ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

BVBヴァイグル!ドルトムントに忠誠を誓う!マンチェスターCが興味。ドイツ紙《ドイツの反応》

本日のビルトよりドルトムント関連の記事になります。今日はヴァイグルです。





【ビルト】

ユリアン・ヴァイグル

マンチェスターシティからの興味にも関わらず

entry_img_824.jpeg


このスーパーボーイの忠誠の誓い!



スポンサーリンク



このスーパーボーイはドルトムントにキスしたくなるぐらい好きだ。(注:ムントは口という意味で、それにかけている。)


201601192255478f1.jpeg

ユリアン・ヴァイグルはトーマストゥヘルのまさに“発見”となった。1860から200万ユーロで移籍してきたこのお買い得の選手は公式戦30試合中29試合に出場した。力強いパフォーマンスを見せたこのヤングスターは、マンチェスター・シティのような大きなクラブの獲得候補になっている。しかし彼らはたとえ巨額のオファーを出したとしても彼を獲得することはできないだろう。


マンチェスター・シティからの興味があったにも関わらず:このスーパーボーイ、ユリアン・ヴァイグルの忠誠の誓いだ。


ヴァイグルはイングランドでの噂に関するビルトの質問に対して、BVBに対する考えを明らかにした。“僕は本当にボルシアを去るつもりはありません。ありえませんよ。”


それどころかマンチェスター・シティのホームページまでもが、2500万ユーロの移籍金でドルトムントの中盤の選手を獲得したいと伝えていた。


元1860の選手は引き続きこう語る:僕はBVBでの契約を2019年まで残している事を強調したいですね。僕はこのクラブで達成したいことがまだまだありますよ。


ヴァイグルを発見したミヒャエル・ツォルクは同じ見解で、“ユリアンはまだまだ我々の下でプレーするだろう。”と約束した。

このBVBのマネージャーはこのスーパータレントに熱中して、“ユリアンは僕にとって、前半戦の最もポジティブな驚きの一つとなった。彼は最初の日から我々の高いレベルを受け入れる事に成功したんだ。みんな彼が昨シーズンは2部でプレーしていたことを忘れるべきではないね。彼は役割を信じられないぐらいあたりまえにこなしているね。”


ヴァイグルとBVB。これは最初からうまく合った。そしてこれからも長い間それが続くといいのだが…。




以上です。

本当にイングランドのクラブは手を出すのが早いですね。それもいきなり2500万ユーロとは、本当にどうなっているんだと思ってしまいます。

ブンデスリーガもお金が入るので悪い事ばかりではないかもしれませんが、なんとかして対策してほしいです。

ヴァイグルには長い間ドルトムントでプレーしてほしいです。


【おまけ今日のドイツ】

DSC04072_convert_20160119225459.jpg

午前中にエルベ川沿いを散歩しました。
[ 2016/01/19 23:00 ] ヴァイグル | TB(-) | CM(13)
いくなよー本当にいくなよー
[ 2016/01/19 23:29 ] [ 編集 ]
英断と思います。
まだ若いのだから焦る必要は全くない。
順調に成長すれば、いずれはレアルやバルサのようなクラブからだって声がかかるでしょう。
[ 2016/01/20 00:21 ] [ 編集 ]
まるで最初からドルトムントのあの位置でプレーしてたみたいだ。いやー今のメンバーでマイスターシャーレ獲ってほしい。
[ 2016/01/20 00:45 ] [ 編集 ]
流石にこの歳ならドルで2,3年やってからでも全然遅くないしな
むしろドルで経験値積めるほうがメリットあるやろ
順調に成長すればいきなりレアルやバルサもあり得る
[ 2016/01/20 02:09 ] [ 編集 ]
ヌリシャヒンとのポジション争いが楽しみだ
[ 2016/01/20 02:33 ] [ 編集 ]
ヴァイグルとギンターだけは絶対に手放してはダメ
チーム将来消えちゃうよ
[ 2016/01/20 04:15 ] [ 編集 ]
応援したくなる選手ですよね。
今、彼にとってとても良い環境にあると思うので、
多くを学び自身の幅というか、武器をたくさん揃えてから
メガクラブへの移籍が理想的ですね。
期待されて獲得したものの、システムに合わず構想外とか切ないですから。


それでも2年後にはもう、、、
寂しくなります。
[ 2016/01/20 06:48 ] [ 編集 ]
英断も何もドイツ人だからね。残ってても大事にされるから
しばらくドルで23くらいで好きなところにもいけばいいくらい
高みの見物できるでしょ
[ 2016/01/20 07:52 ] [ 編集 ]
どう考えても今はドルにいる方が正解ですね。
もっと経験を積んでからの方が良い。身体もまだ細いのでプレミアには向かないし。
[ 2016/01/20 09:51 ] [ 編集 ]
ブンデス全体にもっとお金があればなあ
国外でブンデスの人気が高まればなあ
スポンサー来ないかなあ
[ 2016/01/20 10:07 ] [ 編集 ]
BVBの中盤で誰でも良いならパク持ってって。
ドルでは出番無いし、SB扱いだから不満もあるだろう。
ヴァイグルは絶対にダメだ!
[ 2016/01/20 15:59 ] [ 編集 ]
戦術変えるのかもしれないけど、今のシティのサッカーはヴァイグルには合わないね。
前は前、後ろは後ろってサッカーしてる。しかも、2ボランチだし。
まぁ結構好きだけどね、ペジェグリーニのシティ。
ほんとに監督代わっちゃうの?その辺の新しい情報ないですかねぇ?
[ 2016/01/20 17:59 ] [ 編集 ]
正直ドイツからはプレミアに対する憧憬みたいなものが少しづつ薄れてきてる感じがする。
そりゃそうか・・・ワールドカップ優勝国の上もうどっちのリーグが上かわかったものじゃないし・・・
お金だけなら今は他の選択肢もあるだろうし
[ 2016/01/21 14:52 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。