ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドイツ紙「香川とギュンドガンは楽しそう!」歌う香川がドイツでも話題に!《ドイツの反応》


先日、当ブログでギュンドガンのクイズに関する記事を紹介しましたが、今回は別な記事になります。ドイツスポーツ専門チャンネルSport1の記事になります。






ボルシア・ドルトムント

同部屋のイルカイ・ギュンドガンと香川真司が楽しそう!


entry_img_813.jpeg

ギュンドガンと香川はひょうきん者!


スポンサーリンク



ドゥバイで行われているトレーニング合宿で香川真司とイルカイ・ギュンドガンは一つの部屋を分かち合っている。この二人のBVBスターが、二人の共同生活に関して言えば非常に楽しそうな一面を見せた。そして、どちらがバスルームでより長い時間を過ごしますか、という質問に対しては、二人の意見は異なるようである。

20160114194919501.jpeg


ギュンドガンの意見ではルームメートの日本人のほうが、体の手入れや髪の手入れなど、バスルームで過ごす時間が明らかに長いという事であるが、これには香川は賛成できないようである。


※動画は以下のリンクでご覧ください
ギュンドガン・ツイッター


このミッドフィルダーはギュンドガンがいつもバスルームで特別な歌を歌っているという事を暴露した。“僕はいつもシンジのそばにいたい!!”というのが彼が歌っていた内容らしい。最終的には二人とも大爆笑だった。

20160114194920352.jpeg


実際、二人のうちどちらが本当の事を言っているのかはわからないままだった。しかし一つの事ははっきりしている。彼らはトレーニングキャンプを楽しんでいるようだ。








以上です。

このビデオはBVBトタールで作成されたビデオなので有料会員向けとなっています。公開されているのはほんの一部ですね。内容は今回の記事のように、黄色と黒に分かれて背中合わせに座る二人のルームメートに対して、「バスルームで過ごす時間が長いのはどちらか?」のような質問をし、二人が手持ちの黄色と黒のラケットで答えるというもののようですね。自分だと思ったら自分のシャツの色、相手だと思ったら相手の色といった具合です。

企画としては部屋ごと(香川ギュンドガン対ロイス・カストロ対シャヒン・シュメルツァー)の対決となっているようなので、二人の意見が一致したらポイントが加算される仕組みではないかと思います。

この記事の質問では見事に答えが分かれたようですね。

BVBトタール、ちょっと見てみたいなと思わせるビデオでしたが・・・迷いますね。
[ 2016/01/14 19:57 ] 香川BVB 15 | TB(-) | CM(29)
えーなんというか..はい。
[ 2016/01/14 20:11 ] [ 編集 ]
疑惑が深まる
[ 2016/01/14 20:20 ] [ 編集 ]
新事実。香川選手はサッカーだけじゃなく歌もうまい。そして長風呂。
新事実2。ギュンドアン選手は香川といたい・・・じゃあ移籍するんじゃないよ、と。

いや~ピッチ外でも安定の中盤コンビですね。面白い記事でした。ありがとうございました
開幕前とあって、選手たちの試合外の顔が見れて興味深いです。成績が好調だとつい風呂で歌いたくなるんでしょうか?笑
[ 2016/01/14 20:31 ] [ 編集 ]
あの有料サイトはドイツ語しか見当たらないので
申し込み方がわからないまま今に至っています。
どなたか教えていただけませんか?w
[ 2016/01/14 20:37 ] [ 編集 ]
>どちらがバスルームでよりで長い時間を過ごしますか、という質問に対しては、二人の意見は異なるようである。

一緒に入ればわかるんじゃないですかね(提案)
[ 2016/01/14 21:08 ] [ 編集 ]
シャヒシュメ組は良い感じの落ち着きだね。
[ 2016/01/14 21:12 ] [ 編集 ]
一緒に入ったらもっと長くなるんだろうな
[ 2016/01/14 21:35 ] [ 編集 ]
何回も繰り返し見てしまいます!
香川選手の素の姿⁈が見れて嬉しいです
ロイス、シャヒンなどのも
フルで見たいと思いtotal開きましたがドイツ語であきらめました😂
[ 2016/01/14 21:56 ] [ 編集 ]
広報が優秀なのか、有料サイトでも素直に申し込みたいと思わせる。
上手い見せ方だなあ。
[ 2016/01/14 22:00 ] [ 編集 ]
BVB total! は、監督と個別選手のインタビューが観れて嬉しいのですけど、ドイツ語が理解できないのが悲しいっす。
雰囲気と一部単語から妄想して楽しんでますけどね・・・。

BVB total! への登録は、うろ覚えですが「Login oder Registrieren」から「Registrieren」を選択し、順に * のついた必須項目を入力するだけでしたよ。
各項目内容は、注文入力解説サイトのドイツ語用を探して参考にしながら入力しました。

当然ですけど、決済はクレジットカードのみの VISA か Master Card です。

Telekom 契約でも見れるようですが、そちらは全く判りません・・・。
[ 2016/01/14 22:22 ] [ 編集 ]
ドイツ語だから、ポチッと申し込みしてしまいそうな所を我慢できるかな
字幕とかあればポチッとみてしまいそう
[ 2016/01/14 22:23 ] [ 編集 ]
これ他の選手も同じ質問なの?
[ 2016/01/14 22:27 ] [ 編集 ]
>“僕はいつもシンジのそばにいたい!!”というのが彼が歌っていた内容らしい。
こっ、これは…!
しれっとまるっと真面目に 愛の告白 でわないのですかっ?!
[ 2016/01/14 22:35 ] [ 編集 ]
日本語字幕版があれば有料でも見たかったなー。みんなリラックスしててとても新鮮な映像だった
[ 2016/01/14 22:47 ] [ 編集 ]
楽しかったです〜〜
[ 2016/01/14 23:16 ] [ 編集 ]
ロイスとカストロは不仲みたいなスレをよく某板で見ていましたが、憶測でしたね。仲良さげな二人を見れて良かったです。
[ 2016/01/14 23:28 ] [ 編集 ]
日本人から長風呂を取り上げないでくれ〜

しかし仲良しですね!漫才コンビのように息ぴったり。
関西人気質とドイツ人、トルコ人気質は融和性が高かった?
[ 2016/01/14 23:31 ] [ 編集 ]
ドイツ語分かりませんが、契約してます!
ドイツ語分かりませんが、とても良い雰囲気が伝わる動画になっていましたー(笑)
[ 2016/01/14 23:38 ] [ 編集 ]
この動画話題になってるね。
でもぐぐってもソースが分からんかったから、このサイト知ってて良かった^^
質の高い情報いつも有難うございますm(__)m
[ 2016/01/14 23:40 ] [ 編集 ]
この2人は普段から英語で会話してるのでしょうか?とても微笑ましいですね。
スムーズにコミュニケーションが取れているところを見ると、変な感想ですが安心しました(笑) こういった面もプレミアリーグ挑戦がもたらしたものかなと思います!
[ 2016/01/14 23:44 ] [ 編集 ]
とても楽しい情報でした。ありがとう!
[ 2016/01/15 05:44 ] [ 編集 ]
三組が背中合わせに座るのですが香川とギュンだけが背中がピタッとくっついてるんですよ。この距離感が心の距離感だと思いましたね。
[ 2016/01/15 07:24 ] [ 編集 ]
真司は行ってしまうんでしょう?
[ 2016/01/15 08:30 ] [ 編集 ]
アッー!
[ 2016/01/15 11:00 ] [ 編集 ]
"I want to stay with Shinji〜" he always say Please stop joke hahaha
みたいな流れ
[ 2016/01/15 16:16 ] [ 編集 ]
ギュンドアンの歌はサム・スミスの替え歌かw
[ 2016/01/15 16:31 ] [ 編集 ]
リクエスト
www.youtube.com/watch?v=SIOROoiwjXg
動画見つけた

管理人さん、暇があれば頼んます<(_ _)>
[ 2016/01/16 03:40 ] [ 編集 ]
BVB total! への登録の仕方
教えて下さった方、ありがとうございました。
やってみます!
[ 2016/01/20 07:57 ] [ 編集 ]
こりゃ後半戦も大丈夫だな~
ナイスコンビ♪
[ 2016/01/23 20:26 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。