ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ヴァイデンフェラー契約延長へ!!ドイツ地元紙《ドイツの反応》

ドルトムント地元紙の西ドイツアルゲマイネ新聞からの情報になります。





【西ドイツアルゲマイネ新聞】


ヴァイデンフェラー

BVBキーパー、ロマン・ヴァイデンフェラーが契約延長へ!


entry_img_827.jpeg



ドルトムント:ボルシア・ドルトムントはキーパーであるロマン・ヴァイデンフェラーと契約を延長する方向のようである。ルーア・ナッハリヒテンによると、話し合いも合意間近のようである。

スポンサーリンク



ロマン・ヴァイデンフェラーはボルシア・ドルトムントにおける控えキーパーとしての立場を嘆くことなく受け入れたようだ。そしてクラブはそれを高く評価している。


そのご褒美:BVBは2016年までとなる契約を一年間延長するつもりのようだ。


ルーア・ナッハリヒテンによると、この35歳との話し合いはまもなく合意にいたるそうで“私は大丈夫だと思うよ。”とスポーツ・ディレクターのミヒャエル・ツォルクはコメントしている。


20160121053536e7e.jpeg


ヴァイデンフェラーはBVBではブンデスリーガ339試合に出場し、ドイツ代表5試合に出場している。彼はマニュエル・ノイアーの控えとしてワールドカップ同行し、ドイツ優勝メンバーとなった。






以上です。

元記事はルーア・ナッハリヒテンという事に訳しながら気が付きましたので、ルーアナッハリヒテンから直接訳そうかと思いましたが、ほとんど同じ内容でしたのでそのまま西ドイツアルゲマイネの記事をのせました。

ヴァイデンフェラーが残るのは良いニュースですね。ヨーロッパリーグだけでなくポカールもヴァイデンフェラーに守ってほしいのですが、難しいでしょうね・・・



【おまけ今日のドイツ】

IMG_1057_convert_20160121054025.jpg

雪が降って近所のお城の庭も真っ白でした。寒いです。
[ 2016/01/21 06:00 ] ヴァイデンフェラー | TB(-) | CM(7)
若手がまだまだひよっこだからヴァイデンフェラーも安心できんやろ
[ 2016/01/21 10:08 ] [ 編集 ]
こういった古株選手が一人クラブにいてくれるだけで安心感が持てます
しかしいつみてもイケメンだなあ(小学生並みの感想)
[ 2016/01/21 13:46 ] [ 編集 ]
リバポのミニョレ延長にクロップ何やってるのかと思ってたら。バイデンさん延長か。ビュルキも来季使うって事かなあ?
でもバイデンさんは実績からどんな条件ももらう理由はあるけど、ゆくゆくはGKコーチとか目指してほしいな。
[ 2016/01/21 14:43 ] [ 編集 ]
これはうれしいニュース
ちなみに香川の胃腸炎の状態はどうなんですかね?
BMG戦がすぐあるがいつ練習には戻ってくるんすかね
心配だわ
[ 2016/01/21 15:04 ] [ 編集 ]
ドルトムントで引退するのかなあ。
ビュルキはイマイチ頼りないしヴァイデンフェラーが残ってくれるのは心強いですね。
[ 2016/01/21 18:24 ] [ 編集 ]
香川胃腸炎なんですか?
うどんの具を差し入れして欲しいなんて言ってたから天ぷらでも当たったかな・・・
[ 2016/01/21 18:39 ] [ 編集 ]
ドルに人生捧げたんだから、ケールのように良い形で引退して欲しいな~。
バイエルン相手なら、今でも超人だよ。衰えてるのに、昨シーズンもバイエルン戦は凄かったし。ビュルキって、GKとしての攻撃センスが全くないんだよな~。
[ 2016/01/21 19:21 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。