ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

《ドイツの反応》 香川 対ハンブルク敗戦も及第点! ドルトムント全選手採点と寸評

残念ながら今日も負けてしまいました・・・。

今日は観ていて非常にもどかしい試合でしたね。なんだか、ちょっとストレスが溜まる試合でした。

香川選手は試合に積極的に関わろうとしていましたね。地元紙の採点でもその辺は評価されていたようなので、他の選手の採点、寸評と合わせて紹介したいと思います。

写真はルールナハリヒテンより引用



20141005034535949.jpg

レヴィーア・スポーツより ()内はユーザー評価

ヴァイデンフェラー 3.0 (3.3)

前半はそんなに多くすることがなかった。休憩の前のミュラーに対する場面など、必要とあらば非常に力強かった。コーナーの場面も確実に前に飛び出す。失点の場面ではノーチャンスだった。ヴェスターマンのヘディングに対しては素晴らしい守備


フンメルス 5.0 (4.8)

序盤はとても神経質。彼のボールは非常に不確かだった。30分が過ぎたあたりから徐々に良くなり、ミュラーへのボールを防いだ。後半はより前に上がって重圧をかけようとしたが、いつもの様に様になってはいなかった。68分のヘディングは惜しくもHSVのゴールの横を通り過ぎた。


ドゥルム 4.0 (4.3)

今回は右側での先発。順応するのに問題はなく、前へ行く役割をこなした。にも関わらず、HSVはいつも彼のサイドから攻撃をしかけた。失点の場面では、ミュラーは彼には早すぎたが、失敗は明らかにラモスのものだった。


ソクラテス 5.0 (4.3)

前半は常にミスを続けた。パスにも時間をかけすぎた。一対一の場面では本当に良くやっていた。後半はほとんどハンブルクの陣営でプレーしてたため、守備面においては、ほとんどすることがなかった。


シュメルツァー 4.0 (4.7)

左サイドで献身的なプレー。何度も前に突進したが、クロスの質は悪かった。


香川真司 3.5 (2.7)

彼は中盤での良いモーターだった。彼がボールを持ったら、上手くボールを散らすか、スルーパスをした。しかしながら、BVBの攻撃陣はあまりにも危険性が少なく、彼も仲間から良いボールをもらうことが少なかった。



ヨイッチ 4.0 (4.0)

後半から出場し、攻撃に良いアクセントを与えた。しかし彼のパスもラモスを活かすことはできなかった。


ケール 4.0 (3.3)

落ち着いて、守備面でボールをクリアしていた。しかしながら33分のようにそれが揺らぐ場面もあった。


ベンダー 3.5 (3.3)

ケールの隣で力強いプレー。中盤のスペースを潰し、彼のそばを通り過ぎる対戦相手はいなかった。少々おどろくべきことに、前半で交代。おそらく怪我だとおもわれる。


グロースクロイツ 5.0 (5.0)

彼はいつものように走ったが、今回は彼の周りでは何も起こらなかった。相手二人を抜き去り、24分に良いシュートを試みたが、ボールはそれてしまった。彼の75分での交代は驚くべきことではなかった。


ラモス 6.0 (5.0)

完全に欠陥!!(訳注:完全に故障とも訳せる)。彼へのパスもほとんど役に立たなかった。なぜなら彼がほとんどボールを扱えなかったからだ。彼が90分もプレーしたのはおかしなことだ。すべてのボールでつまづき、失点の場面で大きなミスをした。

オバメヤン 5.0 (4.7)

彼の素早さを証明することはほとんどできなかった。右側からの攻撃は特に前半、殆どなかった。クロスも殆ど見られなかった。


スポンサーリンク



ルール・ナッハリヒテン
20141005034750a62.jpg

ヴァイデンフェラー 2.0

失点の場面では為す術がなかった。それ以外は非常に確実な支え。ミュラーによる決定的な場面を2度防ぎ、コーナーの場面でもパンチングではじき返した。ヴェスターマンに対しては輝かしい守備を見せた。サッカーにおいて批判に値する場面は何もなかった。


ドゥルム 5.0

今回は右サイドとしてほとんど見せ場がなかった。ハンブルクのヤンセンの方が彼よりも良かった。22分のように一度クリアした場面もまた危ない状況にしてしまった。この様なことはここ最近BVBでよく起こっている。0:1の場面ではミューラーに走り負け、レッドカードをもらうところだった。45分のホルトビーに対しては重要な守りをしたが、66分の壊滅的なパスミスをしたが失点にはいたらなかった。67分の交代は避けては通れなかった。


ソクラテス 3.5

ラソッガとのレスリング対決においてはいつも勝者だった。早い段階でイエローをもらった。後ろから右へ左へと良くボールを移動させた。

フンメルス 4.5

12分にミュラーを捉えられなかった時、彼は良くなさそうだった。その後はいくらか確かなものになったが、失点を防ぐことはできなかった。HSVはラソッガをほぼマンツーマンでつけることによって、攻撃の起点を潰し、それによるパスミスを引き起こした。


シュメルツァー 4.5

最初のシュートは防がれ、20メートルからのフリーキックは大きくそれた。そして再び防がれた。期待はずれなシュート。そうでなければ、ゴールに入っていたかもしれない。良いクロスが72分にラモスへ。しかし全体的には不幸な出来。


ベンダー 3.5

誰よりもよく走り、一対一にも強かった。期待されたよりもより守備的に働かなければならなかった。しかし試合を支配することはできなかった。打ち身で前半で交代。


オバメヤン 4.0

序盤ではやる気が無い印象。しかしボールをもらうこともできなかった。右から左にポジションを変えても彼の助けにはならなかった。最初のシュートは76分。87分のボレーシュートでようやく奮起した。


香川真司 3.0

狭いスペースでの素晴らしいターン。ラモスへのパスではわずかに何かが欠けていた。プレーを楽しんでいるように感じられた。フィールドを縦横無尽に駆けまわり、使えそうなパスを出した。成功はしなかったが(訳注:チームは負けたが)良い出来だった。


グロースクロイツ 4.0

彼は少なくともシュートを信じて打った。しかし他の同僚とほぼ同じように粗野なHSVのデフェンスに跳ね返された。ボルシアにとっても彼にとってもうまく行かなかった。60分で彼はへとへとになった。


ラモス 4.5

本来ならば良いテクニックを持っているだけに、カウンターの起点となったことは、より頭に来る。彼の素人っぽいパスによって相手が先制することになった。シャルケ戦と同様にチームを危険にさらした。ヘッディングのチャンスも活かすことなく、とても弱々しい出来。


ヨイッチ 4.0

73分のシュートなど時々勢いをもたらしたが、70分の場面など間違いを引き起こすポテンシャルを見せた。





管理人はサッカーは素人ですので、プレーに関する意見は控えようと思っていましたが、今日のラモスは残念でしたね。インモビレの方により可能性を感じます。ソクラテスなどからのロングボールもレヴァンドフスキ-のように素晴らしくボールを受けられる選手がいないと、相手に奪われてしまうだけなのでやらないほうがいいと思うのですが、中々うまくいかないものですね。

こうした中でも奮闘した香川選手、評価もヴァイデンフェラーと二人合格点で、敗戦ながらも少しだけ明るい材料でしたね。代表ではくれぐれも怪我しないでほしいです。

明日は岡崎選手が試合に出ると観られています。活躍に期待します!

ツイッター https://twitter.com/ichliebefussbal
[ 2014/10/05 05:31 ] 香川 | TB(-) | CM(31)
No title
ドゥルム、ヨイッチ、この二人はずっと何もいいところがない
[ 2014/10/05 05:56 ] [ 編集 ]
No title
いつも、ありがとう御座います。
更新のされる度に、嬉しいです。
[ 2014/10/05 06:01 ] [ 編集 ]
No title
お、今日は早い時間ですね
ラモスとかオバメみたいな真っ直ぐなタイプとはなかなか合いませんね
ユナイテッド時代を思い出します
しかし信頼してボールをくれるってのが昨年とは大きく違います

本当にW杯以外の国際試合よりチームの方が面白いし大事なので、怪我だけはないようにして欲しいですね
今回はブラジル戦があるので招集も納得ですが、個人的にはアジア杯は国内組とうまく行ってない海外組で臨んで欲しいです
十分戦力としてはやれますし、若手にチャンスと経験を与えるのは非常によいことです
優勝後のコンフェデはたしかに価値がありますが、コンフェデに出て香川はモイーズから干され1年を棒に振り、出てないドイツがW杯優勝しましたしね
[ 2014/10/05 06:14 ] [ 編集 ]
No title
クロップの就任以来今が一番悪いかもしれませんね。怪我組が復帰してくるAマッチデー開けまでなんとかしのいで欲しいと思っていましたが、完敗でした。
HSVの新監督には今のこちらにプレスを外せるメンツがほぼいないのがバレていましたね。
さらにコンディションが上がらないDFとCH、ローテーションできず週2の連戦で積もった疲弊。その中でフィジカルにまかせプレスをかけられつづけ屈した試合だと思います。
実際この試合唯一プレスがまともに外せ、窒息状態のチームにスペースを提供できていたのは香川だけ。
自分たちの代名詞ともいえる戦略でハメられて、わかっていても手駒がない、対処のしようがない。見ていて苦しい試合でした。

チーロは移籍金のせいで厳しめに見られ、少なくないサポーターから批判されていますが、私も可能性は感じますね。利他的な動きもできる万能型のFWに見えます。エースになる素質は充分あると思います。何よりBVBに来たくて来てくれた選手。私にとっては楽しみな選手です。
[ 2014/10/05 07:03 ] [ 編集 ]
ラモスはなんでこれ決めれる?という難しいゴールが多く、一回歯車が狂うと今日みたいな事になる。今日は上手く立ち回れなかったけど、ここで叩くのは間違え、上手く起用すればどんどん伸びると思う。今はまだクロップが調子を見極めてあげないと!自信をなくしてしまわないように。
[ 2014/10/05 08:14 ] [ 編集 ]
速報で翻訳ありがとう!

いやはや、真司だけだった。怪我人メンバーも、ボチボチ責任を感じてるでしょうね。『遅いか』
[ 2014/10/05 08:20 ] [ 編集 ]
No title
後ろに一人でもボールを出せる選手が欲しいですね。
終盤香川が下がって(時には最終ラインまで!)ボールを捌いていましたが、前に香川がいないから出せる場所がないという矛盾。
前にいてもいいパス交換ができないし、後ろにいても縦ポン起点になるだけ。
本当に人がいませんね。
[ 2014/10/05 08:26 ] [ 編集 ]
No title
今日もありがとうございます!
すごく苦しい時期だけど、ユナイテッドにいるときより、ドルトムントでは何故か前向きに希望が持てるので、まだまだこれからに期待したいです。
[ 2014/10/05 08:36 ] [ 編集 ]
No title
クロップと香川の写真…泣ける…
いくら頑張っても評価されないマンu時代を思うと言葉に詰まるわ
[ 2014/10/05 08:51 ] [ 編集 ]
いつも、地元紙の翻訳などありがとうございます。他では読めない情報なので毎日朝と晩に読むのを楽しみにしています。
昨日の試合は、本当に歯がゆかったですね。故障中の選手達が戻って来るのを期待して待つしかありません。
[ 2014/10/05 09:37 ] [ 編集 ]
No title
いつも翻訳有難うございます。
現メンバーの負担があまりに大きすぎるので、代表ウィークがあって逆に助かったかもしれませんね。

今後の巻き返しに期待したいです。
[ 2014/10/05 10:30 ] [ 編集 ]
No title
元々、サイドバックから逃げる、仕事から逃げる
ボランチの位置取りがおかしい。

こんなのクロップは修正できないのかね。
コンセプトだとしたら、それ自体間違ってる。

あとオーバメヤンと香川の高さを逆にしたほうがいい。 オバメのプレスは無駄が多い。GKや4列目にプレスしてもロングボールで交わされる。
 香川みたく4、3列目にじわじわプレッシャーかけたほうが、ショートパス後の中盤でボール取れる。
取るのはオーバメヤンがやったほうがいい。
[ 2014/10/05 10:58 ] [ 編集 ]
No title
今日もお疲れ様です!本当にイライラする試合でした。
引いた相手にはインモービレワントップの方がいいでしょうね。イタリア仕込みというかディフェンシブの相手に慣れていますから。ラモスだと裏への意識が低すぎますし残念ながら足元の技術が足りない。そしてあの不用意なパスミス、何とかならんのでしょうか。何度繰り返せばよいのか・・・。ちょっとがっかりです。

ケールの怪我がひどくなっていなければよいですが・・・そしてフンメルスはフィットネスレベルが上がってきている感じがありましたので朗報です。
代表ウィーク明けは、ロイスとミキタリアン戻って来れるのでしょうか?
再来週を楽しみしたいと思います。
[ 2014/10/05 11:01 ] [ 編集 ]
No title
今日は結果が負けで残念。でも、香川選手の動きは飛び抜けて安定してましたね。
[ 2014/10/05 11:09 ] [ 編集 ]
いつもお世話になっております
色々な翻訳ブログみてきましたが、ここが一番面白いです。ニュアンスや注釈を説明して頂けることで、日本にいながら現地の空気を感じられることにとても感謝しています。
私は今まであまりドイツという国に馴染みがなかったのですが、このブログを通して彼等の独特な価値観、そして文化に感心を持つようになりした。

次の更新も楽しみにしています。
[ 2014/10/05 12:33 ] [ 編集 ]
ラモスの6ってなんだよw
[ 2014/10/05 12:43 ] [ 編集 ]
No title
負けてもそれなりに評価するブンデス・・・
ロイギュンムヒはよ帰ってきて~
[ 2014/10/05 13:03 ] [ 編集 ]
No title
タッチ集でもストレス溜まったぐらいだから相当だったんだろな。
[ 2014/10/05 13:47 ] [ 編集 ]
No title
こう毎回相手にゴールを献上していると勝てるものも勝てないですね
それさえ改善すればだいぶ違うと思うんですが。
後半になるにつれて香川さんがどんどん下がっていって最後にはDFまでやってるのを見て痛々しかったです。
[ 2014/10/05 14:19 ] [ 編集 ]
No title
今日のラモスは良くなかった。
が、ブンデス慣れしてるのもあって、まだインモービレよりラモスの方が総合的にはリードしてると思う。インモービレはもう少し上手くポストやパス出しの精度を上げたら文句無し。
何にせよ、どちらかがストライカーとして冬前には覚醒してもらわんと厳しい。
[ 2014/10/05 15:00 ] [ 編集 ]
No title
相手に引かれるとラモスとかオーバメヤンは途端に死ぬからね。
そうなると狭いスペースでもテックニックが使えるムヒタリアンが欲しいね。
ラモスとオーバメヤンは相手がどんどん来てくれるCLのアウェイ用だわ。
ブンデスではドルトムント攻略法が浸透してきててバイエルン以外のチームはアウェイでも平気で引いてくるからね。
[ 2014/10/05 15:25 ] [ 編集 ]
No title
こんにちは。いつも楽しく読んでおります。

Yahooで香川選手の記事を読んでいたら、SOCCER KINGの記事で
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141005-00238853-soccerk-socc
>ルール地域の地元紙『デア・ヴェステン』は試合後の採点で、ドルトムントの選手としては下から2番目となる「4.5」を香川につけた、

とあるのですが、このデア・ヴェステンはレヴィーア地方では一般的に読まれている新聞なのでしょうか?
[ 2014/10/05 15:56 ] [ 編集 ]
香川が完全にDHだっていう前提での評価かな〜
その辺、ヨイッチが勝手にSHやり始めたり、ベンダーが負傷したり、全部背負ったことを、ドイツでも理解されてないかもな。香川は前線だっちゅーねんていいたい。フンメルスも見兼ねて前線近いプレーしてたし、フンメルスの評価もされてないとこがあるな。
ラモスの点献上は、もう許せないレベルだし、ヨイッチのポジショニングの悪さも許せないレベルなんだけど、それをかばう香川やフンメルスは、ただのお人よし扱いだよな。
[ 2014/10/05 16:07 ] [ 編集 ]
日本だと、あちこちで孤軍奮闘と表現されているように、自分がなんとかしなければと必死にプレーしていたというのが大方の見方かと思いますが、ドイツにはプレーを楽しんでいるように見えた人もいるんですね。必死な真剣勝負に感じる高度な楽しさというのもわかるんですが、それともちょっと違う状況だったような…
[ 2014/10/05 16:49 ] [ 編集 ]
むしろ、現在のチーム状況から香川が8番の仕事も同時にやってることを、ほとんどのドイツメディアは理解して評価してくれてるだろ
そこがイングランドメディアとは大きく違う
ゴールに直結した仕事だけやってりゃいい状況じゃないわ

あんなに頻繁に、しかも簡単に、致命的なパスミスされて慌てて戻らなきゃならないDFが、とにかく気の毒
もっと鳥かごの練習をして欲しいわ
特にラモス、オバメ、ヨイッチ、ドゥルムは
[ 2014/10/05 16:50 ] [ 編集 ]
評価がフンメルスの方がヨイッチよりも低い。これが許し難いんだよね。
フンメルスに対する期待度はわかるが、中盤放棄して変なドリブルでロストしたりと、ヨイッチの乱行も響いた。

たしかに、オバメやラモスのパスミスの酷さが、どうしようもないレベルでDFを疲れさせたが、ヨイッチのポジショニングのおかしさを、なんでドイツメディアは指摘せずに、よい刺激とか、間違いのポテンシャルとかの評価なんだ、というとこに、疑問なんだ。
ポジショニングがもう、間違いだろと。
[ 2014/10/05 17:18 ] [ 編集 ]
No title
11億円の移籍金を払ってラモスと年俸4億円で4年契約したことは失敗だったかもしれない。
あくまでサブとして起用するなら理解できるが、ドルトムントのサブとしては年俸が高い。
彼の28歳という年齢を考慮すると、1年として耐えられないパフォーマンスである。
[ 2014/10/05 17:51 ] [ 編集 ]
No title
香川があと2人いたら勝てたw
[ 2014/10/05 18:11 ] [ 編集 ]
No title
管理人さんおつかれさまです。
僕もサッカー素人なので、管理人さんがサッカーあまり詳しくないと
素直に仰ってくれてるので
詳しい方がコメントに書き込んでくれてそれがすごく楽しくて助かります。
良いブログってのはこういうことをいうんですね。
これからも楽しみにしてます。
[ 2014/10/05 18:37 ] [ 編集 ]
翻訳お疲れ様です。
香川の成長が見られた試合だった。ルーニー・スコールズ辺りから色々学んだのだろう。
1年以上試合出てないギュンドアンがすぐに使える状態になるとは思えないし、ボランチが万全の状態になるまでは、このまま香川を下がり目で使うしかなさそう。FWがミス連発じゃ意味ないけどもさ・・・。
それと、ヨイッチはパス下手だし、ポジション放棄して迷子になっちゃうし、いちいち判断遅いし、全く先発で出れるレベルじゃないんだけどなんか憎めないよね。無駄に動き回ってるからスゲェ頑張ってるように見える。
ゲイ好みの可愛い顔してるし❤
[ 2014/10/05 21:53 ] [ 編集 ]
管理人さん、いつも楽しみに読ませて頂いてます。
[ 2014/10/06 15:45 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。