじゃないの。
[ 2016/01/10 22:22 ] [ 編集 ]
こいつはほんと性格もプレースタイルも宇佐美とかぶるわ
実績もないのにやたらプライドが高くクラブの格にこだわるところとか
転落の仕方まで同じ

やっぱスポイルされた子が社会で使い物にならんのは外国でも同じなんやな
本人の自覚の無さが一番の問題だとしても、周りの大人にも責任があると思うわ
[ 2016/01/10 22:33 ] [ 編集 ]
彼のプレースタイルってこの辺から来てるのか。。。
天才もやはり何回か挫折味わったほうがいいのかもね。
[ 2016/01/10 22:40 ] [ 編集 ]
香川への2年目に勝ってたWBA戦でハーフタイムに突然ヤヌザイと交代させられた時に、
ルーニー筆頭にピッチにいた選手全員ポカーンとして逆転負けしましたのをみてたから、別に驚きはありませんね。
サンダーランド戦も確かに活躍したけど、ルーニー、ペルシがものすごい守備してた方がとても印象的でした。

その後も、エバンスが試合中にヤヌザイの胸ぐらつかんだりとか、今シャルケにいるリーターとピッチでもめててもフェライニだけがかばって
コーナーキックの為にそばを通ったペルシに無視されたりとか見たので、ヤヌザイがよかったといわれるデビューシーズンを
知ってる日本人は多いと思うので驚きがないし、ユナイテッドの選手が疑問を呈した、と言ってても誰が言ったと言われても
思い当たる節がありすぎてベルギー代表でも問題を起こしてた、とか言われても驚きはありません。

こんなヤヌザイを優遇してたなら、ベンチにされてたホフマンに逃げられてもおかしくないですね。
それよりどう育てたら、こんな性格になるのか。そっちの方が気になってきましたね。
[ 2016/01/10 22:55 ] [ 編集 ]
試合中に香川がヤヌザイのオナドリに呆れてたけど
後輩の面倒見の良い香川があんな態度とるって相当でしょ。
やっぱ若いうちからチヤホヤされると歪むんやねえ。
[ 2016/01/10 23:45 ] [ 編集 ]
スポーツにメンタルがいかに大事か知らされますね。
まあ、スポーツだけじゃなく一般の仕事や勉強においても同じ事が言えますが。
[ 2016/01/10 23:52 ] [ 編集 ]
彼を悪く言いすぎ
いつもよく走るしプレーは一生懸命だ
プレミアでの脳筋スタイルが半年ぬけなかっただけだとおもうよ
[ 2016/01/11 00:15 ] [ 編集 ]
この記事を鵜呑みにすると、ヤヌザイはサッカーをやりたくない様に思えるなw
そんな事はないのだろうけどドルトムントに来ても変わっていない所を見ると学ぶ力は低いようだ
[ 2016/01/11 00:20 ] [ 編集 ]
>別にまた抜きしたっていいんじゃないの?
>PKもらいにいく方がずっと卑怯だと思うけど、そこら辺の基準はよく分からんな

トレーニングで事ある毎にまた抜きを狙われてみなよ
トレーニングにならないだろ
おそらくまた抜き”だけ”を狙ってそれ以降チームにつなげる動きしていないんだろう
[ 2016/01/11 00:27 ] [ 編集 ]
ちょっとした暴露するけどヤヌザイはユナイテッドで日本に来たんだよね。ゲームでもちょこっと目立ってたんだけど、そのとき結構なれなれしく香川の肩に手かけちゃったりしてたなwこれ目撃してから個人的にはいつか天狗鼻へし折られる時が来るだろうなと思ってた。センセーショナルなデビューしたけどすぐ消えていくのはわかりきってた。チームプレー一切できないからな。何でもかんでもゴールしか目に入ってないプレーぶりだったからね。無理かもしれないけど鼻が折れたままでないことを祈るよ
[ 2016/01/11 00:29 ] [ 編集 ]
ドルとしては若いしホフマンの競争相手として切磋琢磨できる選手としてヤヌザイを受け入れたと思いますよ。それなりに気を使ってチャンスも与えたけど彼は生かせなかった。しかも謙虚さも向上心も足りなかったんですね。残念でした。
[ 2016/01/11 00:31 ] [ 編集 ]
その人の性質は、個性であり、ある意味で、プレースタイルに出ます。
メンタルというよりも、考え方や姿勢を変えれば、プレーも変わるものです。
彼は、守備をせずに、個人的な主義主張を優先して、チームの勝利よりも重んずるものがあるのは、香川真司が所属時代のマンUの試合から読み取れるものがありますね。
でも、あの頃は、「若いから」と思っていました。
今、大事な時期なのに、成長できる時期なのに・・・そう思います。
[ 2016/01/11 00:56 ] [ 編集 ]
大晦日にケルンで起きた集団暴行事件については日本でも話題です。
これについて、ドイツ在住の川口マーン惠美という方が、ドイツメディアの反応の鈍さを批判しています。
本当なのですか? サッカーとは関係ないですが、気になって仕方がありません。
新年早々、ほんとうに気分が悪いニュースです。 真相はどうなんでしょうか。
[ 2016/01/11 00:57 ] [ 編集 ]
香川のユナイテッド時代の終盤はヤヌザイが香川ナメ出してて試合中に態度にも出してたし、ドルトムントを舐め切ってたと思うよ
ヴィルモッツにも呆れらてるって相当な状況だと思う
[ 2016/01/11 00:59 ] [ 編集 ]
ちょっとした暴露話って言い方は恥ずかしいし使い方も間違ってる
個人の感想書いてるだけで暴露なんて物言いはおかしい
ヤヌザイがよく走ってプレーが一生懸命ってホフマンと間違えてるレベルだろ
基本棒立ちでその場でボール貰ったらドリブル仕掛けて奪われる、そして守備に戻らずちんたら歩いてるのがヤヌザイなんだよ
しかしメンタルどうにかしないとこのまま落ちていくんだろうな
[ 2016/01/11 01:15 ] [ 編集 ]
香川がベンチに置かれてた頃は
ヤヌがベルギーかイングランドどちらを選ぶかまだはっきりしない時期だったね
あの頃まではユナイテッドは明らかに協会の圧力のかかるクラブだったから
その辺の事情もあったんじゃないかな
イングランド代表としてスターシステムに乗せたいあまり甘やかしすぎたね
今ではフロントが銀行やになり監督がオランダ人になりだいぶ薄れてはきたけど
未だにOBが物申す特殊なクラブです
[ 2016/01/11 01:23 ] [ 編集 ]
ボールやゴールをトレーニング場に運ぶのを拒否したりもしていた
>ユナイテッドでは選手がやってないのか?
ただドルトムントはみんながやってることなんだから、特にレンタルのヤヌザイはやらないとダメだろ
[ 2016/01/11 01:34 ] [ 編集 ]
厳しい意見だなあ
また香川とヤヌザイがチームメイトにって聞いた時はわくわくしたんだけど
[ 2016/01/11 01:39 ] [ 編集 ]
まあ、まだ若いんだしさ。いくらでもやり直しできるよ。
[ 2016/01/11 01:42 ] [ 編集 ]
股抜きってのはいわゆる「舐めプ」ってやつですよ
された相手は屈辱を味わう
それを試合中に敵に対してするならともかく、チームメート相手に毎度毎度やられてみなよ
イラっとしますわ
「こいつ、舐めとるやろ」って思われても仕方ない
代表監督も大変ですなぁ、こういう若手がいると
[ 2016/01/11 02:01 ] [ 編集 ]
>こいつはほんと性格もプレースタイルも宇佐美とかぶるわ

どさくさに紛れて宇佐美とヤヌザイを一緒にするなよ
今現在の宇佐美を見て無い人間のコメントだな
[ 2016/01/11 02:12 ] [ 編集 ]
↑ヴィルモッツのチームはヤヌが股抜きを目的にしているから怒ったんだろうよ。
抜き去る為の手段として股抜きをしてたんじゃない、と。
事実だとすると、自分の技術に酔ってるよね。悪質なオナドリブラーですわ。
[ 2016/01/11 02:20 ] [ 編集 ]
 この記事が本当なら、ヤヌザイは相当傲慢ですね。ユナイテッドとの契約延長の交渉の時から、何かおかしな雰囲気ありましたけど、代理人や親の影響かと思っていました。デビューシーズンの彼の態度や周囲の反応、モチベーションをなくしたように見えたペルシーやルーニーなど合点がいきます。
 でも、この人、傲慢な割にはすごく自信なさげな顔をするんですね。お子ちゃまだということでしょうね。ファーガソンが監督なら、こんな我儘絶対許さないはずです。モイーズにも、同じスコットランド人と言うことで、そういう厳格さを期待したんでしょうけど・・・。バロテッリですら、自信にはあふれてるし、チームメイトにはそこそこ愛されているみたいですから、それ以下じゃないですか。
[ 2016/01/11 03:08 ] [ 編集 ]
のわりには、試合中ぜんぜんドリブル突破できなかったね。。。
[ 2016/01/11 03:29 ] [ 編集 ]
チームトレーニングっていうのはチームの連携を高めるためにやるんであって
個人スキルを鍛えるのは個人練習でやるべき事
それなのにチームでやってる時に股抜きやオナドリばっかやってたら批判もされるわ
[ 2016/01/11 04:00 ] [ 編集 ]
>コソボ・アルバニアとトルコを根に持つベルギー人
恨み事を持っているのかと思った。
出自の話ですよね。
[ 2016/01/11 04:22 ] [ 編集 ]
ユースレベルだとちょっとしたテクでいけるけど、このレベルはロッベン、リベリー、ムヒタリアン相手にやってるDFだからヤヌザイレベルじゃ止められる。
[ 2016/01/11 04:55 ] [ 編集 ]
手厳しい記事ですね。少なからず個人に問題があるのだろうけれど、移民の出で代表国を"選択する"経緯からも、彼が特殊な環境に置かれ、その才能を大金に変えようとする大人達にチヤホヤされてきたのだから、私達日本人からは計り知れないメンタルにならざるを得ない気もします。まだ若いので、彼が本当に信頼できる人の元で、自分が楽しめるサッカーをして欲しいな。この選手の出入りの、最近のBVB側の見立ての悪さ。。。金満チームから選手を搾取されないチームになって欲しいのに。。。
[ 2016/01/11 05:44 ] [ 編集 ]
なし
また抜きは誤解されてるけど、嫌がられるのは抜かれた奴がムキーってなるだけじゃないんだよ。

成功率は低い割に通ったからって大して状況は有利にならない。そんな難しいまた抜きするなら、ワンツーや素直にドリブルで抜いた方がよっぽど確実だし安全。また抜き失敗すると自分が前にダッシュしちゃってるから体入れ替わって即カウンターになるからね。

で、そんな確率低いまた抜きしてまで小技使いたいのかよってのもあるし、味方からすればそんな下らない遊びのために俺らが必死で守るのかよってなる。それが繰り返されるといい加減にしろよってなる。こういうやつサッカー長いことやってきた人なら見覚えあるっしょ。

しかしボールやゴール運ぶの皆やってるのに運ばないってのは酷いな。これは浮くよ。
[ 2016/01/11 05:52 ] [ 編集 ]
二十歳過ぎればただの人か。みんないつまでも甘くはないよな。
[ 2016/01/11 06:07 ] [ 編集 ]
>のわりには、試合中ぜんぜんドリブル突破できなかったね。。。

そりゃ鉄壁の守備ですから、ブンデスリーガのドルの対戦相手。(笑)
ヤヌ坊の判断スピードと視野の狭さと連動意識のなさじゃ、いくらテクニックあってもどうにもなりません。

そもそもドルは昨季と今季、ほぼ同じメンツでここまでリーグ成績が違うのは、対策された戦術を変えたから。
つまり、このチームで使われるには、戦術理解と連動の意識が不可欠なのに、ヤヌ坊は才能でなんとかなると思い込んでた。甘い。
[ 2016/01/11 07:19 ] [ 編集 ]
>また抜き

うどん牛丼ムヒロイスのまた抜きは常に、パスを通すためかボール保持のためにやってるのであって、別に見せ場作りじゃないんだよね。
結果、かっこいいんだけど。(笑)
ヤヌ坊のは「次」のない、いらないプレーが多い。才能あるのに考え方が残念。
[ 2016/01/11 07:26 ] [ 編集 ]
読み応えのある素晴らしい翻訳
[ 2016/01/11 07:42 ] [ 編集 ]
ヤヌザイやホフマンが出て行った理由は、香川のレギュラーを脅かすカストロの台頭じゃないの?出場が減ってたもん。
[ 2016/01/11 08:54 ] [ 編集 ]
ここの板にしてはコメント多いな。やっぱみんなヤヌザイに対して言いたいこと溜まってたのかね。
[ 2016/01/11 09:33 ] [ 編集 ]
ヤヌザイのドリブルはブンデスどころか他のリーグでも通用してないよ、実際ELで対戦したチームに通用してなかったし。スピードも緩急もないから彼のドリブルは突破できるようには見えなかった。
それにしてもこの記事を読んでやっぱりねっていう感想だった。
[ 2016/01/11 10:49 ] [ 編集 ]
ああ、残念で仕方ありません。期待していたのに!
成長もなにも、本人に問題アリならハナからどうしようもなかったということ。
先シーズンあまり出れなかったのに、腐らずにクロスの居残り練習して、
今やSBで高い評価受けてる銀太くんを見習って欲しいです…ったく!

>それに加えて彼はBVBのチームメートから浮いており、例えば、ボールやゴールをトレーニング場に運ぶのを拒否したりもしていた。

±1歳くらいで同じ年代といえる選手がいるのに全然絡んでなかったし、
今ではもうロイスとオバメヤンが面倒みてくれてたと解釈しています。
気のいいにーちゃんたちですよ、ホント。

「キッカー」で読んだことがあるのですが、
若い選手は更衣室にチームのスーツケースを運ぶのが習わしだそうで、
10-11シーズンはベンダー・シュメルツァー・香川・ゲッツェがやってたそうです。
(注目度からゲッツェは外されることがあったそう)
今はたぶんヴァイグルくんあたりがやってると思うのですが、
後片付けもしないならヤヌザイはそれもやってなかったのかなあ…。

クラブだけでなく代表の監督も匙投げていることに本人気づいているのかな…。
日本的に言うならば「親の顔が見たい」ですね。

>問題を起こしそうな選手は獲得しない、というスタイルを貫いていると思っていましたが、彼がまだ若いという事でそれほど重要視していなかったのかもしれませんね。

BVBもいい教訓になったのでは。
[ 2016/01/11 11:34 ] [ 編集 ]
あっちでは股抜きやり過ぎると「侮辱的行為」として見られるんじゃなかったっけ。
ネイマールのヒールリフトも問題になってたような。
[ 2016/01/11 11:34 ] [ 編集 ]
俊さんの股抜きからの絶妙クロスに魅了されてきたのも事実なんだよね

そして宇佐美はブンデスでドリブルからの素晴らしいゴール決めてる

欧州の選手は言うほど大したことない
[ 2016/01/11 14:18 ] [ 編集 ]
ネイマールのヒールリフトの時も話題になってたけど
向こうじゃ股抜きも侮辱行為と変わらないらしいね
信用を失うとかじゃなく、敵に回すって言い回しから見ても
そういった意味合いでお叱りを受けたんじゃなかろうか
[ 2016/01/11 16:55 ] [ 編集 ]
ナツメグを練習でガンガン狙ってきたら嫌われるに決まってんだろ。敬意なさすぎ。
[ 2016/01/11 19:16 ] [ 編集 ]
宇佐美とかぶるってのは悪口だけじゃないだろ。改善の可能性もあるって事だ。
宇佐美が高すぎるプライドから無駄な数年を過ごしたのはホントの事だし
[ 2016/01/11 21:42 ] [ 編集 ]
ピンチ脱出、チャンスメーク、得点に繋がらないまた抜きはただの「からかい」「侮辱行為」。練習で味方相手に乱用するとか頭逝ってる。技術練習したいなら、そういえばいいのにね。
[ 2016/01/12 05:11 ] [ 編集 ]
記事は捏造とまでは言わないけどいい加減なところもあるので話半分で聞いておくにしてもこれだけ色んな証言があると選手としてという以前に相手に対する敬意、チームとしてのルール、協調、感謝など人として大切な事がまだ身についていないんだろうなあという感じですね
点を取る選手に多少のエゴは必要だけど、周りにケンカ売るような態度じゃエゴもただのワガママ自己満に取られるだけ
若いうちにすごい才能と持ち上げられて消えていった選手は数知れず。ヤヌザイ選手は正念場ですね
[ 2016/01/12 15:28 ] [ 編集 ]
発言が本物なら責任ある立場の人たちがここまではっきり批判してるのって相当なものですよね…

ユナイテッドでチームメイトだった香川がドルトムントの首脳陣に印象を訊かれて「いい奴だよ」みたいなことを言ってしまったのではないかと想像しますが…
[ 2016/01/12 15:47 ] [ 編集 ]
誤解してる人がいるけど、股抜きそのものが悪いということではないですよ。実戦で成功しにくいものを練習で繰り返すことは、ふざけている、とみなされるってことです。真剣に練習してる人からずれば、相手がふざけていたら頭に来ますよね。
彼は試合でもリスクを負うべきでない場面で成功率が低いプレーを選択することが多々あります、それが監督達を苛立たせるのでしょう。
[ 2016/01/12 22:23 ] [ 編集 ]
>ユナイテッドでチームメイトだった香川がドルトムントの首脳陣に印象を訊かれて「いい奴だよ」みたいなことを言ってしまったのではないかと想像しますが…

無いwww
[ 2016/01/13 16:09 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。