ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

香川もランクイン!!ドルトムント、地元紙が歴代トップ補強を発表‼《ドイツの反応》

2月2日の西ドイツアルゲマイネ新聞の記事で、ドルトムントの歴代トップ補強ベスト15が発表されました。ランキングと成績、寸評などを紹介します




【西ドイツアルゲマイネ新聞】

entry_img_854.jpeg


セザールからザマーまで。僕らの歴代トップ新加入ベスト15!!



15位
ジュリオ・セザール (1994~1998)

成績:優勝2回、チャンピオンズリーグ(CL)優勝、ワールドポカール(トヨタカップ)優勝


14位
シュテファン・シャプイザ (1991-1999)

成績:優勝2回、チャンピオンズリーグ(CL)優勝、ワールドポカール(トヨタカップ)優勝


13位
ロマン・ヴァイデンフェラー (2002~)

成績:優勝2回、ポカール優勝1回

20160204052648bda.jpeg

スポンサーリンク



12位
トマス・ロシツキー (2001~2006)

成績:優勝1回、UEFAカップ決勝


11位
イルカイ・ギュンドガン (2011~)

成績:優勝1回、ポカール優勝1回

201602040526491fc.jpeg


10位
ピエール・エメリック・オバメヤン (2013~)

アフリカ年間最優秀選手


9位
香川真司 (2010~2012、2014〜)

成績:2回優勝、ポカール優勝1回

シーズン最大のお買い得。ドルトムントがセレッソ大阪に送金しなければならなかった金額は、移籍金というものでもなかった。BVBは育成枠として35万ユーロを支払った。その2年後に彼がマンチェスター・ユナイテッドに移籍した時には、その10倍以上のお金をもたらした。

この素早い日本人はファンの心を素早くつかんだ。遅くとも2ゴールをあげ3:1で勝利したブンデスリーガ第4節のシャルケとのダービーまでには。そのシーズンは8ゴール1アシストを記録している。全く卓越していたのは2冠を達成したシーズンで、彼は13ゴールと11アシストを記録し、優勝に大きく貢献した。ドルトムントは2014年の夏にこの日本人を800万ユーロで取り戻した。

entry_img_854.jpeg


8位
マルコ・ロイス (2012~)


ドルトムントのユースで育ち、2012年にグラートバッハからもどて来た。移籍金は1710万ユーロ。

成績:スーパーカップ優勝2回

201602040527454d5.jpeg


7位
デデー (1998~2011)

成績:優勝1回、ポカール決勝、UEFAカップ決勝


6位
アンドレアス・メッラー (1994~2000)

成績:優勝2回、チャンピオンズリーグ(CL)優勝、ワールドポカール(トヨタカップ)優勝



5位
ユルゲン・コーラー (1995~2002)


成績:優勝2回、チャンピオンズリーグ(CL)優勝、ワールドポカール(トヨタカップ)優勝



4位
セバスチャン・ケ―ル (2002~2015)


成績:優勝3回、ポカール優勝1回、UEFAカップ決勝、CL決勝
度かさなる負傷に打ち勝ち、チームに戻るために戦った。そしてそのたびに彼がいかにBVBにとって重要であるかを示してきた。ゴールや一対一で!

2016020405265299d.jpeg


3位
マッツ・フンメルス (2008〜)


成績:優勝2回、ポカール優勝1回、CL決勝
最初はバイエルンのアマチュアからローン移籍だったが、ドルトムントのセンターバックとして大きく成長した。

20160204052653dcc.jpeg


2位
ロベルト・レヴァンドフスキー (2010~2014)


成績:優勝2回、ポカール優勝1回、CL決勝
2冠を達成した年には22ゴール10アシストで優勝に大きく貢献し、ポカールでも7ゴールとやはり優勝に貢献した。それによってポカール得点王に輝いた。その次のシーズンにはリーガで24ゴールを記録し、また国際舞台でも輝いた。CLで10ゴールを挙げ、決勝進出に大きく貢献した。

20160204053046507.jpeg


1位
マティアス・ザマー (1993~1998)


成績:優勝2回、CL優勝1回、ヨーロッパ年間最優秀選手1回、ドイツ年間最優秀選手2回
この赤毛のザマーは1993年にインテル・ミラノから約450万ユーロ(換算)でやってきた。1995年と1996年にリーガで優勝し、1997年にはチャンピオンズリーグ優勝。2002年には監督としてリーガ優勝を果たした。

20160204052650cc6.jpeg







以上です。

歴代トップ補強ということですが、厳密には過去25年のようです。成績の欄は主なものを書いただけのようで、抜けているのも結構ありますね。

こうしてみると、やはりCL優勝チームからの選出が多いですね。その次がダブルを達成した現メンバーとなっています。タイトルというのがいかに大きな印象を残すのかという事を改めて感じる事となりました。

香川選手も9位にランクインと素晴らしいですね。またタイトルを獲得し、この印象をさらに深めてほしいです。



【おまけ今日のドイツ】

IMG_1180_convert_20160204053617.jpg


シュトットガルト中央駅
ただ今、大工事の真っ最中です。
[ 2016/02/04 06:00 ] ドルトムント 15 | TB(-) | CM(16)
ドルトムントではやっぱりザマーですよね。
でももし香川がもう一度リーグ優勝したら本当に日本人、アジア人のなかでは信じられない実績でしばらく抜かれない記録になりそうですしドルトムントでもレジェンドになるでしょうね。
たまに香川がバリバリの時代に観れてる事を凄い幸運に感じる事すらあります。
これからもなるべく長く凄いプレーを観れることを期待します。
[ 2016/02/04 06:41 ] [ 編集 ]
香川のインパクトは歴代の補強の中でもトップだと思います。小さなアジア人が起こした旋風を考えるとね。再びタイトルが欲しいですね。
[ 2016/02/04 07:50 ] [ 編集 ]
激安の回転寿司から最後はチップとも言われてましたね、香川
最初の移籍金だけなら香川がトップだったかも知れませんねw
[ 2016/02/04 08:41 ] [ 編集 ]
香川はトップ3くらいに入ると思うんすけどねぇ
[ 2016/02/04 12:21 ] [ 編集 ]
レヴァが1位かと思ったけど・・・
さすがにザマーには勝てんか
[ 2016/02/04 19:02 ] [ 編集 ]
アジアの2部の無名選手が活躍したっていう衝撃は歴代1位でもいい
[ 2016/02/04 19:11 ] [ 編集 ]
香川が、もう一年残ってたらCL優勝リーグ三連覇不可避だったでしょ
レヴァロイス香川ゲッツェとかいう無敵の前線
とかバルサのMSNだろーがレアルのBBCだろーが負ける気しねーよ
[ 2016/02/04 20:36 ] [ 編集 ]
同じ日本人として誇りに思います。
本当にこれから楽しみすぎる…頑張れ!
[ 2016/02/04 21:04 ] [ 編集 ]
最初は格安でやってきてドルトムントを優勝にまで導き
その後マンU移籍の時は大金を残したのに
さらに再び戻ってきて活躍するとか
香川の貢献度は計り知れないですね
[ 2016/02/04 21:29 ] [ 編集 ]
マンチェスターユナイテッドに行かなければ、ドルトムントにいながら大スターになっていたと思う。
というかスターだった。
[ 2016/02/04 22:42 ] [ 編集 ]
一年目の香川は年俸も1000万ちょっとだったような覚えが…
[ 2016/02/04 22:54 ] [ 編集 ]
ランキングを見るまでは5位内に食い込むかな?とか思ってたけど改めて歴代でのメンツをみたら凄いねw

こんな歴史あるクラブで堂々の9位!誇らしい!
[ 2016/02/05 01:38 ] [ 編集 ]
アジア年間最優秀選手なら香川も選ばれてるぞ

[ 2016/02/05 10:13 ] [ 編集 ]
CL優勝メンバーと並べられると香川の残したインパクトの大きさが分かりますね。というか今だから言えることだけど、35万ユーロってホントにチップみたいなものじゃんw
[ 2016/02/05 11:16 ] [ 編集 ]
9位ということに、意外というか不満を感じる人はいるでしょうねw

[ 2016/02/06 15:02 ] [ 編集 ]
ドルトムントに残っていたら〜
ということもありますけどファーガソンがユナイテッドに残っていたら、クロップやフメルスがユナイテッドに来ていたら、ということも考えてしまいますね
あとレヴァよりもザマーでしょうね、CL優勝と欧州年間最優秀は伊達ではないです。
[ 2016/02/06 23:12 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。