ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

マインツ武藤「まだまだできます!!」ドイツ紙ビルト特集《ドイツの反応》

本日のビルトよりマインツ関連の記事に武藤選手が取り上げられました。





【ビルト】

マインツで前半戦7ゴールにもかかわらず、

武藤 “僕はもっとたくさんできます!”

entry_img_812.jpeg


“3人分のテーブルを予約したいんですが!”

スポンサーリンク



武藤は彼がすでにどれだけドイツ語を喋れるか証明して見せた。“料理の注文や一人で買い物、それはもう大丈夫ですね。”と日本のストライカーは語る。


しかしインタビューには彼の友人でもある通訳のタカヤマ・ケイを連れてきた。


ドイツと日本の文化の違いは彼にとってはとても難しかったようである。彼はマインツでの半年を振り返って語った。“多くの事柄が違いますね。でも多くの人が助けてくれたので、なにか失敗したかもしれないという疑念をいだくことはなかったですね。マインツへの移籍は完全に正しかったですね!”


17試合で7ゴール4アシスト。この数字には目を見張るものがある。そしてそれにもかかわらず、武藤はまだ満足していない。モットー:まだまだできます!!


“僕はたくさんのチャンスを得ました。”とこのストライカーは最初からレギュラーとなったことに少々驚きながらもこう続けた。“そうですね。何度かゴールを決めましたが自分のパフォーマンスにはまだ満足していません。まだすべての分野で良くならなければなりませんね。”

彼は徐々に我々のサッカーにも慣れてきたようだ。“一対一、素早さ、コンディション、戦術。ここではすでにより多くのものが要求されます。でも監督が僕に要求したことを満たさなくてはなりませんね。日本にいたときと同じように。”


しかし彼はドルトムントのソクラティスとベルリンのラングカンプはあまり思い出したくないようだ。“あの二人が最もハードな対戦相手でしたね。非常に難しかったです。”


そして非常にハードなドイツのディフェンダーを相手にこのテクニックのある選手ができる事は?


“重要なのは、一歩早くボールに達する事ですね。そしてボールを受けたら一対一で離れられるように、対戦相手から素早く離れる事ですね。”


彼はすでにドイツ語でひそかに暴言を吐いたことがあるようだ。なぜなら:“そうですね。いくつかのそういった言葉をチームメートから教わりました。”と彼は笑う。でも日本の礼儀正しさがそれを繰り返し言わせることを禁じているようだ。彼はただ、“ブロシンスキーが良く知ってるんですよ・・”と明らかにした。


となると武藤がまだ経験していないのはカーニバルだけだろうか?


日本人は微笑みながら:“そうですねそれについてはすでに聞いていますよ。楽しみですね。日本ではハロウィーンのパーティーはありますが、このようなカーニバルはありませんね。”






以上になります。

だいたい毎年2月ごろがカーニバルになりますね。マインツも結構有名だったと思いますが、ケルンあたりも有名ですね。なんかいろんな乗り物を作ってパレードし、お菓子を配ったりします。いわゆる断食(肉とお別れ)の前に行われる祭りです。

管理人の同僚でも、その後の断食の期間は禁酒、禁煙をしている人が結構います。長い人では復活祭までの6週間まるまるそうしている人もいますね。

話がそれましたが、武藤選手の発言は頼もしいですね。ソクラティスにやられた事は結構覚えているみたいですが、やっぱり結構ハードですよね、彼のディフェンスは。


【おまけ今日のドイツ】

IMG_5633_convert_20160114055223.jpg

ライプツィッヒにある回転寿司屋。
遅い時間に来店しましたが結構混んでいました。お寿司は人気があるようです。
[ 2016/01/14 06:00 ] 武藤 | TB(-) | CM(5)
武藤ってやっぱ頭良いんだろうなって思う
自分がサッカー選手として限界が来た時にまた大学で何かを学び直して
将来的には違う仕事をすることも考えていそうだ
[ 2016/01/14 06:49 ] [ 編集 ]
自分に求められること、足りないことを
すぐに理解して実行、修正できるから頭良いと思う
[ 2016/01/14 07:59 ] [ 編集 ]
つい最近も、塾高出からの私文進学の分際でその気になれば医学部行けたみたいな発言をしたようで、そうした口の聞き方は鼻につきますね。サッカーに関しても勘違い発言を度々しますよね。本田長友香川のビッグマウスとは違い、自分を鼓舞すると言うより本気で勘違いしているのが伝わってきて性格は好きになれないです。
まあでもサッカー選手なんて多かれ少なかれそれぐらいのメンタルがなければやっていけないのでしょうね
[ 2016/01/14 12:09 ] [ 編集 ]
武藤は本人もそうだけど、身内も地に足がついてる感じはする。
学歴からマスコミの方がそわそわしてて勝手にシナリオを描いてる
から大変だなーとは思うけど、そういう周囲の思惑に逆にNoと言える
人脈があるのも強みでもあるよね。

シティ、アーセナルのブランド価値の方が将来性が有りそうなのに
マスコミは時代遅れになったブランドをありがたがって
2シーズン遅れのファッションを武藤に定価で買わそうとするような
真似をしてるのはなんとかならんのか
[ 2016/01/14 14:37 ] [ 編集 ]
武藤嘉紀は芸能人では小島瑠璃子(こじるり)に雰囲気が似ている気がする。
爽やかーな感じが。でもたまにはワルい武藤も見たい。悪質なファールとかじゃなくトークで。
[ 2016/01/16 07:40 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。