ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドイツ紙「ひょうきんな香川とギュンドガン、そしてドルトムントを愛するロイス」《ドイツの反応》

日本ではドルトムント選手のソーシャル・ネットワーク上での投稿がネットを通して話題になったりているようですが、ドイツでもこんな記事がありましたので紹介します。掲載されたのはNewsbuzztersというサイトになりますが、主にカジュアル・ファッション系なニュースを扱っているサイトのようです。


【Newsbuzzters】


entry--img_810.jpeg

スポーツ

マルコ・ロイスはドルトムントを愛している。イルカイ・ギュンドガンと香川はファンに謎かけ



イルカイ・ギュンドガンと香川真司はトレーニングキャンプで謎かけをし、マルコ・ロイスは贅沢なことにドルトムントのファンを紹介した。



スポンサーリンク



ボルシア・ドルトムントは現在ドゥバイでのトレーニング真っ最中である。そしてマルコ・ロイスは、どうしてファンに称えられる存在であるかを再び示して見せた。なぜなら彼はほぼ毎日ファンとの写真をインスタグラムにアップしているからである。またイルカイ・ギュンドガンと香川真司はファンに対して、クイズをしかけた。


マルコ・ロイスはカムバックに向けて熱心に取組中

マルコ・ロイスは後半戦の開幕となるグラートバッハ戦で絶対にピッチに立つつもりである。そのため彼はBVBの理学療法士を特別に休暇にも連れて行った。そしてそれが良い選択であった事を、このドイツ代表選手はドゥバイでの毎日のトレーニングで証明しているところだ。フィールド上でのマルコ・ロイスがドルトムントにとって大きな利益であることには疑いがない。そしてトーマス・トゥヘル監督が、キッカーのインタビューにおいて、できれば彼を毎試合起用したい、と賛辞したのもまったく不思議ではない。

20160112193422f3c.jpeg



しかしそれとは別に、どうしてマルコ・ロイスがファンのお気に入りであるかを彼はフィールド以外の行動で示している。彼は非常に忍耐強くファンとの写真撮影に応じ、それどころか、ベストなスナップ写真を自らインスタグラムにアップしているのだ。マルコ・ロイスがヨーロッパのトップクラブからまだ誘いがかからないことを願うばかりである。

20160112193423bc9.jpeg




イルカイ・ギュンドガンと香川真司はひょうきん者

しかしキャンプ中のドルトムントでマルコ・ロイスだけがソーシャルネットワーク上でファンとの交流をはかっているわけではない。イルカイ・ギュンドガンと香川真司は3日前にファンに対してクイズを仕掛けて驚かせた。その際ドイツ代表選手は自分の姿と睡眠中のチームメートの写真をアップし、いったい誰と同じ部屋にいるか?というクイズを仕掛けたのである。

ドルトムントの大抵のファンにとっては答えは明らかなものだった。いずれにせよ、この日本人がなぜ上半身裸だったのかという疑問が残るが、まあそれも現地の気温を考えれば、そう難しい事でもないだろう。

いずれにせよドルトムントの選手たちはトレーニングキャンプを楽しんでいるようである。それはマルコ・ロイス、イルカイ・ギュンドガン、香川真司の写真以外にも表れている。

20160112193424001.jpeg







以上です。

メディアによって取り上げ方が本当に様々ですね。香川選手はギュンドガンと共に“ひょうきん者”、“おどけ者”と紹介されていました。対象としている読者は、サッカー選手のSNSをチェックしたりするサッカーファンとは違った読者層になるのではないかと思います。

いずれにせよキャンプ中の雰囲気は良いようでなによりですね!
[ 2016/01/12 19:42 ] 香川BVB 15 | TB(-) | CM(27)
普段のロイスはスボもそうだけど
他の選手がやるような車での出待ちのファンサは一切しないんだけどなあw
たまにSNSに画像を上げるだけで、
”彼は非常に忍耐強くファンとの写真撮影に応じ”
になるのか?w
ロイスが人気なのはやっぱり彼のプレーとルックスだと思うw
[ 2016/01/12 19:50 ] [ 編集 ]
┌(┌^o^)┐この日本人がなぜ上半身裸だったのかという疑問が残る
[ 2016/01/12 19:54 ] [ 編集 ]
知らないうちに撮られてた by香川のブログ

やっぱり上半身裸はドイツでも突っ込みあるよねえ
[ 2016/01/12 20:05 ] [ 編集 ]
GJ!!
>この日本人がなぜ上半身裸だったのかという疑問が残るが

wwwwwwwww
[ 2016/01/12 20:14 ] [ 編集 ]
>上半身裸だったのかという疑問が残るが
これはその通りだけど、ギュンもなぜベッドでまでウェアを着てるんだ
[ 2016/01/12 20:16 ] [ 編集 ]
メディアからすらも香川とギュンドアンの関係は、あ……(察し)状態やんけ
[ 2016/01/12 20:18 ] [ 編集 ]
この日本人がなぜ上半身裸だったのかという疑問が残るが… には笑ってしまった。

裸でベッドに入る(寝る)のは欧米では普通のことだと思ってたけど、そうでもないの?
[ 2016/01/12 20:27 ] [ 編集 ]
ギュンドアンのツイートにはバレバレじゃないか!と笑いました
しかし年上の香川よりもシッカリ者の印象だったギュンドアンがこんなお茶目な謎かけをするとは、香川の無防備なネックピロー姿といい、面白かったです。
合宿楽しそうですね

ロイスは意外とマメ男なんですね〜笑
ただでさえイケメンなのに、良い奴ときたらモテまくりでしょう
[ 2016/01/12 20:30 ] [ 編集 ]
下半身は…

失礼しました
[ 2016/01/12 21:01 ] [ 編集 ]
香川wwwwwww裸族だったか
[ 2016/01/12 21:04 ] [ 編集 ]
まあ暑いからドバイは…
と、自分に言い聞かせましたw
キャンプが楽しそうでなによりです!
[ 2016/01/12 21:11 ] [ 編集 ]
裸だけじゃなくて首枕で笑ってしまう…(笑)
[ 2016/01/12 21:51 ] [ 編集 ]
世界中のBL愛好家がニヤけてるのが目に浮かぶ。
[ 2016/01/12 22:02 ] [ 編集 ]
>たまにSNSに画像を上げるだけで、 ”彼は非常に忍耐強くファンとの写真撮影に応じ” になるのか?w


↓これを読んでくださいね。

>なぜなら彼はほぼ毎日ファンとの写真をインスタグラムにアップしているからである。
[ 2016/01/12 23:02 ] [ 編集 ]
ギュンドガンと香川の仲が良すぎてあらぬ疑いをかけられそうになるレベル
[ 2016/01/13 00:57 ] [ 編集 ]
で、なんで裸なんですかね(真顔)
[ 2016/01/13 01:28 ] [ 編集 ]
>>上半身裸だったのかという疑問が残るが
>これはその通りだけど、ギュンもなぜベッドでまでウェアを着てるんだ

ああ、つまりこれは「どのタイミングで撮ったのか」
の問題と言うことで、考えればおのずと答えはでるな

深い意味は無い。
[ 2016/01/13 02:25 ] [ 編集 ]
事後としか思えない写真だもんな
それより最近ロイスと香川が仲良いことが気になる
[ 2016/01/13 07:28 ] [ 編集 ]
ギュンドアンの顔が変わった?と思ったら、ヒゲがない!
香川はなぜ裸にネックピロー!
こんなファンとのやりとりは面白いですね
[ 2016/01/13 09:19 ] [ 編集 ]
どう見ても事後でクッソ笑えるwww
[ 2016/01/13 10:43 ] [ 編集 ]
にやにやしてしまうわこんなん
[ 2016/01/13 11:48 ] [ 編集 ]
ギュンおもしろいなあ、そして表情がいいw
[ 2016/01/13 13:27 ] [ 編集 ]
香川×ギュンドアン本が出てしまう…
[ 2016/01/13 18:00 ] [ 編集 ]
香川×ギュンドアンなのか。通だな
[ 2016/01/13 18:34 ] [ 編集 ]
薄い本が暑くなってしまうな…。
[ 2016/01/13 21:05 ] [ 編集 ]
俺も暑いと寝ながら脱いじゃうわ
[ 2016/01/14 14:05 ] [ 編集 ]
>>この日本人がなぜ上半身裸だったのかという疑問が残る
アッー!
[ 2016/01/17 22:36 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。