ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドルトムント、“ミニ・マルティネスを獲得か?” ビルト《ドイツの反応》

本日のビルトよりドルトムント移籍最新記事になります。





【ビルト】


メリーノに450万ユーロ

ドルトムントはミニ・マルティネスを獲得するか?

entry_img_842.jpeg


スポンサーリンク




ドルトムントはこれで失敗に終わったマリの移籍の穴をうめることができるかもしれない。スペインでは彼はすでにミニ・マルティネスとして称えられている。


“AS”や“Marca”が伝えたところによると、BVBはどうやらCAオサスーナに所属する19歳のミケール・メリノの獲得に動いているようだ。この中盤の若き才能の移籍金は450万ユーロだとみられている。



メリーノはオサスーナでの契約を2018年まで残しているが、10番や6番の位置でのプレーを好む。もしかしたら今週中にもこのU19ユーロチャンピオンはドイツにやってくるかもしれない。


20160128183822074.jpeg


▶メリーノは19歳にも関わらず、このオサスーナで重要な役割を果たしている。彼は188センチ左利きで、テクニックは非常に確かであり、彼の故郷ではバイエルンスターのシャビエル・マルティネスと比較されるほどだ。



メリーノがBVBに来るのだろうか?このスペイン人ンは完全にBVBマネージャーのミヒャエル・ツォルクとトーマス・トゥヘルの捕獲対象として合うだろう。バルセロナやアトレティコ・マドリッドもこのミニマルティネスに興味を示しているとされている。





以上です。

西ドイツアルゲマイネ新聞の情報によりますと、クラブ側はメリーノの放出を否定しているようですので、可能性は低そうですね。

それにしてもあと数日になってしまいましたが、補強は成功するのでしょうか?

補強候補として名前が挙がってくるのは中央の選手ばかりで、サイドの選手はいませんね。どういう構想なのかまだ見えてきません・・。

[ 2016/01/28 18:42 ] ドルトムント 15 | TB(-) | CM(7)
カストロのIHを諦めて右WGのサブに左はプリシッチ?それでサブの居なくなるIHの補強では?
ギュンもいつ居なくなるか分からないしシャヒンも時間かかりそうだから、その分の補強も兼ねての中盤の補強だと思う
本来カストロがそのポジションとしてとったようなんだけどねw
[ 2016/01/28 20:22 ] [ 編集 ]
安定のオサスナ産ですが、段々と小粒になってる気がします。オリベルが取れなければ冬移籍は一人もなさそうですね。
それにしてもSBを取らないと厳しいのに何を考えてるんだか・・・少し呆れます。
[ 2016/01/28 21:30 ] [ 編集 ]
カストロのIHは機能しないと判断したからオリベルやメリーノの獲得を狙いだしたってところではないですか?
このままいくとサイドの控えはカストロとプリシッチ、IHの控えをオリベルかメリーノなのでは
[ 2016/01/28 21:49 ] [ 編集 ]
お金を渋って、誰も獲得できずなんてことにならないで欲しいですね。
[ 2016/01/29 00:35 ] [ 編集 ]
マルティネスで今話題のエバートンの監督を思い出したけど、香川さんマルティネスから評価高かったよね
どうやってコンタクト取ればいいのとか日本の記者に聞いてたけど
[ 2016/01/29 00:59 ] [ 編集 ]
サイドはサイドでも、サイドバックが欲しいですよね
個人的には室屋取って欲しいなぁなんて夢を言ってみたりw
視野が広いのでSHでもイケると思いますし、足元も上手いので是非ビッククラブに行って欲しい
[ 2016/01/29 01:40 ] [ 編集 ]
さすがにトゥヘルもカストロが中盤向きではないと分かってきたのか。明らかにサイドの時の方がカストロは生き生きしてたよね。ギュンが抜ける可能性を考えて中盤の補強を考えてるのかもしれない。香川がユナイテッドに行く前に既にロイスの加入が決まっていた時のように。
[ 2016/01/29 08:24 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。