ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

オバメヤン20ゴール達成「ただボールを頭で入れただけ!」試合後インタビュー《ドイツの反応》

ルーアナッハリヒテンより試合後のミニインタビューを紹介します。






【ルーア・ナッハリヒテン】


entry_img_847.jpeg


オバメヤンさん、グラートバッハ戦の後では、自分に批判的なコメントをしていましたね。もっと良いプレーができたと。インゴルシュタット戦ではうまくいきましたね?

そうですね。先週はゴールできませんでしたから。でもそれが起こるもサッカーですからね。大事なのは集中力を保つことです。インゴルシュタット戦では上手くいきました。

スポンサーリンク




あなたは1:0でオフサイドだったことに気が付きましたか?

いいえ。その瞬間はわかりませんでした。僕は単に頭で入れただけですよ。前半戦は何度もオフサイドゴールで失点してますし、今回は僕たちがそうしましたね。だいたいいつかは帳尻が合うようになっているんです。




すでに20ゴールを達成しましたね。トーマス・トゥヘル監督との次の賭けがどのようなものか教えてくれませんか?

確かに目標を達成したのは本当ですね。でも監督との賭けはまだ終わっていません。それまではもうちょっと我慢しなければなりませんね(笑)。



これで得点王争いでレヴァンドフスキーとの差がまた広がりましたが・・

彼が僕よりも良いか悪いかはあまり興味がありませんね、大事なのは僕がチームのためにゴールをすることと勝利することです。終わってから清算すれば良いことですね。




ゲルト・ミュラーは記録を達成したシーズンは、現時点ではあなたよりも2ゴール少なかったのですが、記録を更新することはありますか?あと20ゴールですが。

まだたくさんありますね。でもサッカーでは何がおこるかわかりませんよ(笑)。




何人かは前転するのを見るのを嫌がっているようですが、またやりましたね。負傷のリスクが高いと思うのですが・・。

僕がゴールをすると感情がそのようになって現れるんです。何も考えていません。でも注意しますね(笑)。

201601311934465ae.jpeg




以上です。

19試合で20ゴールは素晴らしいですね。この調子でどんどんゴールを量産して30ゴールは達成してほしいところです。

次のヘルタ戦以降は週2回の試合が続きますね。ポカールでもELでも負けられない試合が続きますから、オバメヤンを含めてローテーションがうまくいくか、非常に気になるところですね。

[ 2016/01/31 19:35 ] オバメヤン | TB(-) | CM(4)
前転が負傷に繋がりそうで怖いという周りの評判知ってるのかw
良いんだけど怖い、気をつけてね
[ 2016/01/31 19:52 ] [ 編集 ]
一点目のオフサイド、上半身が飛び出していたので試合中のリプレー映像で見た時は確かにオフサイドと思ったのですが、静止画でよく確認すると、言うほど明らかな誤審というわけでもなさそうです。

攻撃の選手は手は使えないので手が飛び出していてもOKなんですが、守備側はGKがPA内で手を使ったりもするので指先まで含めた一番端っこがラインになります。そうするとおそらくオーバの左側の選手の手がラインとなっていて、オーバの膝頭が多分ほんのちょっと出てるというレベル。

まぁ審判も当事者もオフサイドの誤審という事で納得してるし良いんですけど、BVBが前半に食らった誤審オフサイドのレベルと比べれば最も微妙な判定だったのは確かだと思います。
[ 2016/01/31 22:03 ] [ 編集 ]
オーバ、香川のドンピシャまた外したな~ww
[ 2016/02/01 09:10 ] [ 編集 ]
オバはこのままシーズン終了まで突っ走って行きそうな勢いを感じますね。
まさかレヴァンドフスキとこんなハイレベルな得点争いをするとは想像していなかったです。
レヴァを抜けば年間MVPも間違いないんじゃないでしょうか。
[ 2016/02/01 21:35 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。