ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

マインツ監督「マリは開幕戦はマインツでプレーする!」後釜に宇佐美の可能性も!ドイツ紙《ドイツの反応》

ドルトムントへの移籍が噂されるマインツのマリに関する最新情報になります。





【アルゲマイネ新聞】

マインツ:05

マルティン・シュミット監督:マリは残留するつもりで次戦に臨む!宇佐美が補強候補。


entry_img_825.jpeg


マインツ:マルティン・シュミット監督は、後半戦開幕となる土曜日のブンデスリーガの試合ではマインツでプレーすると確信している。

スポンサーリンク



“今のところは特に何もないよ。彼はフルにトレーニングしているし、インゴルシュタット戦ではプレーするだろうね。”とシュミットは、今週中にもBVBに移籍する可能性があると報じたビルトの記事に対してこのように語った。


シュミットは、マリが後半戦もマインツでプレーする前提でいるようだが、もし移籍となったらその後釜となる選手を探すつもりでもあるらしい。“僕らの前線のフォーメーションは誰か抜けたらその代わりが必要だね。”(注:意訳。フォーメーションがあって、そのフォーメーションを満たす選手が必要といったニュアンス。)とシュミットは語った。そしてアルゲマイネ新聞の情報によるとその後継者の候補として日本の宇佐美貴史の名前が挙がっている。


宇佐美の代理人はアルゲマイネ新聞の質問に対しては答えなかった。宇佐美は2011/2012シーズンにバイエルンに所属し、ブンデスリーガで3試合に出場している。その次のシーズンはホッフェンハイムでプレーしている。その後彼は日本のトップクラブであるガンバ大阪に戻り、レギュラーとしてプレーしていた。






以上です。

このアルゲマイネ新聞はフランクフルト周辺(マインツ)の地元紙になります。ドイツではこのアルゲマイネ新聞の情報をうけて様々なスポーツメディアでも取り上げられています。

昨年末から何度も噂になっていた宇佐美選手、果たしてドイツに来ることはあるのでしょうか?

いずれにせよマリの放出は後釜が決まらないとありえないと思いますので、この方向で動いている可能性はありますね。

続報を待ちたいと思います。


【おまけ今日のドイツ】

IMG_1063_convert_20160120065240.jpg


近所の山羊の親子
[ 2016/01/20 06:55 ] サッカー ニュース | TB(-) | CM(12)
宇佐美には荷が重すぎでしょw
[ 2016/01/20 07:51 ] [ 編集 ]
これって武藤が夏に抜けるから変わりが宇佐美ともよめるね
ドイツ人には素敵プラン☆なんだろうけど、宇佐美を激怒させるだけやん
[ 2016/01/20 07:58 ] [ 編集 ]
前記事の値段でマリが売れれば宇佐美の移籍金は軽く出ますね。
BVBとの契約次第でしょうがマインツ濃厚かな?
[ 2016/01/20 08:31 ] [ 編集 ]
宇佐美はガンバで勝つために頑張るって言ってたような。
[ 2016/01/20 08:50 ] [ 編集 ]
宇佐美の名が挙がるのはもっともだろうが武藤と同じ額では取れないよ。日本からブンデス移籍のレートが上がらない道理は無い。
[ 2016/01/20 09:12 ] [ 編集 ]
またマインツから、しかも中心のマリをシーズン途中に狙うとは思ってなかったわ。
さすがに引くわ。
[ 2016/01/20 11:46 ] [ 編集 ]
マリは正直に言うと要らないと思います。
それこそ夏にひょっとしたらヤルモレンコが来るかもしれないしマリを取ったらトゥヘルがまた優先的に使ってチームが混乱しかねないとまで思います。誰が得するのか理解に苦しみますね。
[ 2016/01/20 13:00 ] [ 編集 ]
ごもっとも!です。
[ 2016/01/20 15:19 ] [ 編集 ]
宇佐美はマリや武藤のようにハードワーク出来ないから難しいと思う。
[ 2016/01/20 15:59 ] [ 編集 ]
マリとラモス+金銭でトレードだと思う
これは割りとあると思うよ ラモス次第
[ 2016/01/20 16:45 ] [ 編集 ]
マリならヤルモレンコだよねえ。エルシャラの名前もみたけど、リストに上がってる選手の名前みたら性格がきつそうなのばっかりで
守備するエルシャラでええやんとか思ってしまった。すぐ怪我してロイスと一緒やんとかになりそうだから非現実的だけど
[ 2016/01/20 18:56 ] [ 編集 ]
マリはいらんなぁ
[ 2016/01/20 21:19 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。