ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ギュンドガン「移籍に関してはまだ決めていない!」ドイツ紙インタビュー 《ドイツの反応》

本日のビルトよりドルトムント関連の記事になります。





【ビルト】

契約延長?すべてはオープンだ!


entry_img_808.jpeg

“僕はドルトムントに残るよ。” とドルトムントのスーパースター、オバメヤンは約束した。しかしそのような発言はチームメートのギュンドガンからはまだ聞かれない。



ビルト:オバメヤンは最近、BVBに残るという意思を証明しましたが、あなたはBVBでの契約延長をいつ発表するのでしょうか?


ギュンドガン:その質問が来ると賭けていましたよ。でも僕がどう答えるかは知っているはずですよね。

スポンサーリンク





ビルト:いいえ。いつもの事ですが、その答えに非常にわくわくしていますよ。オバメヤンとは違ってあなたの契約は2017年できれてしまいますからね。


ギュンドガン:でもまだ決めてはいないんですよ。そして良く考えられたものでなければなりません。なぜならキャリアというものは非常に時間が限られたものですからね。でも正直に言って、すべてはオープンですよ。



ビルト:BVBで良いと思うことは?


ギュンドガン:僕は自分のチームがあるという事は知っていますし、それを軽視するつもりはありません。でももう一度言いますが、まだ決定はしていないんです。



ビルト:でも次の契約延長はもう少し長期に及ぶものになるのではないですか?


ギュンドガン:その方向になるとは思いますね。僕がサインするとしたら、一年だけという事はもうないでしょうね。



ビルト:クロップからトゥヘルへ。昨年はスポーツ面でどのように変化しましたか?


ギュンドガン:僕は自分の役割がより攻撃的になったと解釈しています。特にポゼッションにおいては。個人的には後半戦ではより多くゴールに絡むことを望みますね。一度や2度は自分でゴールを決めたいですよ。


2016011120033039f.jpeg

ビルト:オバメヤンがアフリカ最優秀選手に選ばれましたが、どのくらい喜びましたか?


ギュンドガン:僕はすでに前から彼が勝つチャンスは大きいと思っていたんです。彼は素晴らしい1年を過ごしましたからね。彼は前半戦でたくさんゴールして非常に注目されましたね。そして彼の競争相手も彼ほど力強かったとは思いませんでした。ここ最近はトゥレーが何度もその賞をもらっていましたからね。新しい選手が受賞する時だと思います。そしてオバはそれにふさわしいと思いますね。僕らは何よりも彼がまたチームに戻って来てくれて嬉しいですよ。そして彼には後半戦もどんどんゴールを決めてほしいですね。僕らにとってはそれが必要ですから。



ビルト:あなたにとって、オバのようなロケットがチームにいることはどのぐらい重要ですか?


ギュンドガン:僕にとっては本当に完璧ですね。僕は相手の守備陣の間に縦パスを通すのが好きなんですよ。そしてオバだったらスプリントでディフェンダーの後ろに出れることがわかっていますからね。これは本当に楽しいですよ。パスの出し手が素晴らしく見えますからね(笑)。



ビルト:前半戦はスポーツ面では大成功でした。でもいくつか上手くいかないこともありましたね。それについてはどのぐらいイライラしています?


ギュンドガン:バイエルンでの敗戦を除いてみれば、それ以外でポイントを落とす必要は本当にありませんでしたね。直接のライバルとなるチームとの対戦にはすべて勝利しました。後半戦もそれと同じようにやりたいですし、ポイントを落とす事は避けたいですね。後半戦はより多くのポイントが獲得できるかもしれません。それは非現実的ではないですし、それこそが僕らの目指すべきところですね。



ビルト:あなたは今25歳ですね。これまでのキャリアを総括すると、どのぐらい満足ですか?


ギュンドガン:僕は非常にハードに働かなければなりませんでしたし、いくつかのどん底も経験しました。例えば背中の負傷とか。でももちろん2冠を達成したことやチャンピオンズリーグの決勝に出場したことは夢のようでしたし、ドイツ代表にも選ばれました。ニュルンベルクからドルトムントへの移籍に関しては、期待以上の結果だったという事ができますね。僕はこうしたことを経験できて本当に幸せで、それに誇りを持った25歳ですよ。



ビルト:でもあなたのタイトルへの欲求はまだ静まっていませんね。次はユーロですね。


ギュンドガン:僕がなぜワールドカップに出られなかったかはもう有名な話ですね。なのでそれだけに僕がこの大会に出られることは本当に素晴らしいことですし、もちろんチームと共に成し遂げたいですね。なので後半戦はもうちょっと前半戦よりも良くなるようにしたいと思っています。良い状態で大会に臨むためにもね。



ビルト:パリとハノーファーで起こった事(テロ)でユーロに対する不安はありませんか?


ギュンドガン:もちろん忘れてしまったわけではありません。でもそれに関しては話題を振られた時以外は考えませんね。その後ではまた違った感じになりましたが。



ビルト:つまり?


ギュンドガン:つまりその後の初めての試合となったハンブルク戦の事はよく覚えています。チームも僕も本当に悪いプレーをしました。でも本当に変な感じだったんです。あのような経験をした後ではサッカー2番手が3番手になってしまいますね。後から考えてみれば、あのパリで僕やチームに起こったことは最悪の事ではありませんでしたね。



ビルト:なぜですか?


ギュンドガン:なぜなら僕たちは本当にひどい出来事についてはほとんど知ることがありませんでしたし、安全な場所にいたわけですから。僕はテレビで映像をみて初めてそれについて考え、多くの人々がなくなったという事を知ったんです。





以上です。

次の決断はBVBでの長期契約か、移籍のどちらかになりそうですね。

本人の当面の目標はユーロだと思うので、移籍の決断はその後になるような気がします。それまでにBVBが素晴らしい成績を残すことができれば、契約延長もあるかもしれません。


【おまけ今日のドイツ】

20160111200331aaa.jpeg

明日は管理人の住む地域でクリスマスツリーを処分できる日です。飾りを外し枝を簡単に紐でくくり捨てる準備をしています。


[ 2016/01/11 20:15 ] ギュンドガン | TB(-) | CM(17)
一度選手生命の危機に陥ったので、やりたいと思った話が来たら
挑戦して欲しいですね。ペップシティか、ジダンのレアルから話が
来たら諦める覚悟はできてます。

ドルに残るとしたら、トゥヘルのローテーションの腕と、バイヤン、ポルト相手にビビって
相手に合わせず自分達のプレーしてこいと言える采配が出来ればチャンスがあるかな?という所でしょうか
ドルの選手は基本うぬぼれてて、単純でプライドたかい選手が多いので、強豪相手は普段と違うことより単純でいいと思うんですよね

トゥヘルがペップに対するリスペクトを捨てられると、来期CLであたる元名選手、名将に
誰?とか対応されてもペップじゃあるまいし、と思えるでしょうしね
[ 2016/01/11 21:22 ] [ 編集 ]
>これは本当に楽しいですよ。パスの出し手が素晴らしく見えますからね(笑)。

このコメントいいねw
[ 2016/01/11 21:29 ] [ 編集 ]
年俸釣り上げる駆け引きで間違いなくドルトに残るよ
[ 2016/01/11 21:33 ] [ 編集 ]
もうドルも本当に必要な選手には見合った給料を払わなきゃならない
それくらいクラブのステータスが上がったと思う
[ 2016/01/11 23:12 ] [ 編集 ]
ドルトムントにはレバのこともありますし、もう少し外国人や移民の選手に活躍に見合った給与を与えて欲しいですね
[ 2016/01/11 23:43 ] [ 編集 ]
財政的にどこまで払えるんだろう?
チケットがほぼ毎試合ソールドアウトとはいえ
貧しい地域なので価格を抑えているからと
ヴァッケさんが言ってたし
スポンサーもどの程度ついているのか?
マンウの香川で集まった10社近い日本企業が
今更ながら恨めしいです
[ 2016/01/12 02:32 ] [ 編集 ]
プレミア行くと冗談抜きに年俸倍増なんてレベルだしなぁ
流石に心揺れるわな
[ 2016/01/12 02:57 ] [ 編集 ]
めっちゃ迷ってるっぽいな。
ドルトムントは素晴らしいクラブだけど、人生は一度きりだからもっと上を目指しても見たくなるよなぁ。
俺が香川だったら絶対にマンUとかに行くし。
[ 2016/01/12 03:38 ] [ 編集 ]
>ドルトムントは素晴らしいクラブだけど、人生は一度きりだからもっと上を目指しても見たくなるよなぁ。
>俺が香川だったら絶対にマンUとかに行くし。

ドルからマンウに行く奴はもういないだろ。
うどんの実力を一番知ってる連中が、マンウで香川をベンチに追いやったヤヌザイの本当の実力を、目の当たりにしたんだから。
守備もろくにしないマタの後塵を拝してボランチ(IHではない)で使われるわ、戦術眼やチラシのセンスなさすぎて、おそらくドルでは使い物にならないエレーラより評価されないわ、ってクラブだし。
放出したほぼすべての選手が、移籍先で大活躍するほど見る目のない監督だし(まあ更迭必至だが)。
「こんな〇〇に出し抜かれるとかありえん」「こんな監督に飼い殺されるとかまじかんべん」とか思ってるよ。
[ 2016/01/12 06:04 ] [ 編集 ]
ドルにはまだ投資しづらい部分はあるよね。
ブンデスの放送網が弱いから、スポンサーになっても販路が広がるか解らない。
人種差別っぽいつぶやきしてても、ビッグクラブは差別にゼロトーレランスの
スタンスだからそういうのは相手にもしないけど、そういった人でも別の選手の為につぶやいてるファンだから、と公式が普通にリツイートするし、世界展開をするレベルの
日本の企業の常識からすると、公式、FB、Twitterとか、脇が甘い部分が目に付くから、 
香川は大事にされてる?もう一度動かした方がいい?と疑問符がまだついてる状態でかなりの様子見をされてる気がするな。日本の企業って潔癖というかまず信用第一だし

その点プレミアは放送網が確立してるから、東南アジアの販路広げたいと思ったら
ユナイテッドのスポンサーになれば楽というのが共通項になってる。

ただ、ユナイテッドのスポンサーだった、ウブロが降りてて
気がついたら日本代表のスポンサーになってたりする
鋭くて図太い企業もいるよね。
[ 2016/01/12 06:06 ] [ 編集 ]
選手の足引っ張りすんなやー
上を目指すのは選手として当たり前だー
[ 2016/01/12 07:43 ] [ 編集 ]
マンUみたいな商魂たくましさをあからさまに出すクラブは日本人には合わないと思う
香川の時の日本企業への必死の営業や、香川を商売につかってる感丸出しなのに引いたし
そういうの日本人は不愉快に感じるから、ドルぐらいの感じのほうが日本企業はつきやすそう
ハッキリ言ってマンU時代に付いた小さめのスポンサーって、何の特にもなってなかったし、むしろ嫌われてたぐらいだと思う
まぁ、東南アジアに名前売るにはいいのかもしれんが
ファーガソンが続けていれば大分違うけど
[ 2016/01/12 08:10 ] [ 編集 ]
あのタイミングならユナイテッドに移籍するでしょ
ブンデスでやることなさそうだし
それに、ユナイテッドはエレーラのほうがあってるよ
[ 2016/01/12 08:58 ] [ 編集 ]
ドルトムントより上のクラブが少なすぎてな
ドルトムントより微妙に上なクラブなら悩むだろう
昨シーズンの夏に噂になったバルサならって思うとこもあるだろうけど
ロイスも言ってたけどバルサからオファーきても今のバルサには隙がない



[ 2016/01/12 09:48 ] [ 編集 ]
翻訳ありがとうございます。

受け答えにギュンドアンのユーモアとセンスがチラと見えました。
選手としてあらゆる可能性を残すのは自分の今後を守る為に必要な事だと思うんですよね。

ビッククラブで定位置を掴めばある程度やれるのはどの選手も同じで、ただその位置を
掴み続けられるかどうかが難しいのかなと思うようになりました。
自国で無い場合は条件は厳しいので・・・。

このままここで成熟した連携プレーを見たいという気持ちと、新しいチャレンジで
どこまでやれるのか見てみたい。どちらの気持ちもあるので、どちらでも応援したいです。
とりあえず、後半戦はクロスバーじゃなくてゴールが見たいですね(笑)
[ 2016/01/12 10:24 ] [ 編集 ]
マンウのやり方には引くけど、日本の企業が要求するレベルのきちんとした一定の基準はクリアしてるからね。
東南アジアに販路広げたいとかより、何も考えず香川の画像を使いたいだけでスポンサーになった企業はリサーチ不足で自業自得。
チェルシーのスポンサーになった、ヨコハマみたいに東南アジアとアフリカに販路広げたいからとかいうはっきりとした目的がある
企業はプレミア利用したほうが早いと思ってる所が多いみたいだし。

ドルトムントは好感度高いけど、ブンデスの放送網も整備されてないし日本の企業の要求するレベルの社会的に信用できるか、という基準に疑問符が付くんだよね。
特にソーシャルメディアで。逆に言えば、そこを整備したらいいだけなのに、なんでやらないんだろ?とは不思議でもあるけど
[ 2016/01/12 17:12 ] [ 編集 ]
>うどんの実力を一番知ってる連中が、マンウで香川をベンチに追いやったヤヌザイの本当の実力を、目の当たりにしたんだから。


別に、ヤヌザイにベンチに追いやられたわけじゃないだろ。

それに、ドルで合わなかったことはヤヌザイの実力がどうこうってことじゃないし。
彼が良い選手なのは誰もが認めている。 


[ 2016/01/12 23:08 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。