ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

BVBテストマッチ!香川ゴールでフランクフルトに4:0勝利!ドイツ紙レビュー《ドイツの反応》

本日行われました今年最初のテストマッチでドルトムントはアイントラハト・フランクフルトと対戦しましたが、後半から出場した香川選手がゴールを決めるなど4:0で勝利しました。

試合後のルーア・ナッハリヒテンの記事を紹介します。






【ルーアナッハリヒテン】


BVBがフランクフルトとのテストで4:0と難なく勝利!

entry_img_811.jpeg


ドゥバイ:ボルシア・ドルトムントは今年初となったテストで成功をおさめた。ブンデスリーガのライバルであるアイントラハト・フランクフルトと対戦し、トーマス・トゥヘル率いるチームはマクトウム・ビン・ラシド・アル・マクトウム・スタジアムの数千人の観客の前で4:0で勝利し、力強い状態を示した。

スポンサーリンク



BVBのプロ選手たちは、火曜日の夜今年初となる試合までに7度のハードなトレーニングをこなしていた。しかし彼らの足には疲れは見られなかった。アイントラハトがアブダビで行ったトレーニング合宿の疲れを残す中、ボルシアは前後半共にプレーする喜びと新鮮さを示した。


“良いエネルギー”

“我々はすでに示してきた事の多くを示すことができたね。”とトゥヘルは、イルカイ・ギュンドガン(39.)、アドリアン・ラモス(48./68.)、香川真司(63.)らのゴールで勝利したチームを評価した。“我々には試合中とても良いエネルギーがあったし、とてもなめらかで、テストも真面目に受け止めていたね。とても満足しているよ。”

トゥヘルはフランクフルトを相手にクインテット(5人)をあきらめなければならなかった。ロマン・ヴァイデンフェラーは前日に瞼を負傷し、エリック・ドゥルムも同様に軽い怪我を負っていた。またヌリ・シャヒン、マルセル・シュメルツァー、そしてズヴェン・ベンダーもまだ試合に出れる状態ではなかった。

201601130621066a2.jpeg


ベンダーはまだ時間がかかる見込み

“マニーの状態は良くはなってきているけどまだ十分ではないね。”とトゥヘルはこのディフェンダーの離脱に対する落胆を隠すことなく語った。ベンダーの負傷はポジティブな事が多い準備トレーニングにおいて“一滴の苦汁”であるようである。

今年初となった90分のテストマッチはポジティブな結果となった。U19のフェリックス・パスラックが左サイドで出場したボルシアは序盤から主導権を握り、素早いテンポでフランクフルトの守備陣のミスを何度も誘った。


前半はかろうじてリード

前半、フランクフルトにとっては、点差がたった1点と、自尊心をくすぐるような結果となったが、非常に力強いミキタリアンにあと2点きめられてもおかしくなかった。またモリッツ・ライトナー、マルコ・ロイス、そしてオバメヤンも良いプレーを示していた。

前半で交代となったライトナーは“残念ながら、イルカイのPK以外ではゴールがありませんでした。”と語ったが、この中盤の選手にとってはゴールがなくても満足に値するできだったろう。彼は前半戦はノーチャンスだったが、今日は非常にやる気があるところを見せ、後半戦でチームの一部となるためにも、チャンスをものにしたい所である。


ズボティッチだけフル出場

後半からは多くのポジションでローテーションを試みた。ズボティッチとギンターだけが残る事となったが、フィールド上の光景は変わることがなかった。ドルトムントは相変わらずプレッシャーをかけ続け、続けて起こったフランクフルトのミスを冷静にものにした。ラモスの2ゴールや、17歳のクリスティアン・プルズィッチのアシストから生まれた香川のゴールも、頭が疲れ切っていたフランクフルト自らによって引き起こされたものだった。

201601130621065e6.jpeg




以上になります。

今年初となった試合、難なく勝ったようで何よりです!夏のテストマッチのときもそうでしたが、勝つとやっぱり良い雰囲気になりますよね。負けても気にする必要はありませんが、後半戦に向けてどんどん自信をつけてもらいたいです。

特に今回は相手がブンデスリーガのチームでしたから調子を見る上では良かったと思います。

香川選手もさっそくゴールを決めたようで良かったですね。後半戦開幕まで後2週間となりましたが楽しみになってきました!
[ 2016/01/13 06:24 ] 香川BVB 15 | TB(-) | CM(10)
ちょっとしか見てないけどギンター真ん中で使ったようですね
真ん中の選手が二人抜けたのでどうするのかと思ってましたが、守備的なポジションならどこでもできる彼が使えるとなると前半戦より選手起用の選択肢がかなり増えることになりますね
シーズン初めにサイドバックでブレイクしたように中盤でもブレイクするといいなって思いが頭をよぎりました
[ 2016/01/13 07:04 ] [ 編集 ]
テストマッチとはいえ、香川選手がゴールして勝つと、自分も元気が出ます(^^)/
ラモスも2点と、幸先の良いスタートがきれて良かったです
二人の十代の選手も良さそうな感じでしたし、香川選手はじめ、みんなよく動いていた印象です

怪我なく後半戦にはいってほしいです
[ 2016/01/13 08:10 ] [ 編集 ]
逆にフランクフルトが心配になりましたね。
疲れを残してしまったのかは判りませんが、降格危機が感じられない出来でした。
[ 2016/01/13 08:52 ] [ 編集 ]
ギンターは元々不足しているSBができるから、DMFが抜けたて不足したとしても代わりにギンターを使うとギンターを酷使しすぎる事になるんじゃないかな。あまり出てないけどズボティッチもCBとしては悪くないので、しばらくはギンターはDMFやCBよりSBがむしろ大事だと思うわ。ドゥルムやベンダーが戻ってくればSBとDMFに一枚ずつ増えるし、パスラックが使えるようになったらギンターもRSBからDMFへ言ってもいいかもしれないけど。
[ 2016/01/13 09:22 ] [ 編集 ]
シュメルツァーが中々完調しない中SBとか補強しないんでしょうかね
[ 2016/01/13 12:40 ] [ 編集 ]
プルシッチ面白いな
またバイグルみたいなすごい若手が出てきそうだ
[ 2016/01/13 15:03 ] [ 編集 ]
ドゥルムまた怪我したし左SBどうにかしないとな
[ 2016/01/13 17:24 ] [ 編集 ]
新人の活躍ぶりは嬉しいですね
ドゥルムとシャヒンもそろそろピッチでみたいです!
[ 2016/01/13 20:55 ] [ 編集 ]
ドバイに駐在してる現地日本人って想像したより多いんだなーと思った。
そして、ちびっこは前半から出てる長谷部にも愛情そそごうぜ
[ 2016/01/13 21:21 ] [ 編集 ]
サイドバックが不足していてもギンター中で使うなら3バックすればいい
[ 2016/01/14 05:40 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。