ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドイツ紙「香川真司対カストロ。中盤での戦い!」特集記事《ドイツの反応》

最近このテーマでドイツ人の反応を取り上げたばかりになりますが、ドイツで上のようなタイトルで記事が出ましたので紹介します。取り上げますのは、【90Min】という割と大きなサッカー専門のサイトになります。ただこのサイトもサッカーファンが登録して記事を書いて投稿し、読者の量などによってその記者としての立場を伸ばしていくというタイプのサイトになります。この記事を書いた記者はクリスティアン・ケップという人でこれまでに同サイトに265の記事を投稿し、約120万の読者がいるようです。




【90Min】


ボルシア・ドルトムント


香川真司vsゴンザロ・カストロ―中盤でのツヴァイカンプフ(一対一)


entry_img_841.jpeg

ボルシアドルトムントは、グラートバッハに対して3:1と印象深い勝利をおさめて中盤の選手の力を見せつけた。3得点ともミッドフィルダーからのもので、今シーズンは特に中盤でのポジション争いがより緊張したものになるだろう。(注:面白くなるだろうとも訳せる)

スポンサーリンク



カストロはトレーニングキャップで良いパフォーマンスを見せ、後半戦のスタメン候補として名乗りを上げた。そしてこの元レヴァークーゼンの選手はグラートバッハを相手にスタメンで出場したのだ。しかしこの中盤は説得力のあるパフォーマンスが見せられず、70分で交代することになった。


それに対して香川真司はその試合はずっとベンチに座ったままとなった。トレーニング合宿の終わりに胃腸炎のウイルスに感染したこの日本人はグラートバッハ戦ではネヴェン・ズボティッチとクリスティアン・プリシッチの間に座ったが、出場機会がなかったのだ。しかし香川が途中交代でプレーしなかったのは、ドルトムントがグラートバッハに1点差と迫られたことが原因だろう。トーマス・トゥヘルはグラートバッハが一点を返した段階で、ドゥルムとギンターを投入し、守備を強化するという決断をしたのだ。

試合後にはカストロがこの日本人よりもいくらか有利でスタメンにすこしばかり近い距離にいるようにも見ることもできなくはなかっただろう。しかしこの二人の選手は異なる長所を持っており、どちらが有利かという事をはっきり言うのは難しい。

ゴンザロ・カストロはなによりもマルチタレントな中盤として説得力がある。この28歳はサイドもできれば、中央もできるし、トゥヘルが戦術の変更やローテーションしたければ、それによってドルトムントに様々なオプションをもたらすことが可能だ。それに加えて、より後方へと働かなければならないような試合ではカストロの守備能力も必要とされるだろう。守備的な4141のフォーメーションとなるならカストロがより良いオプションとなるだろう。

201601280344284e2.jpeg


それに対して香川の長所は攻撃だ。この小さな日本人は何よりも攻撃的なミッドフィルダーやシャドー・ストライカーとしてその能力を発揮する。もしレギュラーのロイスが離脱したりすれば、左でプレーすることも可能ではあるだろう。カストロとの大きな違いは、香川のほうが明らかにゴール前で危険な選手であることだ。それは彼の4ゴール7アシストという成績にも現れている。なので攻撃的な4231なら彼が有利となるだろう。カストロはこれまで1ゴールだが、すでに4アシストを決めている。

しかしどちらがよりスタメンに相応しいのかを言う事は非常に難しい。はたして攻撃的な香川を使うのか、それとも守備的なカストロを使うのかというトゥヘルの戦術によるだろう。どちらかと言えば香川のほうが有利ではないかと思われる。なぜならトゥヘルは序盤からプレッシングかける事を好むからだ。しかしカストロもその多様性で、香川の控え以上であると言える。

201601280344272b1.jpeg






以上です。

まあ、面白そうなタイトルで読者をひきつけ無難な落としどころを見つけた、というような感じの記事ですね。

ただ彼の記事はいわゆる典型的なイメージで記事を書いているだけで、実際に前半戦のドルトムントの試合はあまり見ていないのではないかと思いました。

実際に4141のフォーメーションでより低い位置で結果を出したのが香川選手で、主にサイドと、より高い位置で結果を出したのがカストロですからね。そこに全然触れず、逆に守備的戦術ならカストロ、攻撃的なら香川と言ってしまうところからも、まあ時々しか試合は見ていないのではないかと思います。

ただあまりドルトムントの試合を見ない、他チームのサッカーファンならいつまでもこうした認識である可能性は十分にありますし、こういう見方をしているドイツ人は結構いるでしょうね。

カストロは昨シーズンは主に6番として守備的ミッドフィルダ―としてプレーしてましたし、香川選手のイメージがいまだに10番という人は多いでしょう。

良くも悪くも、やはり一度ついてしまったイメージというものを振り払うのは非常に難しいんだな、と感じさせられる記事となりました。


【おまけ今日のドイツ】


IMG_2484_convert_20160128035424.jpg

ブレーメンにあるコンサートホール
音響が良いことで有名なホールで、世界的に有名な指揮者カラヤンのお気に入りだったそうです。
[ 2016/01/28 06:00 ] 香川BVB 15 | TB(-) | CM(37)
カストロが良かったのは基本サイドに張って攻撃にだけ比重を置けた試合だし、ギュンドアンやヴァイぐるの近くではむしろ穴なのが現状かな。
BMG戦はフンメルスが調子良かったから何とかなったけど守備面ではかなり危ないね。2列目の攻撃力重視ならカストロ、守備的でいくならむしろ香川の方が良い。
[ 2016/01/28 06:32 ] [ 編集 ]
なんていうか試合見てなければ納得する内容なんでしょうが、見てればなんて的外れなんだろうと思ってしまいますね
管理人さんのおっしゃる通りイメージって大きいですね
[ 2016/01/28 07:05 ] [ 編集 ]
管理人さんの言われるようにこの記者はイメージで書いてますね。またここのコメ欄も伸びそうな気配。
[ 2016/01/28 07:40 ] [ 編集 ]
守備的なカストロって記事ではあるけど、カストロはなぜか今のチームの中盤だと守備がいまいちな気がする。逆に香川はデータでも出てる通り、守備での貢献が半端ない。対人や空中での勝率もなぜか去年よりもかなりよくなっているし。カストロもいい選手でチームも勝ってるから香川にとっては厳しいかもしれないけど、試合数も多いから腐らずに頑張ってほしいですね。
[ 2016/01/28 08:02 ] [ 編集 ]
カストロが守備的って言われるとちょっと笑ってしまう
[ 2016/01/28 08:04 ] [ 編集 ]
どこの国も平均的なマスコミのレベルは低いんだなと思わざるをえない記事ですね。
いつもながら精緻な翻訳と的確な解説、ありがとうございます。
[ 2016/01/28 08:19 ] [ 編集 ]
試合見て無いんじゃ・・・と思わせる内容ですねw
と、思いながら読み進めていくと管理人さんもそうだったとは。
これで120万も読者を獲得してるところが怖いな。
[ 2016/01/28 08:32 ] [ 編集 ]
ドルでのトゥヘルサッカーは既に競争などない…
[ 2016/01/28 09:08 ] [ 編集 ]
管理人さんいつも楽しく読ませていただいてます。ドイツはサッカー大国なのでこういった印象操作に近い記事かく記者の存在は日本を思い出しますし是非試合観てから正確な記事をドイツであれば書いて欲しかったですね。カストロがMG相手にどうだったのかさえ最新でも知らずに結果だけでドヤ顔なのは本当に痛々しい素人以下の記者ですね
[ 2016/01/28 09:14 ] [ 編集 ]
やっぱり攻撃と防御の評価逆ですよね…
カストロは上がりっぱなしなこと多い代わりに時折かなりいい攻撃見せますし
香川はしっかりと中盤を上下して防御に貢献してますし
香川にはユナイテッド行く前の影がずっとついて回ってるんでしょうね
[ 2016/01/28 09:54 ] [ 編集 ]
香川が最も輝く場所はペナルティーエリア付近です。
それは間違いありません。
[ 2016/01/28 10:02 ] [ 編集 ]
いかに評価がいい加減であるかのお手本みたいな記事ですね
[ 2016/01/28 11:03 ] [ 編集 ]
カストロの守備能力・・・ 笑わせる。  弱点じゃねぇかw
[ 2016/01/28 11:06 ] [ 編集 ]
管理人さんの仰る通りですね。何となくのイメージ・思い込みで記事を書く…サッカー記事に限らず世界中にいますね(笑)
[ 2016/01/28 11:23 ] [ 編集 ]
イメージ怖いですね。
もうオリベルが来ることが決まれば、このような不毛なライバル関係なんて無くなると思うんですが・・・カストロはマルコ、ミキのサブで一番役立つし、そうすると思いますけど。
それにしても管理人さんの言う通りイメージと実態は真逆な事に戸惑いました。
今週のインゴルシュタット戦でのスタメンが誰かで多くの日本人のファンの気持ちが揺れますね、日本人にしてみれば物凄い大切な試合になりそうです。ほぼ同じ時間にu23アジア決勝の日韓戦がありますがそれ所ではない気持ちです。
[ 2016/01/28 11:41 ] [ 編集 ]
本当に日本人としてはただ一言不愉快でしかないな。ドルに行ったらカストロと比べられるまで落ちぶれたのかよ、と。
このクラスと比べられるなら日本からスポンサーが付くこともないし、スポンサーが足枷になることもない。契約期間が残ってても移籍金が安くて動けるうちにさっさと移籍推奨というしかない。競技人生を大事にするべき
[ 2016/01/28 11:43 ] [ 編集 ]
それより、フンメルスのインタビュー読んだけどやっぱり本渡してるんだなトゥヘル。成功への道筋なんてのはない。究極のトップクラスの選手が目の前の試合を負けたくないで通ってきたみちをあとから振り返って勝者の道とか方法とか呼んであとから美化されるのが本になってるだけなのに、how to 本でも参考にしてるのかよ、答えなんか本にはかかれてねーよと年末ディスったことはあるけど

香川のこともプライドがくっそたかい選手を取り込む方法。デート本であるように高嶺の花には相手のことをけなして、否定しまくって自分に関心を向けさせる、そして従わせるよくある方法なんだろうなとはチラッと想像したことがあるんだけど、もしかしたら案外あたってるのかも。香川が年末にインタビューでファギーは中心選手を叱るインタビューしてたけど、同時に給料が一番高くて福利厚生もすごい選手達で人がいないところではどういうケアとかしてるとか誰の本にも書いてないから知らないだろうね。モイーズでもやらないことやってるから。ドイツではベンチで不幸だったイメージつくってるけど、実際は移籍も考えてなかった快適環境。

本が悪いとは言わないけど、本をくれて人生が変わったような賞賛の仕方をするミキもフンメルスもクロップ以外の本物のプライドが高くて全てを勝ち取ってきた有名選手や有名監督とかと仕事したことないからかな?、と可哀想にも思えてきた。
自分は頭の悪い典型的な頭の悪いサッカー選手と違って、読書するんです、と知的好奇心刺激されてるから、とチョロい選手にも見えるからね。
CL取るクラスの有名監督からみたら本読んでCLとれたら誰も苦労しないわ、と鼻で笑われるようなインタビューで、本なんか渡しても全てを勝ち取ってきた、自分のやり方が一番すぐれているという自尊心の高い選手を扱ったことがないというか、ミキ、フンメルスの選手の自尊心の程度もドルレベルと逆に証言してしまったというか。
[ 2016/01/28 12:57 ] [ 編集 ]
こんな読者投稿のサイトがあるんですね!面白いです。
しかし管理人さんの仰る通り、内容には異論がありますね。
カストロの守備には不安がありますが、彼は前線で光ってます。ロイスの代わりも出来ましたね。前線では数字でも香川選手が抜きんでてますし、かなり深い位置まで下がっていることもあります。
守備・攻撃で分けたイメージを持っている人が「香川か、カストロか」と言う話をしてもまず前提が違います。こういう人もいるという事ですね。

前半戦の香川のフル出場、走行距離等を見ると代表戦挟んでよく怪我しなかったと思います。中盤2人も怪我してもおかしくない場面がありました。ローテの構想が多いに越したことはありません。
監督がまた大事な試合で突然弄るんじゃないかと冷や冷やしてますが、後半はいい組み立てを行ってほしいです。
とても面白い記事でした。ありがとうございました
[ 2016/01/28 13:17 ] [ 編集 ]
なんか、カストロと香川を今のIHの香川の位置で競わせるみたいな内容には腹が立ちますね。
正直、今香川を抜きにしてカストロをレギュラーにするのはありえないと思っているのですが。
逆にやれるもんならカストロレギュラーにして、香川をサブにしてみなさいなと。
トゥヘルがそれで行きたいというなら万人に分かる形でやったらいいでしょう。そうすれば香川もファンの支持を失うことなく移籍できるでしょうし。
でもそうなったら移籍まで追い込んだのはトゥヘル監督ということになりますし、それで結果チーム順位がどうなるかは興味あります。
どちらにせよ、前半戦の良いフォーメーションを崩しすつもりならどうぞご勝手に。
[ 2016/01/28 13:30 ] [ 編集 ]
試合見てないどころか今期のドルの記事すらも読んでないかのような内容ですね
完全に昨期以前のイメージだけで語ってるんじゃないですかこれ
[ 2016/01/28 15:18 ] [ 編集 ]
これだけは言いたい所。カストロは守備にあまり走らないし、守備に対しての走り方やポジショニングも良くない。
攻撃も守備も香川の方が上。 走行距離やロングパスもあるし、チーム全体の力を上げる効果を含め香川の方が上。


[ 2016/01/28 16:37 ] [ 編集 ]
トゥヘルがなんか言ってくれたりしてたらいいんだがなー そうじゃなくても香川をちゃんとフォローしてくれればそれでいいんだが
[ 2016/01/28 16:58 ] [ 編集 ]
トゥヘルは香川に何のフォロー、説明もしてないみたいですね。

これで今節ベンチだとしたら香川のメンタルが心配です、自責に考える選手ですから。
日本も明日辺りからスタメン予想で凄い荒れそうです。
[ 2016/01/28 18:14 ] [ 編集 ]
本当に腹が立ちますね。
カストロも良い選手ですが、とりあえず今話題になっているIHについては守備だけでなく攻撃も香川に軍配が上がります。
そもそも、なぜサイド適性の選手をIHで起用するのか。
それなら、もう少しライトナーにチャンスを上げてほしいです。
[ 2016/01/28 18:29 ] [ 編集 ]
香川は小さな魔法使いと言われてるのでそのイメージがずっとつきまとうよね。童顔だしさ。カストロは貫禄があるというかオジサマって感じ。
[ 2016/01/28 19:05 ] [ 編集 ]
このサイトもずいぶん訪問者が増えたようですが、見に来る人って二種類いますよね
香川選手のニュースが目的の人とドルトムントのファン
色々空気が違うので個人的に戸惑っています
サイトを見てるだけでも感じますから、管理人さんは余計に苦労されていると思います
毎日の更新は大変かと思いますが、いつも楽しみにしています。これからも頑張ってください
[ 2016/01/28 19:35 ] [ 編集 ]
やっぱりキッカーくらいしか信頼できる媒体はないんでしょうかね
キッカーすら鵜呑みには出来ませんけども
[ 2016/01/28 21:27 ] [ 編集 ]
試合も見ていない。(カストロはポジショニングが悪く、2列目以外役に立っていない。)
スタッツも確認していない。(対人勝率は香川の方が上。)
ひどい記者です。
[ 2016/01/29 00:06 ] [ 編集 ]
カストロは守備できないしビルドアップもできない
完全に前線の選手だから香川と比べるのはどうかと思う
[ 2016/01/29 01:09 ] [ 編集 ]
>本当に日本人としてはただ一言不愉快でしかないな。ドルに行ったらカストロと比べられるまで落ちぶれたのかよ、と。

日本人の香川ファンのBVBファンだけど、この意見の方が不愉快ですね
自分も断然香川の方がカストロよりインサイドハーフとして優れてると思うけれども、その言い方は同じチームメイトであるカストロに対してあまりにも失礼すぎると思います

カストロも素晴らしい選手だと思うし、香川だって全試合出場はどう考えても不可能なんだからうまく回るようになるといいな、と思っています
とりあえずは冬の移籍楽しみですね~!!
[ 2016/01/29 01:14 ] [ 編集 ]
そもそも香川とカストロはポジション争いをしてるんですかね?
カストロが左IHのファーストチョイスになったとして、ロイスとミキのカバーも今まで通りさせるんでしょうか?
チームトップのパフォーマンスができる選手を別ポジションの穴を埋めに使うのはちょっと考えにくいですが。
やはりトゥヘルはカストロに2列目と3列目のどちらもカバーさせるつもりなのでは?と思います。
少ない人数でやるのが好きなのに、「IHのカストロ」限定の控えとして香川をベンチに置くとは思えません。
まあ、とにかく香川がベストコンディションに戻ったときにどうなるか、ですね。
ポジション争いを一蹴する圧倒的なパフォーマンスを見せてくれると信じています。
[ 2016/01/29 03:03 ] [ 編集 ]
香川vsカストロのポジション争いってのが見当違いに思えてならない
むしろIH香川とWGカストロの組み合わせは、攻撃のイメージに限って言えばミキより相性良いと思うんだけど
[ 2016/01/29 03:42 ] [ 編集 ]
トゥヘルはローテーション好きだからな
[ 2016/01/29 07:18 ] [ 編集 ]
カストロも香川も、IHとしては物足りない。その2人を生かそうとして、ポジションを変えたり戦術を変えたりしてるから、見てる方は混乱するんだとおもう。単純なレギュラー争いではない感じ。
[ 2016/01/29 09:25 ] [ 編集 ]
ドイツのフリーの記者がロイスムヒカストロの3人はリーグ最高の攻撃トリオだが香川も能力的には遜色ないと日本向けの記事で書いてた。

いつからカストロがリーグ最高の攻撃トリオになったのか目が点になった。そういう意見もドイツではあるのかな?
[ 2016/01/29 10:43 ] [ 編集 ]
あきらかにIHとしては香川の方が上だと思います。マスコミやコラムを書く側は香川vsカストロとした方が面白いとは思いますが…
香川外すのであればカストロIHよりもギンターとギュンドアン組ませた方がいいなと思いました。433だけでなく、4231でトップ下香川ギンター、ギュンドアンボランチも見てみたいです。ギンターはものすごい勢いで成長していると思いますよね。右SBで攻撃力というかアシスト力がつきましたし、香川ともよいフィーリングですよね。(アウクスブルク戦のギンター、香川、ロイス等)
それにカストロはもう一つ前で使う方が生きるでしょうね。メンヘングラッドバッハ戦で結論は出たのではないでしょうか。
シーズン後半戦はロイスと香川の共演をより多く見たいです。
[ 2016/01/29 19:50 ] [ 編集 ]
カストロがどんな悪くても出場時間が約束されてる中で香川は自分自身との戦いだから、昨日までの自分を越えるパフォーマンスをしなければ叩かれる、競争だライバルだの前提は互いにピッチに立った時に交互に活躍をするからいい競争ていうんだからな、それが抜けてしまってる時点でない。てかマンUと同じだな、公平な競争がなくいつも後ろ盾のない香川は自分との戦いになる。
[ 2016/01/30 16:31 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。