ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドルトムント対グラートバッハ!キッカー全選手採点!!+試合評 《ドイツの反応》


本日発売のキッカーより、ドルトムント対グラートバッハの採点などを紹介します。





entry_img_836.jpeg


【キッカードルトムント対グラートバッハ】


ドルトムント採点

スポンサーリンク




ビュルキ 2.5、ピスチェク 2.5、ソクラティス 3、フンメルス 1.5、パク 4、ヴァイグル 3、カストロ 4、 ギュンドガン 1.5、 ロイス 2、 ミキタリアン 2、 オバメヤン 5



グラートバッハ採点

ゾンマー 3、コルプ 4、クリステンセン 4、エルヴェディ 5、ヴェント 4.5、ノルトファイト 5、ダフート 5、トラオレ 3、シュティンドゥル 3、ラファエル 3


・審判 ドクター、ブリーチ 2

全体的に手堅く、確実な判断



試合 1.5

非常に高いレベル、集中した、速いテンポの対決。1:3になるまで緊張感のある状態が続いた。



分析

ギュンドガンのガラ(お祭り)!と正しいレシピ!

ドルトムントはスタイルを変えて試合に挑んできた。ポゼッションを少なくし、高い位置から相手をアタックし、一対一においては体を張って、さらに早い段階でのボール奪取と、素早いシュートが成功への材料となった。そのレシピは成功につながった。オバメヤンがカウンターからのチャンスを外してしまうなど、すべての攻撃が徹底していたわけではなかったが、BVBはグラートバッハの守備陣を何度も切り裂き、危険な攻撃を繰り広げた。

力強さを見せたのは右サイドのピスチェクとロイスでヴェントの後ろに多くのスペースを得て、それを利用した。

シューベルトのイレブンは決してがっかりさせたわけではなく、最初の20分と、1点を返した場面などは、まさに対等の戦いを見せた、しかし90分を通してみると個人的なレベルの差においてドルトムントが力を発揮した。

例えばまずまずの序盤から徐々にグラートバッハのコントロールを失わせ、偉大な指揮者へとなったギュンドガンである。


まとめ

ドルトムントは成功にふさわしかった。BVBは部分的には優勝チームのようなカウンターサッカーをみせた。

マン・オブ・ザ・マッチ

早い段階で素晴らしい状態になったイルカイ・ギュンドガン。彼はBVBの3つのゴールすべてにからみさらに33分にはバー直撃のシュートを放った。



日本人選手の採点

長谷部 4
原口 4.5
大迫 4
酒井 4(ハノーファー)
武藤 71分から出場 採点なし





以上です。

ポゼッションからカウンターへと戦術を変更してグラートバッハ戦に挑みましたが、攻めてきてくれる相手に対してはこういう戦術もうまく使い分けてほしいですね。やっぱりロイスはこういうスピードのある展開ではその強さが活きますね。ただこういう攻守の切り替えの素早い試合でこそ香川選手を使ってほしいところですね。

ポゼッションを捨てたから香川は控えなんだな

クロート仕事しろ
[ 2016/01/25 20:27 ] [ 編集 ]
香川を使うと相手が引きこもる展開が多い、確か前回対戦した時のBMGもそう。
だからこの展開も出来るようになっておくのは重要だと思う。
つか香川がいなかった時のドルの戦法だけど・・・けが人が増えたんだよね・・・
ちょっと層が暑くなってきたからまた出来るようになってきたのかな
[ 2016/01/25 20:55 ] [ 編集 ]
フンメルスの状態が良いのは朗報だなとは思った。
ただ、左SBのチュホはDFでありながら対人の弱さが露骨に目立っていてスタメンで使うにはかなり厳しいなとは思った。
カウンターサッカーにしてもポゼッション志向にしてもカストロはあの位置じゃ活きてこないかな。1列前に居ないとやっぱり駄目だった。
[ 2016/01/25 21:01 ] [ 編集 ]
戦術をカウンターに変えるから、カストロを優先するようになったんでしょうか?
ポゼッション=香川、カウンター=カストロで使い分けていく?!
でも香川もカウンターできると思うんですよね。
カウンターには合わない思われてるみたいでやっぱりモヤモヤします。。
[ 2016/01/25 21:07 ] [ 編集 ]
管理人さんの言う通り。
来週こそは香川スタメンで!
[ 2016/01/25 21:37 ] [ 編集 ]
トゥヘルはこのカウンターに香川が合うと考えてるのかな。この戦術なら香川がいなくてもギュンとフンメルスで何とかなりそうだし。
でもこのやり方は消耗が激しいしたまにやるから効果があるのかもね。
[ 2016/01/25 21:42 ] [ 編集 ]
カストロがカウンターで機能してたとも思えないんですけど…
[ 2016/01/25 21:56 ] [ 編集 ]
ポゼッションできないと割り切っただけにみえたけど
カウンター=カストロじゃなくて、カストロってポゼッションできる
足元ないからあんなに前に放り込むんじゃないの?

シューベルトがパクじゃなくてカストロの足元の弱さに注目して
狙い目にしてくるとは思わなんだけど
お陰でギュンがフリーでのびのびとやれて点取れたのはよかった
[ 2016/01/25 21:56 ] [ 編集 ]
ポゼッション、カウンターの両方に対応できるのは香川ですよ
カストロはIHではなく、WG、もしくはトップ下、セカンドストライカーの人間です
バランスを考えればIHは到底無理なはずなのですが・・・
[ 2016/01/25 22:04 ] [ 編集 ]
悪いけどトゥヘルのやり方に公平さが感じられない。出さないなら香川を解放してくれ。前半2位で終え、ボルフス勝ち越しゴールを挙げた香川に何の不満があるのか知らないけど、カストロより上なのは確実。カウンターだろうがポゼッションだろうが香川が適応できなかったことないし。カウンターだのポゼッションだのなんて日本のファンが考えた言い訳に過ぎないんだけどさ。とにかく出すつもりないなら移籍を進めて欲しい。次のワールドカップも試合感ないまま望まれたら困る
[ 2016/01/25 23:38 ] [ 編集 ]
右にロイスを置いてギュンにパスを出させ、左はムヒのフィジカルと個人技に期待って試合だったな。左の組立がダメな以上、長続きする戦術ではない印象。しかも、左はかなり狙われていたし。フンメルスの負担も大きそうだから拘ると、チームが途中で失速しそう。

オバメはちょっと良くなかったとはいえ、あんな感じかも。前半戦のあの得点は結構、周りが崩してくれて押し込むだけというシーンも多かったから。
[ 2016/01/25 23:38 ] [ 編集 ]
カストロ使うのはもうヤメでいい
6番でボール持てないはないよ
4-3-3でカウンターやるにしてもあそこ経由して前にボール出すんだから
それにボール持てなんだからウィングもトップ下も無理だな
守備はいい時はいいんだけど気が抜けるとこがあってムラっ気がありすぎる
90分気を抜かずに守備するドルトムントには合わない
あれじゃギンター置いといたほうが全然マシだよ
[ 2016/01/26 00:49 ] [ 編集 ]
カウンターこそ香川のロングパス精度が活かされる
視野が広いのはギュンと香川とフンさんだけな気がするのは俺だけか?パス精度も
オバは今節は運がなかったけど5はないかなぁ
カストロは消えてた印象で2得点挙げた試合がピークなんじゃないかって思うわ
[ 2016/01/26 01:56 ] [ 編集 ]
ブンデスでカストロがライバルとか、ドルでカストロとスタメン争ってる扱いされる
とか聞くと本当にがっくりくる
カストロとかはプライドあるから香川とポジション争いして当然だと思ってるんだろうけど、モイモイの時はマタとかファギー時代はルーニーと比較されてたんですけど。 
選手としての能力は無視してユナイテッドの事は忘れて、ドルではカストロと同程度とか言われてるんだろうか。カストロにはそんな事いってそうだよね。あのプレースタイルが全く修正が入らないのを見ると

ブンデスの監督でも外から見て一番穴に見えるくらい違うのにドルの評価だけは
違うんだよな
[ 2016/01/26 03:27 ] [ 編集 ]
WB後の1試合で戦術を一つに絞った監督だとは思わないけどね
怪我している選手や体調不良の選手がいて、相手も主力が数人欠けてたから(特にシャカ)一番いい策をとったのでしょう
[ 2016/01/26 03:44 ] [ 編集 ]
すぐ翌日にウニオンベルリン戦あったし病み上がりだったからでは?
後半投入が増えたのは、その前に集中してない試合もあったからだし、全シーズン、香川依存が酷かったから、なしの戦術を試していると思いますがね。でなければ、負けるかもしれない状態で、ヴォルフスブルク戦の後半投入をするわけがなく、信頼しているポイントが充分あるからでしょ。証明もしたわけで。
[ 2016/01/26 04:08 ] [ 編集 ]
カウンターは香川は得意中の得意でしょう。
昔から。パス精度、視野の広さ、アイディアどれとってもワールドクラス。
ポゼッションも勿論できて、新たにIHで能力の幅が広がった今の香川は凄い選手になったな~と観る度に思います。
そんな香川がカストロとIHでポジション争いするなんて思いもしなかった。
ドイツ人のbvbサポーターはカストロと香川をどう見てるのかが知りたいですね。
実は香川が不等な扱い受けてるって感じてて移籍した方が良いって思ってる日本人が多いの知ってるんですかね?
海外のサイトに入れないしドイツ語が解らないから書き込めないけど入り込んで聞いてみたいくらい最近は思います。
bvb大好きなのに悲しいです。
[ 2016/01/26 05:09 ] [ 編集 ]
最近香川選手のファンと見せかけたアンチ意見が多く見られますが、ウニオンベルリンとの試合ちゃんと見ましたか?香川選手、胃腸炎の影響でさらに痩せていましたよ。体調が万全でない状態でも無理してださせろと?それこそアンチとしか思えません。一先ず次節を待ちましょう。楽しみです。
[ 2016/01/26 07:42 ] [ 編集 ]
ポゼッション捨ててたからあの落ち着かない試合だったのか。
最近、ポゼッションサッカーに慣れ過ぎててハラハラして見てた。
[ 2016/01/26 08:47 ] [ 編集 ]
香川はカウンター得意中の得意。
私もそう思います。
ただそれはトップ下にいてこその話しでインサイドハーフでも同じなのかは少し疑問は残りますけどね。
ただ使い分ける事は必要でしょうね。
[ 2016/01/26 12:58 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。