ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

BVBトゥヘル、マインツから教え子マリの獲得を狙う!!ビルト移籍情報《ドイツの反応》

本日のビルトよりドルトムント関連の記事になります。





【ビルト】

トゥヘルがマインツのマリを狙う!


移籍金は一体いくらになるだろうか?ほかには誰が狙っているのだろうか?

entry_img_814.jpeg


彼は彼のお気に入りの生徒であるマリをBVBに連れてくるのだろうか?

スポンサーリンク



ビルトの情報によるとドルトムントの監督トーマス・トゥヘルはマインツのプレーメーカーであるユヌス・マリの獲得を熱望しているようだ。このトルコ代表の選手はできれば冬にでもBVBへの移籍が求められているらしい。


トゥヘルがマインツのマリ獲得を熱望!

力強い前半戦(8ゴール、1アシスト)の後で、イングランドのクラブやBVBのライバルであるシャルケまでもがマリに注目している。彼らの補強候補にはすでに長い間彼の名前があがっているようだ。しかしそれは今のところ夏を見据えてのところのようだ。


ドルトムントの切り札は、選手とトゥヘル監督の密接な関係にあるようだ。マリが2011年にグラートバッハのユースから移籍してきてから、トゥヘルが彼をブンデスリーガでデビューさせている。そして今、このドルトムントの監督は最もお気に入りな生徒を連れてきたがっている。


ホーフマンとヤヌザイの移籍の後でトゥヘルは攻撃陣を補強しなければならない。それに関する噂としてはコリンチャンズのブラジル人マルコムの名前が挙げられていた。そして今度はマリである。


20160115061929ec5.jpeg

マインツは彼らのプレーメーカーの移籍に賛成するだろうか?マネージャーのハイデルはビルトに対し、”良い契約をしている良い選手だ。現段階では2月1日に彼がマインツにいないことを考えるのは難しいね。”と語っている。



それで冬の移籍市場は閉じてしまうので、それまでにすべてにおいて話が詰められなければならない。マインツが要求する移籍金の最低金額は1500万ユーロとみられている。



マリをめぐるポーカーが始まった!!






以上です。
武藤選手と共にマインツで活躍しているマリですが、ドルトムント移籍はあるのでしょうか?

確かにマリの前半戦の数字は素晴らしいですが、冬の移籍は即戦力という意味合いが強いですのでマインツではなくてもう少し別なところから補強したほうが良いのではないだろうか・・という気持ちも起こります。




【おまけ今日は博多】


2016011506275793c.jpeg

年末年始を日本で過ごしてドイツに戻ってきた知人友人の写真を目にする事の多い最近。
日本が恋しくなってきました。取り敢えず博多で食べただるまのラーメンを思い出して気を紛らせる管理人。
[ 2016/01/15 06:22 ] トゥッヘル15 | TB(-) | CM(20)
ギュンドアン移籍するんでしょうかね?なんかトルコ航空がドルのスポンサーになってるからそれ系なのかな?と。
ライトナーと交換する予定ですかね?と思ってツイッターとか検索したらスパーズも興味持ってるからマインツは高く売る事を考えてるみたいですね。
つか取るならさっさと取っていれば合宿につれていけたのに
[ 2016/01/15 06:43 ] [ 編集 ]
マリも良いんだけど、ドルは3列目とSBをだな・・・
ドゥルムは回復の目途がたってるんだろうか?
こうなりゃもうギンター覚醒を祈っておきます。
[ 2016/01/15 07:49 ] [ 編集 ]
SBは新しく2部から上がってきたパスラック選手を使うつもりなんじゃなかろうか?
テストマッチでもその使い方だったし。
今までの彼のポジションじゃなかったから左SBに対応出来るかっていう問題はあるけども、
両ウイングと右SBが出来る選手だから左のSBも出来るだろう。
3列目はどうだろう……シャヒンがそろそろって噂をずっと聞いてるけども、いつ頃復帰するんだろうねぇ。
[ 2016/01/15 08:12 ] [ 編集 ]
マインツが簡単に出さないと思う。
[ 2016/01/15 08:22 ] [ 編集 ]
夏の移籍はあるかもしれませんね。この冬はまだ早いでしょう。マインツもまだ出せないはずだし。それにトゥヘルの愛弟子だとしてもマインツからドルとなるとフィットするには時間も掛かると思うし冬の移籍はリスキーですよ。
特に攻撃陣のクォリティーはバイエルンにも見劣りしないので主力が移籍しない限り難しい挑戦ですよね。
[ 2016/01/15 08:27 ] [ 編集 ]
香川とポジション被るのかな?
[ 2016/01/15 10:38 ] [ 編集 ]
マリは自己中で持ちすぎるところがあるから、上手くいくとは思えないけどなあ。
素人目には過大評価に観える。
[ 2016/01/15 14:47 ] [ 編集 ]
今ブンデス公式がポジション別の投票をやってて、ドルが香川のだけ英語版をツイートしてて、ドイツ語版をリツイートしてない理由が腑に落ちたわ。
他の選手は両方ツイートで香川のだけ英語版と香川のニュース画像でごまかしてるなー、投票してはほしくなさそうなのはなぜかな、と思ってたんですよね。
突っ込んだら、忘れててーとかテンプレ回答が返ってくるでしょうが
 
別のブログで香川のトランスファーマーケットが記事になってて、今後移籍するかもしれないからもしもの為に安くていい派がいましたが契約を残してるから、プランBの準備としてしばらく安いほうがいいでしょうね。

実力云々よりマリはたしかトルコ代表を選んでるので、トルコ航空の後ろ盾がつくでしょうし、無理な移籍をやるときは、出場契約がついくるので、カンプルにCL出場契約ついてた
みたいに、ELでれないかもしれませんね。
CLチームからすると、ELはサブが出てくるトーナメントですが、CLでてくるチームのポルトなのでもったいない

後半はチームプレーより今後の為にマンチェスターに移籍したいと思ってた時のように
とにかく数字を狙っておいた方がいいかもしれませんね
[ 2016/01/15 15:43 ] [ 編集 ]
うん同考えても必要なのはDFだよね
[ 2016/01/15 16:48 ] [ 編集 ]
いまドルに必要なのはCB・SB・CHとついでにGKだろう。マッリはトゥヘルの元ではク以下の序列でそこまで評価していたとは思えない。巧い選手だけど球離れはあまり良くないしドルのサッカーに合うかは疑問。
[ 2016/01/15 17:23 ] [ 編集 ]
マインツからか、パクの件もあるからフィットするかな?
[ 2016/01/15 19:37 ] [ 編集 ]
今ドルトムントは
CLやELを戦っていくうえで
主力選手が酷使されすぎてるからな
マリを入れるのは妥当なんじゃね
来季CLに出れても
今みたいにリーグ戦だけでオバメヤンが出場時間≒リーグ戦総試合時間だと
そのうち故障する
[ 2016/01/15 21:48 ] [ 編集 ]
いや、もうマインツ産はいらない。
トゥヘルのゴリ押しで本来のドルトムントが無くなって欲しくない。
パクが良い例。そのうちク・ジャチョルとか岡崎辺りも取るんじゃないかとヒヤヒヤしてるしトゥヘルに去年末から不信感が少しづつ出てきてる。
[ 2016/01/15 22:30 ] [ 編集 ]
私が補強してほしいのはLSB
FWやAMFではない
[ 2016/01/16 00:08 ] [ 編集 ]
なんか劣化ムヒなイメージなんだが大丈夫か・・・?
[ 2016/01/16 04:49 ] [ 編集 ]
>マリを入れるのは妥当なんじゃね
いや、トゥヘルがマインツ監督の時にマリがこねまくるのを矯正せずにそのまま使ってたのを見ると
多分移籍してきても合わないと思うな。
劣化ムヒどころか劣化インモービレになる予感しかない。
[ 2016/01/16 06:13 ] [ 編集 ]
マリはドルトムントには合わない可能性が大だ。
[ 2016/01/16 13:17 ] [ 編集 ]
マリは殆ど守備をしない。
武藤がその分カバーしていると云う現実。
守備の意識を変えられなければ、ドルではゴミと同じ。
マインツでの動きを見る限りでは王様タイプだと。
今のマリではドルトムントには不要だと思う。
[ 2016/01/16 13:23 ] [ 編集 ]
トップ下は香川、カストロ、シャヒンでスタメン級が3人もいるからいらないでしょ笑
センターバックも控えにスボいるし、とるならウィングでしょ!
[ 2016/01/16 23:55 ] [ 編集 ]
a
マインツ時代を考えると、トゥヘルはこねる選手については、意外とそのまま使うよね。
[ 2016/01/17 14:25 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。