ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

3つのタイトルを目指すドルトムント徹底チェック!!ドイツ紙《ドイツの反応》

本日の西ドイツアルゲマイネ新聞に掲載されました後半戦を予想する記事になります。





【西ドイツアルゲマイネ】

冬チェック


BVBは後半戦で3つのタイトルを目指す。


entry_img_829.jpeg


ドルトムント:ロイス、ミキタリアン、オバメヤンらが優勝が確実視されているバイエルンに問題を引き起こすことができるだろうか?ボルシア・ドルトムントの冬チェック!!

スポンサーリンク



優勝?ハンス・ヨアヒム・ヴァツケはどうせバイエルンが優勝するだろうと思っている。ボルシアのボスにとっては済んだ話ではあっても、ブンデスリーガの後半戦には、勝たなければならない試合がまだまだある。BVBは土曜日にグラートバッハと対戦するが、その試合で勝利することはチャンピオンズリーグ圏内を確実にすることを意味するだろう。“それが最も重要なタイトルだね。”とヴァツケは語る。


状況

バイエルンと8ポイント差。そして3位のヘルタとは6ポイント差である。土曜日の対戦相手グラートバッハには9ポイント差をつけている。上を見れば優勝の見込みはないが、下を見ればまずまず安心できるという状況だろう。優勝するには弱すぎるけど、他が相手だったら十分強い?BVBはこのような危険な自己判断には陥らないようにするつもりだ。“すべての関係者はこれまでに起こったことはいったん除外しなければならないね。”とヴァツケは言う。マッツ・フンメルスにとっては何よりも“ポカールとELでチャンスがある。”ようだ。次の相手はポルト(EL)、そしてシュトゥットガルト(ポカール)と難しい相手であるにも関わらず。


201601220638025af.jpeg

人事

ユヌス・マリがヨナス・ホーフマンとアドナン・ヤヌザイの抜けた穴を埋めるべきとされている。しかしマインツ最高の点取り屋(8点)をめぐる取引は移籍市場が閉まるぎりぎりまで続くとみられている。本当にトーマス・トゥヘルが彼の望む選手を獲得できるかどうかは疑問である。しかし彼は“チームに良いエネルギーが生まれたよ。チームは僕らが後半戦で成功するために必要な態度を示しているね。”と語った。



勝者

バットマンとロビン。オバメヤンとマルコ・ロイス、そしてミキタリアンだ。ミキタリアンにはこれからふさわしいコミックヒーローの名前が見つけられなければならない。オバメヤンはバイエルンが自動的に優勝するという意見には反対で、アフリカの年間最優秀選手に選ばれて以来よりタイトルとゴールに対する欲求が深まっている。ロイスはドゥバイですべてのトレーニングをこなし、テストマッチでは説得力のあるプレーをみせ、トゥヘルに“もし僕が何かを望むとすれば、彼が29試合すべてに出場することだろう”と絶賛されている。監督はすべての大会で最後まで優勝争いに絡むことを計算している。そしてそれの多くはミキタリアン次第となるだろう。このアルメニア人はキャンプ地で“彼と仕事をすることは非常に光栄なことだね。”という賛辞を受けが。“僕は毎日彼から学ぶことがあるよ。”


20160122063803714.jpeg



敗者

ズヴェン・ベンダーはドゥバイの合宿でチームとトレーニングする事が出来なかった。この守備のオールラウンダー、そしてトゥヘルの中盤とセンターバックの補欠第1号がいつ復帰するかは未定である。この負傷によって、もう他の守備陣は欠けることができない、というプレッシャーがかかる。



監督

ユルゲン・クロップの後継者としてドルトムントで輝かしい到着を見せた。早い成功をおさめた後で彼は以下のように語った。“僕にとって重要なのは、慣れてしまわないことだね。どうすれば早く調子が上がるだろうか?選手はみんなやる気があるだろうか?テンポを保つために選手に注視する必要はあるだろうか?新たな課題は?”この42歳の監督にとっては選手が鋭さを失わないことが重要であるが、彼の発言はこれに即している。



予想

グラートバッハ戦と第3戦目のヘルタ戦に勝利すればチャンピオンズリーグ出場を疑問視する声を一掃するだろう。






以上です。

とりあえず、補強ですね。サイドバック、フォワード、サイド。この辺をしっかり補強してほしいと思います。トゥヘルは複数のポジションをこなせる選手を重視していますが、特にギンターなどは、逆に特定のポジションで力を伸ばすチャンスが本当にえられるのかどうか多少心配になりますね。最近はセンターバックもサイドバックもやらせてもらえず、守備的ミッドフィルダーで出場していましたから。同様の事はベンダーにも言えるかな、と思います。

フィリップ・ラームやアラバなどがペップの下で異なるポジションで成功をおさめた事が影響しているのかもしれませんが、どうなんでしょう・・・。

とにかく3つの大会で勝てるチームを作ってほしいですね。


【おまけ今日のドイツ】

IMG_1034_convert_20160122064758.jpg

餌を食べている近所の山羊たち
[ 2016/01/22 06:45 ] ドルトムント 15 | TB(-) | CM(7)
ギンターには時間を与えて欲しいですね。
ピシュ、ギュン、DF能力上がればCB等。
今からでも左足鍛えて逆SBも狙って欲しい。
[ 2016/01/22 08:41 ] [ 編集 ]
オバメヤンとシュメルツァーの代役が居ないのが深刻ですかね。
香川、ギュンドガンの位置にはカストロがいますが
カストロの適正はもう一枚前でロイスやミキタリアンとのローテの方が活きる気もしますし…
ヴァイグルの代役も高水準でこなせる人いませんし^^;

ホント、何でホフマン出しちゃったんだろうなぁ
[ 2016/01/22 11:17 ] [ 編集 ]
ホフマン出してマリとかときめかない補強やめてほしい。
ただでさえ前3人で商業的に成功するのか疑問を持つ時があるのに
ビッグインドイツって感じで小さくおさまる予定ならいいんだろうけどさあ。

そんな大金だすならスぺだけどエルシャラレンタルしたほうがの方がいいし、華ありまくるんだけど
[ 2016/01/22 14:51 ] [ 編集 ]
香川は最近大きな期待はされてないけどチームの力として計算には入ってる感じなのかな?
本人にとってこれがいい傾向なのか悪い傾向なのかちょっとわからないですけど

今年はお正月に日本のTV番組に出まくるような愚行はおかしてないのでうまくいってくれると信じてます。
[ 2016/01/22 17:49 ] [ 編集 ]
まぁサッカー見てる人はわかると思う。433をやるには前3人は物足りないって。でも今のドルトムントでそれ以上の選手は来てくれないので、CL権となんらかのタイトルが必要だと思う。懸命に3人をプッシュして盛り上げたいのでしょう。
後半で重要なキーマンになるのはロイスと香川とギュンドアンだと思う。オバメヤンやムヒタリアンは既に好調だけど、結局これ以上は見込みないと思うし、ロイスの復調と香川の更なる飛躍でドルトムントは強くなると思う。
そしてギュンドアンが得点出来るようになればドルトムントが好調の印だわ。PKでないギュンドアンのゴールを期待したい。
[ 2016/01/22 19:45 ] [ 編集 ]
大きな期待をされて、その期待以上の活躍をしてるからだろうに。あとバルサのような最前線の3人みたいな扱いにしたいんだろうが、はるかに個が弱いからな実際。だからこの3人に香川が絡むことで欧州トップクラスの得点力を誇れてるわけでよ。
[ 2016/01/23 00:57 ] [ 編集 ]
そうバルサとかレアルの前線みたいな扱いしてるから、不安になるんだよ。
なんかスケール小さい。ここでビッグクラブから声もかからない選手と同等扱いされて、ローテーションプレーヤー扱いされるのかあ、
だから、スポンサーとか足かせないし、移籍金は上がり切ってないから
契約期間残ってても、この扱いされてるから、と強引に移籍に運ぶのもありだよなあ、と考えがちらつく。
[ 2016/01/23 01:25 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。